旧友たちとの再会から生まれた新たなジャパニーズ・ソウルへの冒険ーーORIGINAL LOVE最新アルバムをハイレゾ配信

ORIGINAL LOVEの約2年振りのアルバム『ラヴァーマン』には、懐かしさとフレッシュさが同居している。打ち込みを多用し、ニューウェイヴ、エクロトロ・ポップな仕上がりとなった前作『エレクトリックセクシー』から一転、今作は”あの頃”のORIGINAL LOVEサウンドを今にブラッシュアップしたソウルフルなサウンドが並んでいる。それもそのはず、今作では90年代に産み出した名盤『風の歌を聴け』当時のメンバーである佐野康夫(Dr)と小松秀行(Ba)がタイトル・ナンバーである「ラヴァーマン」などいくつかの楽曲に参加していることや、Negiccoへの提供曲「サンシャイン日本海」のセルフ・カヴァーやCMでもおなじみの「ウイスキーが、お好きでしょ」のカヴァーなど、新旧ファンの心をくすぐるようなトピックがいくつも詰まっているからである。”あの頃”好きだった人にも、そして最近気になった人も楽しめること間違いないこのアルバム。旧譜と同時に、是非ハイレゾで2015年型ORIGINAL LOVEサウンドを楽しんで頂きたい。

ORIGINAL LOVE / ラヴァーマン

【配信形態】
(左)WAV / ALAC / FLAC / AAC(24bit/48kHz)
(右)WAV / ALAC / FLAC / AAC(16/44.1kHz) / mp3

【配信価格】
(左)単曲 378円 / まとめ価格 3,240円(税込)
(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,263円(税込)

【Track List】
01. ラヴァーマン / 02. ビッグサンキュー / 03. サンシャイン日本海 / 04. 今夜はおやすみ / 05. フランケンシュタイン / 06. クレイジアバウチュ / 07. きりきり舞いのジャズ / 08. 四季と歌 / 09. 99 粒の涙 / 10. 希望のバネ / 11. ウイスキーが、お好きでしょ


新たな黄金期の幕を開けて歩き出した

ORIGINAL LOVE『ラヴァーマン』を初めて再生したときに、とりあえず一通り流して聴こうと思っていたはずが、いつのまにか惹きこまれて行き仕事の手を止めて夢中で聴いていた。若手シティ・ポップ・バンドがインディーズ・シーンを席捲する中、「渋谷系」がノスタルジーどころか日本ポップス史上の憧れのムーヴメントのように語られるようになった昨今、こんなにも力強く、音楽の楽しさを教えてくれるアルバムがORIGINAL LOVEから生み出されたことが嬉しくてたまらない。

近年、打ち込みを駆使した「ひとりソウル・ツアー」や「弾き語りツアー」といった田島貴男名義による活動が目立ったORIGINAL LOVEがバンド・サウンドに回帰した17thアルバム『ラヴァーマン』。今作が1994年に発表した『風の歌を聴け』のリズム隊と知られる小松秀行(Ba)、佐野康夫(Dr)の2人との18年振りの出会いから生み出された作品だと聞いたときに真っ先に思い浮かべたのが同アルバムに収録されていた「フィエスタ」だ。小松が弾くセカンド・ラインのベースと佐野による辺り一面を巻き込んでいくようなドラミングに先導された祝祭的なサウンドと田島のヴォーカルが生み出すグルーヴが猛烈に熱かった。今作でのリズム隊の2人は手数少なめにバンド・アンサンブルに徹しており、見事に田島のヴォーカルを支えている。歌心のある演奏ができるプレイヤーだからこその今作での起用といえよう。

冒頭の表題曲「ラヴァーマン」に始まるバンド・サウンドは汗をかきながら風に吹かれているような絶妙なさじ加減の熱量が心地よい。これまでさまざまな音楽要素を取り入れながら作品を発表してきた田島だが、今作におけるあくまでもメロディの良さを活かしつつ曲ごとに凝ったアレンジと、見事なサウンド・プロダクションにはただただ聴き惚れるしかない。ハンド・クラップと左右で異なるギター、中央の奥まった場所で鳴るベース、探りを入れるように加わるハイハットによる実験的な曲「フランケンシュタイン」は、きっと演奏を聴いているうちにエンディングを迎えてしまいもう一度聴きなおすことになるはず。まるで短編小説を読み返すような面白い体験ができるだろう。


