彼らの音楽はとっても、ゆるい...

飛び跳ねたくなるような曲も、とろりと甘い声の曲も、遊び心満載の曲も、どれも...

『新世代ゆるゆるオルタナティブ・レボリューション!』

でも、ついつい歌詞に共感してうるっとしてしまう。年齢が近いからかな?

彼らは、10代後半から20代の人の心を打ち抜く力を確実に備えている。

待望の1st album『はしけ』が到着。

しかも、レコミュニだけのボーナス・トラック付き!

東京で最も確信に満ちたバンド、シャムキャッツをキャッチせよ!

インタビュー&文 : 小林美香子


INTERVIEW

たぶん最近のバンドが、ガチガチしすぎているんですよ

—まずは、 シャムキャッツの名前の由来を教えて下さい。

夏目知幸(以下N) : 高校生の頃に、藤村頼正とバンビ(大塚智之)の3人でパンク・バンドを組みました。その時の名前は、淫乱シャムCATS(笑)

藤村頼正(以下F) : 僕と夏目は、地元の英会話教室でたまたま出会ったんです。色々話しているうちに、バンドやろうってなった。ベースが居ないねってなったので僕の高校の同級生、バンビ(大塚智之 以下O)を呼びました。授業中に夏目から「バンド名考えたぜー」って十数個送られてきて、その中から「淫乱シャムCATSが良いんじゃね? 」って。

N : 結局、淫乱シャムCATSでは1回だけしかライブをしなかった... 菅原慎一くんに加入してもらって4人でやろうってなった時に"淫乱"を抜いて、シャムキャッツになったんです。

菅原慎一(以下S) : 夏目くんとは、親友だったんです。幼稚園から小・中一緒。好きな音楽も同じで、2人でアコースティック・ギターを弾きながら遊んでいました。高校に入って、彼がバンド活動をしているとは聞いていたのですが、別々の高校だったので一緒にやる機会はなかった。けれど、ある日夏目くんから藤村くんを紹介してもらって、その人柄に感銘を受けて、一緒にバンドをしたいと思ったんです。

N : 菅原くんが加入して4人になったのは、大学1回生になる前の 2004年の春。でも、1年目は浪人生がいて活動できませんでした。2年目、3年目は先に大学に通っていた僕とバンビが音楽サークルで忙しかったので、活動できませんでした。その次の年にサークルが無くなって、ようやくシャムキャッツは動き始めたんです。

—アルバム・タイトル『はしけ』ってどんな意味ですか?

F : 彼女に「タイトルは何が良いかな?」って聞いたら、『はしけ』って言ったんです。意味を調べてみたら、エンジンを積んでいないので自力で航行することができない産業革命初期に活躍した艀舟(はしけぶね)のことを言う。このアルバムにしっくりくるなと思ったんです。

N : 響きがよくわかんないところが気に入っています。『はしけ』って唇が一回もつかないし(笑) 僕らは、やっと創り上げた楽曲という荷物を積み終えて、出航の準備が出来た。これからこの大きな船で旅をしていければなぁって気持ちなんです。

—アルバム制作にあたってのコンセプトは、あったのですか?

N : 特に無かったです。でも、シャムキャッツの今の雰囲気が伝われば良いなと思って選曲しました。

—デモ音源に入っていない新曲は、いつ頃作られたのですか?

N : アルバム製作の1ヶ月前です。バンドとして常に新鮮な曲を届けていかないと、嘘をついている気がしてしまうんです。なるべく新しいのを入れたいって気持ちは、メンバー間で共有しています。

—アルバムを通して、非常にゆるいと感じました(笑)

N : 言われますね(笑) やっている本人は、そうは全然思っていないんですけど... 僕等が好きなアーティストを聴いたら、同じようにゆるいって思うんじゃないかな。たぶん最近のバンドが、ガチガチしすぎているんですよ。

