仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

GOING UNDER GROUNDから真夏の回顧録が届いた。『真夏の目撃者』と名付けられたそのアルバムは、日々秋を感じつつあるこの10月にリリースされた。今作は昨年リリースされた『Out Of Blue』に続く新アルバムで、先行シングル「超新星 / よそもの」を含めた11曲が収録された。これまで彼らが通ってきた真夏のできごと、そしてそこから学んだことがすべて詰まっているアルバムだ。中学時代の同級生5人で結成され、メジャー・デビュー、武道館公演、そしてメンバーの脱退など様々なできごとを経験した彼ら。青春を終え、懐かしい風景ではなく、いまのバンドの音を鳴らした彼らの新アルバム『真夏の目撃者』を、ぜひインタヴューとともにお楽しみください。

これまで通り過ぎた真夏の回顧録


GOING UNDER GROUND / 真夏の目撃者

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)

【収録曲】
1. 時計機械
2. よそもの
3. 夏が僕らに嫉妬する
4. Struggle Baby
5. ダニーボーイ
6. あたらしい
7. ラストダンスウィズミー
8. Young Japanese
9. Wasted Summer
10. 君は誰ですか
11. 超新星


GOING UNDER GROUND/あたらしい


INTERVIEW : GOING UNDER GROUND

GOING UNDER GROUNDが最高の名盤をつくった。その名も『真夏の目撃者』。前作の『Out Of Blue』では、5人から3人になったバンドが、それでも音楽を続けていく意志を表明した作品だった。それに対して今作は「自分の私生活を切り売りして、それを歌にして、いまの俺たちはこう思ってる、っていうだけのはしたくなくて」と松本が語るように、いまの3人が鳴らしたい音を純粋に形にした作品だと思う。いま、彼らはどんなスタンスで音楽に向き合っていて、代名詞とされてきた“青春”をどのように捉えているのか訊いてみた。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 大橋祐希

今回は周りの期待に応えようとしなかった

左から、石原聡(Ba.)、松本素生(Vo. / Gt.)、中澤寛規(Gt.)

──まず『真夏の目撃者』ってタイトルが最高だなと思いました。

松本素生(以下、松本) : 日本語にしようっていうのと、アルバム・タイトルらしくない方が良いなあと思って。僕もやってますけど、いまはApple Musicとかストリーミング・サービスでいろいろ聴けるじゃないですか。それで最新リリースが表示された時に、「ブルースカイ」みたいな横文字のタイトルだとちょっと弱いなって。今回は夏の曲が多かったのもあって、最初は「真夏」にしようと考えたんですよ。

──秋のリリースで「真夏」というのはおもしろいですよね。

松本 : そうそう。人生の中に春夏秋冬があったとして、去年『Out Of Blue』を出したときが春なら、いまはテンション的に夏だなっていう、それぐらい解放されて、いろいろできたんですよね。なんかそこのポジティブな部分を「真夏」って表現したんですけど、それだけだとインパクトが弱いなと思ってて。そしたらマネージャーから「目撃者ってどうですか?」って言われて、『真夏の目撃者』に決まりましたね。

──制作ドキュメンタリーを観ましたけど、素生さんの好きなモッズの本に「人生で重要なことは全部、夏に起こる」って書いてあったそうですね。

松本 : そうなんすよ! あれいいっすよね。

──シビれましたね。

松本 : ちょうど、そういうテンションだったんですよね。それで『真夏の目撃者』ってつけて、完成! っていう感じで。

──過去のインタヴューを読んでいたら、以前も夏について話している記事があって。18歳の頃に『月刊Player』って雑誌に掲載されていた「5万円でCDがつくれる」みたいな記事を見つけて、全員でCDをつくりに行ったそうですね。

松本 : ああ、そうです!

