マリンバが奏でるメランコリックな世界に迫る

メランコリックで心が懐かしくなるマリンバ。時に優しく、時に激しく響くギター。それに絡みつくドラムという編成の3ピース・バンドcirce。描かれる音楽は、現実か夢かわからない不思議な世界。摩訶不思議な響きや展開がたくさん散りばめられていて、まるで新しい生き物達がそこでバンドをしているかのよう。さらに、ときどき現れる懐かしくて優しいギターの音色は、私の心にポカッと穴を空けて去っていく。奇妙なバンド・・・ circe。これから聴くあなたの耳には、どのように映り、あなたはなにを想像するのだろうか?ギタリストの野内俊裕に、circeを紐解く鍵をきいてみた。

インタビュー&文 : 小林美香子

INTERVIEW

—バンド名の由来は?

野内俊裕(以下Y) : circeは、ギリシャ神話に出てくる魔女の名前です。ギリシャ神話が好きで、神様の名前から一番語感が良いものを選びました。

circeを結成した経緯を教えて下さい。

Y : メンバー全員小学校から一緒で、高校生のときにバンドを組みました。最初はコピー・バンドから始めて、東京に出てきたときに今の楽器編成になりました。

—マリンバを取り入れたのは何故なのでしょうか?

Y : スティーブ・ライヒが好きだったんです。インストでやるって決めてから、すぐに取り入れてみたら、もの凄くはまったんですよ。

—マリンバが入って、苦労したことはなんですか?

Y : 録音ですね。アレンジでそれぞれのパートをきちんと聴こえるように作っても、録音するとマリンバの音が聴こえなかったんです。今回のレコーディングでは、ライヴ・ハウス渋谷屋根裏の伊藤さんにお願いして、マリンバの録音を手伝ってもらったので、ちゃんと聴こえるようになりました。伊藤さんのおかげで、今は昔程大変と思わなくなりましたね。

—アルバム『4pictures』を聴くと、非常にストーリー性を感じることができます。

Y : 4pictures』は最初から4部構成の曲を作ろうと考えていて、起承転結に沿ってイメージをつけていきました。起の「room」は部屋のイメージ。サンプラーの音は、部屋から聴こえてきそうな音をあえて選んでみました。承の「girl」はタイトル通り女の子みたいな、甘くて切ないイメージ。転の「machine」はベルト・コンベアみたいなイメージ(笑)。結でまた「room」になるんです。ざっくり言うと、部屋で色んな物事が起こって、結局また戻ってくる感じ。

—サンプラーの音に、いくつかの環境音を使われていますね?

Y : 歌詞が無い分、想像力を刺激したかったんです。例えばノックやカーテンの開け閉めの音って抽象的だと思うんです。そういう日常の音を随所に取り入れたら、聴く人はcirceを聴きながら、色々と想いを巡らしてくれるかなと。しかも、抽象的な音をいくつも集めたら、サウンドはより具体的になると思っています。

—1曲目の「room」は、マリンバの音がとても印象的でした。

Y : 曲の時間を長くして、マリンバの音をじっくり聴かせたかったんです。インストは、聴く人の想像力をいかに引き出せるか。そこを意識して制作出来る音楽なので、とても好きなんです。

—3曲目「machine」は、他の曲とは打って変わってとても激しいですね。

Y : 昔、ハード・コア・バンドを組んでいたこともあって、もともとこういう曲はずっとやりたかったんですよ。歪んだ音と僕等のようなサウンドを組み合わせてみたかった。実は、渋谷屋根裏の伊藤さんに出会ってから、激しいギターとマリンバを組み合わせることが出来るようになったんです。まだ難しいですけど、このサウンドを確立したいと思っています。

Qurageの森 幸司が主催するレーベル、ZOMBIE FOREVERから出すことになったきっかけは?

Y : 森くんとは、二子玉川pinknoiseで知り合いました。その場所で意気投合して、彼と画家の矢野ミチルさんと3人で「Art tree」という音楽やアートをゆっくり座って楽しめるイベントをはじめました。その繋がりで、彼がレーベルを始める時にZOMBIE FOREVERから出してもらうことになったんです。

circeは、アート・ワークにも力を注いでいますね。

Y : そうですね。自分がアート好きっていうのもあるんですけど、やっぱり何でもカッコいい方がいい。インストで言葉が無い分、見た目や絵の抽象的なイメージが非常に大事だと思うんです。ジャケットは片山高志さんという方に描いてもらいました。元々、『4pictures』を作るきっかけになったのは、彼から「展示会に合うような曲を作って欲しい」と言われたからなんです。

—最後の質問になります。『4pictures』を作って、次にどう繋げていきたいですか?

Y : 4pictures』は色んな人に聴いてもらいたいです。けど2年前に制作したもので、今のcirceを表現するタイムリーなものではないので、次回作は、circeの現在進行形のサウンドを詰め込みたいと思っています。

ZOMBIE FOREVER WORKS

Tokyo Long Letter / Qurage

ZOMBIE FOREVERを主宰する、モッコという一人の男が放出するヘンテコながらも、どこまでも優しい音楽を届けてくれるファースト・アルバム。親近感と危機感の狭間を自由に行き来する怪しい軟体生物の優しい音楽。さかのぼって、最後にもまたさかのぼるというコンセプトのもとオモチャで器用に遊ぶポップな楽曲が目白押し。一遍の物語という完成されたものより、まさに手紙のようなラフな気持ちで全編聴けるのが、本当に気楽で気持ちよいです!

5tracks / 3songs / 1picture / Drawings

"circe(キルケ)"と、山形から上京し「ZOMBIE FOREVER」というインディ・レーベルを立ち上げ海外アーティストのサポートや数々の自主企画を精力的に展開している"Qurage(くらげ)"と、「Ghost&Flowers」というオリジナル・ブランドを手掛け作品展やライブ・ペイントを各地で繰り広げ全国にファンを持つ"矢野ミチル"の3アーティストが合体したコラボレーション・ユニット。独特で空気感のあるギター、ジブリのワン・シーンがふと頭の中に浮かび上がってくるようなマリンバ、自由奔放でいて芯の通ったキュートなドラム。ボーカルは歌詞を聴けば一転、人間の心の裏側を透視したかような奇妙な一面も覗かせる。

PROFILE

circe
2005年、現在のメンバーになりインスト・バンドとして活動を開始。以後東京を中心としたライブ活動、及びソロの音楽家や他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも積極的に企画。渋谷7th floorにて企画「Art tree」を隔月主催。様々なジャンルを超え、聴覚・視覚のみならず五感すべてを刺激する唯一無二の感情表現。音・呼吸・仕草のひとつひとつが一枚の絵となって生まれ変わる。

o

 
 

インタヴュー

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信
・2017年12月18日・DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信 東京のDJカルチャーにすでに20年以上のキャリアを持つ2人のDJ、DJ TASAKAとJUZU a.k.a. MOOCHY。彼ら2人によるユニット、HIGHTIME Inc.の1stアルバムがこのたびJUZU a.k.a. MOOCHYの主宰レーベル〈CROSSPOINT〉からリリースされた。『Alchemist Now!』と題された本作は、ハウスやテクノといったイーヴンキックなダンス・ミュージックをひとつの起点にしながらも、まさにその名の通りさまざまな多様なスタイルが溶け込んだダンス・サウンドを展開している。OTOTOYでは本作をハイレゾ先行配信中。実はそのDJキャリアのそれ以前からの朋友というふたりのインタヴューを行なった。またDJ TASAKAの2015年のアルバム『UpRight』も配信開始(CDと同等音質で1200円!)。 砂原良徳のマスタリング、ハイレゾ版(24bit/48kHz)配信中HIGHTIME Inc.[DJ TASAKA + JUZU a.k.a. MOOCHY] /
by 河村 祐介
Summer Rocket、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信&メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年12月14日・新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信 永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!! サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)【配信形態】mp3【配信価格】まとめ 0円(税込) 【Track List】1. 太陽のアリア2. Sum
by 西澤 裕郎
オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談
[CLOSEUP]・2017年12月08日・【短期連載】いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾、どついたるねん、梁井一&岩淵弘樹対談 どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリースする。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTRO にて完全無料のライヴ開催も予定するなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。2回目は、どついたるねんの映像を撮り続けている梁井一と岩淵弘樹をお迎えしインタヴューを敢行。バンドとはなんなのか、そしてメンバーの脱退について彼らだから語れる話を訊いた。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2. おならぷーぷーセッショ
by 西澤 裕郎
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
筆者について
同じ筆者による他の記事