—曲のタイトルがとても印象的です。

一同:そうですね。

F : 歌詞はすごい重要ですが、曲名は夏目の中で縛られちゃいけないものだと思っています。

O : 思い入れが強すぎない方がいい。

N : 正直タイトルは何でもよいですね。8曲目の「キウイか椎茸」とかって、本当にどっちでもよいでしょ(笑) この曲が出来た時に、食べ物の名前が付けたいって思ったんです。彼女に「この曲は食べ物だとどんなイメージ?」って聞いたら、キウイか椎茸どっちかじゃないって言われて。どっちも選べなかったので「キウイか椎茸」にした... ってぐらい適当(笑)

—レコーディング・エンジニアがトクマル・シューゴ日暮愛葉 and LOVES!のギタリストでもある岩谷啓士郎さんですが、その経緯は?

N : 事務所の人が薦めてくれて、会った感触も良かったし、好きな音楽も共通していたのでお願いしました。

F : レコーディングは、とてもやりやすかったです。ずっと笑いながらでしたし、緊迫した瞬間が無かった。

N : けど、ひとつ困ったこととしては、啓士郎さんはお笑いが好き過ぎる! 何かふると必ず乗っかってくるんですよね。僕も負けじとさらに被せるので、それが本当に崩れるまでやり続けて、ギャグ・ジェンガ状態。それはきつかった...(笑)

F : 夏目の体力を奪いましたね(笑)

—音源とライヴの雰囲気が大きく違うと思ったのですが、それは意識していますか?

N : いや、意識の差とかは無いです。ライブでやったそのまんまを録音しているんですけど、音もちゃんと変化するんですよね。場所とか機材とかに影響されて。逆に音源の感じをそのままライブで表現しなくちゃいけないとも思わないです。音源は32色、ライブは8色の色鉛筆を使ってキャンパスに描いていくくらいのイメージ。

世界一大きいステージとそこら辺の八百屋でも出来るようなバンドになりたい

—曲は、いつ、どのような時に思いつくのでしょうか?

N : 「歌いたいなぁ」と思っていることはずーっと頭の中にある状態です。リズムやベース・ラインは朝起きた瞬間に思いついたりします。常に思っている事と、偶然の思いつきが繋がっていって曲になるんです。

—中央線の駅名が歌詞に使われているのは、印象的でした。

F : 「電車を1駅 2駅 3駅 4駅 5駅〜吉祥寺あたりで〜」って夏目が歌っているときに、菅原くんが茶々を入れ始めたんですよ(笑) 菅原くんが駅名をかぶしてきたのに対して、「おおっきた! 」って興奮して歌になったんです。

O : 繰り返し遊んでいたら、それが曲になっちゃった。シャムキャッツは、そうやって偶然にでき上がっていく曲が多いです。

—みなさんがこのアルバムで最も気に入っているポイントは?

S : 自分たちのそのままが入っているところ。

N : ちょっとしょぼいところが気に入っています。それは皆がゆるいっていうところ。僕はしょぼいって言い回しの方が好きですね。

F : 夏目と同じです(笑) iPodでシャッフルで聴いていたら、自分の曲が出てきて「ゆるっ、しょぼっ! 」ってなるのが最高です。ガツガツした大人たちは「なんだこりゃ! こんなの聴いてられねー」って思うかもしれないけど、「これが良いんだ」って自信をもって言えます。

O : 「キャッチーになったね」って言われるけど、意外にそうじゃないと思ってる。夏目の歌詞のセンスがそう思わせてくれるんだと思います。

シャムキャッツは、今後どういうバンドになっていきたいですか?

