Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

the telephonesやlovefilmでフロントマンを務める石毛輝の新バンド「Yap!!! (ヤップ)」が、10月25日(水)に1stミニ・アルバム『I Wanna Be Your Hero』をリリースする。ドラマーに柿内宏介、そしてベースに元Kidori Kidoriの汐碇真也をサポートに迎えて繰り出される、キラキラと光るロマンティックな楽曲6曲を収録。石毛自身「Yap!!! の中だと完全にフォワードなので、点を取らないとダメですから」と語るように、lovefilmの彼とは全く違った魅力をみせるYap!!!。今回OTOTOYでは石毛はもちろん、柿内、汐碇の3人にインタヴューを敢行。Yap!!! という新バンドがどのように結成され、どのような楽曲をつくっているのか紐解いた。

ダンス・ロックの逆襲がはじまるミニ・アルバム


Yap!!! / I Wanna Be Your Hero

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz)

【配信価格】
単曲 200円(税込) / アルバム 1,050円(税込)

【収録曲】
1. Dancing in Midnight
2. Too Young for Love
3. If I'm a Hero
4. Street
5. Before You Leave
6. Kick the Door

INTERVIEW : Yap!!!

Yap!!! の『I Wanna Be Your Hero』を聴いて、まず最初に思ったのが「石毛輝の歌声が帰ってきた!」っていうこと。ボルテージMAXのテンションで、聴いていて踊らずにはいられないような、ほとばしるエネルギーが宿ったヴォーカル。そして、石毛が「猪突猛進型のドラマー」と太鼓判を押す柿内宏介、同じく「ベーシストとして基礎がしっかりしてるので安心して曲を渡せる」と石毛が絶大な信頼を寄せている汐碇真也。今回のインタヴューでは、そんな最強の布陣で結成されたYap!!! とは何者なのか紐解きつつ、石毛がなぜ新たにバンドを組むことにしたのか探っていこうと思う。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 大橋祐希

このペースなら、もう1個バンドできるなって

左から、汐碇真也、石毛輝、柿内宏介

──8月16日の〈UKFC on the Road 2017〉でlovefilmのステージを観て、このままlovefilm1本でやっていくと思った矢先、突然8月15日にYap!!! の結成が発表されて驚きました!

石毛輝(以下、石毛) : 内緒にしてましたね。

──Twitterを読んでいても、新バンドを結成した様子はなかったし。

石毛 : そこは情報管理を徹底してました(笑)。

──ブログ(『茶色 the world』)では「今年の正月過ぎくらいに、ふと自分がメインで歌うプロジェクトをなんとなくやりたいな〜と思った」と書いてましたね。

石毛 : 去年の年末にlovefilmで最後のライヴを終えた時、あんまりライヴをやらないバンドだなと思ったんですよね。このペースなら、もう1個バンドできるなって。それで、自分がフィジカルに動けるバンドをやりたいと思ったのがきっかけです。最初は新しいソロをつくろうと思ってたんですよ。ちょうど1月下旬に事務所の社長の誕生日イベントがあったので、その時にYap!!! の曲を2曲くらいやって。

──何を演奏したんですか?

石毛 : 「If I'm a Hero」と、もう1曲は今回のアルバムに入ってない曲をやりました。で、2月に札幌でのソロ・ライヴでも9曲やって曲が増えていったら、スタッフから「バンドの方が良いんじゃない?」って言われて。それでメンバーを探そうと。

──そういう経緯で進展していったんですね。メンバーはどうやって集めたんですか。

石毛 : Czecho No Republicの〈ドリームシャワー〉っていう企画に僕はlovefilm、カッキー(柿内)はYogee New Wavesのサポートとして出てて…… それはいつだっけ?

柿内宏介(以下、柿内) : 去年の7月ですね。

石毛 : その時に彼のドラムを観て「泥くさく叩いてる姿に華があって、良いドラムだな」と思って。その日に声をかけて仲良くなりました。それで、時間が経ってYap!!! をバンド編成にするって決まった時、カッキーの顔が浮かんだので誘いました。実は真也くんの前に別のベースを入れて、ライヴをやったんですよ。〈Getting Better〉のイベントだったんですけど、いきなり9曲やるっていう。

──そんなに曲ができてたんですか!?

