2024/07/04 19:00

ハードコア・パンクは本質的に自由な音楽である──KLONNS、初のフル・アルバム『HEAVEN』

KLONNS Photo by Chihiro Yoshikawa

東京のハードコア・パンク・バンド、KLONNSが2回目となるOTOTOYに登場。2022年にリリースされたシングル「CROW」リリースから2年。メンバー・チェンジという大きな変化もありつつ、多くの来日バンドのサポート・アクトや20以上からなる国内外のパンク、ハードコア・バンドが集結した〈NEW REALM FEST〉の主催など精力的なライヴ活動を経て、待望となるファースト・アルバム『HEAVEN』がこの春にリリースされた。今回のインタヴューでも自分たちが目指すべきサウンドやスタイルへ真摯に向き合った言葉の数々を聞くことができた濃密な内容となったので、ぜひとも音源とともに楽しんでいただけたら幸いだ。(編集部)

インタヴュー公開とともに、アルバム『HEAVEN』がOTOTOYでも配信開始

INTERVIEW : KLONNS

いまや東京の、いや日本のハードコア・パンクの最前線にいるといっても過言ではないKLONNS。彼らのファースト・アルバム『HEAVEN』が、米シアトルの〈IRON LUNG〉と神奈川・横浜の〈BLACK HOLE〉の共同で、4月にリリースされた。このリリースに伴い、5月には10日間にわたる欧州ツアーを敢行し、来たる7月6日には東京・新大久保EARTHDOMにてBELMADIGULA、moreru、TIVEを迎えたリリースショウが予定されている。

OTOTOYでは、ヴォーカルのSHV(SOM4LI/珠鬼 TAMAKI)、ギターのMIURA(Mortal Incarnation)、ベースのZIE(XIAN/鏡/珠鬼 TAMAKI/ゲタゲタ)、ドラムのAK.OKAMOTO(Material Gold Park/家主/珠鬼 TAMAKI/Kalypsonian)のメンバー全員にインタビューを実施。彼らが標榜する「NEW WAVE OF JAPANESE HARDCORE」のひとつの到達点ともいえる『HEAVEN』、そしてKLONNSの現在地について、たっぷり話を聞いた。

インタヴュー&文 : 須藤輝

COMUSのTシャツを、わざわざ袖まで切って着ているような人はまともじゃない

──2年前にKLONNSにインタヴューしたとき、今回のアルバム『HEAVEN』を「夏にレコーディングする」と言っていたの、覚えています?

「CROW」リリース時のインタヴュー(2022年7月公開)
変化する価値観のなかで、“純化”を重ねるハードコア・パンク─KLONNS、新作「CROW」

SHV : そうだった(笑)。

ZIE : SHVさんが〈BLACK HOLE〉のコサカさんに「来年、出ますかね?」って聞いてましたよね。そしたらコサカさんが「がんばりたいですね」って。

SHV : がんばれなかった。

OKAMOTO : いや、がんばったんじゃない? 途中でギターのメンバーチェンジがあって、録り直しとかもしてるから。

ZIE : 録り始めたのが2022年の7月で、最初の土日でドラムとベースを録って、8月中にギターもヴォーカルも、ゲストのコーラスとかも一通り録り終えてはいたんですよね。

SHV : 録ったものの、ギタリストをチェンジしようということになって……MIURAくんが加入したのは、11月?

MIURA : 初めてスタジオに入ったのは10月でしたね。

SHV : とりあえずLINEで打診して、最初は断られたんです。「あー、断られたか。とりあえず寝よう……」と思って寝て、朝起きたら「やっぱやりたいかもです」って返信が。

一同 : (笑)。

──MIURAさんは、なぜ躊躇したんですか?

