2020/04/29 12:00

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへと進んだ3rdアルバム『EVERYNIGHT』

Age Factory(左より、西口直人(Ba/Cho)、清水エイスケ(Vo/Gt)、増子央人(Dr/Cho)

ストレートなバンド・サウンドと、ヴォーカル、清水エイスケの力強い歌声で聴く人の耳と心を抉る奈良発3人組ロック・バンド、Age Factory。2019年は〈DAIZAWA RECORDS〉へと新たなレーベルに籍を移し、3ヶ月連続でシングル・リリースをしてきた彼らが満を持して3rdアルバム『EVERYNIGHT』をリリース。深い青のジャケット・デザインからイメージさせるように、これまでの作品のような若さゆえに放たれた熱とは違った、彼らの変化を感じさせる楽曲が並ぶ。ただ、炎が青に近付くほどその温度は上がっていくように、いままでの作品よりもさらに深いところでの音楽に対する熱量を感じさせる今作。そうした楽曲の変化は、現在メンバーそれぞれがSpotifyにて公開しているプレイリストでロック以外の音楽も多く選曲されていることからも感じとることができるだろう。今回OTOTOYでのインタヴューでも、メンバーはバンドが“変化”していることを強く語る。時同じくして世の中も大きな変化を迎えているいま、彼らは何を歌い、奏でようとしているのだろうか。

3ヶ月連続シングル・リリース曲を含む3rdアルバムをハイレゾ配信

Age Factory “Dance all night my friends” (Official Music Video)
Age Factory “Dance all night my friends” (Official Music Video)

INTERVIEW : Age Factory

Age Factoryは去年8月に「CLOSE EYE」をリリース以降、バンドとして作風の変化や表現の進化を成している印象があった。それまで僕が一方的に感じていた「狂気」や「すごみのある迫力」以外の何かが芽生え始めているのでは……。3人にどのような気持ちの変化が起きているのか、それを知るべく4月29日にリリースされた『EVERYNIGHT』を題材にインタヴューを行った。清水エイスケは話す。「今作が自分において革新的な瞬間というか、作風が変わるきっかけになった」と。その真意とは何なのだろうか……。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 小原泰広

「自分が見える世界のことを伝えたい」と思った

──まずは、去年7月に〈UK.PROJECT〉内のレーベル〈DAIZAWA RECORDS〉に移籍した話から聞きたいんですけど。これはどういう流れで決まったのでしょうか?

清水エイスケ(以下、清水)(Vo / Gt) : そんなに大きな理由はないんですけどね。いままでSPACE SHOWER(MUSIC)で『LOVE』、『GOLD』と2作のフル・アルバムを出してきて、次に新作を作るタイミングでSPACE SHOWER側から「他のレーベルで出してみても良いんじゃないか」という話をされたんです。僕ら的にもいろんな経験をしてみたかったし、そんなとき〈UK.PROJECT〉の担当をしている人が協力的な感じで来てくれて。〈UK.PROJECT〉というレーベルのカラーも好きで、いままで輩出してきたアーティストに好きなバンドも多かったし、そういうところが色々と繋がっていきました。自分たちの経験のひとつにもなるし、いろんなレーベルとやってみたかったのがいちばん大きな動機ですかね。

──移籍して変わったことはありますか?

清水 : あんまりないっちゃないんですけどね。少なからずあるのは、担当の人が男性から女性に変わったこと。感性の話になりますけど、ちょっと違うニュアンスから僕らを見てもらったり、アイディアをもらうこともできる。……そんな感じですかね。レーベルというよりかは、そこにいる人たちと一緒に仕事をすることに楽しみを感じてるから、ほんまにケースバイケースというか、人と人って感じです。

──移籍をしたあと、8月から3作連続でシングルをリリースする試みをされました。その第1作がヒップホップの要素を取り入れた“CLOSE EYE”でしたね。

増子央人(以下、増子)(Dr / Cho) : ドラムは1曲通してリズムが変わってなくて、ずっと4つ打ちなんですよね。1回、スタジオで合わせてみるパターンもやってみたんですけど、全然ちゃうなと思って。あえて合わせないカッコよさをこの曲で発見した気がします。「こんなにずっと一緒のリズムでも成り立つんや」みたいな新しい体験ではありました。

