「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。

2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信!


Polaris / 走る (24bit/96kHz)

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 300円(税込) / アルバム 1,543円(税込)

【アルバム購入者特典】
『走る』歌詞カードPDF

【収録曲】
1. 微笑みながら夜は明ける
2. とどく
3. namioto
4. cyan
5. naked
6. SEASON (Fishmans)

INTERVIEW : Polaris

僕がPolarisをはじめて聴いたのは2005年の『Union』。優しいんだけど、自分の心の傷口に沁みてくるような、感傷的な気分に誘われた。はじめてライヴへ行ったのは『Polaris Pre-Tour 2005』。楽しい反面、寂しい気持ちになって「このセンチメンタルさが良いんだなぁ」なんて思っていた。あれから12年経ってリリースされた『走る』は心の傷口に沁みてくるのではなく、そっと毛布をかけてくれるような温かみがある。サウンド面はもちろん、今回のインタヴューでオオヤさんが「当時はもうちょっとピリピリしてた気がします」と語っているようにそれぞれの変化も大きいのだと思う。いまのふたりにとってPolarisとは何なのか訊いてみた。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 大橋祐希

原点回帰したほうが今の気分が伝わりやすいと思って

左から柏原譲、オオヤユウスケ

──OTOTOYのインタヴューは『Music』以来ですね。『走る』をリリースするまでの2年9ヶ月は、いろいろと変化があったかと思います。レーベルの移籍をしたことや、去年3月の〈AL×Polaris LIVE〉で「これからは3人でやっていきます」って宣言をして、4人から3人編成に変わったことも大きい変化だと思います。まずは3人編成になった理由について、お訊きできればと思います。

オオヤユウスケ(以下、オオヤ) : 2012年に6年ぶりの再始動をしたんですよ。当時はもともとのPolarisが鳴らしていたサウンドを再現することが大切だと思ってて。キーボードを入れて4人編成にしたことで「やっぱりPolarisなんだな」ってわかりやすく感じてもらおうと思いました。だからサポートとして、クラムボンのミトにベース以外の楽器を弾いてもらって。「オオヤからのリクエストじゃなかったら、この仕事断ってた」って言われました(笑)。だから『Music』はバンドを振り返りつつ、次にどう行くか模索した作品なんです。ライヴを重ねることで、段々と昔のPolarisだけじゃなくて、いまのPolarisの感覚を掴んでいって。もともとはギター、ベース、ドラムって3ピースで始めたバンドなわけだし、そこに立ち返るぐらい原点回帰したほうが、いまの気分が伝わりやすいと思って3人編成にしました。

──前作をつくってみて手応えはありました?

オオヤ : 『Music』は手応え云々っていうよりは、もういちどPolarisをはじめるための準備段階でしたね。あの作品をつくったからこそ、3ピースでやった方が良いかもとか、自分たちに合うレーベルと新しいつくり方をした方がおもしろいかなとか気づくことができたと思います。

──レーベル移籍はどのような経緯で決まったんですか。

柏原譲(以下、柏原) : バンドのキャリアが長いからこそ、上手くいってる部分と上手くいってない部分があって。それで新しい場所を求めた感じですね。

オオヤ : 『Music』をリリースしてから「新しいPolarisをつくりたい」って言ってくれる方が現れはじめたんですよ。だから、僕らだけで動いたというよりは、自然な流れで決まった感じですかね。

──移籍したことで、Nabowaのドラマーである川上優さんがライヴや今作のレコーディングにも参加することになりました。新しいエッセンスが加わったことによってバンドにどのような変化が生まれました?

柏原 : やっぱり我々に比べて年齢が若いので、僕らにない感覚を持ってる感じがします。

オオヤ : 世代だったりとか、違う土地で培ってきた感覚もありますしね。

柏原 : 違う土地?

オオヤ : そうそう。僕らは長く東京の人たちと仕事をしてるけど、彼(川上)は京都の人でしょ。土地が違うだけで同じ音を鳴らしても新鮮な感じに響いていると思います。

小林武史さんとお仕事をするなんて、思いもよらなかった

──2017年のトピックでいうと、愛知県の図書館で(岡崎市図書館交流プラザLibraでおこなった〈リゾームライヴラリーVI〉)2人だけのライヴをしましたよね。

柏原 : 2人でやったのは、はじめてだよね?