MIURA : 連絡をもらって喜びましたが、同時に、私はMortal Incarnationというデスメタル・バンドをやっていたので、それまで自分がやってきたものとまったく性格が違うハードコア・パンクという音楽ジャンルに手を出してしまってよいものかという点で、正直、ためらいがありました。でも、〈Discipline〉(SHVが小岩BUSHBASHで主催していたパーティー/コレクティヴ)でやっていることやメンバーの顔触れからも、一筋縄ではいかない人たちだということはわかっていたので、いきなりハードコア・パンクの郷に入るというよりはもっと開けた気持ちで取り組めるんじゃないかという予想もあって。1回断ったものの、そのあと眠れず悶々としていたので、やったほうがいいんだなと踏ん切りがついたんです。

SHV : 一応、MIURAくんに打診するにあたって、元SOILED HATEのヤマモトくんがMortal Incarnationでベースを弾いているので、電話して「MIURAくん、どういう感じの人ですか?」って聞いてみたんです。そしたら「WIPERSとかも聴いてますよ」って言うから。

一同 : (笑)。

SHV :「じゃあ、大丈夫か」って。

ZIE : SHVさんから「どうやらMIURAくんはWIPERSとLUNA SEAが好きらしい」ってLINEが来て、「会って話がしたいな」と思ったのを覚えています。そのあと新宿の高層ビルに入ってる、OKAMOTOさん行きつけの居酒屋にMIURAさんを呼び出して。

MIURA : ビアホール的な店でしたよね。

ZIE : そこで正式に勧誘したんですけど、もともと僕らは、2022年の5月にSOILED HATEと一緒にやった企画でモータルを呼んでいるんですよ。

──吉祥寺DAYDREAMでやった〈DIFFERENT SENSES vol.3〉ですね。BISINGも出ていました。

ZIE : そうそう。そのときMIURAさんが、COMUSっていう誰も知らないようなプログレ・バンドのTシャツを、袖カットして着てデスメタルをやっていて。「ちょっとありえない人がいる」みたいな感じでどよめいたんですよ。

SHV : たぶん、あの場で僕ら3人しかどよめいてなかったけど。

──MIURAさんとKLONNSのメンバーは、あのときが初対面だったんですか?

MIURA : 初めてちゃんと話したという意味では、そうです。私は、けっこう前からKLONNSのライヴは観ていたので、3人のことは一方的に知っていました。最初に観たのは2016年とか2017年ぐらいかな。ブラックメタルっぽい時期があったじゃないですか。

ZIE : マジっすか!? めちゃめちゃ初期ですね。

OKAMOTO : ZIEさんと私が加入するより前だ。

MIURA : だから客として、メンバーチェンジがあったことと、音楽性がちょっとずつ変わっていったことを認識していて。ブラックメタル的な要素のあるハードコア・パンクに始まり、ノイジーでクラスト的なスタイルを経由して、いまに至るっていう。あのDAYDREAMのとき、パンデミック以降で初めて演奏を聴いたんですが、めちゃめちゃヘルシーになっていたので驚きましたね。

ZIE : さかのぼると、実は僕、2019年にSOILED HATEが秋葉原のスタジオ音楽館でイベントをやったときにモータルを観ていて。デスメタルなのにヘルシーな感じがしたのが印象的だったんですけど、いまつながりましたね。

──2022年5月のDAYDREAMのあと、7月に小岩BUSHBASHでleechの企画があって、SANOAとKRUELTYとMortal Incarnationが出ていたんですよ。でも、ちょうどライヴが終わったぐらいのタイミングで、小岩駅で爆発物騒ぎがあったじゃないですか。

MIURA : ありましたね。総武線が完全に止まっちゃって。

──あのときMIURAさんと、モータルのもうひとりのギターのワダさんと、SANOAのカメザワさんと、たまたまBUSHBASHに来ていたSHVさんと僕の5人でタクシーを割り勘して……。

MIURA : 中野まで行って、解散しましたね。

SHV : あのあと、カメザワさんとめっちゃ飲みながら歩いて帰って大変なことになった気がする。

──僕はMIURAさんがKLONNSに加入するのを知ったとき、あのタクシーがMIURAさんとSHVさんの距離を縮めたんだと思ったというか、いまでも勝手に思っています。

MIURA : あのとき、そんなに喋ってなかったですよね?(笑)

SHV : でも確か次の、8月の〈Discipline〉は「ウィッチハウスとブラックメタルとゴシックの親和性を提示する」というテーマでやるって話をしたら、MIURAくんが異様に食いついてきて。そのときからブックマークしていました。「こいつ、危ないな」と。

Photo by Teppei Miki

ZIE : 新しいギタリストを探すことになったときに、SHVさんは即「モータルの人に声かけようかと思います」と言ってきて。だから第1候補の人で決まったんですよね。

MIURA : 私は客観的に、昔のカクカクした、四角い感じは意図的なものだと思っていて。ZIEさんとOKAMOTOさんみたいにノイズをやっていたメンバーもいるぐらいだから……と勝手に連想していたインダストリアルなイメージと、サウンドが合致していました。なので、最初に声をかけてもらったときは「自分でいいのかな?」とも。

ZIE : えっ、どういうことですか?

