【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第2回》 ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

有賀幹夫(RCサクセション「多摩蘭坂」のモチーフとなった国立の「たまらん坂」にて)

INTERVIEW : ロック・フォトグラファー 有賀幹夫

前編では自らを「RCサクセションのファン代表」と称して、80年代のRC、忌野清志郎の魅力を語ってくれたロック・フォトグラファー 有賀幹夫さん。後編では、ソロ活動期の清志郎、あの『COVERS』制作中のレコーディング・スタジオでのエピソード、そして清志郎ソングのベスト3曲、アルバム1枚をチョイスしてもらいました。

企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり
文・編集 : 岡本貴之
撮影 : ゆうばひかり
ページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)
協力 : Babys

>>有賀幹夫 インタヴュー前半はこちら<<

ソロ・アルバム『RAZOR SHARP』ではクラッシュのトッパー・ヒードンらと普通に渡り合える忌野清志郎っていう衝撃があった

──はじめて野音でRCのライヴを撮影したときはまったく清志郎さんと接することはなかったそうですが、その後、清志郎さんとお話するような機会はあったんですか。

有賀 : いや、最後までそこまでの関係はないですよ。でも、『COVERS』のレコーディング・スタジオに毎晩行ったり、ソロ・アルバム『RAZOR SHARP』(1987年)の取材で撮影させていただいてお会いしたりはしました。そのときはサインをもらったんですけどね(笑)。

──本当に純粋にファンだったんですね(笑)。では清志郎さん初のソロ・ワークとなった『RAZOR SHARP』について伺おうと思います。

有賀 : このアルバムでドラムを叩いているのはクラッシュのトッパー・ヒードンだったり、イアン・デューリーのバンドのブロックヘッズも参加していたり、メンツがすごいじゃないですか? よくぞこれだけのバンドマン気質のいいメンバーを揃えたな、って。その中に入って普通に渡り合える忌野清志郎っていう衝撃と、でも「あ、RCと一緒だな」って思うところもありましたね。

──えっ、それはライヴを観てそう思ったんですか?

有賀 : ライヴでもアルバムでも。清志郎の世界っていうのはもちろんRCと地続きなんだけど。でもなんか、「RCと一緒といえば一緒だな」みたいなさ。上手く言えないけど。

──それだけ忌野清志郎っていう個性が周囲を巻き込んでしまうというか。

有賀 : そうそう。

──ツアーでも有賀さんは撮影していますが、このときは指定された曲のみの撮影だったみたいですね。セットリストを見て、「この曲はこういうところを撮ろう」とか考えてました?

有賀 : いや、リハから観てるならともかく、そこまではわからないもん。ロックのライヴ撮影っていうのはもっと動物的なもので、あんまり知り過ぎちゃってもつまんないからね。

──そのときに起こることにいかに自分が反応するかっていうことですね。そういえば『the TEARS OF a CLOWN』のときは「LONENY NIGHT (NEVER NEVER)」の最後で、「ドーンドーンドーン!!」って、ものすごい特効の爆発がありますよね。

有賀 : うん、さすがにあのときは逃げたね。

──ははははは(笑)。写真集に掲載されたハーモニカを持ってしゃがんでる清志郎さんの写真はこのときのものですよね?

有賀 : ああ〜そうだね。「うわ〜〜!!」みたいな感じで、メンバーもわかっていたのにビックリしてるっていう。

けっこう被害に遭いましたよ、水鉄砲とか(笑)

──清志郎さんはステージ上からカメラマンに、ひもスプレーをシューってかけたり物を投げたりよくしてましたよね。

有賀 : けっこう被害に遭いましたよ、水鉄砲とか(笑)。カメラのレンズを狙ってくるんだよ。でも清志郎さんにやられたら喜ぶしかないよね。そういえば家に帰ってからレンズを見たら、スプレーの塊がついてたことがあったなあ。

ステージ上から撮影中の有賀幹夫に水鉄砲を向ける清志郎 (C)Mikio Ariga

──でも嬉しかったですか?

有賀 : 嬉しいよ〜、そりゃあ(笑)。

──『RAZOR SHARP』のときはまだRCが続いてる中でのソロ活動だったわけですが、“RCじゃない清志郎”の活動をどう見てましたか?