石原聡(以下、石原) : あははは(笑)。

──モッズの本に書いてあった「重要なことは全部、夏に起こる」が繋がった、と思いました。

松本 : 葛西に1人1万円くらい出せば、レコーディングをさせてくれるっていうスタジオがあって。思い出としてつくりに行ったんだよね。

石原 : 高校を卒業するくらいだ。

松本 : そう…… 確かにあれも夏だったな。その写真、いまでも家にありますもん。始発でふざけて網棚に乗ったりしてる写真。

石原 : あぁ、あったね。

松本 : 俺らは幼馴染っていうのがあるから、大概は一緒にいるし、何かハプニングが起こるとしたら夏休みとか、そういう時が多いじゃないですか。たぶん、その経験があるんだろうなって思いますけどね。

松本素生(Vo. / Gt.)

──いまのお話は「STAND BY ME」をリリースした2005年のインタヴューでお話しされていたんですけど、当時と現在で夏の捉え方は違いますか?

松本 : 違いますね。いまはいろいろと冬の時代を経ての夏だから。このときは冬の時代を経てない時代の夏ですから。

──前作は「周りや自分の中にあったGOING UNDER GROUND(以下、ゴーイング)の青春性から解き放たれて、青いところの次にいけた」と話してましたね。

松本 : 長く続けているバンド特有の「俺たちはこんなことがあってもバンドを続けていく」というメッセージを音楽に乗せるのは、あんまりやりたくないな、と思ってたんですよね。自分の私生活を切り売りして、それを歌にして、いまの俺たちはこう思ってる、っていうだけのはしたくなくて。だから『真夏の目撃者』は『Out Of Blue』とは全然違うやり方でつくりました。良い感じにテキトーに去なしながらやっていたから、周りのスタッフはどんなものが上がってくるのか不安しかなかったと思うんですよね。

石原 : そうだね。

中澤寛規(以下、中澤) : 極端な言い方をすると、今回は周りの期待に応えようとしなかった。なんかね、長年やっていると期待に応えようとしがちなんですよ。とにかく、そういう考えから離れてつくりました。もっと内輪受けを大事にするというか、「俺たちはこれが良いぜ」と思ったものを拾い上げて、カタチにしていくっていう。

松本 : そうね。バンドのメンバーが楽しんで演奏できているのが1番良いって、それだけはありましたね。

中澤 : 20歳の頃に誰かの部屋で好きな音楽をかけて「こういうのつくりたいね」って言いながら、曲をつくるような感覚。あの頃から何周したのかわからないけど、そのつくり方に近いですね。

頭のネジを2本くらい外さないとできないなっていうのはありますね

──初心に戻って自分たちの出したい音楽を鳴らすっていうのは、キャリアを重ねるほど難しくなるものだったり、覚悟がいる気がします。

松本 : だと思うんですよ。ただ、それで言ったらビジネスとして成り立っていれば、そうなりがちなんじゃないですか。俺たちは1度ビジネスとして成り立たなくなったし、1回ストップしないとバンドが続けられないというのがわかって。3年前に事務所を辞めて、またはじめたので、それはデカかったなと思います。昔は曲をつくることや、ライヴをやることも含めて音楽が日常だったんですけど、いまは音楽をやること全部が非日常だから。そこの楽しみ方が根本的に違うっていうのはあるかもな。それは『Out Of Blue』以降にすごく感じてる。

──『Out Of Blue』から『真夏の目撃者』をリリースするまでの間に、ザ・コレクターズが武道館に立ったり、サニーデイ・サービスが『DANCE TO YOU』をリリースしたり銀杏BOYZの3ヶ月連続でシングルを発売したり…… ゴーイングと親交のあるバンドの活躍が目立ちました。それで制作意欲を触発されることはありますか?

松本 : 触発はねえっす。うん、悔しさしかないですよね。「いやぁ良かった」っていうのと同じくらい、ハンカチを噛んでます。なんで俺がここにいないんだろうって…… だから、意欲にはなってるのか。

中澤 : 結果ね。

中澤寛規(Gt.)