石毛 : 50分のステージなのに55分やるっていう暴挙をしまして。そのベースはいろいろあって代わりを探さなくちゃいけなくて、「なんか良いベーシストいないかなぁ」と思いながらFacebookを見ていたら、武道館でローゼズ(The Stone Roses)を観た後の真也くんの投稿を見つけて。「こりゃあ、良いベーシストだろう」と。

──(笑)。

石毛 : BAND AとかKidori Kidoriの時に顔を合わせることはあったけど、それまでちゃんと話したことはなかったよね。

汐碇真也(以下、汐碇) : そうですね、フェスの時に楽屋裏で挨拶をさせていただいた程度で。

石毛 : で、恐る恐るメッセンジャーを送ってみたら「興味あります」って返事をもらって、その2、3日後くらいにスタジオに入って。良い感じだったので、正式に入ってもらいました。

──いままでの出来事を時系列で整理しても良いですか。

石毛 : カッキーは3月くらいで、真也くんは5月終わりくらいに誘いました。

──柿内さんは、去年の12月に「バンドを辞めてからのことを毎日考えている。自分は歌わないし曲をつくらない、どういう人と関わっていくかってことだけ」って意味深なツイートをしてました。

石毛 : うおおおお(笑)。

柿内 : バレてる! うわっ怖ぇ。

──全部読んでますよ(笑)。あれをYap!!! の誘いが来る前に投稿していたなら、本当に良いタイミングで誘いがきたんでですね。

石毛 : 俺はそのツイートを読んでないです。

──その頃って、THEこっけんろーるBANDとバレーボールズに所属してましたよね。

柿内 : THEこっけんろーるBANDは1月に解散することが決まってて、バレーボールズは全然活動していないバンドなので、もうやることがなくて、どうしようかなと思ってました。

──声をかけられた時は即決でした?

柿内 : 嬉しかったので、すぐに「やりたい」って返事しました。

──柿内さんから見て、石毛さんは会う前と会った後で印象は違います?

柿内 : ああ、全然違います! 会う前は売れている人だな、くらいで……。

一同 : (笑)。

柿内 : 1回しか会ったことがなかったので、ビビってたというか。

石毛 : 恐くないでしょ。

柿内 : 会った後はおチャラけたお兄さんというか(笑)。

石毛 : すぐに下ネタを言っちゃうからね。

「これが自分だ」っていうことを歌えるようになった

──(笑)。汐碇さんが誘われたのは、フリーで活動していくって宣言をした後ですよね。

汐碇 : 当時はフリーのベーシストとして、サポートだったり、RECの活動をしていました。

──前にいたKidori Kidoriは解散じゃなくて、汐碇さんだけが脱退するカタチでした。去年8月に脱退したばかりで、改めてバンドを組むっていうのは他の人よりも覚悟が必要だったと思います。

汐碇 : 前のバンドを脱けた後、友達のライヴへ行くたびに「バンドって良いなあ」と思ってたんですよね。また、やれるならやりたいと思っていたタイミングで石毛さんに誘っていただいたので、これも何かの縁かなって思いました。

──誘われた時は青天の霹靂だったのかなって。

汐碇 : そうです。「え、何で僕なんですか?」って。

石毛 : いや、ローゼズが好きって言うから。

──ローゼズが好きなベーシストなんて、山ほどいるじゃないですか(笑)。

石毛 : そのタイミングで目に入ってきたのが真也くんだったので。直感型なので、僕は。

──曲作りについてはどんなことを意識してましたか?

石毛 : 今までにthe telephonesとlovefilmをやってきて、両方とも制限があって。the telephonesは同期を使っている曲は2、3曲なんですよ。あとはサンプラーを3台駆使して、人力でやる美学あって。だけど、それには限界があるというか曲作りの制限を増やしてて。

──曲作りの制限?