西口直人(以下、西口)(Ba / Cho) : 「リズム・リフが良いものを作りたいね」という話をメンバー全体でしてて。僕らハードコア・パンクみたいな音楽もすごい好きで、その辺の両立感を意識しましたね。あとベースに関しては、ビッグビートみたいなニュアンスを使いたくて意識しながら弾いたのはあります。歌詞全体はエイスケが1人で作ってきてくれたんですけど、細かいところは「こういうのどうだろう?」とみんなで話しながら作っていきました。

Age Factory “CLOSE EYE” (Official Music Video)
Age Factory “CLOSE EYE” (Official Music Video)

──「虐待 差別 レイプ 大麻 アルコール 難民 募金」や「老害 音楽 セックス 食いもん 平和 年収 結婚 子孫 感動 警察」とサビ以外は単語を羅列させていって。

清水 : 散文的な歌詞について勘ぐっている人がめっちゃ多いんですけど、そんなに意味はなくて。もっと軽い曲というか“無機質の極み”みたいな感じなんです。

──以前「何も意味がないというアンチテーゼの象徴が、サビで繰り返しているCLOSE EYEです」と言ってましたよね。

清水 : そうですね。普段ニュースを見てて流れてくる出来事とか、言葉とか、見てもそんなにリアリティを感じないんです。自分の中の世界こそが全てやし、それを全てと思ってしまえたら、他所の出来事は幸福とか不幸とかの話でもないから。陰湿やけどそれが1つのマインドやし、それこそが“CLOSE EYE”って感じですかね。歌詞の「虐待」とか「差別」など飛んでくるひとつひとつの強烈なワードに対して“CLOSE EYE”っていう。そこで耐えるしかないし、僕らの存在はちっぽけなものやけど、自分の中で火を保つみたいなイメージで書きましたね。

──それで「CLOSE EYE=目を閉じる」にしたと。これまでとガラッと作風が変わった感じがしました。

清水 : この曲は地元の友達でラッパーとして活躍しているRY0N4と一緒に歌詞を考えたんです。自分が書いてきた歌詞だけじゃなくて、僕が良いなと思う存在の人から話を聞いてみたいなと思った。そういう部分でいままでとの違いは生まれている。それにいまは「どういうミックスのさせ方がおもしろいだろう」と考えていく時代やし、それがバンドを評価するひとつのポイントになってきてる感じがしますよね。 だからこそ、歌詞もいろんな人のアイデアをミックスさせていきたいな、と思って書いた感じです。

──続いて発表されたのは“HIGH WAY BEACH”。奈良の高速道路近くにあるRY0N4さんのお家へ行ってふたりで夜通し曲を作っていたら、次第に車の通る音もなくなり「海みたいな静けさだな」と思って、“HIGH WAY BEACH”のタイトルが浮かんだとか。

清水 : この曲はRY0N4と一緒に制作し始めた最初の曲でもあったんですけど、「自分のことを伝えたい」というよりかは「自分が見える世界のことを伝えたい」と思ったんですね。いままで自分の体験したことや思いを歌おうと向き合ってきたんですけど、そうじゃなくて、僕が共有したい瞬間とかそれを彷彿とさせる言葉に重きを置いて書いた。そもそも“HIGH WAY BEACH”って存在しない造語で、架空のものに対して自分たちで意味をつけたんです。そうやって僕が目指すAge Factoryの世界を提示して、リスナーの人もそこに向かっていけるようにしたかったし「次はそういうアルバムを作りたい」と思うきっかけになった。これが自分において革新的な瞬間というか、作風が変わるきっかけになった気がしますね。

Age Factory “HIGH WAY BEACH” (Official Music Video)
Age Factory “HIGH WAY BEACH” (Official Music Video)

西口 : 日本的なメロディですげえ良い歌なんですけど、それにバンドがあんまやらないアプローチを取り入れたいのがあって。これを作ってるとき、フューチャー・ベースがちょうど流行り始めたころで、僕はEDMにハマっていたんですよ。Bメロでビートが抜けるとか、そういうEDMのドロップ前みたいなことをやってみたり、試行錯誤しながらできた曲でしたね。