ORIGINAL LOVE ラヴァーマン

「ビッグサンキュー」では大人になれば誰もが経験するさまざまな人との“さよなら”を歌う味わい深いヴォーカルの表現力に思わず涙。山本拓夫(Sax)をはじめとするホーン・セクションによる、肩に手を回すように情感を促す演奏が素晴らしい。「クレイジアバウチュ」では疾走感溢れるサウンドとさわやかな歌いっぷりで、高野寛とのデュエットで大ヒットした「ウィンターズ・テイル~冬物語」を想い起させる。こうした粋なポップ・ロックはお手のものといった感じで、ユーモラスに“クレイジアバウチュ”って連呼するだけでだんだん気持ちが伝わってくるから不思議だ。舶来の音楽を模倣することに若干の照れくささがある人は信用できる。また、Negiccoに提供した「サンシャイン日本海」のセルフ・カヴァーも収録。タイトなリズムが際立つアレンジに乗せ、リリカルでセンチメンタルなメロディに自らの熱唱で新たな魂を込めているところも必聴だ。

こうした楽曲を聴いてみて思うのは、田島貴男が歌う世界には生来の昭和歌謡曲的な日本人独特の感性による情緒感がエッセンスとして滲み出ているということだ。濃くて粘っこいソウル・ヴォーカルを聴かせながらもどこか日本人らしいワビ・サビが感じられるからこそ、独特のジャパニーズ・ソウル、ポップスになっているのだ。それが現在の若手アーティストが作り出す楽曲との決定的な違いであり、容易に聴き流せないひっかかりではないかと思う。

だからこそ、歌謡曲とソウルとの親和性を日本人らしいオリジナリティに昇華してきた田島が、「ウィスキーがお好きでしょ」(ボーナストラック)を歌っているのは必然という気さえするのだ。ちなみに「ウィスキーがお好きでしょ」を作詞している田口俊は、作詞家として名を馳せる一方でプログレ・バンドでヨーロッパの巨大フェスに多数出演、イギリスのレーベルからCDをリリースするなど、日本では既に大御所にも関わらずまったく安住せずに冒険心溢れる活動を展開している。田島もまた、この作品を機に新たな黄金期の幕を開けて歩き出したのかもしれない。“まわり道しても 歌って歩くよ まだ先の長い旅を 物語の続きを”(「希望のバネ」)と歌う彼に、思わずそんな想いを抱いてしまうのだ。

(text by 岡本貴之)

過去作品も同時にハイレゾ配信開始!!

RECOMMEND

Negicco / Rice&Snow(24bit/48kHz)

西寺郷太、小西康陽、矢野博康のプロデュースに続く、Negiccoニュー・シングルのプロデュースは、なんとあのORIGINAL LOVEの田島貴男!! アイドル曲制作ははじめてという田島による「サンシャイン日本海」は、これまでのNegiccoカラーとは違った軽快できらめくポップ・チューン。3人の瑞々しさが際立たっています。

>>特集ページはこちら

NONA REEVES / Choice Ⅲ by NONA REEVES(24bit/96kHz)

ノーナ・リーヴス、次なるチョイスは、“ワム! "全曲ワムのカヴァー・アルバム。これが新しい“ワム! "のレシピです。

ブランニュー・ソング / 堀込泰行

2013年4月にキリンジを脱退してからの初音源を通常 / ハイレゾ配信の2形態でリリース。久々にタッグを組む冨田恵一と共同プロデュース。“馬の骨”ではなくソロ・アーティスト“堀込泰行”としての確かな覚悟を感じさせる楽曲 キレのいい重厚なブラス陣が祝福するかのように、踊るように絡みつく「どうでもいいさ」と歌いながらも新しく歩み始めた堀込泰行の決意の曲。

LIVE INFORMATION

「ラヴァーマン・ツアー」

2015年6月23日(火)@渋谷CLUB QUATTRO
2015年6月26日(金)@仙台RENSA
2015年6月27日(土)@盛岡CLUB CHANGE WAVE
2015年7月5日(日)@福岡電気ビルみらいホール
2015年7月10日(金)@梅田CLUB QUATTRO
2015年7月11日(土)@名古屋CLUB QUATTRO
2015年7月18日(火)@渋谷公会堂

