ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!!

ローザ・ルクセンブルグ

どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。


86年リリースのデビュー・アルバム

ぷりぷり

【Track List】
01. おもちゃの血
02. 在中国的少年
03. 原宿エブリデイ〜ブルーライトヨコハマ〜
04. 北京犬
05. 大きなたまご
06. アイスクリン
07. バカボンの国のポンパラスの種
08. だけどジュリー
09. ニカラグアの星
10. 毬絵
11. 少女の夢

【配信形態 / 価格】
【左】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
単曲購入 378円(税込) まとめ購入 3,240円(税込)
【右】DSD(5.6MHz/1bit)
まとめ購入のみ 4,860円(税込)


更なるオリジナリティを追求したセカンド・アルバム

ROSA LUXEMBURG II

【Track List】
01. さいあいあい
02. あらはちょちんちょちん
03. フォークの神様
04. デリックさん物語
05. かかしの王様ボン
06. さわるだけのおっぱい
07. シビーシビー
08. テレビ28
09. まったくいかしたやつらだぜ
10. 橋の下
11. 眠る君の足もとで

【配信形態 / 価格】
【左】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
単曲購入 378円(税込) まとめ購入 3,240円(税込)
【右】DSD(5.6MHz/1bit)
まとめ購入のみ 4,860円(税込)


解散ツアーのラスト・ライヴを完全収録した名盤

LIVE AUGUST

【Track List】
(Disc1)
01. さいあいあい
02. あらはちょちんちょちん
03. おいなり少年コン
04. フォークの神様
05. かべ
(Disc2)
01. 虹のまりちゃん
02. 北京犬
03. モンゴル放送局
04. 不思議だが本当だ
(Disc3)
01. デリックさん物語
02. くちゃ
03. ひなたぼっこ
04. だけどジュリー 他全25曲収録

※曲順、ディスク番号はオリジナルのLPに準拠したものとなっております

【配信形態 / 価格】
【左】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
単曲購入 270円(税込) まとめ購入 3,780円(税込)
【右】DSD(5.6MHz/1bit)
まとめ購入のみ 5,400円(税込)

※DSD作品(特に『LIVE AUGUST』)に関してはファイル・サイズが大変大きいため、1度に複数アルバムの購入はお控えください
※Windowsをご利用のお客さまへ
今作はファイル・サイズが大変大きいため、Windowsに標準搭載された解凍ツールでは正常に展開できない場合がございます。その場合、お手数ですが、Explzhという解凍ソフトをお試しください。
>>解凍ソフト「Explzh」を使った解答の仕方

“ボ・ガンボスの前身バンド”とは言い切れない…ローザ・ルクセンブルグだけが持っていた世界

1986年2月にデビュー、1987年8月にラスト・ライヴを行い、わずか1年半という短い活動期間で解散したローザ・ルクセンブルグ。ラスト・ライヴからちょうど30年となる8月6日に、1stアルバム『ぷりぷり』2ndアルバム『II』ラスト・ライヴの模様を収録した『LIVE AUGUST』がハイレゾ(24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bit)配信された。2013年発売のCD BOXのリマスターの音源とは異なり、あらためてオリジナル・アナログ・マスター・テープからハイレゾ配信のためにDSDマスタリングをやり直し、当時のサウンドに限りなく忠実に仕上げた作品となっている。

どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)により結成され、京都の音楽シーンから登場したローザ・ルクセンブルグを知る上で最もわかりやすいのは、デビューのきっかけとなったNHKのコンテスト「YOUNG MUSIC FESTIVAL」で「在中国的少年」を演奏する映像だ。中国雑技団のごときビジュアルとオリエンタルかつキャッチーなギターリフに「なんだこのバンドは!?」と一発で気を引かれることだろう。そして、ローザ・ルクセンブルグはのちにボ・ガンボスを結成することとなるどんとと永井が在籍していたことでも知られている。


NHK ヤングミュージックフェスティバル 84

序盤からいきなりボ・ガンボスの話から書きだしてしまうと、「順番が逆だろうがこのボケナス! 」と思われるかもしれないが、バンド・ブーム真っ只中に大成功を収めたBO GUMBOSに比べるとローザ・ルクセンブルグはあまり熱心に聴いたことがないという音楽ファンも少なくないのではないだろうか。正直、筆者もその一人である。というのも、デビュー盤からニュー・オリンズに出向きボ・ディドリーをゲストに迎えたレコーディングを実現させ、敢然とアメリカのルーツ・ミュージックの沼地へとずんずん進んで行きこれまでにない日本語のロック・ポップスを創り上げたボ・ガンボスに対し、ローザ・ルクセンブルグをその「前身バンド」と呼ぶには明らかな音楽性の違いを感じたからだ。故に、ボ・ガンボスのデビュー盤にやられてすかさずローザ・ルクセンブルグの作品を聴いた際に「あれ? 何か違うな」という温度差を感じてハマらなかったのだと思う。今回、3枚のアルバムを改めて聴いてみて、その浅はかな姿勢を反省している。ローザ・ルクセンブルグ、最高じゃないか。

“おもちゃのチャチャチャ”がフィーチャーされた「おもちゃの血」、昭和歌謡曲の濡れたマイナー加減を糸口にスカ・テイストも感じさせるサウンドへと昇華させた「原宿エブリデイ〜ブルーライトヨコハマ〜」等、デビュー・アルバム『ぷりぷり』に収録された楽曲に顕著なように、ローザ・ルクセンブルグの音楽はハチャメチャな遊び心と雑多な音楽的要素がないまぜになったもの。ヴォーカル・どんとのあまりにも独特すぎる言語感覚とブリティッシュ・ロックを根っこに持ったリーダー玉城宏志の変幻自在なギター・リフ、脇役扱いされがちだったベースの概念を変えたのではないかと思えるほどサウンドの核となる永井のクリアでぶっといフレーズ、それらの豪胆な弦楽器を束ねるタイトかつ繊細な三原のドラム・プレイ。その神髄が発揮される「アイスクリン」「ニカラグアの星」で聴ける4つの個性のぶつかり合い、玉城のササクレだったギターや永井のスペイシーな音像も、ハイレゾ音源化でより臨場感を増しており興奮がとまらない。

2ndアルバム『ROSA LUXEMBURG II』では冒頭から「さいあいあい」「あらはちょちんちょちん」と、どんとはますます常人を越えた言語感覚を発揮している。このあたりは1stアルバムからメッセージ性もあり明確な意味のある歌詞が歌われることが多かったボ・ガンボスとの違いの1つだ。もろにGSサウンドの「フォークの神様」、永井の作詞・作曲・ヴォーカルによるファンク「デリックさん物語」、ビートルズばりのコーラスも楽しめるマージービート「シビーシビー」、アコースティック・ギターの音色も美しい名曲「橋の下」等々、その色とりどりな楽曲たちは良い意味でひっちゃかめっちゃかでもある。そのフリーキーな独自の世界があったからこそ面白かったのだろうが、どんとと玉城という2つの際立った個性ゆえに袂を分かつこととなるのも頷ける気もするのだ。最後のライヴとなった1987年8月6日渋谷エッグマンの模様を25曲の大ボリュームで収録した『LIVE AUGUST』のド迫力で駆け抜けるバンドサウンドは圧巻で、いかに各々がミュージシャンとして貪欲に音楽を突き詰めている中で解散していったかがわかるスリリングなものとなっている。

それにしてもどんとの声の存在感はすごい。これまで当たり前のように聴いていたが、こうして聴いてみるとなんと耳に残る声質を持ち表現力豊かなヴォーカリストなんだろう。自由奔放でアバンギャルド、ピースフルであることに最大の攻撃力を持っているその歌声は時代を経てもまったく色あせるところがないどころか、ますます輝きを放っているではないか。

惜しくもこの世を去ってから17年、存命であれば配信開始前日の8月5日に55歳を迎えたことになるどんとと、現在もギタリストとして活動を続ける玉城宏志。2人の異才が出会い日本が新しいロックの時代へと進む上で重要な役割を果たしつつ短期間でその役目を終えたローザ・ルクセンブルク。彼らが残したあまりにもインパクトの強い曲の数々をイキイキと蘇らせるハイレゾ配信で存分に楽しんでもらいたい。

(Text By 岡本貴之)

未公開秘蔵音源集「お蔵だし」シリーズ第1弾をハイレゾ配信中!

ローザ・ルクセンブルグ / お蔵だし Vol.1(24bit/96kHz)

倉庫から発掘されたローザ・ルクセンブルグのスタジオ・リハーサル、ライヴ未公開秘蔵音源集。26、27、28曲目は配信限定の楽曲となっております。過去の特集記事はこちら→https://ototoy.jp/feature/20140528001

PROFILE

ローザ・ルクセンブルグ

どんと(Vo, Gt)、玉城宏志(Gt, Vo)、永井利充(Ba, Vo)、三原重夫(Dr)の4人からなるロック・バンド。1983年、玉城とどんとを中心に結成、1986年2月にミディからデビューを果たし、1987年8月に解散。ロック・サウンドとカルトなポップ・センスを融合させ、強烈なインパクトを残した。TVコマーシャルに出演するなど、当時は音楽シーンだけでなく、お茶の間への露出も。その後、どんとと永井はBO GUMBOS(ボ・ガンボス)を結成。玉城はマチルダロドリゲス、三原はTHE ROOSTERSなどで活躍する。ユニークかつソリッドなサウンドとライヴ・パフォーマンスで、現在もその存在感を示しつづける伝説的なバンド。

 
 

レヴュー

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで
・2018年07月11日・【REVIEW】京都から全国に広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾ配信開始 どこまでも幸福に満ちあふれるサウンドを奏でる12人組バンド、Ribet townsが初の全国流通盤をリリースする。跳ねるように刻まれるビートを土台に、ピアニカ、トイピアノ、マンドリンといった楽器がひとつとなって押し出されるハッピーな音色と、どこか物悲しげな歌詞と合わさることで、Ribet townsの音楽は楽しいことばかりではない日々に寄り添う。OTOTOYでは今回のリリースに合わせて音楽ライター、峯大貴による『ショーケース』のレヴューを公開。慎ましやかに暮らす人々の毎日をカラフルに染め上げる彼らの音楽が全国を駆け巡る! 初となる全国流通盤をハイレゾで聴けるのはOTOTOYだけ! Ribet towns / ショーケース '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 263円(税込) / アルバム 1,620円(税込)【収録曲】1. アメジスト2. ベッドタウン3. 猫の砂4. Pose5. caravan6. エソラ(hea
by 峯 大貴
【REVIEW】高音質で響く、胸を刺す冬馬かずさの歌声
・2018年05月23日・高音質で響く、胸を刺す冬馬かずさの歌声 ──『WHITE ALBUM2』サントラ高音質配信開始 PlayStation®︎3・PSVita®️ などにて発売中、いまなお根強い人気を持つゲームソフト『WHITE ALBUM2』。本作のヒロインのひとり、「冬馬かずさ」(CV : 生天目仁美)のヴォーカル曲を集めたスペシャル盤、『WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~kazusa~』のハイレゾ・DSD配信がスタートしました! 配信開始に合わせ、OTOTOYでは本作のレヴューを公開! 冬はもう少し先ですが、『WHITE ALBUM2』の名曲たちと彼女の歌声の魅力をぜひ高音質で再確認しましょう。 また、本作品のもうひとりのヒロインである小木曽雪菜(CV : 米澤円)によるヴォーカル・アルバム『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』も、OTOTOYにてハイレゾ配信中。この機会にあわせてぜひチェックして下さい! 冬馬かずさ / WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~kazusa~ 【配信形態】(右)DSD
by 伊達 恭平
【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着
[REVIEW]・2018年05月09日・【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着 4月からスタートしたTVアニメ「ルパン三世 PART5」。そのアニメにかかせないサントラも、最新バージョンかつハイレゾで到着。OPテーマ、EDテーマやヴォーカル曲もふんだんに入った、ジャケットのイラストが最高にキュートな『ルパン三世 PART V オリジナル・サウンドトラック 〜 SI BON ! SI BON !』、キャラクターの癖や気持ちまでも表現されたような、ボリューミーな『ルパン三世 PART5 オリジナル・サウンドトラック「THE OTHER SIDE OF LUPIN THE THIRD PART V~FRENCH」』の2タイトルで、最新のルパン・ワールドを堪能せよ! 新エンディングテーマを含む、華やかな珠玉の15曲ルパン三世 PART V オリジナル・サウンドトラック 〜 SI BON ! SI BON !'【Track List】01. LUPIN TROIS 2018 02. シボン!シボン! feat. 沢城みゆき03. LOVE IN SÃO PAULO 201804. LUPINTIC