増子 : 西口が言った通り、この曲は最初と編曲時点ではめちゃくちゃ変わったんです。当初はベースとドラムだけで始まって、ああいうキラキラしたイントロもなかったし、歌詞も全然違かったんですよ。覚えているのは、エイスケがAge FactoryのグループLINEに「ヤバイ歌詞ができたかもしれん」と“HIGH WAY BEACH”のタイトルとともに歌詞の全文を送ってきたんです。そこから大きく楽曲が変わっていきましたね。いまやライヴでアンセムみたいな扱いになりつつあるし、思いもしなかった形にどんどん成長している曲です。

──3作目の“nothing anymore”は清水さんの弾き語りから始まる曲で。

西口 : 個人的にはバラードのベースを意識して作りました。メロディやコードに対してでしか、ほぼベースを考えなかったので、割と他の2曲とは両極端な感じになったと思います。

増子 : 3曲の中で、唯一クリックを使わないでレコーディングした曲なんですよ。前半のエイスケが弾くアルペジオにオケが乗っていくところからのサビに入るビートってテンポが違くて、いままでのAge Factoryっぽいアレンジになってますね。

清水 : この曲はギターでパッと弾いて作ったので、アレンジは自分の弾き語りをベースにバンド・サウンドに仕上げました。だからこそAge Factoryの一番シンプルな形になった気がします。

Age Factory “nothing anymore” (Official Music Video)
Age Factory “nothing anymore” (Official Music Video)

──あと、この曲は佐藤千亜妃さんがコーラスとして参加してますね

清水 : 佐藤さんの声は力強いけど儚い感じがして。日本のオルタナティヴ・ロック・バンドで、いちばん好きな声っすね。

「過激に何かを変えたい」とか、あんまり思わなくなってきた

──こうして去年「CLOSE EYE」、「HIGH WAY BEACH」、「nothing anymore」の3曲のシングルが発表されて、3rdアルバム『EVERYNIGHT』の制作が本格的に始まったわけですけど。作品の全体像はどのようにイメージしていたんですか?

清水 : シングルを作って以降、曲ができていくにつれて「ロマンチックなアルバムにしたい」という思いが芽生え始めたんです。

──ロマンチック?

清水 : 実は、僕らが誰よりもいちばんロマンチックなことをやっているというか、中二病みたいな、漫画みたいなことをずっとしてるんですよ。そのへんの歌ものバンドよりも全然ロマンチックやし、断然匂いも感情も感じられる音楽をしているから、だから「ロマンチック」なアルバムを目指しました。それは決してバラード調とかのわかりやすいロマンチックじゃない。そこにロマンが存在してる。そのロマンこそが、先ほど話したいまAge Factoryの自分たちが目指している音像やし、姿やしって話ですね。

──先日、清水さんがツイッターで「過激に変えるなんてもう思わない」と書いてましたけど、ここに来て音楽に対する向き合い方が変わったんですか?

清水 : いままでは「(音で)殴って届いたら良いっしょ」と思ってたんですよ。だけど、そういう感覚がどんどんなくなってきて。なんかね、最近思ったんですけど…… マジで楽しく健やかに、自分の精神状態もそうだし、それを頼りにできる音楽が良いなって。悪い言い方をすれば“依存できるような世界”というか、例えば1本の映画を観ている間は、しんどいことを忘れられるわけで。これこそが自分のいちばんやりたかったことちゃうかな、と思った。いまは誰かが自分たちの音楽を救いにしてくれたらいい。だから「過激に何かを変えたい」とか「過激に主張したい」とか、あんまり思わなくなってきたっすね。

清水エイスケ(Vo/Gt)

──それって「殴って届いたらいい」という表現を突き詰めたからいまの答えに行き着いたのか、年齢やキャリアを重ねてそう思ったのか。

清水 : いや、すべて関係ないと思います。もう自然っすね。ほんま超偶然的にこのバンド像になっているんやと思いますね。

──じゃあ『EVERYNIGHT』を作ったいま、Age Factoryはどういうバンドになっていると思います?