──「VVLGAR」(2019年)あたりまでのサウンドが四角い?

MIURA : そうですね。

SHV : ああ、「四角い」ってそういうことか。以前はエフェクター主体で音を作る感じで、アンプとピッキングで作る感じではなかったからかな。でも、作る曲のテイストが変わって、より身体的な、プレーヤーの体からダイレクトにズンズンくる感じのギターが必要になってきて。そういうことできそうな人で、かつ、ちょっとおかしい人?

一同 : (笑)。

SHV : COMUSのTシャツを持っているだけでヤバいのに、わざわざ袖まで切って着ているような人はまともじゃないだろうということで、第1候補にあがった感じです。

ZIE : 最初にMIURAさんとスタジオで合わせたときから、もうすごかったですよね。MIURAさんのピッキングって、たぶんプリンスとかSUGIZOに近い、食いつく感じのピッキングなんすよ。ベースのスラップみたいに振り抜く力がすごく強いから、必然的に音が超でかくなる。1回、SHVさんの家でプリプロみたいことをやったとき、アンプにつながなくてもギターの音がめちゃくちゃでかくて。

MIURA : 確かに生音はでかいと思います。弦もよく切れるし。

ZIE : あと、MIURAさんのギターはメタルなんだけど、全体としてよりパンクになりましたよね。

SHV : そう、逆説的にパンクにより接近したと思いますね。

ZIE : 鏡でドラムを叩いてるニシダ(STRIP JOINT/SOM4LI)くんが……ニシダくんはよく「俺から見たKLONNS」みたいな論評っぽいことを言ってくれるんですけど、MIURAさんが入ったKLONNSのライヴを観て「ギターとベースとドラムが完全に合ってますね。タイム感が一緒っすね」って。

SHV : 縦のリズムのラインが揃ったというのはありますね。

OKAMOTO : 全体がスッキリして、自分の演奏が聞こえるようになった。曲も、作曲の段階からけっこうシンプルな構造になっているし、ギターの歪みも、散らない歪みになってきたというか。拡散する歪みだったのが、収束する歪みになって。

SHV : 前はけっこうファズとかで歪ませていたから音の壁って感じだったんですけど、いまは点になって余白が増えた感じ。全員の音が過不足なく聞こえやすくなったから、それがダンス・ミュージックとしてのハードコア・パンクというか、ハードコア・パンクの機能美を追求するうえで、より合致した形になって。ライヴもよくなったんじゃないかな。

OKAMOTO : 自分の演奏が聞こえるようになったぶん、やりやすくなったと同時に粗も見えやすくなって。

ZIE : そう、「ちゃんと演奏しなきゃな」って。でも、OKAMOTOさんの音も聞こえるから「あ、みんないる」みたいな。それまではけっこう「孤独だ……」と思っていたんですけど。

SHV : 以前はギターが空間を埋め尽くす感じだったから。中音的に。

OKAMOTO : ライヴも音源も、あえてそうしていたというのもあって。当時は、ライヴでは照明も落としてめっちゃスモーク焚いて、視界10cmぐらいでやっていたから「自分しかいない」みたいな。それが、いつしか明るい場所でやるようになって、その流れにちょうどMIURAさんというピースがハマった。

──KLONNSを最初期から追っていたMIURAさんとしては、いまのKLONNSをどう見ています?

MIURA : 間口がより広がっていると思います。やっている人たちが大人になったんだなって。

一同 : (笑)。

この記事の編集者
高木 理太 (Rita Takaki)

1993年生まれ、志田未来と同じ生年月日。お酒はほどほどに。

嗚呼、喝采──〈アーカイ奉行〉第38巻

嗚呼、喝采──〈アーカイ奉行〉第38巻

曲が必要とするならば、転がり回ってるだけでもいい──toe『NOW I SEE THE LIGHT』

曲が必要とするならば、転がり回ってるだけでもいい──toe『NOW I SEE THE LIGHT』

ハードコア・パンクは本質的に自由な音楽である──KLONNS『HEAVEN』

ハードコア・パンクは本質的に自由な音楽である──KLONNS『HEAVEN』

ビートメイカー兼YouTuber、ShotGunDandyとは何者?