オオヤ : 1番最初に「この2人でバンドを始めます」と言って、ライヴをやって以来。Polarisって名前をつけてからは、はじめてでしたね。

──今年は挑戦をする機会が多い年だったように思います。8月はオオヤさんが初めての舞台に出演されて。きのこ帝国の佐藤千亜妃さん、Salyuさん、桐島ノドカさんと共演しましたね。

オオヤ : ミュージシャンなので、まさかお芝居をすると思ってなかったですね。はじめてのことに挑戦するのは、本当に勉強になりとてもいい経験になりました。自分の音楽にもいい影響を与えているし、本当に楽しかったですよ。

オオヤユウスケ

──しかも、舞台をきっかけにオオヤさんを知って、Polarisのライヴへ行くようになった方もいたとか。

オオヤ : そうなんですよ。「宮沢賢治の演技で(僕を)好きになって、ライヴを観に来ました」っていう人がいて嬉しかったですね。新しいチャレンジだったので、人からどう見えているかまで考えられなかったんですけど。きっと“はじめての初々しさ”があったんじゃないかな、と思って。

──小林さんはライヴでも共演されたことないですよね。

オオヤ : まさか僕が小林さんとお仕事をするなんて、思いもよらなかった。それもうれしかったですね。

──あとは〈GWANGJU SOUNDPARK FESTIVAL〉という韓国のフェスにも出演をしましたね。

オオヤ : 舞台が終わって、その足で行ったんですよ。

柏原 : あ、家に帰ってない?

オオヤ : 家に帰らず。本当にスケジュールが厳しくて「俺、ちょっと韓国は無理かも……」ってスタッフの方に弱音を吐くぐらいしんどくて。行ってみたらおもしろかったですけどね。

柏原 : 音楽のフェスなんだけど、カメラとかクレーンがバンバン動いてて。

オオヤ : テレビ局の音楽番組みたいな。舞台監督の人も日本のフェスで見るような舞台監督じゃなくて、短パンにグラサンをしてて…… (笑)。

柏原 : 20年くらい前の業界人風なんだよね。

柏原譲

──ライヴはどうでした?

オオヤ : 音も良いし、お客さんの感じも物凄くよくて。光州は新幹線で2時間くらい南下するので、海に近い地方都市なんですよ。「こんな場所に人が集まるのかな?」って正直思ったけど、若い人が多くて。予想以上に良いイベントだと思いましたよ。その後韓国からそのまま新潟のフェスに出演だったんですが、ソウルの空港で飛行機が遅れて、その時点でマネージャーやスタッフも「もしかしたら、これは間に合わない」ってみんなで大騒ぎで。出演の1時間前に最寄の駅に到着して…… あの日は壮絶でしたね。

柏原 : そのフェスが山の中でやっていて。現地の様子がわからないまま、会場入りしたよね。

オオヤ : スタッフの皆さんは僕らが大変な移動をしてるのを知っていたので、着いただけで拍手されました。二度とこう言う行程はやりたくないな、って思いましたけど……(笑)。

──オオヤさんからすると、舞台からずっと気が休まってないですね。

オオヤ : ぜんぜん休んでないですよね。

そこだけじゃないから、人生ってさ

──活躍を見ていると「今年のPolarisは忙し過ぎませんか?」って印象で。

オオヤ : 去年や一昨年までは年に2回くらいしかライヴをやっていなかったのに、ギャップがすごいですよね。移籍と同じで、またバンドを動かしていきたいって感覚があったのも大きいです。

柏原 : 暇なのは嫌だよね。

オオヤ : 曲をつくるだけだと辛いんですよ。アウトプットする場所がないので。

──今作はそんな精力的な活動の中でリリースされた作品。前作に比べてモチベーションの違いも大きいのでは?

オオヤ : ライヴのなかで培ってきた楽曲なので。あとはリハスタに入ってアレンジするとか、そこで固まってくるとか。そういうバンドらしい感じで進んでいきました。

柏原 : 制作はバンドとして理想な形で進んだよね。

──今作を作るにあたってテーマは決めてましたか。

オオヤ : そうだね。次はフル・アルバムをイメージをしているんですけど、その入り口になっているなって。やっといまのPolarisになったな、っていう感じですね。

柏原 : 新録だけじゃなくて、『SEASON』(Fishmans)ってカヴァーもやっていたりして。お披露目したい気持ちが強いですね。ライヴで演奏している曲はどれも手応えがあるので、早く聴かせたくて録音したのが正直なところです。

左から柏原譲、オオヤユウスケ

──『Music』のインタビューで、「今まではPolarisのイメージを優先して、このバンドだからこういう音を鳴らすとか、こういう曲をつくるって意識があったけど『Music』以降はその気持ちがなくなった」と話してましたよね。

柏原 : 昔の音はそんなに意識しないで、自分の得意なことをやった方が結果的にPolarisっぽくなるなって思ってます。

オオヤ : 充実感というと変なんだけど、ちゃんと自分たちの音が届けられる形になったな、と思いますね。キャリアの長いバンドではあるので、そういうところって難しいんですけど、ようやく足並みと気持ちが揃ったというか。

──今年は〈ポラリスト〉や〈LIQUIDROOM13周年記念公演〉を観にいかせていただきましたけど、いまのPolarisって僕が10代の頃に聴いていた『Family』や『Union』の頃と全然違う感じがしました。あの頃はもっと感傷的に聴こえてて。

オオヤ : 違うかもしれないですね。年齢的なものもあるかもしれないけど、当時はもうちょっとピリピリしてた気がします。ストイックにやりたいと思っていた気もするし。単純にいまの方が楽しいですよ。それは間違いないですね。

──いまは多幸感がある気がしてて。

オオヤ : そう言っていただけるのは嬉しいです。逆だったらどうしようって感じですけど(笑)。まあ、当時の音って重かったですよね。

柏原 : 時代感もあるかもね。ヒリヒリした感じが当時は多かったじゃないですか。やっている方もそれを続けていたら耐えられないよね。そこだけじゃないから、人生ってさ。いまはライヴをやっているのが楽しいです。

オオヤ : いまは演奏しててお客さんと共存というか、共有できている気がします。一緒に楽しむ感じになっているかもしれないね。

柏原 : それはあるよね。当時『Family』や『Union』を聴いてくれていた方って家庭や子供ができて、ライヴに来れなくなってて。確実にお客さんの層も一回りして変わって感じがしてます。聴くっていうよりも参加する感覚に近いのかもしれない。

──振り返ると2017年のPolarisは怒涛な印象でしたが、来年もこのペースで進んでいきますか?

オオヤ : スケジュールが異常に偏ってるのは大変だけど、やっと走り出しているので。それこそタイトルも『走る』ですけど。自分たちでつくった波にちゃんと乗っかりたいな、って。長くバンドが続いているから止まってしまう瞬間もあったんですけど、その辺をスタッフを含めて良いチームになってきているので。やっと動き出したなって感じですね。

レーベル bud music, inc.  発売日 2017/11/22

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


過去作もチェック!

Family

Polaris

Album ¥1,543

Union

Polaris

Album ¥1,543

空間

Polaris

Album ¥1,646

Home

Polaris

Album ¥1,851

OTOTOY独占配信のライヴ音源も配信中!

>>> Polaris アーティスト・ページはこちら

過去の特集ページも

>>> 〈Polaris Tour 2015 “Music”〉@赤坂BLITZ ライヴ・レポート
>>> 『Music』リリース記念インタヴュー

LIVE SCHEDULE

〈Polaris『走る』Release One Man Tour〉
2017年12月10日(日)@名古屋 TOKUZO
時間 : OPEN 17:30 / START 18:00

2017年12月16日(土)@東京 WWW
時間 : OPEN 17:15 / START 18:00

2017年12月17日(日)@大阪 梅田 Shangri-La 1
時間 : OPEN 17:30 / START 18:00

>>> MORE LIVE INFO

PROFILE

Polaris (ポラリス)

オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans/So many tears)による唯一無二のロック・バンド。
2001年にデビュー。これまでに5枚のフル・アルバムをリリース。〈フジロック〉他、数々の野外フェスに出演。
強靱なリズム隊が生み出す圧倒的なグルーヴに、透明感あふれるオオヤのボーカルが溶け合うアンサンブル、その音響的なダイナミズム感に溢れたサウンドと、日常の中の喜怒哀楽を写実的に描き出す世界観は、Polarisにしか表現できないオリジナリティ。
結成16年目を迎え、前作『Music』から2年9ヶ月振りとなる待望の新作『走る』を11月22日にリリース。

公式HP : http://www.polaris-web.com/
公式ツイッターはこちらhttps://twitter.com/polarisjp

o

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz