album jacket
Add the Album to the Cart
TitleDurationPrice
1
kamakura 04:29 N/A
2
adbird 06:29 N/A
3
No road, No surf. 03:28 N/A
4
tokimekinishisu 03:56 N/A
5
Sweet Destruction 06:29 N/A
6
HELL 05:14 N/A
7
mizuiro 04:45 N/A
8
Baseball Song 05:29 N/A
9
T.D.B.B. PIRATES LANGUAGE 03:38 N/A
10
I.O.U. 02:06 N/A
11
elephant you 05:43 N/A
12
rock'n roll 05:14 N/A
13
ubik 07:45 N/A
Add the Album to INTEREST

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

News

新ライブハウス「NEPO」公式ウェブサイトがオープン

新ライブハウス「NEPO」公式ウェブサイトがオープン

森大地(.Aureole/Temple of Kahn /ヒソミネ/kilk records)、白水悠(KAGERO / I love you Orchestra)、河野岳人(LAGITAGIDA、SuiseiNoboAz)の3人によって立ち上げられる新

アユニ・DソロプロジェクトPEDRO × CASCADE × SuiseiNoboAz  3マン・ライヴ開催

アユニ・DソロプロジェクトPEDRO × CASCADE × SuiseiNoboAz 3マン・ライヴ開催

宮川企画〈マイセルフ,ユアセルフ〉が新宿LOFTにて、激アツな3マン・ライヴを開催することが発表された。 新宿LOFTを舞台とした宮川企画〈マイセルフ,ユアセルフ〉といえば、これまでも竹原ピストル×般若×MOROHA、竹原ピストル×阿部真央×椎木知仁など

〈SYNCHRONICITY’19〉第5弾出演者発表で40組追加

〈SYNCHRONICITY’19〉第5弾出演者発表で40組追加

2019年4月6日(土)、4月7日(日)に東京(渋谷)で開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’19〉の第5弾ラインナップが発表となった。 第5弾で発表されたのは、 OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、BRAD

新ライヴハウス「NEPO」オープニングシリーズ第一弾で曽我部恵一、DOTAMAら豪華ラインナップ発表

新ライヴハウス「NEPO」オープニングシリーズ第一弾で曽我部恵一、DOTAMAら豪華ラインナップ発表

吉祥寺にオープンする新ライブハウス「NEPO」のプレオープンからGWまで開催予定のオープニングシリーズの第一弾ラインナップが発表された。 NEPOは、ヒソミネ/kilk reocords/Temple of Kahn / ex.Aureoleの森大地、K

〈SYNCHRONICITY’19〉第3弾出演アーティスト16組発表

〈SYNCHRONICITY’19〉第3弾出演アーティスト16組発表

2019年4月6日(土)、4月7日(日)に東京(渋谷)で開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’19〉の第3弾ラインナップが発表となった。 第3弾で発表されたのは、ZAZEN BOYS、eastern youth、tricot、fox c

宮川企画でAnalogfish、SuiseiNoboAz、あらかじめ決められた恋人たちへ3マン・ライヴが実現

宮川企画でAnalogfish、SuiseiNoboAz、あらかじめ決められた恋人たちへ3マン・ライヴが実現

数々の対バン・ライヴを実現させている宮川企画「マイセルフ,ユアセルフ」。 新年早々、強烈な3マン・ライヴが発表となった。 今回決定したのは、Analogfish、SuiseiNoboAz、あらかじめ決められた恋人たちへによる3マン・ライヴ。4月9日(火)

View More News Collapse
新ライブハウス「NEPO」が吉祥寺に2019年3月オープン 立ち上げメンバーは森大地、白水悠、河野岳人

新ライブハウス「NEPO」が吉祥寺に2019年3月オープン 立ち上げメンバーは森大地、白水悠、河野岳人

ヒソミネやbekkanを運営しているkilk records(株式会社キルク、代表取締役 森大地 / Temple of Kahn / ex.Aureole)が神楽音の運営から撤退し、新しいライブハウス「NEPO(ネポ)」を2019年3月、吉祥寺にオープ

溝渕匠良、畠山健嗣らによるバンドTHE RATELが初音源リリース!uri gagarn迎えレコ発ライヴも

溝渕匠良、畠山健嗣らによるバンドTHE RATELが初音源リリース!uri gagarn迎えレコ発ライヴも

THE RATELが初音源『Focus EP』を12月16日に自主制作でリリースする。 それに伴い、ツアーやレコ発ライヴも決定した。 THE RATELは2018年よりライヴ活動を開始。ポストパンク、オルタナ、ポストハードコア、カンタベリーなどの要素を内