ビートメイカー兼YouTuber、ShotGunDandyとは何者?

ランニングショットの入り──〈アーカイ奉行〉第37巻

ランニングショットの入り──〈アーカイ奉行〉第37巻

あんたあの娘の…──〈アーカイ奉行〉第36巻

あんたあの娘の…──〈アーカイ奉行〉第36巻

もっともっと立ち上がれ──〈アーカイ奉行〉第35巻

もっともっと立ち上がれ──〈アーカイ奉行〉第35巻

ギター初心者、最初の1曲──〈アーカイ奉行〉第34巻

ギター初心者、最初の1曲──〈アーカイ奉行〉第34巻

1ヶ月1万円生活の逃亡──〈アーカイ奉行〉第33巻

1ヶ月1万円生活の逃亡──〈アーカイ奉行〉第33巻

す・ご・い・で・す・ね〜 ──〈アーカイ奉行〉第32巻

す・ご・い・で・す・ね〜 ──〈アーカイ奉行〉第32巻

いまも問いかける男──初期エレファントカシマシを聴く

いまも問いかける男──初期エレファントカシマシを聴く

走るMORIMORI──〈アーカイ奉行〉第31巻

走るMORIMORI──〈アーカイ奉行〉第31巻

アキラの鉄拳──〈アーカイ奉行〉第30巻

アキラの鉄拳──〈アーカイ奉行〉第30巻

酸いも甘いも噛み分けた“ミドルエイジのオルタナ・ラップ”──Die, No Ties, Fly

酸いも甘いも噛み分けた“ミドルエイジのオルタナ・ラップ”──Die, No Ties, Fly

“人間最高”を掲げるアイドル、LiVSの新体制初ライヴ独占ハイレゾ配信!

“人間最高”を掲げるアイドル、LiVSの新体制初ライヴ独占ハイレゾ配信!

愛は勝つんだ象──〈アーカイ奉行〉第29巻

愛は勝つんだ象──〈アーカイ奉行〉第29巻

ケイゾク穴掘り超人──〈アーカイ奉行〉第28巻

ケイゾク穴掘り超人──〈アーカイ奉行〉第28巻

微笑みの女神1000%──〈アーカイ奉行〉第27巻

微笑みの女神1000%──〈アーカイ奉行〉第27巻

めんたいファイヤー ──〈アーカイ奉行〉第26巻

めんたいファイヤー ──〈アーカイ奉行〉第26巻

ザ・ルースターズ配信解禁!──実現の経緯を立役者が語る

ザ・ルースターズ配信解禁!──実現の経緯を立役者が語る

赤まむし、生たまご──〈アーカイ奉行〉第25巻

赤まむし、生たまご──〈アーカイ奉行〉第25巻

シェケナ──〈アーカイ奉行〉第24巻

シェケナ──〈アーカイ奉行〉第24巻

腕をグイッと高く上げてジャーン──〈アーカイ奉行〉第23巻

腕をグイッと高く上げてジャーン──〈アーカイ奉行〉第23巻

噂の女神、マライア──〈アーカイ奉行〉第22巻

噂の女神、マライア──〈アーカイ奉行〉第22巻

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB【第22回】──DAC内蔵ネットワーク・プレーヤー、Volumio Primo

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB【第22回】──DAC内蔵ネットワーク・プレーヤー、Volumio Primo

レツゲリロ〜ン♪──〈アーカイ奉行〉第21巻

レツゲリロ〜ン♪──〈アーカイ奉行〉第21巻

たかが音楽、されど音楽、足掻いて紡いだ12編──Limited Express (has gone?)

たかが音楽、されど音楽、足掻いて紡いだ12編──Limited Express (has gone?)