有賀 : もう結構、RCもガチガチに固まってる感じがしてたから、次はソロっていうのはわかる気はしましたけどね。ソロだったけど僕は「外人版のRC感」みたいなものを感じてたし、そのソロ・アルバムは音が良かったでしょ? このアルバムを作ったことで清志郎さんも変わったと思うし、ファンも変わったと思うな。

──ファンもですか?

有賀 : そのあとに出たRCの『MARVY』(1988年2月25日)とか、音が良くなって行きましたから、ここにきていろいろ打破しているな〜と思いました。

──曲名が有賀さんの写真集のタイトルにもなっていますけど、ミニ・アルバムの『NAUGHTY BOY』(1986年4月23日)でロンドンに行ってティム・パーマーにリミックスしてもらってから変わっていったようですね。

有賀 : そうそう。ロンドンでのソロ・アルバム制作から音作りにこだわるようになった印象がありました。

──『RAZOR SHARP』も良いし、ライヴでも文字通りキレのあるサウンドでカッコよかったですよね。どちらかというと後々やることになるブッカー・T&ザ・MG'sよりブロックヘッズの方が清志郎さんに合ってたような気がするんですよね。

有賀 : そう! だから僕もブロックヘッズとの第2弾、第3弾くらいまでは期待したんだよね。あの1枚だけで終わるのはもったいなかったよねえ。

──はじめてのソロでしたけど、かなり評価が高いですよね。

有賀 : というよりも、やっぱりRCがかなり完成されていた時期が続いていたからね。1986年8月の野音も素晴らしかったけど、集大成っていう感じもあったからね。だから、ソロをやるときに「えっRCじゃないんだ!?」とまでは思わなかったですね。それ以上に海外のワクワクするミュージシャンとやるっていうのもあったしね。

清志郎さんは本当に文学青年みたいな感じで、ノートをいつも小脇に抱えていた

──その後、有賀さんがRCを撮影するのは『COVERS』のレコーディングですね。

有賀 : これはラッキーでしたね。だって、前にも言ったようにRCってこういう現場に他の人間は入れないところがあったから。だけどこのときは毎日ゲストが入るから、それを撮影してくれっていうことになって。しかも夜7時くらいからスタジオに行って、次の日の朝5時くらいまでやっていて。その間、ずっと待ってないといけないわけですよ。だってどこでゲストと写真を撮れるかわからないから。それで長い時間スタジオにいられる若いカメラマンをっていうことで僕が呼ばれたんです。でも全部のオケがもうできていて、スタジオの中は清志郎さんとチャボさんしかいなくて。基本的に清志郎さんがディレクションしてましたね。

清志郎が通ったという所縁の店「ロージナ茶房」店頭にて

──このときの目的としてはゲストと写真を撮るということがメインだったんですか?

有賀 : そうそう。今日は三浦友和さんが来る、とか金子マリちゃんが来るとか。桑田(佳祐)さんとジョニー・サンダースは撮れなかったけどね。長時間待機していてスタジオにずっといられたんだけど、僕はず〜っと黙ってましたよ。こういうときは透明人間になるしかないから。しかもレコーディングだからビシバシ撮れないし。でも毎晩RCの現場に、しかもレコーディングで清志郎さんとチャボさんがいるスタジオにいられるんだから、もう最高でしたよ。撮影してないときもストーカーみたいに「じ〜」っと見てたもん(笑)。

一同 : (笑)。

有賀 : それこそ目に焼き付けようと思って。清志郎さんの一挙手一投足を。

──清志郎さんの肩越しに撮ってる写真がありますけど、これはどのくらいの距離で撮ってるんですか?

有賀 : これはもう、すぐ後ろですよ。だから、「行くときは行く」っていう感じで。

──清志郎さんの方から声を掛けられた覚えはあります?

