フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

濱野祐輝(Vo. / Gt.)と青栁昇太郎(Dr. / cho.)によるロック・バンド“変わる変わる変わる。”が2017年5月1日に両A面EP『A.O.S / 血漿』をリリース。今作は彼らにとって初の流通作品となる。もちろんOTOTOYでも配信中です。怒りや憤りなどの感情を露わにする濱野祐輝の歌を中心に据えながら、その歌に負けない攻撃的なサウンド。フラストレーションの爆発とでも言える彼らの楽曲は、どのように完成したのだろう。その原点に迫るインタヴューをぜひお楽しみください。

初の流通作品を配信中!


変わる変わる変わる。 / A.O.S / 血漿

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 324円(税込) / アルバム 864円(税込)

【収録曲】
1. A.O.S
2. 血漿
3. 血漿 remix


変わる変わる変わる。/A.O.S


INTERVIEW : 変わる変わる変わる。

日本のパンク全盛期であった1990年代や、青春パンクブームが起こった2000年代始めとは違って、今は多くのバンドが社会と協調した歌を歌っている。そんな中、変わる変わる変わる。は、過剰なまでの怒りや憤りといったフラストレーションを歌に込めた類い稀なバンドである。

今回の取材では、Vo.Gt.濱野祐輝とDr.choの青栁昇太郎の生い立ちを振り返りつつ、彼らが鳴らすフラストレーションがどこから湧き出る感情なのかを探っていった。彼らがインタビューを答えるのは今回が初ということで、貴重なインタヴューとなるだろう。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 大橋祐希

曲はやたら真面目なんだけど、本人は不真面目なんです

左から濱野祐輝(Vo. / Gt.)、青栁昇太郎(Dr. / cho.)
──調べたら、インタビューを受けるのは今回が初なんですよね?

濱野祐輝(以下、濱野) : はい、初めてですね。超緊張してます。

──にも関わらず、青栁さんは15分遅刻してくるっていう(笑)。

青栁昇太郎(以下、青栁):東京の地理に疎くてですね。駅からタクシーで来たんですけど、実は徒歩の方が早かったんじゃないかと…… っていうか、申し訳ございませんでした!

濱野 : 道のせいにするんだ。

青栁 : 風も強くてねー…… って言いつつ、本当は僕のスケジュール管理の甘さで遅刻しました。すいませんでした!

──遅刻の話はこれで終わりにして……。バンドのことを知ろうと調べていたら、某サイトで濱野さんのアンケートが見つかったんですよ。

濱野 : どんなアンケートでしたっけ?

──バンドを始めたきっかけは「お母さんに言われたから」とか、自分の曲で気に入ってる歌詞は「見つめ合うと素直にお喋り出来ない」とか、テキトー過ぎるアンケートでした(笑)。

濱野 : アハハ! なんだろう、酔っ払ってたんですかね。

青栁 : こんなこと書いちゃダメだろ!

──その一方、青栁さんはツイッターで「金無さすぎて休憩室で般若心経唱えながら白目剥いてドッグフード食ってた」って呟いてましたけど、嘘ですよね?

青栁 : あ…すいません、嘘です。白目むいて白米を食べてたら周りから心配されたのは事実なんですけど、笑いが欲しくて話を盛りました。基本的に嘘しかついてないですね。

濱野 : 曲はやたら真面目なんだけど、本人は不真面目なんですよね。

──そもそも、2人がバンドを組むことになった経緯を教えてください。

青栁 : もともと、変わる変わる変わる。を組む前から、濱野くんとは一緒にバンドを組んでいたんですよ。当時YONCEがいたOLD JOEとか、HOWL BE QUIETと対バンしていたんですけど、みんなが上のステージへ行ったのに対して、僕らは下っていって。最終的には自然解散しました。それから、しばらくバンドをやらなかったんですよ。濱野くんはネットゲームをずっとやってて、僕はサラリーマンをやっててみたいな。

濱野 : ある日、Blueglueってバンドのメンバーに「もう、バンドはやらないの?」って言われたのをきっかけに、改めてバンドを組もうって思いました。それで、「もう1度、俺とバンドを組もう」って青栁くんを誘ったのが始まりですね。元々はスリーピース・バンドでスタートして、一時は4人になった時期もあったんですけど、ベースが抜けて、ギターが抜けて、いろいろと紆余曲折があっていまの2人になりました。

濱野祐輝(Vo. / Gt.)

──YONCEさんとは、Suchmos結成前からの仲なんですね。

濱野 : そうです。お互いの企画に出たり、出てもらったりしてって感じですね。

青栁 : 最近は会ってないよね。

濱野 : 彼は売れに売れてるので、今は恐れ多くて誘えないっすね(笑)。

青栁 : 20歳の頃が1番仲良かったのかな。6年前、僕が高校生限定の大きな大会に出場したんですよ。その決勝戦でOLD JOEとか、いまのHOWL BE QUIETのメンバーもそれぞれ別のバンドで出ていて。そこで会ったのが最初でしたね。

「やることねーな」と思って楽器を始めた

──2人はどんなカルチャーを通ってきたんですか?

濱野 : ネトゲー(ネットゲーム)に人生を費やしてきたので、語れるほどカルチャーを通ってきてないんですよね。

──費やしてきたって、どのくらい?

濱野 : 仮眠をする以外の時間は、ほとんどゲームをしてました。仮眠は眠くなったから寝るわけじゃなくて、レアモンスターが出現しない時間帯を狙って体を休めて、起きたらまたネットの世界へ行って…みたいな。もはや、ネットの世界が現実でリアルの世界がバーチャルでした。

──濱野さんは2年間引きこもりだったんですよね。それっていつ頃?

濱野 : それは中学生の頃ですね。ネトゲーにハマったのも、ちょうどその時期です。中学2年生の頃に引っ越したのがきっかけで、友達がいなくなって「もう、学校はいいや」って。

──それが原因ですか?

濱野 : ん~それだけじゃなくて、まあ色々あったんですよ。友達がいなくなったこともあるけど、他には不良みたいな子に殴られたのもあって、学校へ行くのが嫌になりましたね。

青栁昇太郎(Dr. / cho.)

──その頃はまだ音楽をやってない?

濱野 : 音楽を始めたのは、むしろそれがきっかけですね。学校に行かなくなって、ネトゲーを1日20時間のペースで半年ぐらいやっていたら、その世界でテッペンを取れちゃったんですよ。それで「やることねーな」と思って楽器を始めたって感じですね。

──楽器は家にあったんですか?

濱野 : いや、買いました。

──いろんな選択肢があるなかで、なぜ音楽を選んだんですか?

濱野 : なんでだろう…手に職をつけなきゃって思ったんですよね。もしも、ギターでメシを食えるんだったら、「超ラクじゃん!」っていう安易な考えで始めました。いま考えたら完全になめてましたね。

──どのタイミングで、引きこもり生活から脱出したんですか?

濱野 : 高校生になったら、引きこもりは辞めました。高校はみんな別々の学区から集まるし、何よりも1からのスタートだったので。16歳で初めてバンドを組んで、そっから音楽にのめり込んで行きました。

──どんな音楽に影響を受けました?

濱野 : 中学生の引きこもっていた時期に、2ちゃんねるをよく見てたんですよ。で、「引きこもりにオススメのバンド」みたいなスレッドがあって、その中にSyrup16gを見つけて。初めて聴いた時、「こんなことを歌っていいのか」と思って衝撃を受けました。あと、ぶっちゃけ演奏も歌も下手だと思ったんですよ。それで、「コレだったら、俺も出来るな」と思って曲を書きはじめました。

──なんでSyrup16gに惹かれたんですか?

濱野 : 共感したんでしょうね。「俺と似た様なことを考えている人がいるぞ」みたいな。五十嵐(隆)さんが支持されてるなら、俺も通用しそうだなって。あの、悪く聞こえそうですけど凄いリスペクトを込めて言ってます。

──青栁さんが通ってきたカルチャーも教えてください。

青栁 : 音楽はビートルズ、エアロスミス、B’zとか王道系のもの。漫画は窪之内英策、吉田戦車、つげ義のような青年誌を小学校低学年から読んでました。

──その年頃にしては、かなり渋いですね。

青栁 : 多分、おませさんなんですよね。あとは空手、水泳、サッカー、野球って色々と小さい頃から習い事もさせてもらいました。

──楽器を始めたのは?

青栁 : 濱野くんと被るんですけど、僕は小学校3年生で不登校になったんですよ。集団行動が苦手だったというのもあって。僕の住んでいた地域はかなり荒れていて、学級崩壊が2回起きたんですよ。あまりの酷さに、先生が転勤しちゃうほど。

──えっ! そこまで?

青栁 : いじめっ子に砂を食べさせたり、首を絞めたり、頭をつかんでコンクリートにぶつけたり。かなりゲットーな街で、僕も標的にされやすかったんですよね。そんなことがあったから、保健室登校をするようになって、最終的には児童相談所へ連れて行かれるっていうエリート・コースに進みました。そこは、ゲームや漫画とか色々と持ち込めたんですね。その中にドラムマニアっていうリズムゲームがあって、やり込んでいく内に「この時はこう叩くのか」ってドラムのセオリーを覚えていったんです。

その後、高校に進学して周りの友達たちがバンドを組み始めたんです。それで、あるグループの子が「青栁はドラム出来るんじゃないか」って話になって、初めてコピーバンドを組みました。

──2人は登校拒否だったという共通点があるんですね。

濱野 : たまたま、そうっすね。

青栁 : うん。本当にたまたま。でも、バンドの音楽性にとっては大きい要因かもしれないです。

負の気持ちが強くなったときに曲を作る

──楽曲についてもお聞きします。変わる変わる変わる。の音楽は異常なほど、世間に対してのフラストレーションを抱えているように感じました。

濱野 : 完全にそうですね。

──曲を作る上で原動力になっていることは?