松本 : 意欲にはなってるけど悔しさしかないな。黒い感情じゃなくて、単純に俺たちはコレも越えられるじゃねえかなと思ってやってる。だからライヴもなるべく本当は観たくないですけどね、悔しいだけだから。

──手放しに喜べないと。

松本 : みんなそうだと思うんだけどな、バンドマンって。でも、その悔しさを感じた時に「じゃあ、俺はこういうのをつくろう」と思うことはよくあります。それはカッコいいバンド限定ですけどね。あと、最近思うのがよくわからない対バンってやりたくねえっすね。いまの俺にとって、音楽は非日常だから、やりたくないことをして後悔したくなくて。多くのフェスに出るよりも、この前の〈リプレイスメンツIII〉みたいな、ああいうイベントを1個誘ってもらって前の日から緊張しながらやるということの方がバンドにとって重要で。それをいつも思ってます。

〈リプレイスメンツIII〉
2017年9月2日に駒澤大学駒沢キャンパスにて行われた、SEVENTEEN AGAiNの新アルバム『スズキ』レコ発イベント。
SEVENTEEN AGAiN、GOING UNDER GROUNDのほかに2、CAR10、NOT WONK、tetoが出演した。

──ゴーイングが企画している対バン・ライヴの〈全方位全肯定〉をよく観に行かせていただきますけど、毎回ヒリヒリしますね。凄みに圧倒されるというか。

松本 : そうですね。あの…… ザ・コレクターズと対バンする1週間前に友達が死んで。ずっとゴーイングのキーボードを弾いてくれていたメンバーでもあるんですけど、その友達が死んじゃったことや、止まりたくない気持ちも含めて、あれ(〈全方位全肯定Vol.1〉)がターニング・ポイントで。ライヴに向き合うテンションとかは、あそこからパッキリ変わったかなと俺は思ってるんだけど、どう?

中澤 : うん、そう思う。

松本 : そこからですね。1個、踏み込んでライヴをできるようになったのは。

──メンバーが亡くなったことが「超新星」という曲に繋がるんですよね。


GOING UNDER GROUND/超新星

松本 : 結果的にそうです。「超新星」と「よそもの」をつくって、今回のアルバムのセッションがスタートしたという感じですかね。

──曲作りについてもお訊きしますね。インタヴューで「いまは絶倫状態だ」って話してましたけど、それってどういうことなのかなって。

松本 : 『Out Of Blue』の前って、いろいろと疲れ切った状態でアルバムをつくってたんだけど「なんでつくってるんだっけ?」みたいな感覚がどっかにあったんですよ。だからメンバーも辞めていったしね。そこから比べたらいまは最高ですよ。1回、すべてを諦めて何もかも終わりにしようぜってなってからのいまだから。バンドをやることに対して、悔しいことはたくさんあるけど、取材を受けることもそうだし、リハに入ること、曲をつくること、ライヴをやること…… 嫌なことは1個もないんですよ。それをひっくるめると絶倫でしょ。

──たしかにいまのゴーイングを見てると仕事じゃなくて、ロック・キッズのように心からバンドを楽しんでいるように見えます。

松本 : 楽しいですよ、まあ楽しいからやってるし。ただ、頭のネジを2本くらい外さないとできないなっていうのはありますね。

中澤 : 前のメンバーが辞めて、(松本)素生もバンドを辞めようと考えた時期があって。バンドが楽しくない時期も経てのいまですからね。

松本 : あとね、バンドって誰からも頼まれてないっていうのがデカイんですよ。

中澤 : 仕事なのか仕事じゃないのかみたいな世界で生きる、って決めちゃったので。なるべく楽しいこととか好きなことをやりながら毎日を送れるようにしなきゃなって、友達が死んだことを含めて、ここ1年をいろいろと思い返すことが大きかったですね。その結果、もう好きなことをやるしかないなというところに結論づいた。

──なるほど。

松本 : 俺の家って、子供が2人いるんですけど。家に帰ったら「疲れた~」とか「キツイわ~」とか弱音を吐いちゃいけないんですよ。

──なんでですか?

