しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

笑いあって描き合って抱き合える…… そんな“ユートピア”のような世界が、『dystopia』と名付けられたこのミニ・アルバムには広がっている。そんな作品をバンド結成から1年半、これまで5曲入り自主音源と、6月にリリースされたHelsinki Lambda ClubとのスプリットCDのリリースしかなかったtetoがつくり上げたのだ。待望のリリースとなる1st EP『dystopia』は、ど真ん中なパンク・チューンからガレージ・サウンドを取り入れた、キャッチーで疾走感満載な楽曲が並び、懐かしさと新しさが共存した作品となっている。OTOTOYではメンバー4人全員へのインタヴューを敢行し、本作『dystopia』について存分に語ってもらった。難しいことは言いません! 単純にかっこいい音楽がそこにはある! ぜひインタヴューと共にチェックしよう!

teto はじまります


teto / dystopia

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / アルバム 1,200円(税込)

【収録曲】
1. 暖かい都会から
2. this is
3. ルサンチマン
4. My I My
5. teen age
6. 9月になること
7. utopia
8. あのトワイライト

INTERVIEW : teto

はじめて彼らのステージを観たのは、今回のインタヴューを終えた約1週間後の『UKFC on the Road 2017』。「俺らが出演するのはGATEステージっていう小さなステージなんですけど……」と話していた小池貞利はライヴ当日、覚醒したかのようにステージ上を暴れまわり、山崎陸も何かに取り憑かれているのか!? と、驚くほど頭をブンブン振りまくっている。「なんなんだ、コイツらは……」その日、tetoのライヴを観た数百人のオーディエンス全員が息を飲んで見つめていた。限界値を超えた爆発力、観ているだけなのに汗をかいてしまうほどの気迫。初のミニ・アルバム『dystopia』はそんな彼らのすべてが詰まっている傑作。一体、彼らは何者なのか!? アルバムに込められた想いとは!? そんな疑問が今回のインタヴューで明るみになった。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 作永裕範

新たな芽として見てもらってるのかな……

左から小池貞利(Vo&Gt)、佐藤健一郎(Ba)、福田裕介(Dr)、山崎陸(Gt)

──突然ですけど、「ライヴの印象と違いますね」って言われませんか?

小池貞利(Vo&Gt)(以下、小池) : よく言われますね。この間、雑誌でインタヴューしていただいた時も「もっと、はっちゃけてると思いました」って言われて。つまらないね! じゃないですけど(笑)。「実際に会って話すとそんなにパンチないね」って。

──あははは! その記事、読みました。前は病院でインタヴューを受けたとか。

小池 : そうなんですよ。ライヴ中に骨折しちゃって。手術の前日に病室でインタヴューしてもらいました。

──えっ! ライヴで骨折?

小池 : ライヴで。ステージから落っこちちゃって。それで肩が折れちゃいました。

──ステージ上の小池さんを観てると、怪我しても無理ないなと思っちゃいます(笑)。

小池 : さすがに骨折はなかったですけどね(笑)。みんなもないでしょ?

山崎陸(Gt))(以下、山崎) : ないね。

小池 : 普通ないよね? キモいよね、ライヴで骨折って(笑)。

──あははは。では、活動についてもお聞きします。結成して1年半の間に1st EP 『Pain Pain Pain』、Helsinki Lambda Clubとのスプリット・シングルをリリースして、どちらも好評。しかも、スペースシャワーTVのパワープッシュ「it」に「36.4」が選ばれて、大きいフェスにも呼ばれて、というのが現状ですよね。ミニ・アルバムを出す前から高い評価を得てますが、いまの状況をどう受け止めてますか?


teto/36.4

山崎 : まあ、バンドのみんながどう思ってるかわからないですけど。個人的には夢みたいだな、という感じです(笑)。

小池 : 「音源はあった方が良いから、録ろうか」って自主制作音源をつくったら、意外に色んな方に聴いていただけて。ありがたいなっていうのはあります。

──とある記事で、「自主制作音源がすごい売れた」って書いてあったんですけど。

小池 : 初回分がすぐになくなって、そこから何度も追加プレスして、今年の夏にフェスにも出るから、最近も再プレスしたばかりなんですけど、それも一瞬でなくなって。

──スゴイですね!

小池 : ネットで注文がバーッ! ってきて。分単位で無くなったので、いろんな方がしっかりアンテナを張ってくださってるんだなと思います。

──小池さんは「俺らみたいな音楽がメインストリームに行っちゃうとすれば日本、大丈夫か、と思う」ってインタヴューで話してましたけど。リリースして、すぐに反響がきたことをどう感じてますか?

小池 : どうなんですかね。いまが1番良いポジションと言ったら、語弊がありますけど。この位置ぐらいだから世間は話題に挙げてもらえるんじゃないですか? 新たな芽として見てもらってるのかな…… わからないですけど。まあ、評価してもらってる理由の1つだとは思います。

──最近はメディアやフェスで露出が増えてきたからこそ、「tetoってこうだよね」って声も多いと思います。ご本人として、どんな感想が1番しっくりきますか?

福田裕介(Dr)(以下、福田) : 「ライヴに勢いがあるね」って言われますけど、俺らは演奏が下手だから(笑)。下手なりにそういうところで良さを見せていけたらって思います。

山崎 : そうだね。

──忘れらんねぇよの柴田さんが「tetoは破滅の音楽なんだよ、それをこれまでやれていたのは、俺が思いつく限りカート(・コバーン)と峯田(和伸)とteto」って、Twitterでつぶやいてましたね。その破滅的な音楽っていうのは、自身で自覚してますか?

小池 : そういう音楽に影響を受けているので、そうなれたら良いなってありますけど。自分たちで自覚してやってるわけじゃないです。

「別に今日、死んでも良いや」くらいの気持ちで毎回やろうって

──なるほど。4人が共通して、リスペクトをしているバンドっているんですか?

小池 : そもそも(俺以外)3人で音楽の話ってする?

山崎・佐藤・福田 : しないね。

小池 : 俺と山崎はするじゃん。どちらかというと、メタルとかハード・ロック系だよね?

山崎 : そうね。

小池 : それこそUSインディー的なパンクもそうですけど、ハードコアだったり。(佐藤、福田に向かって)ここはあんまり音楽の話はしないか(笑)。

福田 : 全くしない(笑)。サウンド的な話はするけど、好きな音楽については話さないですね。

──そういう共通のバンドがいれば、どんな音にするかコミュニケーションを図りすいと思うんですけど。それがなくても意思疎通がとれてるんですね。

小池 : いやぁ、とれているかは……(笑)。4人で「こういうバンドが良いよね」って話はあんまりしなくて、共通認識はないんですよ。昔は口に出すのが野暮だし、面倒くさいって思ってたこともあるので、あえて言わなかったんですけど。最近はそういう話をした方がイメージしやすいし、良いのかなって思いますけど…… あんまり音楽の話題にならないね。

福田 : ならないね〜本当にならない。

──ちなみにtetoの強みってなんだと思いますか?

福田 : 曲がわかりやすいっていうのがあります…… 伝わりやすいというか。CDを聴いてライヴに来たら、また違う見方があるので。そういうところがおもしろいかなと思いますけどね。

佐藤健一郎(Ba)(以下、佐藤) : 歌詞が良いです。

小池 : あざす。

佐藤 : あはははは。

小池 : 本当にこの4人じゃないとダメな理由はライヴを観てもらえれば分かるので、そこですかね。バランスというか、みんな主役になれますし……(福田)裕介以外。

福田 : 俺だけ冷たすぎるだろ。

小池 : (笑)。

──リスナーを含めて、音楽評論家からも高い評価を得てるじゃないですか。だからこそ、台風の目の中にいる4人はどこまで意図的なのか気になったんですよね。

山崎 : 俺はいまやっと焦りだしたところですね。「ギタリストとして、もっと上達しないとヤバイぞ」って。いま、やっとですね…… 今日です。

小池 : この瞬間!? いまの質問でトリガーが引かれた、みたいな。

山崎 : ギク! って(笑)。本当に知識も技術もないので、ただガムシャラにやっていただけなんですよ。「別に今日、死んでも良いや」くらいの気持ちで毎回やろうって。

──音楽をやる以外、4人で集まることはあるんですか?

福田 : ないっすね。

佐藤 : 楽器を持たないで会うの久しぶりですね。

山崎 : そうね! いつぶりだろう?

佐藤 : 随分、久しぶりだと思いますけど。

山崎 : (福田)裕ちゃんは住んでるのは群馬、(小池)貞ちゃんは埼玉、(佐藤)健ちゃんは近いから会おうと思えば会えるけど、会わんよな。

佐藤 : そんな感じですね。

──話を聞いてると、どうやってあんなグルーヴが生まれるのか謎は深まるばかりです。

小池 : どう? 俺は1つあるけど。

山崎 : 俺は各々をほぼ100%信用してて。こいつらが好き勝手にやってたらカッコイイだろうって感じです。その信頼感がイイ要因になってるのかなって思いますけど。

小池 : 4人とも通ってきた音楽とか道がバラバラなんですけど、ただ結局は人間的な部分だと近いところを見てるなって。それも理由だと思います。

佐藤 : 確かに。それがあって(グルーヴが)生まれてるのかもしれない。

小池 : 三者じゃなくて、四者四様にできてるのが理由かもしれないですね。結局はこういう人間はカッコイイ、こういう人間はダサいっていうのが全員ハッキリしてるような気がします。曲だったら「これを言いたかったわ」って共感してくれるし。3人とも、俺が思ってるようなことを言ってくれるから、そこですかね。

──音楽の共通点じゃなくて、もっと根本的なところですか。

小池 : ですかね。わからないですけど。

「なんかヤベェな」の、その一言で終わらせて良いと思うんですよ

──アルバムについてもお聞きします。音がどうこうっていうよりも、感情的に「最高!」って言いたくなるような作品ですよね。

小池 : 嬉しいなぁ。それが1番良いよね。

──分析するのが野暮な格好良さというか。

小池 : 「うわ、カッケェ!」みたいなね。それが1番良いし、そういうもんだし。影響がどうとかじゃなくて。

山崎 : じゃないと買わないし、俺が。試聴した瞬間に買おうってならないと。

小池 : 「なんかヤベェな」で良いですよね。その一言で終わらせて良いと思うんですよ。

──作品の方向性はどうやって決めたんですか?

小池 : 具体的な話し合いはしてないですね。ミニ・アルバムって形態は決まってたので。そこから、曲順とか入れる曲の雰囲気はどういう感じが良いかなって考えました。

──作品が出来上がって、改めてtetoはどういうバンドだと思います?

山崎 : 自分でも考えるんですよ、どういうバンドなんだろうって。だけど何にも思い浮かばなくて(笑)。なんすかね、気取ってないのがおもしろいというか。

小池 : 俺が曲を送って、みんなから「こういう曲だね」とか言われたことがないんですよ。「コレに似てるね」とか「こういう風にしたいね」とかもあんまりないし。もしも、オリジナリティが出てるように感じるなら、個々の姿勢が出ているのかなって思いますね。

──それぞれ、アルバムのキーになっていると思う曲はなんですか?

山崎 : 「あのトワイライト」でガツンと締まる感じが良いですね。1曲目に戻りやすいし、非常にアレは良いんじゃないでしょうか。ケツにアンセム的なのがあるような気がしますね。

佐藤 : 私は「My I My」の雰囲気がガラッと変わる感じが結構キーかなって思いますね。気だるいような感じが好みです。

福田 : 「暖かい都会から」ですかね。あれってレコーディングするギリギリまで完成してなくて。入れられるかわからないくらいの感じだったんですけど。なんとか間に合って。アレがあったおかげで、作品としてまとまったのかなって思います。

小池 : ……(小声で)カッコイイ。俺も言おう「アレがあったおかげで」って。

一同 : (笑)。

小池 : 「暖かい都会から」は勝手に時代の切り端を歌えているような気がしてるんですね。最後はアレで締まるのも良いし、はじまるなっていうのはあるし。


teto/暖かい都会から

──時代の切れ端っていうのは?

小池 : 野暮になっちゃうんですけど…… 歌詞を頑張りました。

一同 : (笑)。

小池 : 歌詞を本当に頑張りましたね。その一言に詰めたいです。

──歌詞はどういう状況で思いつくんですか?

小池 : 状況でいうと、ふっと浮かんだ言葉とか、一緒に鼻歌交じりでなんとなく乗せたりして「この感じ良いな」とか。この言葉が出てきたからサビ、Aメロ、Bメロはこういう言葉を使いたいなっていうのが関連して、どんどん形になっていく感じですかね。

──歌うことで自分はこうなりたいって願望はあるんですか?

小池 : 変わりたくないから歌っているかもしれないですね。型にハメられたくないというか「じゃあ君はこういう人だね」っていうのに収まりたくない。いままではそうやって生きてきたので。自分の立ち位置はこうだから、こういうことを言えば良いのかなとか、こうすれば良いのかなって無駄に空気を読んじゃったりしたので。逆にそういうのは全部置いておいて、どうにもなりたくないというか。

──小池さんは曲にしなければ言えないことを歌ってる気がして。普通に生活してたら、言わないような言葉というか。

小池 : そうですね。本当にその通りだと思います。無駄に空気を読んじゃう。メンバーもそういう人間だと思いますけどね、主張しないというか。

佐藤 : みんな人に気を遣うタイプですね。

山崎 : 気を遣ってる感はすごいあるよね。みんな優しいんですよ。

──あははは。話してみると、気遣いな感じは凄く分かります。

小池 : そういうところですかね?

しょうもない毎日の中でも、希望を持って生きれたら楽しいなって

──どういう時に曲をつくりたくなりますか?

小池 : いま、言うべきことだったり、言いたいことがあったりすれば。自分の熱中できる時期っていうのがあるんですけど、この間も3曲くらいバーってかけて。

──フレーズのつくり方とか、言葉選びってどこから?

小池 : 個人的にはあんまり意識は…… でも、どうなんだろう?

山崎 : 音楽じゃないよな、多分。どっかのバンドの歌詞を参考にしてつくってる感じは全然ないです。

小池 : 逆に、こういうのは歌いたくないってことはいっぱいあって。

──それってなんですか?

小池 : チープなことは言いたくないというか。…… それが良い時もあるんですけど。なんか無理くり奇をてらってるとか、ウケを狙っているとか…… いや、ウケを狙っているのも良かったりするしな。

──自問自答してますね(笑)。今作で1番表現したいことって何ですか?

小池 : アルバムのタイトルが『dystopia』なんですけど、曲の中に「utopia」って曲があって。別にそこで終わっても良いんですけど。どっちも自分の人生の中では大切だし、「dystopia」って簡単に言うと「しょうもない、毎日無理だな」ってことがあるからこそ、いまみたいな感じでライヴも出来てますし。逆も然りで、楽しいキラキラした時間が終わったら結局「うーん……」っていう。「なんかしょうもねえな」っていうような日が続いたり。どっちも切り離せない日常だからこそ、こういう作品をつくったんですけど。

──なるほど。

小池 : しょうもない毎日の中でも、希望を持って生きれたら楽しいなって。出来ればキラキラしたいんで。改めて良い作品にできたんじゃないかなって思いますけど。

──中島らもさんの小説に「何十年に一回くらいしかないかもしれないが、“生きていてよかった”と思う夜がある。一度でもそういうことがあれば、その思いだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であっても生きていける」って言葉があって。いまの話も近しいのかなって。前に「ライヴして、その楽しい時間が終わって欲しくない」って話してましたけど。終わるからこそ、また希望を探せるのかもしれないなって。

小池 : だからこそ、その一瞬を求めるのはありますね。終わらないってことはありえない。すごく寂しいんですけど、いつかは死んじゃうし。tetoをこの気持ちのまま出来ないことも絶対あると思うんです。中島らもさんの話を聞いて思い出したんですけど、『リアル』って漫画に「ジェットコースターに乗ったことある? あれって実際乗ってる時間はほんの何分かでしょ? だからあれに乗ってる最中に、あと何分しかない。あと何秒で終わっちゃうって、そんなことばかり考えてたら何のために乗ったかわかんないよね」って言葉があって。そういうのが根底にありますね。終わっちゃうからって、ずっとそれを考えてたら、それは楽しめない。だったら、その1分間を存分に楽しんだ方が良いなあって思いますね。

福田 : 凄いイイ話だなぁ。

──今後の目標ってありますか?

山崎 : 目指してるものはないですけどね。うーん、なんだろう。バンドとして良くしていく以外に、今はこうなりたいなっていうのは無いです。とりあえず、いまよりもカッコ良くなることは目指してますけど。

──環境としてはどういう状況を望んでますか?

小池 : 歌なので、いろんな人に聴いてほしいっていうのはあります。だけど、アンダーグラウンドなカッコよさ…… それこそ、大衆には受けないカッコよさももちろんわかってるつもり。欲張りだけど、そういうところも持ちたいですかね。だから、その間で揺れているところはあるかもしれないですね。

Helsinki Lambda Clubとのスプリット・シングルもチェック!

teto,Helsinki Lambda Club / split

盟友Helsinki Lambda ClubとのスプリットCD。似ているようで似ていない、似ていないようで似ている、そんな2バンドの凸凹のパズルがセンス良くはまったかのような傑作。

この作品に関する特集ページはこちら

RECOMMEND

Helsinki Lambda Club / ME to ME

ポップなのにちょっとひねくれたサウンドに思わず魅了されてしまうニューオルタナティヴ・ロック・バンドHelsinki Lambda Club。勢いの留まることを知らない彼等の初フル・アルバムは、1曲目の「This is a pen.」のイントロからハッピーで勢いのあるサウンドにやられてしまうこと間違いなし。

この作品に関する特集ページはこちら


PELICAN FANCLUB / Home Electronics

PELICAN FANCLUBによるファースト・フル・アルバム。スタジアムが似合うロックナンバー「深呼吸」で幕をあけ、高速シューゲイザー・ポップ・ソングとも言うべきアルバムリードトラック「Night Diver」やポストパンクの要素を強く感じる「Black Beauty」など、幅広い楽曲群で構成された聴きごたえのある1枚。

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

〈teto tour 2017 「dystopia」〉
2017年11月8日(水)@下北沢SHELTER
時間:OPEN 18:30 / START 19:00

2017年11月18日(土)@心斎橋PANGEA
時間:OPEN 17:30 / START 18:00

2017年11月19日(日)@名古屋CLUB ROCK’N’ROLL
時間:OPEN 17:30 / START 18:00

チケット : 前売り 2,500円(D代別) / 一般発売 : 2017年9月30日(木)より
※各地対バン後日発表

ライヴ情報の詳細はこちら

PROFILE

teto

2016年1月、ヴォーカル・ギターの小池貞利を中心に結成。同年10月、自身のレーベルを立ち上げ1stEP『Pain Pain Pain』をリリース。同年12月、福田裕介がドラマーとして正式加入し、現編成となる。これまでに、〈下北沢にて'16〉、〈IMAIKE GO NOW〉、〈ヤングライオン祭り'17〉、〈SOUND CRUISING 2017〉等に出演する。

2017年6月、Helsinki Lambda ClubがUK.PROJECT内に設立したレーベル〈Hamsterdam Records〉より、同バンドとのスプリット・シングルをリリース。今夏には〈UKFC on the Road 2017〉や〈BAYCAMP2017〉に出演。2017年8月30日に1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース。8月度のタワレコメンに選出された。11月に全国ツアー〈teto tour 2017 「dystopia」〉を開催する。

アーティスト公式HP : http://te-to.net/
公式ツイッター : https://twitter.com/teto_info

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
同じ筆者による他の記事