有賀 : あんまりないなあ。清志郎さんは物静かだしね。それに結局こっちもファンだから、口を開いたら余計なことも言っちゃうじゃないですか? そういうのは「ああ〜言わなきゃよかった」って後悔するから(笑)。でも本当に文学青年みたいな感じで、ノートをいつも小脇に抱えてて。歌詞とかアレンジとかを書き込んでいたんだと思う。普段はステージとは別人で寡黙だっていうのはファンだからわかってたけど、本当に文学青年みたいなんだなあって思いましたね。

ジョン・リー・フッカー、ボ・ディドリー、ロン・ウッドの3ショットを見せたら清志郎さんがすごく驚いて「チャボに見せに行こう!」って

──この後、所謂「COVERS騒動」(※注)が起こるわけですけど、見る限りそんな空気は一切ないですよね。

COVERS騒動
1988年8月6日に〈東芝EMI〉から発売される予定だったRCサクセションの洋楽カヴァー・アルバム『COVERS』は、先行シングル「ラヴ・ミー・テンダー」ともども発売中止が発表され、「素晴らしすぎて発売できません」という新聞広告が打たれた。反核・反原発が歌われた楽曲が収録されているため、親会社の東芝からの圧力がかかったためではないかと言われている。
その後、シングル・アルバム共に古巣である〈キティレコード〉(現・ユニバーサルミュージック)からリリースされ、RCサクセションとして初のオリコンチャート1位を獲得した。

有賀 : そうそう。だから、結果的には政治的な内容だけれども、カヴァー・アルバムとして楽しく作ってたっていうイメージだったんだと思いますよ。本当に楽しそうに作ってましたもん。現場にもピリピリしたムードはまったくなかったし。

『COVERS』レコーディング時の素顔の忌野清志郎 (C)Mikio Ariga

──有賀さんがいたのは何日間くらいでしたっけ?

有賀 : たぶん、5日間くらいは行ってたんじゃないかな。仕事が終わって朝5時くらいに溜池山王にあった東芝EMIの3stから帰るのにタクシーを待ってたら、車が僕のすぐ横に止まって。それがチャボさんで。窓開けて「送って行こうか?」って言ってくれて。「いえいえ、タクシー待ちますから結構です」って。普通、「あ、有賀だ」って思って行っちゃうじゃないですか? でも止まってくれて「送って行こうか」なんて言ってくれるんだもん。それがチャボさんなんだなあって泣けたよね。

──結局、乗らなかったんですか?

有賀 : 乗らないよー! そこはやっぱり仕事で関わってるんだからさ、サインをもらうのだって本当は良くないじゃない? でもまあそれはもらっちゃったけどね(笑)。

──清志郎さんとはそのときもあまり話していないみたいですけど、その後も会話を交わした記憶はあまりないですか。

有賀 : そんなにないけど、1番のハイライトは1988年に汐留PITでRCがやったときだね。その頃僕はイケイケで、ローリング・ストーンズのロン・ウッドが日本に来たときに写真を撮って気に入られて、その後ロンとボ・ディドリーのアメリカ・ツアーを一緒に回って撮影していて。そのときのサンフランシスコのライヴに飛び入りでジョン・リー・フッカーが参加したんだよ。それでジョン・リー・フッカー、ボ・ディドリー、ロン・ウッドっていう3ショットを撮って帰国してから最初の仕事がRCのライヴ撮影だったんだけど、バックステージ付近のエリアで清志郎さんに会えて、その写真を「清志郎さん、こんなの撮れました!」って見せたんですよ。そうしたら清志郎さんがすごく驚いて、「チャボに見せた!? チャボに見せに行こう!」ってバーッと走って行っちゃって、帰って来なかった(笑)。

僕はそういう風に、ただファンだったわけじゃなくて、ミュージシャンにも感動してもらえるものを撮りたかったんですよね。撮ってアーティスト本人が喜んでくれるのはもちろんなんだけど、別口でジョン・リー・フッカーなんか撮れちゃったときには、「清志郎さんに見せたいよなー」って思うんですよ。そこが僕の勝負を懸けるところというかね。それ以降は「有賀はジョン・リー・フッカーを撮ったカメラマン」ってなるじゃないですか。そんなやつはそうそういないわけで。そこなんですよね。あのときの清志郎さんの反応には「やったー!」って気分になりましたよ。