松本 : なんでかと言ったら、好きなことしかしてないらしいんですよ、俺。バンドをやったり、「BAR天竺」をやったりで。楽しそうにワイワイやってるくせに「疲れた」はないでしょ、というのが奥さんの言い分。その通りなんですよ。

BAR天竺
松本素生がマスターを務め、〈YouthRecords〉主宰 / FACTORY1994のクリエイティヴ・ディレクターの庄司信也がプロデュースを手がけるBAR。

渋谷区渋谷2-7-4 KSビル 1F
03-6805-0315
https://www.facebook.com/bartenjiku/

石原 : 厳しい。

松本 : でも、たしかにそうだなと思って。

中澤 : もっともだよね。

松本 : ごもっともだと思った。たしかに自分が楽しいという風にしか生きてきてないから。でも、バンドをやるということはそういうことです。好きなものを信じて、それを続けていきたいと思うことだろうなって。たとえば絵を描いている人でも、一生懸命に突き進んでいる人を見ると、大変だろうなと思うけど、同時に美しいな、キラキラしてるな、と思う。それが表現というか誰からも頼まれてないことをわざわざやることのカッコよさだと思いますね。

石原聡(Ba.)

──バンドマンにとって「この人、好きなことだけして生きてるな」って見られることは、ある意味、正しい気がします。

松本 : そうですね。ミッキー・ロークが出ていた『レスラー』という映画があって。俺はプロレスの世界を全然知らないけどすごくグッときて。その人たちがそれぞれ真っ直ぐにやっているっていうのが、第一条件というか。中澤が言っていたみたいに周りの期待に合わせていくというやり方よりも、自分たちが最高じゃん! と思いながらやれてることの方が大事だし、そうしないとやっている意味がないし。そういう気持ちでつくったアルバムが今回ですね。

もう青春が歌えないんだと思います

──「好きなことをやっていく」と話してましたけど、これから先のバンドマン人生はどんなことを考えてますか?

松本 : 今は〈1994〉という事務所にいるけど、それがあろうがなかろうが、GOING UNDER GROUNDというバンドはずっと続いていくだろうなって思う。だって、俺はバンドをやりながらお店もやってるから、音楽を続けていく上で「ちょっと、生活費が……」という問題がないんですよ。だから、ずっと続けていくぐらいですかね。「武道館をまたやりたいね」みたいなことをいうのはビジネス的だもんな。その気持ちないでしょ?

中澤 : いや、あるある! 人の武道館を観に行った時に「また、ここでやりてぇな」って。

松本 : ごめん、全然ないわ俺。

中澤 : ただ単純に、あの気持ちよさを知ってるからさ。大勢の前でやるっていう。…… でも、そのために余計な我慢とかはしなくて良いかな、というのも同時にあって。取捨選択のときにやりたい方、楽しい方を選べるようにやっていけたら幸せなんだろうと思ってますね。

松本 : ずっと、ふざけてたいです。

中澤 : 基本的にはそうだね。そのスタンスで行きたいよね。

松本 : 「あいつなにして食ってんだ?」みたいな。

中澤 : カッコイイよね。それを粋に見せられたら最高です。

──石原さんはバンドマンとして、今後はどのように考えてますか?

石原 : このスタンスを続けた上で、売れたいですよね。嫌なことはしたくないですけど。

松本 : それって後付けになるよね。売れたいってことと、バンドを続けることは並列じゃないから。売れたいんだったらバンドを辞めた方がいいよ。売れるっていうことは金が欲しいってことだから。俺はこのテンションを維持して、死ぬまで行けたらそれでOKですね。あとは勝手についてくるし、そういう風になっていくだろうなって。だから石原の答えは間違いってことだな(笑)。