石毛 : こういう曲をつくりたいんだけど、あのメンバー編成じゃできないってことが結構あったりして。それがバンドの美しさなので、悪いってわけじゃないんですけど。で、lovefilmはしっし(江夏詩織)が歌うので女の子が歌って映える曲、歌詞が必要だし、彼女はもともとモデルなので、演奏面で無茶な要求はできない。ノブ(岡本伸明)もthe telepnhonesではずっとシンセサイザーだったので難しいベースはまだ苦手ていう制約があって(笑)。でもそれがlovefilmの音楽が危うい魅力に繋がるんです。


lovefilm/Kiss

Yap!!! に関してはそういうのがないので、最初から同期ありき。その曲がどういう音を欲しがっているのか、どういう展開を望むのかっていうのを気にせずに曲をつくれるようになったので、コンポーザーとしてはすごい楽しいです。

──石毛さんが話した通り、lovefilmの時はプロデューサーとしての役割が大きかった気がして。だけど今作はプレイヤーとして前に出ている感じがしますね。

石毛 : そうですね。Yap!!! の中だと完全にフォワードなので、点を取らないとダメですから。『GIANT KILLING』(ツジトモによるサッカー漫画)だったら夏木陽太郎のようにシュートを打ちまくるっていう感じなので。あとはフロントマンっていうのもあるし、逆に言えば責任を全部僕が背負えるので「俺がカッコよければ良いっしょ」って気持ちはありますね。

──ブログでは「lovefilmが隠だとすればきっとYap!!! は陽」って書いてましたよね。

石毛 : 書いてたんだ…… はい。

汐碇 : 確かに書いてます。

石毛 : マジか(笑)。

汐碇 : 読みました。

石毛 : よく考えればYap!!! にも隠の部分がありますね。まあ、はい。

──ちなみに去年の8月は「バンドでやるダンスミュージックはやめようと決めていた」って。

石毛 : なるほど。

──「バンド・シーンでは生々しいバンドサウンドやものすごくエレクトロニックなものが流行る」と話してました。そこからYap!!! を結成するまでで心境の変化ありました?

石毛 : 言いたかったことは世界的にロックは死んでいる音楽になりつつあるので、これからロック・バンドが流行るとしたら、生音の使い方に個性があるバンドか、エレクトロニックな音楽にちゃんと知識があってそれを自然に取り込めるバンドじゃないかなと思ってます。心境の変化としては、もともと1人用として家のスタジオでつくった音をバンド・アレンジした時の感動がすごいあったんですよ。「これはヤバい、踊れる!!!」って。打ち込みでつくったキックの音も生でやると爆発力が生まれて、!!!(チック・チック・チック)みたいなすごい踊れる感じになって。そこにバンドの美しさを見出せたので、賭けてみようと。逆に去年はlovefilmをthe telephonesと比較されるのが嫌な年でしたね。そこから1年が経って「俺は俺だしな」って思えるようになったので、いまは何も気にしてないっていう感じです。

──石毛さんにとってYap!!! が3つ目のバンドで、音楽のキャリアでいうと12年が経ちました。「俺は俺だしな」って考えになったのは、バンドマンとして紆余曲折を経験したからなのかなって。

石毛 : だいぶ変わりましたね。いまは自分のことを歌ったり、曲にすることに対して照れがないです。the telephonesの時はすごい照れ照れで、歌詞のインタヴューなんてされたら「話したくない……」みたいな気持ちだったんですけど、いまは「これが自分だ」っていうことを歌えるようになったので。

──それはどうして?

石毛 : 何ででしょうね。自信がついたというか、自信と同時に自分は自分でしかないっていう開き直りが出来たから、いまが一番充実してるんだと思います。なんか意外と根が子供で、未だに純粋に音楽が好きなんですよ。それってすごいことだなあと思ってて。周りの先輩も子供大人ばっかりじゃないですか。40歳くらいの人がキャッキャッ言いながら「良いねえ音楽って」みたいなことを言ってるのが素敵だなと思うんですよ。そういう人たちって自分のことを100%出してるんです。僕はそれに対してずっと逃げてきたので、このタイミングでちゃんと向き合っていこうと思ったから成長できたのかも。

──自分と向き合っていこうと思ったのはいつ?

石毛 : 最近っすよ。『I Wanna Be Your Hero』をレコーディングする前ぐらいですね。


Yap!!!/If I'm a Hero

──何かきっかけがあったんですか。

石毛 : いま、自分が聴きたい音楽…… 特に歌ものに関しては歌がうまいというよりかは、その人がどういうことを歌いたいのかが好きなので。それは何語でもよくて、本当にいい歌って言語を越えてくるし、そういう歌を自分も歌いたいなと思ったら、やっぱり歌詞に魂がこもってない言葉を書いちゃダメだなって。作詞はいままでの倍くらい時間をかけるようにしたんですよね。そしたら変わった気がします。

──歌詞に生きざまを乗せるっていう。

石毛 : そうかもしれないですね。まだまだ先輩たちに比べれば短いけど、それなりに辛いこともあった十何年なので、それが乗せられるようになったらと。それを暗いテンションで表現したら自分らしくないので、「イエー!」みたいな感じにしたらカッコいいんじゃないかなと。

普段は中学生のノリみたいなくだらないことで笑いあってます

──きっと、自分主体のバンドを組めたからこその変化かもしれないですね。改めてYap!!! はサウンド面じゃなくて、人としてはどんなバンドだと思いますか?

石毛 : 2人とも良い意味で子供大人のミュージシャンだなと思うので凄く付き合いやすいし、僕のくだらない下ネタにも付き合ってくれるし。

柿内 : あははは!

石毛 : 仮タイトルで下ネタのタイトルの曲をつくって。そのタイトルをみんなが喜んで口にするっていう。

──小学生かよ!

石毛 : 33歳なんですけど、そうなんですよね。

──まさに子供大人ですね。

石毛 : それに対する曲もいまつくってます。

──もはや稲中(『行け!稲中卓球部』)の世界観ですね。

石毛 : そういうことで笑いあえるっていうのは、僕の中でいいバンドの条件なんですよね(笑)。真面目とユーモアがちゃんと同じバランスであるので、それをみんな楽しんでやってる感じがあって。友達としても良いバンドだと思います。

──ちなみにYap!!! 結成のタイミングで、〈Romantic 1984〉というレーベルを発足して。

石毛 : 僕の世代がパンク世代で、当時はインディーズ・ムーブメントがあったじゃないですか。〈ディスコード・レコード〉の文化が大好きなので、本当は全部自分たちでインディペントでやるのが理想なんですけど、そこまでレーベルに力を注げないので、所属しているUKプロジェクトの中につくらせてもらったんです。あとはレーベル・カラーというのが好きで、ロックだと〈4AD〉とか〈SUB POP〉とか、テクノとか電子音楽だったらこのレーベルの作品を買ったら間違いないっていうのがいくつかあって。〈Kompakt〉、〈Warp Records〉とか。そういうカラーがあるレーベルにいずれなれたらなと。Yap!!! はもちろんですけど、ゆくゆくは自分の関連していくソロ作品もリリースしたり、おもしろいバンドがデモ・テープを送ってきたりしたらリリースしていきたいですね。

──バンドについて話を戻しますね。今後の活動はどのように考えてます?

石毛 : まずはいま決まっているライヴを良いものにして、あとは次のフル・アルバムをどうするかしか考えてないです。

──もう、フル・アルバムのことを考えてるんですね! 改めて思ったんですけど、石毛さんって多作じゃないですか。どうして、そんなに曲がつくれるんでしょうか。

石毛 : 実は先月、人生2度目くらいのスランプに陥ったんですよ。

──そうなんですか!