デヴィッド × デヴィッド──〈アーカイ奉行〉第20巻

デヴィッド × デヴィッド──〈アーカイ奉行〉第20巻

新潟県民はミカバンドをCMで知る──〈アーカイ奉行〉第19巻

新潟県民はミカバンドをCMで知る──〈アーカイ奉行〉第19巻

酔いどれて終いよ──〈アーカイ奉行〉第18巻

酔いどれて終いよ──〈アーカイ奉行〉第18巻

天国 or 真夜中のドア─〈アーカイ奉行〉第17巻

天国 or 真夜中のドア─〈アーカイ奉行〉第17巻

人生という名の夜汽車は駆ける──中川敬、6年ぶりとなるソロ・アルバム

人生という名の夜汽車は駆ける──中川敬、6年ぶりとなるソロ・アルバム

ショップ、ショック、スプリング──〈アーカイ奉行〉第16巻

ショップ、ショック、スプリング──〈アーカイ奉行〉第16巻

ドゥーン!(©︎ショージ師匠)──〈アーカイ奉行〉第15巻

ドゥーン!(©︎ショージ師匠)──〈アーカイ奉行〉第15巻

独語で「鋭利な、尖った」──〈アーカイ奉行〉第14巻

独語で「鋭利な、尖った」──〈アーカイ奉行〉第14巻

スピッツ、新作アルバム『ひみつスタジオ』&旧作配信開始

スピッツ、新作アルバム『ひみつスタジオ』&旧作配信開始

「ありがとう」伝えてますか?──〈アーカイ奉行〉第13巻

「ありがとう」伝えてますか?──〈アーカイ奉行〉第13巻

僕ボブ、僕ボブ、僕ボブ──〈アーカイ奉行〉第12巻

僕ボブ、僕ボブ、僕ボブ──〈アーカイ奉行〉第12巻

インパクト大のアー写はここにあり!──怒髪天、“伝説”のメタル・バンド愛を語らう!

インパクト大のアー写はここにあり!──怒髪天、“伝説”のメタル・バンド愛を語らう!

イッチバァーーーン! ──〈アーカイ奉行〉第11巻

イッチバァーーーン! ──〈アーカイ奉行〉第11巻

4つの“個”が主張する──ニーハオ!!!!、〈コーラスパンク〉を高らかに叫ぶ最新作

4つの“個”が主張する──ニーハオ!!!!、〈コーラスパンク〉を高らかに叫ぶ最新作

怒り狂ってナイアガラ──〈アーカイ奉行〉第10巻

怒り狂ってナイアガラ──〈アーカイ奉行〉第10巻

破滅へのカウントダウンTV──〈アーカイ奉行〉第9巻

破滅へのカウントダウンTV──〈アーカイ奉行〉第9巻

5年ぶりのアルバムをリリース──CBS

5年ぶりのアルバムをリリース──CBS

味の沁みたネギが1番うまい──〈アーカイ奉行〉第8巻

味の沁みたネギが1番うまい──〈アーカイ奉行〉第8巻

『英雄伝説 黎の軌跡II』サントラ・ハイレゾ&〈日本ファルコム〉旧作一挙ロスレス配信開始!

『英雄伝説 黎の軌跡II』サントラ・ハイレゾ&〈日本ファルコム〉旧作一挙ロスレス配信開始!

森脇は元気ですか──〈アーカイ奉行〉第7巻

森脇は元気ですか──〈アーカイ奉行〉第7巻

耳慣れないよ、“ディフィニティヴ”──〈アーカイ奉行〉第6巻

耳慣れないよ、“ディフィニティヴ”──〈アーカイ奉行〉第6巻

ナンシーとオリビアに100万点──〈アーカイ奉行〉第5巻

ナンシーとオリビアに100万点──〈アーカイ奉行〉第5巻

明菜は40、『狂気』は50へ──〈アーカイ奉行〉第4巻

明菜は40、『狂気』は50へ──〈アーカイ奉行〉第4巻

“Infinity”に込めたさまざまな想い、希望を未来へ繋げて──Suara、4年半ぶりのアルバムをリリース

“Infinity”に込めたさまざまな想い、希望を未来へ繋げて──Suara、4年半ぶりのアルバムをリリース

ビーチでズンドコ大収穫──〈アーカイ奉行〉第3巻

ビーチでズンドコ大収穫──〈アーカイ奉行〉第3巻

恐怖の金曜の夜、僕はみゆきに恋してる──〈アーカイ奉行〉第2巻

恐怖の金曜の夜、僕はみゆきに恋してる──〈アーカイ奉行〉第2巻

あの名作をひっ捕らえい! 新連載〈アーカイ奉行〉第1巻

あの名作をひっ捕らえい! 新連載〈アーカイ奉行〉第1巻

2020年の悲しみに重ねて─映画『ブラックパンサー』最新作予告編と“Alright”

2020年の悲しみに重ねて─映画『ブラックパンサー』最新作予告編と“Alright”

日本のフォーク、ロックの黎明期を支えた〈ベルウッド・レコード〉の未配信作が解禁!