清水 : なんだろうな……ロック・バンドの好き嫌いに関係なく聴ける音楽になりつつあるのかなって。そう思いますし、僕はそうしたいと思っていたから。バンドやけど、いまはバンドっぽいことをしないといけないっていう時代でもない。全員が楽器を持っている状態で、自分たちがしたいことを音として届けたいだけなので、そういう感じに捉えられているのかなと思います。ひとつのアイコンのような話かな。ひとつの道のアイコンになりたいし、なれればいいと思いますね。

──この作品が完成したのは、どのタイミングでした?

清水 : 年末に調子を上げて頑張ったので、パッケージを含めて完成したのは1月ですね。

──去年末のアルバム完成から4ヶ月が経って、いまは音楽を人前で届けるのが難しい状況ですけど、そこについてどう思ってます?

清水 : ライヴができないことは辛いですけど、全世界においてライヴができないわけで。コロナで塞ぎ込むよりも、そういうときにしか生みでないアイデアもあるやろうから、いま自分たちが在宅という特殊環境の中で何ができるかなって。コロナが流行していること自体はクソ最悪ですけど、いまアーティストたちは「自分に何ができるか」を考えなきゃあかんし、逆にそれを考えられない人たちが露呈されるのかなと思います。

西口直人(Ba/Cho)

西口 : 全体的に、みんな気持ちが落ちてるじゃないですか。音楽に限らずフリーランスでやっている人は「お金が稼げない」とか、生活に対して大きなダメージを受けているのはほんまに悲しいと思うんですけど。エイスケが言ったように、それはそれでやれることがあると思うし、やらなければダメだなって感じですね。

増子 : ウイルスが蔓延してライヴをすることは止められても、音楽をすること自体は止められないし、僕らは集まれなくても音楽をすることはできるし聴ける。ライヴに行くこともやることもできなくなったことはキツイし、ぽっかりと日常にあった何かがなくなった感覚はありますけど、いまはチャージ期間みたいなイメージで捉えるようにしてます。その一方で、大好きなライヴハウスが潰れないでほしいと願うばかりですね。僕らよりも打撃をもろに食らってるし、実際に潰れちゃってるところもあるし、そこはしんどい問題やと思うけど、耐えてほしいばかりです。

“救いを求める人が増えるような楽曲”を作るべきなのかもしれない

──今回の一件が、これから作る音楽にも影響をもたらすと思いますか。

清水 : 僕は確実にありますね。だっていままで生きてきて「家から出ないで」と言われたことなかったし、なんか非現実感がすごいあって、もはや漫画の世界みたいになっちゃってる。悪い意味でドキドキするし、本当にどうなるのかわからない不安というか、それによって色々と感じることは多々あります。

──いま、僕は東京に住んでいるんですけど、取材で渋谷へ行ったときに人が全然いなくて、空車のタクシーが何十台も並んでいて、大型デパートはみんな封鎖されている。こんな光景はいままで見たことがなかった。まさに清水さんの言う「非現実的」な状況なんですよね。

清水 : これまで「これからどうなるんやろ」って思うのは、戦争をやっている国とかクーデターが起きた国ぐらいだったじゃないですか。それぐらい自分たちの生活の基盤が揺らぎ始める感覚自体、良くも悪くもいまの時代でしか経験できないことだから、どう捉えていいのか難しいですけど。来年も今後もそうですけど、いろんなアーティストがこのことを何かしら作品で表現するやろうし、象徴的なひとつの出来事になると思いますけどね。

──いままでライヴハウスやテレビの中で「音楽は世界を変えられる」と歌っているバンドを何組も観てきたんですよ。だけど、音楽は誰かの胃袋を満たすわけでもないし、お金や仕事など将来の不安を満たすわけでもないし、本当の危機に直面したいま、音楽ではどうにもならない現実があるじゃないですか。音楽ってどんな力があるんでしょう?

