2019/01/18 20:00

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

左より、河野岳人、森大地、白水悠

森大地(Temple of Kahn / ex.Aureole)が代表を務めるレーベル〈kilk records〉。ライヴハウス「ヒソミネ」やカフェ「bekkan」の運営、「神楽音」の立ち上げなど音楽制作以外でも新しい動きを常に続けて来たレーベルが新たに吉祥寺にライヴハウス「NEPO」をオープンします。従来のライブハウスとは違った新たなコンセプトを多く仕掛けているというこの場所からどんな音楽が生み出されて行くのでしょうか? 今回OTOTOYでは立ち上げに参加している森大地、白水悠(KAGERO / I love you Orchestra / chemicadrive代表)、河野岳人(LAGITAGIDA / SuiseiNoboAz)の3人による対談をお届けします。

「NEPO」オープンに向けて

「NEPO」では現在オープンに向け、クラウドファンディングがスタート。ライヴハウスの詳細やコンセプト、クラウドファンディングのリターンなどに関しても下記ページにて掲載されているのでぜひチェックしてみてはいかがだろうか?

https://kibidango.com/934

開店後のオープニング・シリーズも3月21日(木・祝)のオープンから5月6日(月・祝)まで開催予定。こちらの詳細は後日発表予定とのことなのでお楽しみに! また、オープニング・スタッフと5月7日(火)以降に出演する一般バンドのブッキングも募集しているので気になる方は、下記の連絡先にメールを!

info[at]nepo.co.jp ([at]は@に変換してください)

INTERVIEW : 森大地 × 白水悠 × 河野岳人

吉祥寺駅公園口を出て、吉祥寺駅前の交差点を曲がり、井の頭公園を左手に見ながら吉祥寺通り沿いを下っていくこと、10数分。道路に面した建物の地下1階に、3月に新しくオープンする予定のライヴハウス「NEPO」の予定地があった。駅チカではないけれど、ライヴを観に行く期待感に胸を膨らませたり、ライヴを観た後の余韻に浸りながら歩くには、心地よい距離感な気がする。今回、この「NEPO」を立ち上げることになったのが、森大地(Temple of Kahn / ex.Aureole)、白水悠(KAGERO / I love you Orchestra / chemicadrive代表)、河野岳人(LAGITAGIDA / SuiseiNoboAz)の3人だ。森は以前から、ライヴハウス「神楽音」の立ち上げ、「ヒソミネ」やカフェラウンジ「bekkan」を運営していることで知られているが、白水、河野がライヴハウス運営に携わるのは、今回が初めて。ミュージシャンとして第一線で活動を続けており、十分なキャリアもある3人がなぜ今、ライヴハウスを立ち上げることになったのか? オープンに向けて日々準備に追われている3人にお集まりいただき、彼らがやりたいこととは何かを語ってもらった。

取材・文 : 岡本貴之
イラスト : kai kusaoke(yumegiwaTone/the stations)

「ドリーマーなのに現実的」な3人

──まず、そもそもの3人の関係から教えてもらえますか?

森大地(以下、森) : 白水君とは、AureoleとKAGEROが同じPA(エンジニアの大津友哉)だった繋がりから、KAGEROのイベントにAureoleで呼ばれたんです。そのときが初対面だったのかな?

白水悠(以下、白水) : そうですね。それが5年前くらい。LAGITAGIDAも同じくらいの時期に会っているんじゃないかな。

河野岳人(以下、河野) : 僕は、大地さんの名前はずっと知っていたんですけど、岡山でAureoleと対バンしたのが初対面でした。

森 : 東京のバンド同士、地方で対バンすると仲良くなることって、よくあるんですよ。そこで打ち上げで仲良くなって。KAGEROにしてもLAGITAGIDAにしても、1回会ってからは繋がりを持って、僕がヒソミネに呼んだり、高田馬場でやったイベントなんかはどちらのバンドも呼んだりしていたんです。そんな感じで親交が続いていて、河野君とは野球を観に入ったりね(笑)。

白水 : この2人、巨人ファンなんですよ。

河野 : 僕は半ば強制的に巨人ファンにさせられて。見たこともない選手のユニフォームを買いましたから(笑)。でも割とそういうところから入ると入れ込んじゃうというか。今は率先して野球観戦に誘っています。

白水 : でも僕が広島カープファンだから、そこがこのチーム最大の懸念点(笑)。

──(笑)。その3人が、ビジネスパートナーとしてライヴハウスを立ち上げることになったのはどういう経緯があったのでしょうか。

白水 : 森さんが神楽音をやっていた頃に、I love you Orchestra(ilyo)で毎月定期イベントをやってて。ちょうどその頃、違うところからライヴハウス事業の提案を受けていて。渋谷に物件を見つけて、それで最初、僕に音周りのこととか総合的な空間デザインをやってくれないかって依頼があったんです。でもその物件はサイズ的に無しになって、他の物件を探しているときに、たまたま森さんに定期イベントの件で電話したんです。そうしたら神楽音から離れる事になるって聞いて。だったら、今ライヴハウス事業の話が来ているから、一緒にやりません? っていう話をしたんです。だから最初は、別の資本で運営者が森さんっていう話から始まったんですよ。

森 : 僕は、神楽音をやめることになった時点で、もうライヴハウスはいいかなって思っていたんですけど、そんなタイミングで白水君から話が来て。新しいライヴハウスを立ち上げるっていうのは、神楽音から抜けるというネガティブなニュースをポジティブに変えてくれるかもしれないし、意外と良いかもなって。ただ最初はあくまで僕がサポートするくらいの話だったんですよね。

白水 : そう。ただ、僕だって何もわからないから、森さんが持っているノウハウでサポートしてもらおうっていう話で。そこからどんどん話を進めてく中で、これもう別の資本入れなくても僕と森さんでやっていけるんじゃない? って感じに変わったんです。

森 : その中で、店長ってすごく大事だと思っていて、誰が良いかなって考えたんですけど、その数か月前に河野君と飲んでいるときに、「河野君、将来どうすんの?」みたいな話をしたんですよ。

白水 : ははははは(笑)。

河野 : まあ、年齢的によくなりがちな話なんですけど(笑)。

森 : そのときに、これまでの河野君の生活パターンをガラッと変えて、好きなことをやる人生もいいんじゃないかっていう話をして。今回の話が出てきたときに、そのことを思い出したんですよ。河野君が来てくれるならすごく良いんじゃないかなって。それでチラッと話したらわりと乗ってくれて、18年勤めた会社を辞めて店長を引き受けてくれたんです。

河野 : 僕は、バンド活動と並行してずっとサラリーマンをやっていたんです。今まで、音楽が絡むことでメシを食うのって、演者として以外の発想が全くなかったんですよ。ただ、ふと会社の行く末も自分の行く末もなんとなく見えちゃったんですよ。「ああ、このままこんな感じで死んでいくんだろうな」って思った瞬間につまんなくなっちゃって。そんなタイミングで、プライベートで大地さんと話しているときに、今回の話を聞いたんです。大地さんって僕からすると不思議な人なんですよ。ライヴハウス関係の方って、結構疲れ切っている方が多い気がするというか、言い方は悪いですけど、ブラックな気がしていて。まあサラリーマンも大概なんですけど。でも、そんな中で1人だけ楽しそうに見えたし、ホワイトな気がしたんです(笑)。人間的に気も合うし、この人はどうやってこの業界をサバイブしているんだろうなって興味があって。この人なら、一緒にやってもいいなって思ったんです。

森 : 僕も、もともと河野君のことが好きだから遊んでいて色々話していたんだけど、白水君とちゃんと話したのはむしろこの話が出てきてからなんですよ。3人でやることを決めてから、みんなで飲みに行ったんですけど、白水君って一見するとロックスターみたいなところがあるけど……

白水 : いや、全然ないよ(笑)。

森 : でも話してみると、河野君も、白水君もちゃんとクレバーなんですよ。1つの議題に対して同じ目線と言語ですぐに伝わって、「だったらこれがいいんじゃないか」っていう意見が、2人のどちらからも出てきて、ちゃんとディスカッションになるという。それってこんなに気持ちの良いことなんだって、感動しているくらいで。それと、3人とも音楽をやっているんですけど、「ドリーマーなのに現実的」というか。現実をちゃんとわかって、冷静に俯瞰して考えることもできる2人なんですよ。

──白水さんはどうして森さんと一緒にやろうと思ったんですか。

白水 : 同じアーティスト同士っていう軸が根本にありつつ、お互いレーベルも持っていて、でも森さんはライヴハウスとか飲食店をやっていて、しかも宮原っていう都心から離れたところでちゃんとまわしているっていう。相当クレバーな計算力と実行力を持ってる人。だってそんなの、夢とか理想を語ってる「だけ」の人には無理でしょう。ヒソミネにしろbekkanにしろ、それを場として発展させ続けてるってのは、ちゃんと方程式を考えて、それを実行する力があるからで。僕はまだ森さんの人柄をものすごく知っているわけではないけど、でもヒソミネでそれを5年半も実践してきた実績っていうのは、細かいところまで聞かなくてもわかるし。その上で今回の話が来たときに、森さんとだったら自分が表現する上で欲しい「場」が実現できるかなって思ったんだよね。