SuiseiNoboAz、ART-SCHOOLを招き2マンライヴ開催

SuiseiNoboAz、ART-SCHOOLを招き2マンライヴ開催

11月24日(土)渋谷TSUTAYA O-nestにて行われるイベント〈BIGGER THAN BIG BOX EAST〉。 SuiseiNoboAzの共演バンドが、ART-SCHOOLであることが明らかになった。 SuiseiNoboAz 石原正晴 コ

三軒茶屋グレープフルーツムーン周年企画でSuiseiNoboAz石原、 Analogfish佐々木、YDOが3マン

三軒茶屋グレープフルーツムーン周年企画でSuiseiNoboAz石原、 Analogfish佐々木、YDOが3マン

YDOでんじゃらす弾き語り、SuiseiNoboAz石原正晴、Analogfish佐々木健太郎が10月12日に三軒茶屋グレープフルーツムーンで3マン・ライヴを行う。 2000年に誕生し、独自のスタンスでファンに支持される三軒茶屋グレープフルーツムーン。こ

SuiseiNoboAz、東京と京都でツーマン自主企画「BIGGER THAN BIG BOX」開催

SuiseiNoboAz、東京と京都でツーマン自主企画「BIGGER THAN BIG BOX」開催

SuiseiNoboAzが自主企画を東京と京都で開催することが決定した。 タイトルは、「BIGGER THAN BIG BOX」。 京都ではbedを迎えて開催。東京公演の対バンアーティストは、9月半ばに発表となる。最速入場となる超先行手売り販売が、Sui

〈ボロフェスタ2018〉第1弾でtoe、Polaris、King Gnu、カネコアヤノ、リミエキ×ロ吉、折坂悠太、台風クラブ、ベランダ、ホムカミら29組決定

〈ボロフェスタ2018〉第1弾でtoe、Polaris、King Gnu、カネコアヤノ、リミエキ×ロ吉、折坂悠太、台風クラブ、ベランダ、ホムカミら29組決定

2018年10月26日(金)27日(土)28日(日)の3日間にわたり、京都で開催される音楽フェス〈ボロフェスタ2018〉。 その出演アーティスト第一弾が発表された。 今回アナウンスされたのは、toe、Polaris、King Gnu、カネコアヤノ(バンド

喃語、初のアナログ盤リリースに伴う自主企画〈URON〉にSuiseiNoboAzの出演が決定!

喃語、初のアナログ盤リリースに伴う自主企画〈URON〉にSuiseiNoboAzの出演が決定!

喃語が2018年6月27日にリリースする初の12インチ・アナログ盤『説話説』。このリリースに伴ったイベント、〈URON〉の最終アーティストが発表された。 下北沢THREEにて開催される、喃語の自主企画〈URON〉には、左右、LOOLOWNINGEN &

SuiseiNoboAz & IRIKO & the coopeez共同企画『日本荒地計画』開催決定

SuiseiNoboAz & IRIKO & the coopeez共同企画『日本荒地計画』開催決定

東京・福岡・京都を拠点に活動する3組の共同主催が渋谷で開催されることが決定した。 その3組とは、SuiseiNoboAz、IRIKO、the coopeez。 このイベントは、4月8日福岡UTEROで開催される同イベントを東京でもやろうとのことで実現する

SuiseiNoboAz、リリースツアーワンマン・ライヴの模様をノーカット収録したDVDを発売

SuiseiNoboAz、リリースツアーワンマン・ライヴの模様をノーカット収録したDVDを発売

SuiseiNoboAzが昨年9月渋谷TSUTAYA O-nestで行った"liquid rainbow" release tour~ONE MAN LIVE!!!!~の模様をノーカットで収録したDVD『HAVE A NICE DAY BABYLON T

山形のDIYフェス『DO IT 2018』第1弾でLOSTAGE、Wienners、SuiseiNoboAz、UHNELLYS、クリトリック・リス、鳥肌実ら17組を発表

山形のDIYフェス『DO IT 2018』第1弾でLOSTAGE、Wienners、SuiseiNoboAz、UHNELLYS、クリトリック・リス、鳥肌実ら17組を発表