清水 : んー……音楽にはどんな力があるんですかね? もはや良い曲を書くだけじゃ響かないような気がしますね。いま、ぽっかり空いた時間を過ごすにしても音楽を聴くよりNetflixを観たい人が多いやろうし、昔は音楽で埋められた部分を他の要素で埋められるぐらいのトピックが増えてるから。なんか音楽で世界を救うというよりかは、“救いを求める人に届く楽曲”を作るべきなのかもしれないと思うようになったし、その世界への道筋みたいなのを提示することが大事かもしれない。どういう存在で、どういう環境の元で、その曲を放つのか。そこまでリスナーの人を手繰り寄せられるなにかがあれば、いまの時代でも響くものになるかなという気がしますね。

増子央人(Dr/Cho)

──そろそろ時間が迫ってきましたね。今日はオンラインでインタヴューをしましたけど、対面しなくてもできるもんだなと思いました。

清水 : 今後はすべてオンラインにしてほしいなって思いますね。いま、あんまり家から出たくないっす。あとコロナで知ったんですけど、家にいることってこんなに楽しいんや、とわかりましたね。外に出て誰かと飲みに行かなくても、家でNetflixとかYouTube観てる方がオモロい。

西口 : それこそエイスケと話していたんですけど、逆に「部屋にずっといたら病気になるから、毎日外に出ろ」と言われたら僕ら辛かったなって。病気になってたなって。

清水 : うんうん、嫌やわ。子供たちは外に出られなくて可哀想だけど、僕らみたいな一番動き回れる世代は黙って家にいた方が良いですね。正直、SNSがある時点で僕らどんな暇でも潰せちゃうっていう。

──じゃあいま、どんなときに曲を作ろうと思うんですか?

清水 : ほんまにノリっすよ。昔は曲を書きたいと思う出来事がなかったら書こうとしなかったけど、そういうのがなくても作れるようになった。音色とか普通にそういうので、音楽の楽しさを見つけられてますね。そこはバンドを続けてきて成長したところかな。

──Age Factoryを15歳から続けてきて、今年で10年になるんですか。

清水 : そうです。初めてスタジオへ行ったのが5月5日だったんですよ。

──長かったですか?

清水 : Age Factoryとして音楽に取り組む姿勢が1年1年で全然違うから、そう考えると短いです。あっという間だったなとほんまに思いますし、ずっと充実してるなと思えるスピード感でしたね。

西口 : 姿勢の変化で言うと、それこそ最近は僕ら踊れるものを作りたくて。それは「メッセージ性を捨てて踊れ」という意味じゃなくて、踊れる上で良いものを作りたい。結局、音楽は踊れる方が良いし、それを意識して作ったアルバムですし、今後もそうなるやろうなと思いますね。

──Age Factoryのライヴってフロアで踊るというよりも、観客を圧倒する音楽という印象があって。

西口 : わかります。うん、そうですね。

増子 : 確かに、前までは「孤独であれ」と歌っていたバンドやから、今回の作品を聴いてビックリする人は多いと思うんですよ。だけどエイスケが言ったように、バンドは変わっていくもんやし、変わっていってないバンドはめちゃくちゃおもんないと思う。アルバムを何枚も出しているバンドの「1枚目は好きやったけど、3枚目はちゃうな」とかあるじゃないですか。僕、バンドの好きなところって曲の違和感なんです。ひとりで作る楽曲って、すげえスマートやと思うんですよ。だけどバンドの場合は「そこの音ってほんまにいる?」とか「他人同士が作ってんねんな」と思う違和感がすごい好きで。Age Factoryでもうまいこと出し続けられたらと思います。

──最後にこれは絶対に伝えておきたいことってありますか?