日本のフォーク、ロックの黎明期を支えた〈ベルウッド・レコード〉の未配信作が解禁!

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ジョン復帰作から半年で新たなアルバムをリリース!

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ジョン復帰作から半年で新たなアルバムをリリース!

“ZUNTATA”でお馴染み、タイトーのゲーム音楽が一挙追加!

“ZUNTATA”でお馴染み、タイトーのゲーム音楽が一挙追加!

山下達郎、11年ぶりのアルバム『SOFTLY』配信開始

山下達郎、11年ぶりのアルバム『SOFTLY』配信開始

nim──このバンドは“自由な国”、充実したムードで生まれた新体制初音源

nim──このバンドは“自由な国”、充実したムードで生まれた新体制初音源

矢沢永吉、オリジナル楽曲完全解禁! 最新リマスタリングで配信開始!

矢沢永吉、オリジナル楽曲完全解禁! 最新リマスタリングで配信開始!

変化する価値観のなかで、“純化”を重ねるハードコア・パンク─KLONNS、新作「CROW」

変化する価値観のなかで、“純化”を重ねるハードコア・パンク─KLONNS、新作「CROW」

こんな世の中だからこそ『gokigen』に──chelmico、2年ぶりのフル・アルバム

こんな世の中だからこそ『gokigen』に──chelmico、2年ぶりのフル・アルバム

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ジョン復帰作『Unlimited Love』をリリース!

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ジョン復帰作『Unlimited Love』をリリース!

武道館公演を終えたMOROHAへ送る1通の手紙

武道館公演を終えたMOROHAへ送る1通の手紙

まだまだ輝く、どこまでも輝くヒップホップ・ドリーム──サ上とロ吉、新作『Shuttle Loop』

まだまだ輝く、どこまでも輝くヒップホップ・ドリーム──サ上とロ吉、新作『Shuttle Loop』

Awich──あたしがラップしないで、誰がこのカルチャーを引っ張っていけるんだ

Awich──あたしがラップしないで、誰がこのカルチャーを引っ張っていけるんだ

mekakushe、変化と充実、“BIG・KANSYA”の1年を振り返る

mekakushe、変化と充実、“BIG・KANSYA”の1年を振り返る

ゆるめるモ!、けちょん&しふぉん卒業公演を独占配信

ゆるめるモ!、けちょん&しふぉん卒業公演を独占配信

思い出野郎Aチーム──ソウルが手話になり、手話がソウルを伝えるまで

思い出野郎Aチーム──ソウルが手話になり、手話がソウルを伝えるまで

ILL-BOSSTINOが語る、dj hondaの凄み

ILL-BOSSTINOが語る、dj hondaの凄み

FNCY、新作クロスレビュー ── 彼ら流“ニュー・ノーマル”の楽しみかた

FNCY、新作クロスレビュー ── 彼ら流“ニュー・ノーマル”の楽しみかた

Sound Horizon、旧作リマスター音源がPDFブックレット付きハイレゾ配信開始!

Sound Horizon、旧作リマスター音源がPDFブックレット付きハイレゾ配信開始!

“仇児”(ILL KID)、KMCが仲間と文鳥とクラウドファンディングで目指す新作

“仇児”(ILL KID)、KMCが仲間と文鳥とクラウドファンディングで目指す新作

GO TO “ENDRECHERI” FUNK!!! 新時代のENDRECHERI必聴作品が誕生

GO TO “ENDRECHERI” FUNK!!! 新時代のENDRECHERI必聴作品が誕生

90年代J-POPへ愛をこめて──marble≠marbleが目論む“平成リバイバル”

90年代J-POPへ愛をこめて──marble≠marbleが目論む“平成リバイバル”

堂本光一、遊び心溢れる音楽を詰め込んだ、エンターテイメント・アルバム

堂本光一、遊び心溢れる音楽を詰め込んだ、エンターテイメント・アルバム

プリンス、完全新作アルバム『Welcome 2 America』ハイレゾ配信開始

プリンス、完全新作アルバム『Welcome 2 America』ハイレゾ配信開始

堂本光一、ソロ名義作品が一挙デジタル解禁!

