大都会東京。下北沢、渋谷、高円寺、吉祥寺、代官山、秋葉原、小岩... と、都内には実に多くのライブ・ハウスが点在するが、今インディー・シーンで一際目立っているのが新宿。20代前半の次世代ミュージシャンらが、ライブ・ハウス新宿MotionやMARZを中心に切磋琢磨し、新たな音楽、新たな熱狂を生み出している。今回は『TOKYO NEW WAVE 2010』、フリー・サンプラー『Next Music from TOKYO!!!』という2つの音源を中心に、そんなシーンのど真ん中にいるバンド達を紹介しよう。

東京から海外へ
また、『TOKYO NEW WAVE 2010』にも参加しているandymori、オワリカラ、mothercoat、Kulu Kulu Gardenとグーミの5バンドが「Next Music from TOKYO!!!」と銘打ってカナダ・ツアーを敢行。バンドのエネルギーは、東京だけでなく海外にまで広まりました。OTOTOYでは5バンドのスペシャル・サンプラーをフリー・ダウンロードでお届け。その熱量を、是非とも感じとってください。

Next Music from TOKYO!!!(Free Sampler)』のフリー・ダウンロードはこちらから

1979から2010へ 新宿発のNEW WAVE
今にも爆発寸前なムーブメントの立役者達の「今」をコンパイルしたコンピレーション・アルバム『TOKYO NEW WAVE 2010』がドロップ! 参加アーティストは、OTOTOYでも追い続けたバンドばかり。なんとほとんどのアーティストの特集頁があるんです。本作のセレクターは、オワリカラのタカハシヒョウリ。自身のアルバム発売前に、鋭い切り口で、シーンを世の中に提示します。

新宿 東京 世界 

今回紹介する『TOKYO NEW WAVE 2010』や『NEXT MUSIC FROM TOKYO』は、新宿という街でがむしゃらに音を鳴らし駆け抜けたアーティスト達が作り上げた企画の名前であり、現象の名前である。(前者はコンピレーション・アルバムの名前でもある。)つまり、テン年代の始まりに東京インディー・シーンで起きたひとつのドキュメンタリーなのだ。

andymori

この2つの企画に集うアーティストを強く意識したのは2009年だった。これらは、彼らの活動拠点ともいえる新宿motionというライブ・ハウスを中心に行われ、2010年の今も日々成長し続けている。『TOKYO NEW WAVE 2010』は、motionで出会い、互いに刺激し合うバンドがライブ・イベントを企画し、大盛況になるまで動員をのばし、今回コンピレーション・アルバムを発売するまでになった。『NEXT MUSIC FROM TOKYO』は、『TOKYO NEW WAVE 2010』とはまた少し違うバンド達(andymori、オワリカラは両方に参加)が集い、東京を飛び出し、バンクーバー、モントリオール、トロントを巡るカナダ・ツアーを行った。また、mothercoatは『NEXT MUSIC FROM TOKYO』出演後、そのままイギリスへ渡り、UKツアーを敢行した。

この2つの企画に関わるバンド達のサウンドは、各々の個性が際立つ、前衛的なポップさを持つバンドばかり。SEBASTIAN XやFar France、andymoriは若い世代特有な勢いに溢れ、SuiseiNoboAzや太平洋不知火楽団の攻撃性のあるサウンドは鳥肌ものだ。the morningsやARTLESSNOTE、オワリカラは、変則的なリズム感を多様するロック・バンド。壊れかけのテープレコーダーズ、東京カランコロンやシャムキャッツは、ゆるくてほっこりしているのに、どこか変である。kulukulu gardenやグーミ、mothercoatはひねくれまくった摩訶不思議なポップ・サウンド。彼らの共通点は、若くて、まだまだ育ち盛り。つまり未完成なのだが、常に伸び、変化し続けている。また、オリジナルティがあることに重きを置き、バンド自身で企画イベントをもつバイタリティもある。