清水 : 『EVERYNIGHT』ってAge Factoryの中でも、いろんなことを探せる要素がいちばん多くて。この作品を良くないと捉える人とは、もう一生喋りたくないっすね。そういうアルバムなので、それだけは書いといてください。

編集 : 高木理太、安達瀬莉

『EVERYNIGHT』のご購入はこちらから

過去作はこちらにて配信中

過去の特集ページ

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

LIVE SCHEDULE

Age Factory 『EVERYNIGHT』 RELEASE TOUR

2020年6月02日(火)@千葉LOOK w / SPARK!!SOUND!!SHOW!!
2020年6月03日(水)@高崎club FLEEZ w / SPARK!!SOUND!!SHOW!!
2020年6月08日(月)@松本ALECX w / SPARK!!SOUND!!SHOW!!
2020年6月14日(日)@徳島club GRINDHOUSE w / w.o.d.
2020年6月15日(月)@岡山CRAZYMAMA KINGDOM w / w.o.d.
2020年6月18日(木)@福岡CB w / ENTH
2020年6月19日(金)@広島Live space Reed w / ENTH
2020年6月26日(金)@水戸LIGHT HOUSE w / TENDOUJI
2020年6月29日(月)@横浜F.A.D w / TENDOUJI
2020年7月02日(木)@名古屋CLUB UPSET w / TBA
2020年7月07日(火)@金沢vanvanV4 w / TBA
2020年7月08日(水)@新潟CLUB RIVERST w / TBA
2020年7月11日(土)@札幌KLUB COUNTER ACTION w / TBA
2020年7月16日(木)@高知 X-pt. w / TBA
2020年7月17日(金)@高松DIME w / TBA
2020年7月21日(火)@郡山 CLUB #9 w / TBA
2020年7月22日(水)@仙台MACANA w / TBA
2020年7月24日(金)@盛岡CLUB CHANGE WAVE w / TBA
2020年7月25日(土)@酒田hope w / TBA
2020年8月01日(土)@奈良EVANS CASTLE HALL w / TBA

チケット ADV¥3,500
※7月以降の公演の公演対バンは後日発表予定
※昨今の状況により延期の場合もございます。最新情報はオフィシャルサイトでご確認ください。

【詳しいライヴ情報はこちら】
https://agefactory.biz/live/

PROFILE

Age Factory

Vo/Gt 清水エイスケ、Ba/Cho 西口直人、Dr/Cho 増子央人の奈良発3人組ロック・バンド。

【公式HP】
https://agefactory.biz
【公式ツイッター】
https://twitter.com/AgeFactory_

この記事の筆者
ライター真貝聡

《神宿連載 第16回》羽島姉妹徹底解剖!

《神宿連載 第16回》羽島姉妹徹底解剖!

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

ポップスは明るいだけじゃおもしろくない─とけた電球、新EP『WONDER

ポップスは明るいだけじゃおもしろくない─とけた電球、新EP『WONDER

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

この記事の編集者
高木 理太 (Rita Takaki)

1993年5月生まれ、志田未来とは同じ生年月日。10代の悶々とした時代にハードコア・パンクを聴いて、グッと音楽にのめり込み、今も悶々としながら日々音楽を掘る日々。お酒はほどほどにしたい。

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

変幻自在、軽やかにしなやかに──“チアパンク”バンド、ニーハオ!!!!

変幻自在、軽やかにしなやかに──“チアパンク”バンド、ニーハオ!!!!

Hi-STANDARD、初のライヴ・アルバムを配信限定リリース!

Hi-STANDARD、初のライヴ・アルバムを配信限定リリース!

否定でもいいからこの作品を絶対無視させない──Moment Joon

否定でもいいからこの作品を絶対無視させない──Moment Joon

aiko、シングル「青空」 & 過去作が一挙ハイレゾとロスレスにて配信スタート!

aiko、シングル「青空」 & 過去作が一挙ハイレゾとロスレスにて配信スタート!

REVIEWS : 001 ヒップホップ(2020年2月)──鎮目悠太

REVIEWS : 001 ヒップホップ(2020年2月)──鎮目悠太

“寿命があるアイドル”の先を目指す──“まんぼう”こと桐原ユリの未配信4タイトル独占配信開始

“寿命があるアイドル”の先を目指す──“まんぼう”こと桐原ユリの未配信4タイトル独占配信開始

“5人”だから出来る強みを最大限に──ぜんぶ君のせいだ。 新体制で初となるアルバム『或夢命』をリリース

“5人”だから出来る強みを最大限に──ぜんぶ君のせいだ。 新体制で初となるアルバム『或夢命』をリリース

“レジェンド”小日向由衣『デストロイド崩壊』独占配信開始、眉村ちあきからの応援コメントも!