意識したテーマの一つは“公園で喋っている感”

──河野さんと白水さんはどんな関係だったんですか。

白水 : KAGEROとLAGITAGIDAで対バンしたときに、打ち上げで仲良くしてもらって、おすすめのエフェクターを教えてもらったくらいの感じ。お互いただの爆音ベーシストって認識しかなかったんだけど(笑)。でも3人で話したときに、想像以上の人だなって。森さんがこの人を選んできた理由が一発でわかった。

森 : 3人で飲んだときがすごく有意義で、ハコのコンセプトの大枠もそのときに話せたんです。

──では、コンセプトについて聞かせてください。

森 : まずヒソミネ、神楽音をやってきた中で、「もっと振り切りたい」っていう気持ちがあったんです。ヒソミネももともと振り切りたいっていうコンセプトで、プロジェクターを使ったり完全に分煙にするとか、黒い壁じゃなくて白い壁にするとか、立ち上げ当時としては色んな新しいことを詰め込んだつもりです。でも今回はそれをさらに押し進めたくて。本当の意味で全く新しいハコを作りたいという思いからスタートしました。具体的に例を挙げると、まずお会計を基本キャッシュレスにするということです。お客さんには入場時にQRコードのついたリストバンドを付けてもらって、飲み食いする時は「ピッ」てやって、最後にチケット代なども全部含んだお会計をするという。スーパー銭湯なんかでも、現金を持たずに最後にお会計するじゃないですか? あのシステムってすごく開放的で良いなと思っていて。それって滞在時間が短い飲食店だと成り立たないんですよね。でも、ライヴハウスは平均滞在時間が比較的長い場所なので、そのシステムは採用できると考えました。さらにモバイルを使ったセルフオーダー・システム。スマホからフードやドリンクを注文できるようにする形ですね。もちろん面倒くさいと文句を言うお客さんがいるであろうことは想定済みで、そこを恐れて思考停止にならず、そういうお客さんにこそ新しい楽しみ方を提示していきたいなって。

NEPOのキャッシュレスシステム

カウンターにて受付、リストバンドを受け取り。チケット代やドリンク代も退店時にまとめて清算

リストバンドのQRコードを読み取ると、フードやドリンクのオーダー画面に。注文後出来上がりのお知らせを確認しカウンターへ。

スマホを開かなくても1F&地下カウンターでの直接注文も可能。

財布いらず、手ぶらで思う存分ライブを!(クロークもあり)

ライブ終了後はリストバンドを返却、会計をまとめて清算。

ハコに遊び心とか楽しさは絶対欲しいんですよね。あと屋外のような開放感。ヒソミネの近くにあるお店でいろいろ仲良くさせていただいている「おふろcafe utatane」や「おふろcafe bivouac」が、ハンモックがあったりしてまさにそうなんですよ。言うまでもなくフェスもそうですよね。フジロックとかだと、出演者に関係なく会場に行きたくなったりしますよね? でも、ライヴハウスって、本当に見たいバンドが出ない限りは行くことがないし、年齢的なこともあってか、ライヴハウスに行くっていう行為自体は、もはや僕はそんなに好きじゃないんですよ。ライヴハウスをやっていながらなんですけど(笑)。でも飲食店だったらもちろん行きたい店はあるわけで、理想はそんな自分のような人でも「あそこに行きたい」って思えるようなライヴハウスにすることです。そのために意識したテーマの一つが“公園で喋っている感”。飲食店だと席に通されてそこで飲食を楽しみますけど、どこか「食事をしている間だけその席を借りてる」って感覚がなんとなくありますよね? ここではそうでなく、公園に行って自分たちの陣地のような場所を作って、お弁当やジュースを持ってきてしゃべっているような時間を過ごしてもらいたいなって。お花見なんかでも、レジャーシートを敷いておくと「ここが自分たちの陣地」みたいな感じでまた楽しいじゃないですか? あの感覚はライヴハウスにまさに相性ピッタリだと思ったんですよね。仲間と来る時だけじゃなく1人で来る時にしてもそうで、自分のプライベートな空間で好きなときに好きなものを好きな場所で食べていいという自由さ。もっとかみ砕いて言うと飲食店だとフードコートなんかもそうですし、ライブだとそれこそフェスがそうですよね。フードを買ってきて、芝生に座ってゆったり食べる感じが最高に楽しいじゃないですか。ああいう空間を作りたいなって思ってます。