2003年に山形市で勃発し、唯一無二のDIY精神とカルチャーミックスを体現してきた「DO IT」が、2018年6月9日に山形県酒田市のグリーンシステム内特設会場にて「DO IT 2018」として開催されることが決定。 この度、第1弾アーティストが発表され

【祝】西澤裕郎 主宰『StoryWriter』のWEB版が本日オープン

【祝】西澤裕郎 主宰『StoryWriter』のWEB版が本日オープン

本日1月26日(金)12時、様々なカルチャーを発信するWEBサイト『StoryWriter』が誕生した。 『StoryWriter』は、「本当に読みたいオルタナティヴ・ミュージック雑誌」をテーマに、ライターで編集者の西澤裕郎が2009年より立ち上げ、定期

宮川企画「マイセルフ,ユアセルフ」eastern youth × GEZAN、おとぎ話 × SuiseiNoboAz開催決定

宮川企画「マイセルフ,ユアセルフ」eastern youth × GEZAN、おとぎ話 × SuiseiNoboAz開催決定

11月に出演者解禁の前に”イベントを信用してくれるお客さんがお得になる”先行予約を受付けていた宮川企画「マイセルフ,ユアセルフ」のイベントが遂に詳細発表となった。 2月2日(金) 新代田FEVERではeastern youth × GEZAN、2月4日(

SuiseiNoboAz、アルバムリリースの集大成ライヴ LOSTAGEと2マン&大阪ワンマン決定

SuiseiNoboAz、アルバムリリースの集大成ライヴ LOSTAGEと2マン&大阪ワンマン決定

SuiseiNoboAzの新たなライヴが発表された。 今年3月22日にアルバム『liquid rainbow』をリリースしたSuiseiNoboAz。 リリースからちょうど1年後の3月22日(木) 東京・高田馬場CLUB PHASEにてLOSTAGEとの

SuiseiNoboAz、12/8 ツアー・ファイナル公演の対バンはOLEDICKFOGGY

SuiseiNoboAz、12/8 ツアー・ファイナル公演の対バンはOLEDICKFOGGY

3月22日に発売した『liquid rainbow』を引っ提げて9ヶ月に渡り全国を回ってきたSuiseiNoboAz。 ツアー・ファイナル公演の対バンが決定した。 長期にわたるリリース・ツアーの最後を飾る対バンは、OLEDICKFOGGY。今年一年激戦を

SuiseiNoboAz ツアー追加公演&ファイナル決定

SuiseiNoboAz ツアー追加公演&ファイナル決定

SuiseiNoboAzが3月22日に発売した『liquid rainbow』のリリース・ツアー、その追加公演及びツアー・ファイナルが決定した。 長期に渡るツアー・ファイナルは新宿LOFTにて2マン・ライヴとなる。 追加公演にはdowny、Age Fac

SuiseiNoboAz、downyとの2マン・ライヴが決定

SuiseiNoboAz、downyとの2マン・ライヴが決定

今年3月にリリースしたアルバム『liquid rainbow』を引っ提げ現在ツアー真っ只中の SuiseiNoboAz。 新たに神戸でdownyとの2マン・ライヴが決定した。 また、2組の出演者に加え、”会場一推しアクト”としてmemento森による熱

SuiseiNoboAz、新作アルバムから「PIKA」MVを公開

SuiseiNoboAz、新作アルバムから「PIKA」MVを公開

SuiseiNoboAzが3月にリリースした4枚目のアルバム『liquid rainbow』。 収録曲の中から、「liquid rainbow」に続き「PIKA」のMVが公開された。 疾走感溢れるサウンドに合わせて歌われるキャッチ―なメロディと、古いブラ

SuiseiNoboAz 4thアルバム『liquid rainbow』を携えレコ発ツアー開催

SuiseiNoboAz 4thアルバム『liquid rainbow』を携えレコ発ツアー開催

3年9ヵ月ぶりとなる4枚目のアルバム『liquid rainbow』を本日リリースしたSuiseiNoboAz。 レコ発ツアーとして既に発表されている5月までのスケジュールに加え、6月7月のライヴ・スケジュールが発表となった。 共演にはMOROHA、Wi