“レジェンド”小日向由衣『デストロイド崩壊』独占配信開始、眉村ちあきからの応援コメントも!

今だからこそ言える「ぜんぶ僕のせいだ。」──ぜんぶ君のせいだ。新シングル & 2枚目の再録盤をリリース!

今だからこそ言える「ぜんぶ僕のせいだ。」──ぜんぶ君のせいだ。新シングル & 2枚目の再録盤をリリース!

音は鋭さを増し、より意思は明確に──Limited Express (has gone?)、新作『perfect ME』をリリース

音は鋭さを増し、より意思は明確に──Limited Express (has gone?)、新作『perfect ME』をリリース

年月を経て2人が思う、変わったものと変わらないもの──おやすみホログラム、再録アルバム『1』をリリース

年月を経て2人が思う、変わったものと変わらないもの──おやすみホログラム、再録アルバム『1』をリリース

気づいたら私もプログレの体に──XOXO EXTREME、初フル・アルバム・リリース&現体制ラスト・インタヴュー!

気づいたら私もプログレの体に──XOXO EXTREME、初フル・アルバム・リリース&現体制ラスト・インタヴュー!

自らの未熟さと向き合いながら──mekakushe、天国をコンセプトにしたミニ・アルバム『heavenly』をリリース

自らの未熟さと向き合いながら──mekakushe、天国をコンセプトにしたミニ・アルバム『heavenly』をリリース

死ぬ時の走馬灯で1番に出てきそうな夏になった──PEDRO、〈DOG IN CLASSROOM TOUR〉最終公演

死ぬ時の走馬灯で1番に出てきそうな夏になった──PEDRO、〈DOG IN CLASSROOM TOUR〉最終公演

ノイズ・ミーツ・ガール──沖縄電子少女彩って?

ノイズ・ミーツ・ガール──沖縄電子少女彩って?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.25 - SUMMER SPECIAL「DEATHRO編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.25 - SUMMER SPECIAL「DEATHRO編」

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは?   ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは? ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

街の底、冷凍都市、交わす盃──【対談】吉野寿(eastern youth) × 向井秀徳(NUMBER GIRL / ZAZEN BOYS)

街の底、冷凍都市、交わす盃──【対談】吉野寿(eastern youth) × 向井秀徳(NUMBER GIRL / ZAZEN BOYS)

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

巷で“レジェンド”と呼ばれるアイドル・シンガーソングライター、小日向由衣って?─未発表曲を含む独占音源『配信ほいほい歴史』配信開始

巷で“レジェンド”と呼ばれるアイドル・シンガーソングライター、小日向由衣って?─未発表曲を含む独占音源『配信ほいほい歴史』配信開始

走り出したいのよ、駒沢公園ぐらいまで──向井秀徳が語る、NUMBER GIRL再結成とこれから

走り出したいのよ、駒沢公園ぐらいまで──向井秀徳が語る、NUMBER GIRL再結成とこれから

THA BLUE HERB、過去曲、関連作品音源一挙配信解禁!!

THA BLUE HERB、過去曲、関連作品音源一挙配信解禁!!

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

あいみょん、2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』ハイレゾ配信開始

あいみょん、2ndアルバム『瞬間的シックスセンス』ハイレゾ配信開始

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

インディーズにこれでお別れ!!──眉村ちあき、30曲入りアルバム『ぎっしり歯ぐき』配信開始 & インタヴュー掲載!!

インディーズにこれでお別れ!!──眉村ちあき、30曲入りアルバム『ぎっしり歯ぐき』配信開始 & インタヴュー掲載!!

ロックンロール謹賀新年!! ギターウルフ、ギターウルフ、2月リリースの新作より期間限定“おみくじウルフ”付き新曲フリー・ダウンロード!!

ロックンロール謹賀新年!! ギターウルフ、ギターウルフ、2月リリースの新作より期間限定“おみくじウルフ”付き新曲フリー・ダウンロード!!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

TOP