by 岡本 貴之
“Lo-Fiドリームポップ・アイドル”SAKA-SAMA、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した初のワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信!
[PICKUP]・2018年04月27日・SAKA-SAMA、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した初のワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信! Lo-Fiドリームポップ・アイドル、SAKA-SAMAが2018年3月17日に渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した、初のワンマン・ライヴ〈イッツア SAKA-SAMAワールド〉の模様がOTOTOY独占、ハイレゾにて音源化! 1部と2部に分かれたこの日のライヴでは、彼女たちの楽曲はもちろん、アコーディオンを伴奏にしたアカペラ、皮茶パパ、毛並みんのゲスト参加、そして新曲披露など盛りだくさんの内容に。大入りのお客さんと彼女たちのパフォーマンスから生まれる臨場感をぜひハイレゾでお楽しみください! また、この日に新たな名義“Pinokko”で活動を始めた、里咲りさのプロデュースによるシングルと2ndワンマン・ライヴを渋谷のWWWで開催することを発表。今後の彼女たちの動きも見逃せませんよ! 初のワンマンをハイレゾにて独占配信!SAKA-SAMA / ライブ・フロム・SAKA-SAMAワールド'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入のみ
声優・楠田亜衣奈、アニメ主題歌の1stシングルをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年04月26日・【REVIEW】声優・楠田亜衣奈、ハッピーでポジティヴ全開な1stシングルをハイレゾ配信 これまで3枚のアルバムをリリースしている声優の楠田亜衣奈が、初のシングル『ハッピーシンキング!』をリリース。現在出演中のアニメ「レディスポ」主題歌にもなっている。シングルのタイトルをでも、聴いたらなおさらに「幸せな気分」になれること間違いなし! ハイレゾで楽しみながら、レヴューでくっすんワールドを堪能しましょう。 1stシングルをハイレゾ配信!楠田亜衣奈 / ハッピーシンキング!(24bit/48kHz)【配信形態】24bit / 48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) / アルバム 3,500円(税込)【収録曲】1. ハッピーシンキング! / 2. 会いたいよでも言えないの / 3. やさしいヒカリ / 4. ハッピーシンキング! -off vocal ver.- / 5. 会いたいよでも言えないの -off vocal ver.- / 6. やさしいヒカリ -off vocal ver.- ※ファイル形式について REVIEW : スケールもハンパなく、とにかく
by 前 田
【REVIEW】『君だけの旅路 Re:boot』&『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』
・2018年04月25日・ 再始動と共に進化した楽曲達──Suara『君だけの旅路 Re:boot』、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』ハイレゾ、DSD配信開始 2018年4月26日に『AQUAPLUS』より発売される、PlayStation®4、PS Vita用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』。その主題歌を収録したSuara『君だけの旅路 Re:boot』と同作品内の楽曲を中心にセレクトされたピアノ・アレンジ・アルバム、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』のハイレゾ、DSD配信がスタートしました! オリジナル版の発表から12年の時を経て生まれ変わった主題歌と、美しくアレンジされた楽曲群は『うたわれるもの』ファンもそれ以外のかたも必聴です! (Text by 伊達恭平) Suara / 君だけの旅路 Re:boot 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲324 円(税込) / アルバム 1200円(税込)1. 君だけの旅路 Re:boot2. キ
by 伊達 恭平
変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平