──(笑)。

石原 : いやいや。

松本 : 売れることと、バンドを続けることは別だから。

石原 : このテンションのまま行くってことだから。売れるために変なことをやるんじゃなくて、っていう。

──最後にお訊きしたかったんですけど、いつまで“青春”って続くと思いますか? もしくは、大人になってから訪れるのか。

松本 : 青春って、結婚をして子供をつくるまでじゃないですか。いまは確実に青春じゃないもんね、俺たち。自分本位で世界を見ている人が青春だと思います。でも、俺も中澤も子供がいるから、自分本位で世界を見ていると本当にいろいろと破綻していく。そうじゃない目線も持っていないと。

中澤 : それが正解かもしれないね。

松本 : 青春のひとりだったときのように、夜中に帰ってきて好きな映画を観たり、好きな音楽を聴くとか、もうそんな時期は来ないから。誰か人を愛しはじめたら青春は終わるんじゃないですかね。実際にそうだったし。

中澤 : 守るものができたらそうかもね。好きだったプレステもパッタリやらなくなったし。

松本 : 子供が産まれてから、レコードを売りまくったんですよ。それは曽我部さんに習ったんですけど、「俺はもう、100枚くらいで良いのよ」って言ってて。俺もマネをして結構コレクションしていたレコードをディスクユニオンへ売りに行ったら、曽我部さんがまた買い始めてたんですよね(笑)。自分で売ったレコードを。

──キャッチ&リリースですね(笑)。

中澤 : そのタイム感で、1日のはじまりと終わりを過ごせているのが青春かもね。本当にそう思うわ、それだ!

松本 : 良いこと言ったなあ…… これ歌詞にしよう。

──前作に収録されている「スパイス」はまさに青春を乗り越えた2人の歌ですよね。


GOING UNDER GROUND/スパイス

松本 : そうですね。アレはもうちょっと暮らしの歌ですもんね。だから、もう青春が歌えないんだと思います。歌いたいなと思って何度もトライしたけど、最初のゴーイングの持っていた青春性は『TUTTI』で終わってるんですよ。で、そういう青春性とかその風景が美しいと思ってるのに、なんで曲が書けないんだろうと思ったら、まさに自分がそこにいないからで。そうじゃないというのを去年くらいに気付いて、わざわざそういう曲を書かなくてもいいや、と思った。


『TUTTI』収録曲「STAND BY ME」

──青春性を歌わなくなったゴーイングが、いま歌いたいことは何でしょうか?

松本 : 20代の頃に見ていた、あの懐かしい風景じゃなくて、いまのバンドの音を鳴らすべきだって結論に達したんですよね。俺だけだったらアレだけど、中澤も家族がいたり、石原も好きな女ができたりというのあって。そういうところで、バンドとして立ち姿がやっと決まったのかなっていうのがありますね。

レーベル Youth Records  発売日 2017/10/25

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


RECOMMEND

VIRGIN /2

The SALOVERSのヴォーカリスト・古舘佑太郎と、現在銀杏BOYZのギタリストとしても活動をしている加藤綾太を中心に結成された新バンド「2」。鬱屈とした初期衝動的破綻と、背中合わせに在るギリギリ緊張感の狭間を、キラリと光るメロディーがどこまでも疾走していく、若者音楽処女作。

この作品に関する特集ページはこちら


銀杏BOYZ / 恋は永遠

銀杏BOYZ、3ヶ月連続リリースの第3弾シングル「恋は永遠」懐かしさを感じさせるグループ・サウンズの雰囲気もありながら、銀杏BOYZらしいあたたかいノイズにつつまれた新しい音を醸し出す。

この作品に関する特集ページはこちら


Homecomings / SYMPHONY

昨年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉レッドマーキー・ステージの舞台にも立ち、ライヴでの活躍も目立った彼ら。メンバーの福富優樹が「自称・日本中のGOING UNDER GROUNDマニアとして3本の指に入る男」という、Homecomingsの最新EP