「激しい雨」は発表された時から好きな曲だったけど今は歌われている描写に震えてしまう

──では有賀さんが好きな3曲とアルバムを1枚挙げてください。

有賀 : 好きな曲って季節や日によって違うものだと思うので、今取材を受けてる段階で、ということで選びます。「多摩蘭坂」「激しい雨」と、あえて「雨あがりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」を同列で1つにして選ぼうかな。

有賀幹夫が選ぶ忌野清志郎の3曲
①「雨あがりの夜空に」&「トランジスタ・ラジオ」
②「多摩蘭坂」
③「激しい雨」

──「雨あがりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」から理由を教えてもらえますか。

有賀 : 上り調子のロック・バンドが出す完璧な曲ってあると思うんです。THE BLUE HEARTSなら「キスしてほしい」、THE YELLOW MONKEYなら「太陽が燃えている」とか、爆発的に売れた後では作れない感じの曲ってあるじゃないですか。そういう勢いが「雨あがりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」の2曲にはありますよね。加えてソロ・アーティストには作れないカッコよさっていうのかなあ。上り調子のロック・バンドが出すオーラが曲にあるんだよね。それと、「雨あがりの夜空に」って車とセクシャルなイメージを掛けた歌詞だけど、少し後から出たローリング・ストーンズの「Start Me Up」も同じようなテーマの曲なんだよね。だから、ローリング・ストーンズ・ファンとしては、「雨あがりの夜空に」を聴いた後に「Start Me Up」が出てきたわけだから、ビックリしたよね。RCって“ストーンズよりストーンズじゃん!”って思いましたよ、あのときに。

──今日、撮影もさせてもらいました「多摩蘭坂」についてはいかがでしょうか。

有賀 : 「多摩蘭坂」は国立にある、清志郎さんの聖地的な実際にある坂ですけど、僕も小平の出身で、清志郎さんは中野生まれで小平にも住んでいたらしいんだよね。そこから国立に移ったんだけど、「三多摩」(東京都西部の西多摩、旧北多摩、旧南多摩3郡の総称)的な清志郎ソングはすごく好きで。『シングル・マン』なんかは全編「三多摩」のちょっとうちに籠っているロック青年の感じというか。清志郎さんと近いエリアで育った身としては、「三多摩」を感じさせてくれる曲はマストです。「多摩蘭坂」なんかは完全に国立の曲なわけだからね。それにこの曲、プログレだと思う。日本武道館の〈完全復活祭〉(2008年2月10日開催)で久々にライヴで聴いて、本当に良い曲だなって思いましたね。泣きましたよ…… 最後に観た清志郎さんのライヴでこの曲を聴けたことで、より一層ものすごく胸に刻み込まれました。

──最後は「激しい雨」(『夢助』収録 2006年10月4日)です。

有賀 : 清志郎さんにとって最後のアルバムになった『夢助』はどこかRCの頃の清志郎さんに戻った、ソウルっぽいけど歌の感じはロック・バンドの人っぽい歌詞になっていて。「激しい雨」は、いまとなっては予言的な歌だと思うんですよ(〈海は街を飲み込んで ますます荒れ狂ってる 築き上げた文明が 音を立てて崩れてく〉)。『COVERS』では原発がなんのためにこんなに建ってるんだって、直接的な言葉で社会的なことを歌っていたけど、「激しい雨」はもはやそういう直接的な政治ソングではなく、もっと大きな世界、大震災への予言の書みたいなことを歌っていて。だけど〈RCサクセションがきこえる〉なんていうフレーズが出てくると、なんかもうファンとしてはなんともいえないですよね。曲としてもチャボさんとの共作で名曲ですよね。発表された時から好きな曲でしたが、今は歌われている描写に震えてしまいますね。

──ではアルバム1枚を選んでください。

有賀 : 僕はやっぱり『the TEARS OF a CLOWN』ですね。仕事としても関われて、でも圧倒されて。それでライヴ盤になって聴いたらあの感じが全部パッケージされていて。翌年は清志郎さんがソロをやって、RCはいったんここでブレイクするわけだから、僕が「ステップ!」と「雨あがりの夜空に」で人生コースが変わるほど憧れたロック・バンドの頂点、完成形だなっていう思いがありますね。選曲も最高だしね。