堂本光一、ソロ名義作品が一挙デジタル解禁!

老若男女全てに響かせる、“青春”の煌めき──LONGMAN、新作ミニ・アルバム『This is Youth』

老若男女全てに響かせる、“青春”の煌めき──LONGMAN、新作ミニ・アルバム『This is Youth』

Weezer、HR/HM愛を炸裂させた新作『Van Weezer』をリリース!

Weezer、HR/HM愛を炸裂させた新作『Van Weezer』をリリース!

ド派手に笑って、泣いて、歌って!──夢がたっぷり詰まった、“のんとも。M”初アルバム『ショーがはじまるョ!』

ド派手に笑って、泣いて、歌って!──夢がたっぷり詰まった、“のんとも。M”初アルバム『ショーがはじまるョ!』

生活の柔らかさと痛み──Cody・Lee(李)、ファースト・アルバム『生活のニュース』

生活の柔らかさと痛み──Cody・Lee(李)、ファースト・アルバム『生活のニュース』

この県央(マチ)に作らされて、この県央での生存を歌う──DEATHRO、ニュー・シングル「4D」

この県央(マチ)に作らされて、この県央での生存を歌う──DEATHRO、ニュー・シングル「4D」

生きる“尊厳”を奪われるな! 未来に向かって踊れ!──ソウル・フラワー・ユニオン、新作『ハビタブル・ゾーン』

生きる“尊厳”を奪われるな! 未来に向かって踊れ!──ソウル・フラワー・ユニオン、新作『ハビタブル・ゾーン』

アップデートを繰り返して、さらなる加速へ──Limited Express (has gone?)、新作『The Sound of Silence』

アップデートを繰り返して、さらなる加速へ──Limited Express (has gone?)、新作『The Sound of Silence』

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第3回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第3回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第2回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第2回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第1回

the原爆オナニーズが語るパンクの歩み、“バンド”と“生活” 第1回

哀楽をラップする“ダーク・トロピカル”な2人組、OGGYWEST

哀楽をラップする“ダーク・トロピカル”な2人組、OGGYWEST

mekakushe、新作EP『うまれる』──二人三脚で歩んできたアレンジャーとふりかえる“これまで”と“いま”

mekakushe、新作EP『うまれる』──二人三脚で歩んできたアレンジャーとふりかえる“これまで”と“いま”

新たなヒップホップの集合地を目指して──新サービス〈PRKS9〉とは?

新たなヒップホップの集合地を目指して──新サービス〈PRKS9〉とは?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.77 - 2020 GUEST SPECIAL : 浜公氣'S CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.77 - 2020 GUEST SPECIAL : 浜公氣'S CHOICE

REVIEWS : 005 ヒップホップ(2020年7月)──鎮目悠太

REVIEWS : 005 ヒップホップ(2020年7月)──鎮目悠太

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

変幻自在、軽やかにしなやかに──“チアパンク”バンド、ニーハオ!!!!

変幻自在、軽やかにしなやかに──“チアパンク”バンド、ニーハオ!!!!

Hi-STANDARD、初のライヴ・アルバムを配信限定リリース!

Hi-STANDARD、初のライヴ・アルバムを配信限定リリース!

否定でもいいからこの作品を絶対無視させない──Moment Joon

否定でもいいからこの作品を絶対無視させない──Moment Joon

aiko、シングル「青空」 & 過去作が一挙ハイレゾとロスレスにて配信スタート!

aiko、シングル「青空」 & 過去作が一挙ハイレゾとロスレスにて配信スタート!

REVIEWS : 001 ヒップホップ(2020年2月)──鎮目悠太

REVIEWS : 001 ヒップホップ(2020年2月)──鎮目悠太

“寿命があるアイドル”の先を目指す──“まんぼう”こと桐原ユリの未配信4タイトル独占配信開始

“寿命があるアイドル”の先を目指す──“まんぼう”こと桐原ユリの未配信4タイトル独占配信開始

“5人”だから出来る強みを最大限に──ぜんぶ君のせいだ。 新体制で初となるアルバム『或夢命』をリリース

“5人”だから出来る強みを最大限に──ぜんぶ君のせいだ。 新体制で初となるアルバム『或夢命』をリリース

“レジェンド”小日向由衣『デストロイド崩壊』独占配信開始、眉村ちあきからの応援コメントも!