PROFILE

ORIGINAL LOVE

1985年に田島貴男を中心に結成されたレッド・カーテンを前身に、87年より、普遍的なポップ・ソングを作るバンドとしてオリジナル・ラヴの活動を開始。
91年に『DEEP FRENCH KISS』でメジャー・デヴュー。
93年のシングル「接吻kiss」などヒット・ナンバー多数。
95年から田島貴男のソロ・ユニットとして活動。

ORIGINAL LOVE HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】ポップの旗手としてミツメの飛躍が始まる! ──史上最高のポップ・ソングをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ポップの旗手としての飛躍が始まる! ──ミツメの史上最高のポップ・ソングを、ハイレゾ配信&レヴュー掲載 2016年のアルバム『A LONG DAY』リリース以降、国内12箇所、15公演、中国7都市、台湾、韓国、ロサンゼルスをまわるツアーを行ったミツメが、満を持してシングル「エスパー」をリリースした。ミツメ節と言える、人肌の温かいポップ・エッセンスを還元濃縮した、ミツメ史上最高との呼び声高いポップ・ソング「エスパー」を表題曲にし、初期ミツメを彷彿とさせながらも、ライブで培った圧倒的な演奏力と、進化し続ける川辺のソングライティングが爆発。新たな一面とミツメらしさを兼ね備えたこちらの最新作を、OTOTOYではハイレゾ配信、そして楽曲をよりお楽しみいただくためにレヴューを掲載する。 ミツメ史上最高のポップ・ソングエスパー / ミツメ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【価格】単曲 324円(税込) / まとめ 540円(税込) 【収録曲】''1. エスパー2. 青い月 REVIEW : いまだかつてなく熱っぽいミツメのポップ宣言 こんなにも熱っぽいミツメを聴く時が来たと
[CLOSEUP]・2017年12月20日・《12ヶ月連続配信企画、第10弾》──新たな「はじまり」に胸を打つ、どストレートなウェディング・ソング 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らがこの度、第10弾「はじまり」の配信をスタートした。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、新たな「はじまり」を祝福する第10弾goodtimes / はじまり'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. はじまり REVIEW : 和やかな愛の延長戦にある、どストレートなウエディング・ソング ついに彼らの配信楽曲も10曲目に突入! こちらの配信が毎月の楽しみになっている人も少なくないはずだ。そんな記念すべき第10弾は、新郎から新婦へ送られた手紙にそのままメロディをつけたかのような、どストレートなウェディング・
何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界
[CLOSEUP]・2017年12月22日・何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界 world's end girlfriendによる6年ぶりのアルバム『LAST WALTZ』、wegの音としか形容のしようのない、圧倒的な世界観を繰り広げていたが、このたび、収録楽曲をさまざまなアーティストがリミックスしたリミックス・アルバム『LAST WALTZ REMIX』をリリース。主宰レーベルのアーティストなど、多彩な顔ぶれのリミキサーたちが、その世界観をさらに拡張している。OTOTOYでは本作品をレヴューとともにハイレゾ配信でお届けしよう。 豪華クリエイター陣によるリミックス・アルバム!!world's end girlfriend / LAST WALTZ REMIX'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 173円(税込) / アルバム価格 1,728円(税込)※AACのみ単曲 162円(税込) / アルバム 1,620円(税込) 【収録曲】01. matryoshka REMIX / Plein Sol
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤナセジロウのソロ・プロジェクトbetcover!!がデビュー作『high school !! ep.』をリリース
[CLOSEUP]・2017年12月20日・恐怖をも感じさせる衝撃的な出会い──betcover!!デビュー作『high school !! ep.』をリリース 今後インディー音楽シーンの一端を担うことになるであろうサウンド・センスを持った表現者、ヤナセジロウ。“betcover!!”は、彼のソロ・プロジェクトとして2016年夏に本格的な活動を開始し、同年にロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・オーディション「RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN」で優勝した、いま最も魅力ある若手アーティストのひとりである。デビュー作となる『high school !! ep.』は関わったクリエイター全員が高校生であるという、まさに現音楽シーンへの若者からの挑戦状となるような1枚。Earth Wind & Fireなどのブラックミュージックをルーツとしつつ、予想を裏切る多様な切り口で聴く者を翻弄する傑作『high school !! ep.』を、レヴューと共にお楽しみください。 若者からの挑戦状! デビューEPを配信中! betcover!! / high school !! ep.'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(1
by ai
【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
筆者について
同じ筆者による他の記事