SuiseiNoboAz

例えば、『TOKYO NEW WAVE 2010』の主催はオワリカラのタカハシヒョウリ。the morningsは、「朝・昼・夜」という筆者も大好きな個性的なイベントを開催。Far Franceは、『大運動会』というイベントを行い、新宿LOFTをソールド・アウトさせてしまった。またmothercoatは、CDの販売方法から独自のスタンスで活動をしている。もちろん、他のバンドも負けず劣らず、素晴らしい企画を打ち、それぞれが独自のアイデアを持っている。バンド自身の活動の意識の高さが、2つの企画でも反映され、個々に立つバンドの集合体であったからこそ、現在の大盛況に結びついているのだろう。さらには、それぞれのバンドが日々成長し続けるから、その変化が面白くて目を離すことができないので、ついつい追っかけてしまうのも彼らの魅力である。若さ故の彼らが起こした軌跡、日々の苦悩や嬉しさ、そしてもちろん楽しさが、ひとつの音のドキュメンタリーとなった『TOKYO NEW WAVE 2010』と『NEXT MUSIC FROM TOKYO』。今度は、是非映像化を求む!

彼らの意識は、ライブ・ハウスにある。その音がなっている現場に来ることをオーディエンスに望んでいる。ここからこのシーンをのばすのは、実はオーディエンスの力も必要だ。彼らの存在を東京から全国へそしてもう一度世界へ羽ばたかせたいと、強く願う。(text by 小林美香子)

オワリカラ

>>参加アーティストを網羅! インタビュー&プロフィールはこちら

TOKYO NEW WAVE 2010

「このCDは僕が見た2010年の新宿の熱量そのもので、まさにドキュメンタリーです。ずっと昔から毎晩、夜のあちらこちらで数秒単位の奇跡がおこっているのです。その瞬間はそのままで本当に素晴らしいもので、僕たちはあとからそれをこねくりまわしておかしくしてしまうようです。だからここにある音楽だけは、残ってください。2009年の彼らにも、2010年のあなたにも、2070年のあなたにも等しく在るように。(タカハシヒョウリ / オワリカラ)」

TOKYO NEW WAVE 2010 / V.A.
1.Dancing hell (can't help fallin') / 太平洋不知火楽団
2. LIFE PLEATS (TOKYO NEW WAVE ver.) / SEBASTIAN X
3. amazon surf / the mornings
4. 十代から始める革命講座 (TOKYO NEW WAVE ver.) / オワリカラ
5. 永遠の19才です / 東京カランコロン
6. 雪どけ水を飲みほして / 壊れかけのテープレコーダーズ
7. Happy1982 / SuiseiNoboAz
8. 真昼にて / Far France
9. ノッピキナラナイ存在感 / 東京カランコロン
10. ハンバーグ / ARTLESS NOTE
11. クレイジークレーマー / andymori
12. たとえば僕が売れたら / 太平洋不知火楽団
13. 落ちつかないのさ / SIAMESE CATS
14. ビート (TOKYO NEW WAVE ver.) / オワリカラ

Next Music from TOKYO!!!

andymori、mothercoat、オワリカラ、Kulu Kulu Garden、グーミという個性的かつ、今話題の旬なバンドばかりを集めたライブ・イベントが、都内… ではなく、日本から遠く離れたカナダで開催。東京のインディーズ・シーンを熟知した見事なブッキングは、カナダ在住の日系カナダ人スティーブ氏によるもの。バンクーバー、モントリオール、トロントを巡りました。また、mothercoatは"Next Music from TOKYO!!!"出演後、そのままイギリスへ渡り、UK tourを敢行。7月9日には、東京・渋谷O-nestでツアー・ファイナルを行います。

Canada - "Next Music from TOKYO!!!"

  • 2010/05/22 バンクーバー@ the Biltmore Cabaret
  • 2010/05/25 モントリオール@ il Motore
  • 2010/05/28 トロント@ the Rivoli
  • 2010/05/29 トロント(All-Ages !!) @ Whipper Snapper Gallery
  • 2010/07/09 東京@渋谷O-nest -FINAL!!-

http://www.nextmusicfromtokyo.com

TOP