濱野 : 中学生で引きこもりになったのも関係してますけど、5歳の頃に親が離婚して、おばあちゃんに育てらてたんですよ。それで、おばあちゃんから「お前の親はどうしようもないヤツだ」って毎日のように言われてて。俺も捨てられたって気持ちが芽生えて…… そんなことがあったから、人よりも負の感情を持ちやすいんですよね。だから、曲を作る時もそういう負の気持ちが強くなったときに曲を作ることが多くて。それが原動力になっていると思います。

──今作も負の気持ちが楽曲に込められているんですか?

濱野 : 「血漿」はそうですね。昔、病んでいる女の子に迷惑をかけられたことがあって、それで「なにくそ!」と思って書きました。「A.O.S」は青栁くんを意識した曲になっています。

青栁 : こいつは汚いんですよ。僕らは新曲が出来たらDropboxで共有してるんですけど、ある日「A.O.S」の歌詞だけ挙がっていたので、読んでみたら「これは絶対に俺のことを書いている」と思って。速攻で濱野くんに電話しました。

──青栁さんは、どうして自分のことだと思ったんですか?

青栁 : 言葉選びとか流れで分かりました。そういえば、最初はタイトル違ったよね。

濱野 : 曲がミスチルっぽかったから、当初は「ミスチル」ってタイトルにしてた。

青栁 : それを読んで、「何がミスチルだよ!」って思いましたね。で、歌詞を読んだら俺のことを歌ってるしって。

──これからバンドが売れていく上で、どんな課題があると思いますか?

青栁 : ある程度、長く続けているにも関わらず、他のバンドよりも認知度が低いと思うんですよね。それは歌詞も含めて楽曲が内向的だから、当然なんですけど。

濱野 : 歌詞を日記と同じ感覚で書いているから、外に向ける気持ちが全然ないんですよね。だから、世間の人に共感されにくいのが問題かなって。もっと外向きに発信していきたいよね。

青栁 : 今作の「A.O.S」と「血漿」は2者間で成立してる歌詞なので、「今回も内向的じゃん」て思われるかもしれないですけど、サウンド面に関しては外に向けることを意識した作品になってます。

濱野 : 不特定多数の人に向けて書こうと思ったら、言葉が出てこないんですよね。やりたくないわけじゃないんですけど……。

青栁 : 好き嫌いがハッキリしてて、すごい頑固だからこそお互い不登校になったのかなって思うんです。納得できないと動けないのが、売れているバンドとの差かなって。でも、それしかやり方を知らないんですよね。バーンって売れるのが理想ですけど、それが厳しいなら長く続けていくことが大事かなって思ってます。一生好きなことしか出来ないなら腰を据えてやるしかないなって。

RECOMMEND

HOWL BE QUIET / サネカズラ

変わる変わる変わる。とも親交が深いHOWL BE QUIETのメジャー・3rdシングル『サネカズラ』。TVアニメ『DAYS』のオープニング曲を収録。

イロムク / チラシみたいな

2013年結成の下北系ロック・バンド、イロムク。彼らの2ndミニ・アルバム『チラシみたいな』。ギターロックの要素満載のアルバムです!

LIVE SCHEDULE

〈Dr.Comet Panda×STAR LOUNGE Presents“悶”〉
2017年5月24日(水)@スターラウンジ
出演 : Dr.Comet Panda / aQua lover / amali / 浮世絵パンダ / 大沢良太 / 坂本龍之佑

PROFILE

変わる変わる変わる。

2013年に前身バンドの解散後、Vo.Gt.濱野とDr.青栁を中心に結成。同年下北沢ガレージにて初ライヴ。その後、メンバー・チェンジを繰り返しオリジナル・メンバー2人にサポートを迎えた現体制に落ち着く。
Vo.Gt.濱野の歌詞、歌を中心に据えながら、楽曲のもつ力を引き上げる楽器隊の攻撃的なプレイヤビリティ、オーディエンスの喜怒哀楽を増幅させる捨て身のライブを武器にしつつ、現在までコンスタントに活動を続けている。
これまでライブ会場や通販で音源の販売を行っていたが、今作「A.O.S/血漿」は自主レーベル「KGK RECORDS」からの初の全国流通・OTOTOYでのDL販売となる。

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.