“レジェンド”小日向由衣『デストロイド崩壊』独占配信開始、眉村ちあきからの応援コメントも!

今だからこそ言える「ぜんぶ僕のせいだ。」──ぜんぶ君のせいだ。新シングル & 2枚目の再録盤をリリース!

今だからこそ言える「ぜんぶ僕のせいだ。」──ぜんぶ君のせいだ。新シングル & 2枚目の再録盤をリリース!

音は鋭さを増し、より意思は明確に──Limited Express (has gone?)、新作『perfect ME』をリリース

音は鋭さを増し、より意思は明確に──Limited Express (has gone?)、新作『perfect ME』をリリース

年月を経て2人が思う、変わったものと変わらないもの──おやすみホログラム、再録アルバム『1』をリリース

年月を経て2人が思う、変わったものと変わらないもの──おやすみホログラム、再録アルバム『1』をリリース

気づいたら私もプログレの体に──XOXO EXTREME、初フル・アルバム・リリース&現体制ラスト・インタヴュー!

気づいたら私もプログレの体に──XOXO EXTREME、初フル・アルバム・リリース&現体制ラスト・インタヴュー!

自らの未熟さと向き合いながら──mekakushe、天国をコンセプトにしたミニ・アルバム『heavenly』をリリース

自らの未熟さと向き合いながら──mekakushe、天国をコンセプトにしたミニ・アルバム『heavenly』をリリース

死ぬ時の走馬灯で1番に出てきそうな夏になった──PEDRO、〈DOG IN CLASSROOM TOUR〉最終公演

死ぬ時の走馬灯で1番に出てきそうな夏になった──PEDRO、〈DOG IN CLASSROOM TOUR〉最終公演

ノイズ・ミーツ・ガール──沖縄電子少女彩って?

ノイズ・ミーツ・ガール──沖縄電子少女彩って?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.25 - SUMMER SPECIAL「DEATHRO編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.25 - SUMMER SPECIAL「DEATHRO編」

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは?   ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは? ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

街の底、冷凍都市、交わす盃──【対談】吉野寿(eastern youth) × 向井秀徳(NUMBER GIRL / ZAZEN BOYS)

街の底、冷凍都市、交わす盃──【対談】吉野寿(eastern youth) × 向井秀徳(NUMBER GIRL / ZAZEN BOYS)

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

巷で“レジェンド”と呼ばれるアイドル・シンガーソングライター、小日向由衣って?─未発表曲を含む独占音源『配信ほいほい歴史』配信開始

巷で“レジェンド”と呼ばれるアイドル・シンガーソングライター、小日向由衣って?─未発表曲を含む独占音源『配信ほいほい歴史』配信開始

走り出したいのよ、駒沢公園ぐらいまで──向井秀徳が語る、NUMBER GIRL再結成とこれから

走り出したいのよ、駒沢公園ぐらいまで──向井秀徳が語る、NUMBER GIRL再結成とこれから

THA BLUE HERB、過去曲、関連作品音源一挙配信解禁!!

THA BLUE HERB、過去曲、関連作品音源一挙配信解禁!!

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

あいみょん、2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』ハイレゾ配信開始

あいみょん、2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』ハイレゾ配信開始

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

インディーズにこれでお別れ!!──眉村ちあき、30曲入りアルバム『ぎっしり歯ぐき』配信開始 & インタヴュー掲載!!

インディーズにこれでお別れ!!──眉村ちあき、30曲入りアルバム『ぎっしり歯ぐき』配信開始 & インタヴュー掲載!!

ロックンロール謹賀新年!! ギターウルフ、ギターウルフ、2月リリースの新作より期間限定“おみくじウルフ”付き新曲フリー・ダウンロード!!

ロックンロール謹賀新年!! ギターウルフ、ギターウルフ、2月リリースの新作より期間限定“おみくじウルフ”付き新曲フリー・ダウンロード!!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

[インタヴュー] KLONNS

TOP