有賀幹夫が選ぶ忌野清志郎のアルバム

RC SUCCESSION / the TEARS OF a CLOWN



【収録曲】
1. IN THE MIDNIGHT HOUR
2. Sweet Soul Music~Strawberry Fields Forever
3. 君が僕を知っている
4. ラプソディー
5. よそ者
6. 君はそのうち死ぬだろう
7. 打破
8. スローバラード
9. SKY PILOT/スカイ・パイロット
10. トランジスタ・ラジオ
11. ドカドカうるさいR&Rバンド
12. LONELY NIGHT(NEVER NEVER)
13. ヒッピーに捧ぐ
14. 自由
15. 雨あがりの夜空に

【ご購入はこちらから】
http://amzn.asia/adsrOEo

若い人たちはどの曲でも、とにかくフッと聴いてみたらすごくてビックリするんじゃないかな

──ありがとうございます。では最後に、若い音楽リスナーやアーティストに向けて清志郎さんのどんなところをとくに知って欲しいかメッセージをお願いします。

有賀 : 「ステップ!」でファンになってリアルタイムで追いかけてきた僕でも、『COVERS』の騒動とか『コブラの悩み』あたりの振り切り方はついていけないところもあったんだよね。いま聴くとすごく良いけど、忌野清志郎&2・3'Sも当時は「えぇっ!?」って思ってたし。リアルタイムでかなりコアなファンになっても、活動の幅が広すぎてついていくのが大変なくらいだった(笑)。だけど、この前レコード屋で「人間のクズ」(『冬の十字架』収録 / 1999年)が流れてて、〈クズクズクズクズ人間のクズ〜♪〉っていうのを店内にいた20代前半くらいの絶対清志郎さんを知らないであろう若いカップルが「なんだこの曲? すごい!」ってウケてたんだよね。そのときに、「ああ、清志郎さんのパワーってこれか」って思い知らされたんですよ。ビシバシ熱いラヴ・ソングから、社会的なところも含めて本当に嘘を歌っていない人だなって思うんです。だからこそ、その振り幅についていけない時期もあったくらいなんだけど、いま聴くと本当にどれも素晴らしいんですよね。だから、若い人たちはどの曲でもとにかくフッと聴いてみたらすごくてビックリするんじゃないかなって。それが清志郎さんのワン・アンド・オンリーな偉大な世界だと思います。

【>>>第3回は3月9日に掲載します! お楽しみに!】

INFORMATION

「忌野清志郎写真集『NAUGHTY BOY / KING OF ROCK`N ROLL』」発売中!!

忌野清志郎写真集『NAUGHTY BOY / KING OF ROCK`N ROLL』

【ご購入はこちらから】
https://goo.gl/WjXvZK

ザ・ビートルズと忌野清志郎の展覧会「ONTEN 〜LOVE&ROCK ビートルズ × 忌野清志郎〜」大阪で開催中!

期間 : 2018年2月10日(土)から4月8日(日)まで
会場 : ATC(大阪南港)特設会場ITM2F

「ロックスター忌野清志郎展」では、忌野清志郎のギターや、愛用のアンプなどの楽器類をはじめ、特徴とも言えるカラフルなステージ衣装、オレンジ号と呼ばれる自転車などの愛用品、そして東京・タワーレコード新宿店のオープン記念に書かれた9mの大作の絵画など、ミュージシャン、サイクリスト、アーティストとしての“イマーノワールド”を余すことなく堪能できる展示となっている。ロック・フォトグラファー有賀幹夫が撮影した清志郎のとミック・ジャガーの2ショット写真も展示される。

「ONTEN 〜LOVE&ROCK ビートルズ × 忌野清志郎〜」が2018年2月10日(土)から4月8日(日)まで開催される(写真は東京で開催された「ロックの殿堂」の様子)

「ロックスター忌野清志郎展」では、忌野清志郎愛用の衣装や、絵画なども展示されている(写真は東京で開催された「ロックの殿堂」様子)

>>> 「ONTEN 〜LOVE&ROCK ビートルズ × 忌野清志郎〜」についてはこちらから

この記事の筆者
岡本 貴之

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー