激変を遂げても鳴らされる豊かな楽曲たち──my letter、約2年半ぶりのフル・アルバムをリリース

京都が生んだ愛すべきアート・パンク・バンドmy letter。2014年にリリースした1stアルバム『my letter』から2年半、満を持して会心の2ndアルバム『僕のミュージックマシーン』をリリースする。OTOTOYでは今作を2017年4月5日よりハイレゾ配信スタート。前作リリースからの間でドラマーの脱退、拠点としていた京都からの移住など、バンドを取り巻く環境は大きく変化を遂げた。それでも豊かに響き渡る楽曲は、変わることなく鳴らされ続けている。2ndアルバムをリリースするタイミングでVo.キヌガサへのインタヴューを敢行。音楽をやることについての彼の考えや、キヌガサとはどういう人物なのか迫った。

2年半ぶりとなる、待望の2ndフル・アルバム


my letter / 僕のミュージックマシーン

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 200円(税込) / アルバム 2000円(税込)

【収録曲】
1. ニュータウン・パラダイス
2. エスケープ
3. 僕のミュージックマシーン
4. アンサー
5. 透明になろう
6. なにかしたい
7. 明日になれば
8. ブルーバード
9. 灰
10. AWK
11. スイート・ホーム・キョート

INTERVIEW : キヌガサ(my letter)

京都発のアート・パンク・バンドであるmy letterが約2年半ぶりに2ndアルバムをリリースする。メロディの良さ、アレンジの秀逸さは前作よりもグレードアップしていて、ここまで多色性の豊かな11曲を生み出せるVo.キヌガサとは一体何者なのか? ということが聴けば聴くほどに気になってしまう。これまで、音楽のルーツについては散々インタビューで語られてきたが、彼自身の生い立ちについては詳しく言及されてこなかった。そこで、今回は新作『僕のミュージックマシーン』を軸に、キヌガサのことを掘り下げてみようと思う。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 大橋祐希

音楽をやることがもっと手軽になってほしい

my letterキヌガサ(Vo.)

──『僕のミュージックマシーン』は、前作の『my letter』から約2年半ぶりのリリースになりますが、ご自身としてはようやくという感じですか? それとも思ったより早くできました?

キヌガサ : ペース的には遅いですね。大まかな形は前作から1年経ったぐらいにはあったんですよ。あとはいつ仕上げるかみたいなのをズルズル引っ張った結果、2年半かかってしまったという感じで。

──着手するまでが遅かったんですか?

キヌガサ : というよりも、1stは録音する前からすでに曲が揃ってたんですけど、2ndはまだ曲が出来上がってないものを手探りで進めていったので、そこに時間がかかったんですよね。

──時間はかかっても、こんなに素晴らしいアルバムを作ってくれるならイチファンとしては待った甲斐がありましたよ。

キヌガサ : あはは、ありがとうございます。

──今作はこれまで以上に歌詞の引き出しが増えてますよね。「アンサー」は〈いつまでも 歌ったりしてられないの 見つけた答えがなくなっていく〉という歌うことへの自問自答が綴られていたり、「スイート・ホーム・キョート」の〈いつもの道が 雨にぬれて キラキラと君を待つ〉って、この1節だけで映画を作れるぐらいのキレイな世界観を感じました。歌詞を作る時はどんなことをイメージされてるんですか?

キヌガサ : 歌詞を書く時に物語をイメージして作詞するタイプではないので、ストーリーと言うよりはその時に感じていることとか、「こうだったら良いなあ」って願望とか、個人的な思想が入りがちですね。全体的に思っていたのは、音楽をやることがもっと手軽になってほしいというか。どんな方法でも良いから「音楽を作り続けていれば良いじゃないですか?」ということを何となく曲を作りながら考えていましたね。

──音楽を作ることを、もっと手軽に捉えてほしいと。

キヌガサ : そうですね。個人的にバンドをやっていることは凄いことじゃないと思っていて。「仕事をやりつつ、スタジオに入るなんて大変だね」みたいなことを言われますけど、別にスタジオに入るなんて2~3時間のことで、映画を1本観るのと変わらないんですよね。気楽と云うわけじゃないですけど、マイペースに音楽を作っていきたいなという気持ちをアルバム全体に込めてますね。

──“マイペースに”とは言いつつも「なにかしたい」の歌詞は若者の生き急いでる感じがして、気楽と真逆の印象を受けましたけど。

キヌガサ : ふふふ、そうなんですよね(笑)。マイペースに…… とは思いつつも、普通に仕事はしてるし、毎日スタジオに入れるわけじゃないですから。それに明日、車に轢かれたら終わっちゃうじゃないですか。だから、気楽にとは言っても、早よせなあかんなぁと思ってる自分もいるんですよね。だけど、音楽は焦ってまでやることじゃないよねって気持ちもあったりして。何かね、どんどん活動はしたいけど、生活はあるし、かといって生きているうちにやれることをやらないと何も残らなくなっちゃうので。その辺の感情が入り混じっているのは事実ですね。

こうはなれないものに対して憧れがあるんです

──歌う上で核となっていることは何なんでしょうか?

キヌガサ : 自分たちのことをパンク・バンドだと言っているのは、好きなことを好きなようにやらなければ意味がないって想いなんですよ。でも核となっているのは、各自が好きなことを、自分たちのペースで出来るようになったらいいなというところなので。それこそ、仕事が忙しいからバンドは辞めるっていうのは、優先順位の問題なので否定はしなくて。僕が属しているバンドに関しては、ゆるい気持ちでやっていけたらと漠然に思ってますね。

──その姿勢って誰か見本がいるんですか?

キヌガサ : 僕も考えてたんですけど、あんまりいなくて。羨ましいなと思う人はいっぱいいますけど、そうなりたいかは別なんですよね。だからこそ、好きにやったらええやんって考えになると思うんですけど。

──ちなみに作詞をする上で影響を受けた方はいますか?

キヌガサ : THE BLUE HEARTSに出会ってから日本のパンク・バンドにハマるんですけど、1番衝撃を受けたのはINUなんですね。だから、町田康の影響は多分にあると思うんですよ。それは、THE BLUE HEARTSよりも大きいのかな。

──INUに惹かれた理由はなんだったんでしょう。

キヌガサ : その時に理解できなかったからじゃないですかね。全く理解ができないわけでもないけど、手が届きそうで届かない感じが好きというか。その感触を17、8歳の多感な時期に覚えたので、多分そのインパクトが強いんだと思います。

──当時はヒットチャートに入るような、いわゆるメジャーな音楽は聴いてました?

キヌガサ : イエモン(THE YELLOW MONKEY)、ジュディマリ(JUDY AND MARY)、スピッツ、the brilliant greenですかね。その辺が世代的に聴いたりしました。

──ルーツについてもう少し探っていきます。キヌガサさんのTwitterを読んでいたら『仁義なき戦い』が好きだったり、古田敦也さんの『古田式・ワンランク上のプロ野球観戦術』が面白い! なんてつぶやいてたり。好きなものの振り幅がかなり広いと思ったんですけど、音楽以外のカルチャーは何を通ってきたんですか?

キヌガサ : 本を読むのも、映画を観ることも、スポーツ観戦も好き。多分、その辺が好きなことなんですね。考えてみると、自分ができないことを見るのが好きなんですよ。映画も自分には撮れないですし、スポーツに関してもあんなに速く走ったり、球を速く投げたりもできないので、そういうことに対しての憧れがあって。

──日常生活でピストルを持つこともないですからね。

キヌガサ : そうそう(笑)。『仁義なき戰い』が好きなのも、自分とまったく接点がないからだと思うんですよね。考えてみると、自分がなりえないもの対して凄く魅力を感じるんですよ。

──それは小さい頃からですか?

キヌガサ : 恐らくそうなんでしょうね。元々はオカルトちっくなものも好きでしたし、特撮とか。やっぱり自分がこうはなれないというものに対しての憧れは幼少期から持っているんやろうなと思いますね。それこそパンク・バンドにハマったのも、自分がああいうことをやるって考えたことがなかったし、サイケデリックとかガレージ・ロックも物理的に出来ないじゃないですか。ドラッグも違法ですし、そういう自分の手に届かないことが好きなんですね。

──子供の頃ってカッコイイと感じたものや、魅力を感じたものに自分もなりたい! って近づこうとするじゃないですか。だけど、自分はなれないっていう視点を幼少期から持っていたのは面白いですね。

キヌガサ : だから、どんどん自分から遠いものを見てるんでしょうね。小説を読んだり、漫画を読むのが好きというのも結局、実体験でないことを体験したかのように感じられるからだと思います。

──本は何が好きなんですか?

キヌガサ : 小さい頃、図書館の端から端まで読んだのは江戸川乱歩ですね。少年探偵団シリーズを片っ端から読んでました。

──それは何歳の頃?

キヌガサ : 小学校低学年の時ですね。たまたま、学童保育にあった江戸川乱歩を読んで、明智小五郎や少年探偵団や怪人二十面相の世界にハマったので、本を読み始めたのはそこから。だから、人生の中で1番読んだのは江戸川乱歩じゃないですかね、結果的には。

──大人になってから江戸川乱歩作品を読み返すと、こんなに狂った世界だったのか! って思いますよね。

キヌガサ : まあ、まともじゃないですよね。今になるとギャグか! って思いますけど(笑)。余談になっちゃいますが、少年探偵団シリーズの中に1冊だけ衝撃のラストがあって。女の子を蝋人形にするシーンが強烈に頭の中に残ってるんですよ。なんかね、そういう無茶苦茶な世界が…… 何かこう自分を形成する一部になってると思いますね、残念ながら(笑)。

──自分にはなれないものほど惹かれるということですけど、my letterの曲にも“なれないものになりたい”という願望があったりするんですか?

キヌガサ : それを書いたことはないですね。周りのこととか、そうなったら良いなと思うことを歌ってます。なれないから面白いのであって、なっちゃうとそれはそれでしんどいやろうなって考えちゃうんで。それよりも、より楽しく、より充実した日々を過ごすために、バンドを楽しく続けていくことに尽きると思いますね。

音楽を続ける上ではお金は必要だと

──歌い方についても迫りたいんですが、あの独特な歌唱方法にはルーツがあるんですか?

キヌガサ : ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとかドアーズとかテレヴィジョンを聴いてたのは、歌詞のメッセージ性と言うよりも、音が飛んでくる感じが好きなんだなと思ったんですよ。だから、曲の内容はそこまで重要視してなくて、歌った音の響きが大事なんですよね。

──何を歌っているかよりも、音の響きを優先していると。

キヌガサ : でも、歌詞カードを読んでつまらなかったら嫌じゃないですか。そこには、ある程度のメッセージがないといけないと思うので。その両方をどうやって成立させるかというのが毎回の課題ですね。

──確かに。日本語で歌う以上は、どうしても言葉に意味をもたせてしまいますよね。

キヌガサ : 自分で分かっていることなんですけど、僕の書く歌詞は固有名詞がすごく少ないんですよ。何か具体的に物の名前を言ってしまうと、そこからがすごく刺さってしまうじゃないですか。例えば「お茶」っていうと、その言葉がすごく残ってしまうので。自分が曲を作る時は、とっかかりを与えないように意識してますね。

──固有名詞がなかったり、具体的に説明しすぎなかったりすることで、人によって歌詞の解釈は大きく変わりそうですね。

キヌガサ : そうですね。うろ覚えで恐縮なんですけど、INUのライナーノーツに“僕の歌詞に書いているお前というのはあなたのことでもあるし、私のことでもあるし、なんでもいいんだよ”みたいなことが書いてあって。多分、そういう想いが抜けていないというか。僕の歌詞も、結局は僕自身のことじゃなくてもいいですし、聴いている方に色んな見え方があると面白いなって思いますね。

──今後の活動についてもお聞きします。今年で結成10年目になりますが、振り返ると長かったですか?

キヌガサ : どうですかね、7年間は冬眠してたようなもんですから(笑)。実質は3年しか活動してないので、まだまだ気持ちは若手ですよ。本当は1年に1枚ペースでアルバムをリリースして、4枚目で解散するハズだったんですけど(笑)。

──ははは、そんなプランが(笑)。

キヌガサ : 大体、昔のバンドってそうじゃないですか。名作4枚ぐらい出して「お前はどれ派?」みたいなのが良いじゃないですか。それを目指してたんですけど、なかなかそうはできなかった。

──バンドをここまで続けてこれた理由は何でしょうか?