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

ニュー・アルバム・リリース・ツアー〈真夏の目撃者〉
〈真夏の目撃者 ワンマン・ライヴ 大阪公演〉
2017年10月27日(金)@大阪ファンダンゴ

〈真夏の目撃者 ワンマン・ライヴ 名古屋公演〉
2017年10月28日(土)@名古屋UPSET

〈真夏の目撃者 ワンマン・ライヴ 東京公演〉
2017年11月5日(日)@代官山UNIT

その他ライヴ
〈THE BOYS&GIRLS 2nd Album RELEASE TOUR“ENDLESS SUMMER 2017”〉
2017年10月30日(月)@札幌COLONY

〈CLUB ROCK'N'ROLL 25th ANNIVERSARY!!! “brown sugar"〉
2017年12月12日(火)@新栄 クラブロックンロール
出演 : GOING UNDER GROUND / プププランド

〈KOBE 歌ゴコロナイト 2MAN SPECIAL!〉
2017年12月13日(水)@神戸VARIT
出演 : GOING UNDER GROUND / Brian the sun

>>> MORE LIVE INFO

PROFILE

GOING UNDER GROUND

左から、石原聡(Ba.)、松本素生(Vo. / Gt.)、中澤寛規(Gt.)

埼玉県桶川市にて、当時中学生だった松本素生、中澤寛規、石原聡、伊藤洋一の4人がバンドを結成。高校1年の時に河野丈洋がバンドに加入したのを機に1994年、初めてGOING UNDER GROUNDと名乗り、幾度かのメンバー・チェンジを経たのち高校卒業時に初代メンバー5人が揃う。この頃から作り始めたオリジナル曲が業界関係者の目に止まり、1998年12月にミニ・アルバム『Cello』をインディーズ・レーベルからリリース。その後も数作品をリリース、全国にライブ活動を広げる中、2001年6月にシングル「グラフティー」で〈ビクター〉よりメジャ・ーデビュー。

2006年7月には日本武道館ワンマン・ライヴを成功させる。2009年4月18日、日比谷野外大音楽堂でのライブをもって伊藤洋一(key.)が脱退。2010年に〈ポニーキャニオン〉へ移籍。同年、メンバーの地元である桶川市民ホールにて初の凱旋ワンマン・ライヴを開催。2014年、通算10枚目のアルバム『ひとりぼっちになる日のために』をリリースするも、同2月に河野丈洋(Ds.)がバンド脱退を発表。2015年1月31日の渋谷公会堂ライブをもって正式脱退。3人体制となるも、すぐさま翌月から開始した東名阪ツアー〈Teenage last〉、その後の全国ツアー〈soul train〉で早くも数々の新曲を披露し、バンドの再出発を強く打ち出した。9月に新代田FEVER にて行われた新生GOING UNDER GROUNDとして初のシングル・リリース記念ワンマン・ライヴはソールドアウト。12月には新ファンクラブ・コンテンツ「SUNSET CLUB」設立を記念した東名阪ツアー〈hello sunset club tour〉を開催。

2016年1月にインディーズレーベル〈youth records〉と契約し約4年ぶりとなる全国流通のシングル盤「the band」をリリース。同時にバンド史上初のドキュメンタリーDVD『the band~記録と記憶』を発売。2016年8月には最新アルバム『Out Of Blue』を〈ビクターエンタテインメント〉よりリリース。同年末より自主企画イベント〈全方位全肯定〉を開催。THE COLLECTORS、銀杏BOYZ、スカート、Homecomingsなどベテランから若手バンドまで多様なアーティストとの共演が話題となる。2017年5月に最新両A面シングル「超新星 / よそもの」発売。さらに8月には渋谷CLUB QUATTROにて発売前のニュー・アルバム全曲初披露ワンマン・ライヴを開催。大きな話題を呼んだ。2017年10月25日ニュー・アルバム「真夏の目撃者」発売。リリース全国ツアーも開催 。

>>> GOING UNDER GROUND 公式HP

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
同じ筆者による他の記事