Collapse

Articles

SuiseiNoboAz『ubik』配信開始 & インタヴュー

インタヴュー

SuiseiNoboAz『ubik』配信開始 & インタヴュー

INTERVIEW : SuiseiNoboAzついに、というか、ようやくのメジャー・デビューである。高田馬場発の3ピース・ロック・バンド、SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)。オワリカラ、東京カランコロンなど、いわゆるTOKYO NEW WAVE…

SuiseiNoboAz『THE(OVERUSED)END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH』

インタヴュー

SuiseiNoboAz『THE(OVERUSED)END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH』

SuiseiNoboAzのギター&ボーカル石原正晴と新代田の一軒家に住んでいたことがある。何度となく、お互いのバンドや楽器のことを話したものだ。その時から、石原のロック感は、何も変わっていないようだ。ニュー・アルバム『THE (OVERUSED) END …

SuiseiNoboAz新作『THE(OVERUSED)END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH』から一曲を先行フリー・ダウンロード!

インタヴュー

SuiseiNoboAz新作『THE(OVERUSED)END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH』から一曲を先行フリー・ダウンロード!

SuiseiNoboAzのギター&ボーカル石原正晴と新代田の一軒家に住んでいたことがある。何度となく、お互いのバンドや楽器のことを話したものだ。その時から、石原のロック感は、何も変わっていないようだ。ニュー・アルバム『THE (OVERUSED) END …

今、東京インディー・シーンで起こっていること

コラム

今、東京インディー・シーンで起こっていること

大都会東京。下北沢、渋谷、高円寺、吉祥寺、代官山、秋葉原、小岩... と、都内には実に多くのライブ・ハウスが点在するが、今インディー・シーンで一際目立っているのが新宿。20代前半の次世代ミュージシャンらが、ライブ・ハウス新宿MotionやMARZを中心に切…

SuiseiNoboAz『SuiseiNoboAz』インタビュー text by 渡辺裕也

インタヴュー

SuiseiNoboAz『SuiseiNoboAz』インタビュー text by 渡辺裕也

スイセイノボアズ。何とも捉え所のない名前だが、彼らこそが真の正統派だ。レッド・ツェッペリンを思わせる硬質で尖ったグルーヴ。メンバーがステージに並んだ時の佇まい。そして漂う色気。このバンドにはそのすべてが備わっている。これぞ男が惚れて女も濡れる、真正のロック…

NEXT POP powered by Motion VOL.5

インタヴュー

NEXT POP powered by Motion VOL.5

このコーナーは日々新しい才能を排出し続け、今最も勢いのあるライヴ・ハウス新宿Motionのスタッフが、“NEXT POP”をキーワードに次世代のミュージック・シーンを担うアーティストを、どこよりも早く紹介するコーナー。今回は、「''Motionがたった4年…

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

コラム

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

2008年7月にレコミュニがリニューアルして1年。これまでに邦楽、洋楽、有名、無名、老若男女を問わず、レコミュニ・スタッフの感度抜群のアンテナに、ビビッと反応したアーティストをいち早く紹介してきました。その中から、日本最大のフェスティバルであるFUJI R…

サウンドポタージュ diskunion × CR-J tokyo

インタヴュー

サウンドポタージュ diskunion × CR-J tokyo

'''「サウンド・ポタージュ」selected by diskunion CRJ-tokyo'''去年からなにやらインディーズ・シーンが騒がしい。リリースが相次ぎ、多くの自主企画が開催され、どこかしらでインディーズ・バンドが大騒ぎを繰り返しているのだ。そん…

session#3 石原正晴(SuiseiNoboAz)×Hacchan'(Pecombo)+安田寿之

連載

session#3 石原正晴(SuiseiNoboAz)×Hacchan'(Pecombo)+安田寿之

2010年最新のレコード"SuiseiNoboAz"新しいバンドが次々と現れては消え、常に混沌としていた東京ロック・シーンに光が射した。SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)の登場である。石原正晴(G,Vo)が、前身バンドを経て、…

session#2 加藤隆生(ロボピッチャー)×石原正晴(SuiseiNoboAz)

連載

session#2 加藤隆生(ロボピッチャー)×石原正晴(SuiseiNoboAz)

京都でしか生まれなかった、圧巻の歌詞世界!!!古都、京都。この街は、ある種のあこがれと哀愁を想起させる街だ。鴨川の美しい景色、町中に点在する神社、それを繋ぐ路面電車などが、土地の歴史、学生時代の甘酸っぱい思い、盆地特有のうだるような暑さまでも思い出させてく…