白水 : 3人共、開放的でゆったりできる場所が好きなんですよ。別にそれだけが正義なわけじゃなくて、ギュウギュウ詰めでタバコの煙が充満しているところが好きな人はそれでいいと思う。でも僕らは、正直そういう場がもうそんなに好きじゃないってだけで。僕ら3人好みの空間を創ることができたら、たぶん他にも好きな人がいるんじゃないかなってだけ。既存のライヴハウスを否定したいわけじゃないんです。そこはもう音楽創るのと同じことで。

河野 : 既存のライヴハウスには、当然それまでの歴史やノウハウで培われた良さがあるわけですよ。それが良いと思う人はそこでやった方が絶対良いと思うんです。

森 : kilkのHPにも「独創性にこだわる」って書いてあって、AureoleもKAGEROもLAGITAGIDAもそうなんですけど、僕は同じような音楽をやっていたら、自分がいる意味がないと思うタイプなんですよ。

河野・白水 : うん、うん。

森 : 僕が仲の良い人たちは、振り切っている人たちが多いんですけど、ライヴハウスはまだ振り切れる余地が大量に残ってるなって。さっき河野君が言ったように、既存の形態のライヴハウスはいっぱいあるので、それと同じだったら自分たちがやる意味がないんですよね。

白水 : 既存のものを作るんだったら、この3人でやる必要がないもん。

森 : そうそう。やるからには、常識を疑って今までにないものを創りたいです。さっきのコンセプト以外でも、例えばステージ周りでも一つ変わった仕掛けを考えてまして。複数台のカメラでいろいろな角度から演者を捉えて、それをステージの背後に設置した複数のディスプレイでリアルタイムに映そうかと思ってるんです。小さい規模のライヴハウスでやっているところはないはずです。肉眼で見えるから必要ないって理由でそもそも却下されてきたと思うんですが、実際それをイメージしてみると、狭いハコだろうがあの演出はテンション上がるなと思ったんです。ちなみにそのディスプレイは両端に置いて、ステージ背景のメインはヒソミネのような壁2面に投影するプロジェクター映像にする予定です。良いところは継承します。

──「NEPO」というネーミングはどこから出てきたんですか。

森 : これは、河野君が考えたんですけど、「OPEN」を逆にしたものなんです。

河野 : 閉鎖的な空間を開放的な空間にするという意味での「NEPO」、ヒソミネは「潜む音」だったんですけど、そのコンセプトをもう1歩踏み込ませる=ヒソミネの「音(ネ)」が歩き出すという意味での「音歩」、2つの意味合いで付けてます。

白水 : この地下1階と、地上1階の2つスペースは閉鎖的でしょ。この閉鎖的な空間2つを使って開放的なことをやるっていうのは、お手本がないから。めちゃめちゃ思考しないといけないんだけど、でもこの3人なら辿り着けるだろうなって。だから今、めちゃめちゃ思考してます。

──地下1階と、地上1階のスペースの2つを使うというのは?

森 : 1階が「GARAGE COFFEE」っていうカフェで、夕方までの営業なんですよ。地下1階はキッチンスペースを作る分にはちょっと狭いなって。

白水 : 今は同じ店舗で時間帯によって別の経営者に入れ替わる業態があるのは知っていたので、「1階って夜だけ借りられないですかね?」って言ったら、森さんは飲食店経営者の気持ちがわかるから「それいけると思う」って即行動して、貸してもらえることになったんです。

フロア予定図

森 : 夜は看板を替えて、1階も地下1階も「NEPO」になります。1階は主に飲食で、フードコートみたいに自由に席に座ってもらえるスペースで、地下はカウンターと喫煙所だけ設置する予定ですけど、それ以外は全面フロアの予定です。

徹底的に振り切って前例のないことをゼロから

──ここまでは運営や、お客さん目線の話でしたけど、演者側の立場から見た「NEPO」についても教えてください。

森 : KAGEROもLAGITAGIDAも爆音バンドなので、少なくともちゃんと爆音対応はしようと思っています(笑)。あとは良い意味で今っぽいサウンドシステムにしようかと。