F : フジ・ロックのGREEN STAGEと苗場食堂を両方やるようなバンド。

N : 世界一大きいステージとそこら辺の八百屋でも出来るような。とにかく盛り上がる、踊りまくる、泣きまくる。そんなダイナミックスを持ちつつ、おっさんが酔っぱらいながら、つぶやくような音楽をやれるバンドになりたい。

LIVE SCHEDULE

  • 4月30日(木) @渋谷O-nest
w / YOMOYA / mojoco(モロコ) / ウミネコサウンズ
  • 5月6日(水・祝) @渋谷O-nest
w / エレキベース / 小田晃生バンド / こうもとあい / サカモト教授 / ネズミハナビ / 松倉如子 / ウミネコサウンズ 他
  • 5月17日(日) @タワーレコード新宿店
“シャムキャッツ×YOMOYA ミニ・ライヴ”
  • 5月17日(日) @渋谷O-nest
w / D.W.ニコルズ / あっぱ
※シャムキャッツはオープニング・アクトでの出演になります
『はしけ』 レコ発&ツアー
  • 5月30日(土) @渋谷O-nest
“SUPER ※POP”〜シャムキャッツ1st Album 「はしけ」レコ発記念イベント〜
w / 赤い疑惑、ゆーきゃんwith坂本健太郎
DJ / 岩谷啓士郎
幕間 / 竹内道宏(全世界組織解体続行委員会)
出店 / バサラブックス
  • 6月11日(木) @難波BEARS
“※POP in OSAKA”
w / チッツ / 四万十川友美 and more
  • 6月12日(金) @京都NANO
“※POP in KYOTO”
w / スーパーノア / モーモールルギャバン and more
  • 6月14日(日) @名古屋K.D japon
“※POP in AICHI”
w / ジョンのサン / 川村アップルコージ / 紙コップス
  • 6月26日(金) @東高円寺U.F.O.CLUB
“※POP 最終回 〜ワンマンライブ〜 ”

'

LINK

シャムキャッツ

泪と笑いのズッコケROCK4人組(全員長男)。ココロにするりと入り込むポケット・サイズのポップ・ミュージック。くるり / はっぴいえんど / サニーデイ・サービス / ユニコーンなど、邦楽史に名を刻むポップ・ミュージックを背景にした秀逸なメロディー・センスと、トーキング・ヘッズやXTC、近年ならばクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーをも匂わすひねくれたサウンドとのコンビネーションは、聴く者の記憶にストーカーのようにまとわりついて離れない。たよりないのに愛しい、クセもの過ぎるヤング・ジェネレーション。

CLOSE UP : ゴンチチ

CLOSE UP : JEAN-MICHEL

CLOSE UP : nhhmbase

CLOSE UP : sakana

o

 
 

インタヴュー

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信
・2017年12月18日・DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信 東京のDJカルチャーにすでに20年以上のキャリアを持つ2人のDJ、DJ TASAKAとJUZU a.k.a. MOOCHY。彼ら2人によるユニット、HIGHTIME Inc.の1stアルバムがこのたびJUZU a.k.a. MOOCHYの主宰レーベル〈CROSSPOINT〉からリリースされた。『Alchemist Now!』と題された本作は、ハウスやテクノといったイーヴンキックなダンス・ミュージックをひとつの起点にしながらも、まさにその名の通りさまざまな多様なスタイルが溶け込んだダンス・サウンドを展開している。OTOTOYでは本作をハイレゾ先行配信中。実はそのDJキャリアのそれ以前からの朋友というふたりのインタヴューを行なった。またDJ TASAKAの2015年のアルバム『UpRight』も配信開始(CDと同等音質で1200円!)。 砂原良徳のマスタリング、ハイレゾ版(24bit/48kHz)配信中HIGHTIME Inc.[DJ TASAKA + JUZU a.k.a. MOOCHY] /
by 河村 祐介
Summer Rocket、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信&メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年12月14日・新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信 永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!! サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)【配信形態】mp3【配信価格】まとめ 0円(税込) 【Track List】1. 太陽のアリア2. Sum
by 西澤 裕郎
オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談
[CLOSEUP]・2017年12月08日・【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談 どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリースする。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTRO にて完全無料のライヴ開催も予定するなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。2回目は、どついたるねんの映像を撮り続けている梁井一と岩淵弘樹をお迎えしインタヴューを敢行。バンドとはなんなのか、そしてメンバーの脱退について彼らだから語れる話を訊いた。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2. おならぷーぷーセッショ
by 西澤 裕郎
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?