石毛 : 合格点が出せる曲はつくれるんですけど、何か感動しないと思って。心が死んだのかなってすごく心配になったんですけど。

──どうやってスランプから抜け出したんですか。

石毛 : 曲をつくるとき、最初は効率を優先したくて、ざっくりと音色をつくるんですよ。それがシンセばっかり使う曲だったので、シンセをどんどん仮決めして完成したものの、なんか感動しないと思って。そしたらパッと閃いて、ソフトシンセを全部ハードシンセで鳴らした瞬間に「キタ!」と思って。その時に音楽っていうのは譜面を聴くのではなくて、言葉で説明できない音自体を聴いていると気付いたらスランプが一気に解消されました。多分、耳が音に対して感動を求めていたんだと思います。いまはスランプはないです。

──Yap!!! の曲ってつくりやすいですか?

石毛 : つくりやすい、つくりづらいっていうのはないんですよね。自分のバンドだけじゃなくて、外注で他人の楽曲提供もしますし。お蔵入りになりましたけど、とあるビッグ・アイドルの曲を作った時も全然つくれました。ちゃんとリスナーであり続ければ、曲ができないことはないです。

──そういえば、石毛さんが毎月オススメのCDを紹介する連載がありましたよね。その時もテクノだけじゃなくて、いろんなジャンルを取り上げていたなって思い出しました。

石毛 : 僕自身はミュージシャンっていうよりも、リスナーの意識が強いんですよ。もともとライターになりたいと思っていたタチだし、自分に音楽をつくる才能なんてないと思っていたので。ただ単に音楽を聴くことが好きだった、それだけなんですけどね。

──最後は砕けた話もお訊きしたいので、3人でいるときに1番笑ったことを教えてください(笑)。

汐碇 : 曲タイトルじゃないですか?

石毛 : 〈MINAMI WHEEL 2017〉ってイベントに出演した時、現地のスタッフが女性だったんですね。それを想定してなくて、その方がセットリストの確認をしに楽屋に来たんですけど、2曲目に例の下ネタの新曲の仮タイトルがあって。申し訳ないという気持ちがありつつ全員がニヤニヤしてしまいました(笑)。

柿内 : あははは!

石毛 : マネージャーもニヤニヤしてて、完全にセクハラですよね。

柿内 : そういう中学生のノリみたいな(笑)。

石毛 : そんな感じで、普段はくだらないことで笑いあってます(笑)。

石毛輝の参加作品もチェック!

古→新

過去の特集記事はこちら

>>> 石毛輝『from my bedroom』リリース・インタヴュー前編
>>> 石毛輝『from my bedroom』リリース・インタヴュー後編
>>> Ishige Akira、3rdアルバム『 Dark Becomes Light』リリース・インタヴュー
>>> lovefilm、1stアルバム・リリース・インタヴュー

LIVE SCHEDULE

Yap!!! 1st Tour 〈!!! We Dance, We Rock !!!〉
2017年11月4日(土)@名古屋 CLUB ROCK’N’ROLL
2017年11月14日(火)@大阪 心斎橋Pangea
2017年11月28日(火)@東京 新代田FEVER

その他ライヴ
〈Newspeak“2nd EP『July』のリリース・パーティ”〉
2017月10月27日(金)@代官山SPACE ODD

〈下北沢GARAGE presents “TOKOROZAWA MEETING”〉
2017年10月29日(日)@所沢航空記念公園野外ステージ

〈HELLO INDIE 2017〉
2017年11月19日(日)@北浦和サーキット・イベント

PROFILE

Yap!!! (ヤップ)

左から、汐碇真也、柿内宏介、石毛輝

2017年8月にthe telephones / lovefilmのフロントマン石毛輝がサポートに汐碇真也(Ba)、柿内宏介(Dr)を迎えて、新バンド「Yap!!!(ヤップ)」を始動。2017年10月25日に石毛自身のレーベル〈Romantic 1984〉から1st ミニ・アルバム『I Wanna Be Your Hero』を発売。11月4日から東名阪ツアー〈!!! WE DANCE, WE ROCK !!!〉を開催する。

〈Romantic 1984〉は、Yap!!! 始動に合わせて設立した、石毛輝がプロデュースする新レーベル。Yap!!!の楽曲はもちろん、今後の石毛の作品はこのレーベルからのリリースを予定している。

>>> Yap!!! 公式HP

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
同じ筆者による他の記事