白水 : 音響は、音をストレスなく出せるっていうことが何より大事だから。あとは、瞬発的に面白いことを企画できるサイズ感なのが好きです。

河野 : うん、そうだよね。

森 : キャパは、120人くらいを想定していて、楽屋もあります。ヒソミネ、神楽音と違うのは、吉祥寺はライヴハウスがたくさんあるエリアなので、サーキット・イベントなんかに巻き込んでもらえたらなって。

──ライヴハウスにとって、「行きたい」って思ってもらうのも大事だと思いますけど、「出たい」と思ってもらうのも大事だと思うんですよ。

河野 : まさに仰る通りで、当たり前ですけどライヴハウスってどこも同じようなつくりなんですよ。でもそうじゃないハコに行ったときに、「なんだここおもしれーな」って思うし、それでいて音が良い、スタッフのクオリティも高い、酒と飯もうまい、となれば当然また「出たい」要素になる。そこはもう最低限のラインとしてクリアしたいですね。で、そういうところで自分で企画をやりたいなってなったときに、200とか300のキャパだと腰が重くなっちゃうと思うんですけど、さっき白水君が言ったように「NEPO」はパッと思いついたことを形にするときに、割とやりやすいサイズじゃないかと。スタンディングでもシッティングでも映えるフロアを模索してます。演者側が新しいことを提案することはあっても、ハコ側が演者側に提示することってなかなか難しいと思うんですよ。だから音響面、演出面、内装面、ブッキング面含めトータルでそれを提示していきたいですね。

白水 : あと、一番大事なのは、しっかり「NEPOのお客さん」が付くようにする事。ライブをすると、結局自分が呼んだお客さんしかいないっていうときもどうしても多いじゃないですか。そうなってくると場所なんて正直スタジオでもどこでも良くなっちゃうわけで。「NEPO」でライヴをすることで新しいお客さんに出会える、来てくれたお客さんにも違う日のアーティストやイベントに関心を持てるロジックを思考してます。結局演者側として一番嬉しいのは、よくわからないけどお客さんがいるって状態でしょ。今までKAGEROやilyoでアジアやアメリカのそのロジックを体感してきたので、それをそのままやるんじゃなくて、日本の文化に合うように落とし込めるよう、思考してます。

河野 : アーティストに箔をつけてあげられるというか、「NEPOに出てんだ? あそこいいよね」って言ってもらえるような。我々3人はアーティストとしても活動しているわけで、ヘタなことできないんですよ。「あいつがやってる「NEPO」だろ?」っていう話に絶対になるので。

白水 : それはもう、めちゃめちゃプレッシャー(笑)。サウンド1つにしても。

森 : ハコのブランド力でいうと、代官山UNITとかWWWとかってすごくブランド力がついてると思うんですけど、小さいキャパでもそれを実現したいなって思ってます。

──では、改めて「NEPO」立ち上げに際して、それぞれメッセージをお願いします。

白水 : 3人共最前線でやってるアーティストだし、みんなその意識はすごく強くて。僕が自分のレーベルを創ったのも、アーティストとして自由になるためにそれが必要だっただけで。それは「NEPO」も同じで。その上で「僕らがライヴハウス創ったらこうなるよ」っていう、自分の中の表現の1つのチャネルです。そして何より僕達3人のセンスを好いてくれる人達の居場所が生まれることにめちゃくちゃワクワクしているし、それにもしかしたらこの場所が海外との架け橋にもなれるかもしれない。場所を持つってことは可能性がありすぎて思考の日々です。今までの事が色々と帰結するといいですね。あとは僕は吉祥寺の人間だから、この街で今までお世話になった人達やライヴハウスにもちゃんと筋を通したいので。この街と共に、仲良くやっていきたいですね。

河野 : 僕は単純に「また行ってみたい」「また出たい」っていうライヴハウスがあっても良いんじゃないかと思っていて。それには、既存のライヴハウスと同じようなことをやっていては意味がない。大変ですけど、徹底的に振り切って前例のないことをゼロからもがきながら創っていきたいなって思います。それがこの業界で素人同然の自分が店長をやる意味でもあるのかなと。そこで新しいものが生まれて、みんなが自由に何かをやるきっかけの場になったら面白いなと思います。

森 : 僕はkilk recordsで8年やってきて、変わらずに言っているんですけど、今回の「NEPO」についても「ミュージシャンがやってる」ということがポイントで。自分の職業は音楽家っていうことは変わらないんですけど、ただ夢見がちな音楽家じゃなくて、ちゃんと現実的に面白いことをやるっていう。そういうことを冷静にキチンと考えられる2人だから一緒にやろうと思ったんです。今日の話にも出てきたように、今回のメインテーマは「振り切っている」ということで。「この3人がやったから、本当に根本から新しいものができた」って思えるようなハコを実現したいです。それと、クラウドファンディングをやろうと思っています。良いハコを実現するには、どうしてもクラウドファンディングの力が必要なんですよね。リターンの内容はこのインタビューが公開される頃までに確定する予定で、今はまだ決まっていないんですが、支援してくれた方々が「ここは自分が創ったんだぞ」って胸を張って言えるようなハコにしたいですし、出演した人や働いてる人にも誇りを持ってもらえるようなライヴハウスにしたいですね。

過去の関連特集記事はこちら

ヒソミネに集まる音楽とは? (2013年4月公開)
https://ototoy.jp/feature/20130408

いい音楽とおいしい料理をつなぐ、埼玉県大宮の地元密着型カフェ「bekkan」(2016年3月公開)
http://ototoy.jp/feature/2016032601

神楽坂に誕生した「神楽音(カグラネ) / KGR(n)」の全貌に迫る(2017年5月公開)
https://ototoy.jp/feature/2017051703

OTOTOYで配信中の関連音源はこちら

この記事の筆者
岡本 貴之

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者
高木 理太 (Rita Takaki)

年月を経て2人が思う、変わったものと変わらないもの──おやすみホログラム、再録アルバム『1』をリリース

年月を経て2人が思う、変わったものと変わらないもの──おやすみホログラム、再録アルバム『1』をリリース

気づいたら私もプログレの体に──XOXO EXTREME、初フル・アルバム・リリース&現体制ラスト・インタヴュー!

気づいたら私もプログレの体に──XOXO EXTREME、初フル・アルバム・リリース&現体制ラスト・インタヴュー!

自らの未熟さと向き合いながら──mekakushe、天国をコンセプトにしたミニ・アルバム『heavenly』をリリース

自らの未熟さと向き合いながら──mekakushe、天国をコンセプトにしたミニ・アルバム『heavenly』をリリース

死ぬ時の走馬灯で1番に出てきそうな夏になった──PEDRO、〈DOG IN CLASSROOM TOUR〉最終公演

死ぬ時の走馬灯で1番に出てきそうな夏になった──PEDRO、〈DOG IN CLASSROOM TOUR〉最終公演

ノイズ・ミーツ・ガール──沖縄電子少女彩って?

ノイズ・ミーツ・ガール──沖縄電子少女彩って?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.25 - SUMMER SPECIAL「DEATHRO編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.25 - SUMMER SPECIAL「DEATHRO編」

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは?   ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは? ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

街の底、冷凍都市、交わす盃──【対談】吉野寿(eastern youth) × 向井秀徳(NUMBER GIRL / ZAZEN BOYS)

街の底、冷凍都市、交わす盃──【対談】吉野寿(eastern youth) × 向井秀徳(NUMBER GIRL / ZAZEN BOYS)

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

巷で“レジェンド”と呼ばれるアイドル・シンガーソングライター、小日向由衣って?─未発表曲を含む独占音源『配信ほいほい歴史』配信開始

巷で“レジェンド”と呼ばれるアイドル・シンガーソングライター、小日向由衣って?─未発表曲を含む独占音源『配信ほいほい歴史』配信開始

走り出したいのよ、駒沢公園ぐらいまで──向井秀徳が語る、NUMBER GIRL再結成とこれから

走り出したいのよ、駒沢公園ぐらいまで──向井秀徳が語る、NUMBER GIRL再結成とこれから

THA BLUE HERB、過去曲、関連作品音源一挙配信解禁!!

THA BLUE HERB、過去曲、関連作品音源一挙配信解禁!!

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

あいみょん、2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』ハイレゾ配信開始

あいみょん、2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』ハイレゾ配信開始

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

インディーズにこれでお別れ!!──眉村ちあき、30曲入りアルバム『ぎっしり歯ぐき』配信開始 & インタヴュー掲載!!

インディーズにこれでお別れ!!──眉村ちあき、30曲入りアルバム『ぎっしり歯ぐき』配信開始 & インタヴュー掲載!!

ロックンロール謹賀新年!! ギターウルフ、ギターウルフ、2月リリースの新作より期間限定“おみくじウルフ”付き新曲フリー・ダウンロード!!

ロックンロール謹賀新年!! ギターウルフ、ギターウルフ、2月リリースの新作より期間限定“おみくじウルフ”付き新曲フリー・ダウンロード!!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

TOP