キヌガサ : 1番大きいのは、具体的な目標がなかったからだと思います。結局、このアルバムを誰に聴いてほしいかと言ったら、間違いなく自分自身なんですよね。my letterのことを知らない自分がいたら、その自分がこのアルバムを聴いた時にどっぷりハマるものを作りたいなと思って。聴いてくれる人にはアレですけど、すごくパーソナルな部分があるのは事実ですね。

──10周年イベントとか考えているんですか?

キヌガサ : 「10年積み上げたきたか?」と言われると、まだアルバム2枚ですし。あんまり節目な感じがしてないから特にはないですね。…… あの、最後に良いですか?

──何でしょうか?

キヌガサ : レモン・パイパーズっていうサイケデリックのバンドが、67年に『グリーン・タンバリン』って曲を発表したんですよ。普段はろくに歌詞を読まないんですけど、そこに〈money feeds my music machine〉って1節があって、音楽を続ける上ではお金は必要だと。そこの歌詞にインパクトを受けたんですよね。

──それが今作のタイトルに繋がるんですね。

キヌガサ : やっぱり音楽をやるということはお金も環境もなければダメですし、自分の中でペースを作ってやっていくものなのかなって。そんな想いが『僕のミュージックマシーン』というタイトルには込められているんですよね。

過去作もチェック!

my letter / my letter

2014年12月にリリースしたmy letter初のフル・アルバム『my letter』。バンドの最高な箇所を最高な形で捉えた最高なデビュー・アルバム。

この作品に関する特集ページはこちら

RECOMMEND

ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク

my letterとおなじく京都で結成されたギリシャラブ。待望の1stアルバム『イッツ・オンリー・ア・ジョーク』は、本日休演の岩出拓十郎をプロデューサーとして迎え入れ、不穏でキャッチーな傑作です!

この作品に関する特集ページはこちら

noid / so are millions of us

my letterとスプリット作もリリースしているnoid。ポストロック、エモ、USインディーへの深い敬愛を感じさせるサウンドが魅力です!

この作品に関する特集ページはこちら

THE YELLOW MONKEY / 砂の塔

キヌガサもよく聴いていたというイエモン。昨年まさかの再結成を果たした彼らの、15年ぶりとなるシングル!

LIVE SCHEDULE

night after night vol.12
2017年4月29日(土)@下北沢THREE
出演 : my letter / 余命百年/ キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / The Whoops / THE FOREVERS

『僕のミュージックマシーン』release tour in 名古屋
2017年5月14日(日)@名古屋spazio rita
出演 : my letter / CARD / ログメン / eito

PROFILE

my letter

2007年、同じ大学の軽音楽部に所属するメンバーで結成。京都のライヴハウスを中心に活動。
2012年秋に創設メンバーであるGt. フジイが脱退、新メンバーまつもとが加入。2014年1月、スウェーデンのMARCHING BANDと共演。メンバーに絶賛され、その演奏シーンが彼らのMVにも使用される。
2014年12月、結成から7年を経て初の全国流通公式音源となる1stアルバム『my letter 』リリース。リード・トラック「アメリカ」が各地でパワープレイになるなど、大絶賛を浴びる。国内勢では、オワリカラ、Hello Hawk、bed、CARD、SuiseiNoboAz、the mornings、toddle、moools、チームマモル (nhhmbase、マモル&ザ・クリティカルヒッツ)、Taiko Super Kicks、水中図鑑らと対バン、海外勢ではUSのOWENや+/- {PLUS/MINUS} 、YOUNG STATUES 、前述のMARCHING BAND 、UKのDELTA SLEEPのオープニングを務め、各バンドやそのファンを虜にするなど、洋楽との親和性も高い。
2015年10月、ボロフェスタ出演をもって、Dr. のキャシーが脱退。以後、サポートを迎えて活動を続ける。同年11 月、金沢のnoidとともに、初のアナログとなるスプリット7インチをリリース。

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三