album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
空間  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:50
12時間  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 08:03
潮騒  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:20
そこにいる  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:29
南風  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:19
風を思う  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:01
はじめ の つながり  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:51
walking music  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 10:48
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 55:41

Discography

Rock

昨年11月、約3年振りにリリースとなったミニアルバム『走る』や、その後の地道な全国ツアーなどを経て、新たな絶頂期を迎えているPolarisが3年4ヶ月ぶりとなる待望のフルアルバム『天体』。オオヤユウスケと柏原譲の二人に加え、ドラムに川上優(Nabowa)、エンジニアにトクマルシューゴやLOSTAGEなどの仕事でも知られる岩谷啓士郎の四名を中心に制作された。アルペジオとキーボードを貴重としたオープニング曲(1)「わすれてしまうまえに」、グルーヴィーなソウルミュージック(2)「See The Light」、サウダージな世界を誘うコーラスが印象的な軽快な中米音楽(3)「グラデーション」、美しいフォークバラード(4)「星屑」、EP『光る音』(2012年)に収録され昨今のライヴでも人気の高い楽曲を再録した(5)「Nocturne」、実験的な要素も取り入れた壮大なポストロックサウンド(6)「真空」、「真空」の流れを汲むインスト曲(7)「反復」、『走る』に収録されたPolarisらしい切なさを感じる楽曲のアルバム・ヴァージョン(8)「cyan」、ohana(オオヤユウスケ|原田郁子|永積タカシ)のカヴァー(9)「オハナレゲエ」、『走る』に収録、メランコリックなリフレインが特徴の楽曲(10)「とどく」(アルバム・ヴァージョン)、フィナーレ(11)「ピリオド」と新旧ファンが楽しめる充実の全11曲。

Rock

昨年11月、約3年振りにリリースとなったミニアルバム『走る』や、その後の地道な全国ツアーなどを経て、新たな絶頂期を迎えているPolarisが3年4ヶ月ぶりとなる待望のフルアルバム『天体』。オオヤユウスケと柏原譲の二人に加え、ドラムに川上優(Nabowa)、エンジニアにトクマルシューゴやLOSTAGEなどの仕事でも知られる岩谷啓士郎の四名を中心に制作された。アルペジオとキーボードを貴重としたオープニング曲(1)「わすれてしまうまえに」、グルーヴィーなソウルミュージック(2)「See The Light」、サウダージな世界を誘うコーラスが印象的な軽快な中米音楽(3)「グラデーション」、美しいフォークバラード(4)「星屑」、EP『光る音』(2012年)に収録され昨今のライヴでも人気の高い楽曲を再録した(5)「Nocturne」、実験的な要素も取り入れた壮大なポストロックサウンド(6)「真空」、「真空」の流れを汲むインスト曲(7)「反復」、『走る』に収録されたPolarisらしい切なさを感じる楽曲のアルバム・ヴァージョン(8)「cyan」、ohana(オオヤユウスケ|原田郁子|永積タカシ)のカヴァー(9)「オハナレゲエ」、『走る』に収録、メランコリックなリフレインが特徴の楽曲(10)「とどく」(アルバム・ヴァージョン)、フィナーレ(11)「ピリオド」と新旧ファンが楽しめる充実の全11曲。

Rock

昨年11月、約3年振りにリリースとなったミニアルバム『走る』や、その後の地道な全国ツアーなどを経て、新たな絶頂期を迎えているPolarisが3年4ヶ月ぶりとなる待望のフルアルバム『天体』より先行リリースとなる、美しいフォークバラード(4)「星屑」。オオヤユウスケと柏原譲の二人に加え、ドラムに川上優(Nabowa)、エンジニアにトクマルシューゴやLOSTAGEなどの仕事でも知られる岩谷啓士郎の四名を中心に制作された。

Rock

坂田学(ドラム)が在籍していた初期の名曲を中心に構成された、初のベスト・セレクション。2006年発表作品選曲:茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ / フィッシュマンズ / So many tears)

Rock

心地よい浮遊感溢れるポラリス的な世界観の中で、更に楽曲としての強さ、キャッチーさ、懐の深さを感じさせる1枚。リズムを強調したアップテンポな疾走感溢れるナンバー「季節」、結成当時からのレパートリーでもある細野晴臣の名曲「ハニー・ムーン」のカヴァー、1st CD収録の「4:30am」の発展系であり新曲ともいえるインプロヴィゼーション「6:30am」などを収録。プログレッシブな匂いもまとったセルフ・プロデュース&セルフ・レコーディングで届ける超重量級ポップ・アルバム。

Rock

Polaris最初のステップを伝えるオリジナル曲「光と影」「Slow Motion」。オオヤと坂田の美麗なコーラス・ワークが冴えるキング・クリムゾンの名曲「I talk to the wind/風に語りて」をカヴァー。バンドの核を成すオオヤユウスケの絹のようなハイトーン・ヴォイスと柏原の腰の据わったベースに軽やかにしてタイトな坂田のドラム、ポラリスのミクスチャーでポップな完成をエンジニアzAkのサポートで届けるミニ・アルバム。

Rock

2005年3月14日、Liquidroom Ebisu、そして17日、大阪BIG CATで行なわれたPolaris presents continuity #5 & #6の模様を収録した伝説のライヴが蘇る。同月をもってPolarisを脱退した坂田学が参加した最後の長尺演奏のライヴ。当日演奏された音源の中から、東京・大阪での演奏をほぼ当日の演奏曲順に倣い収録したライヴ・アルバム。

Rock

新たなポップ・ミュージックのフォームを探すポラリスが届けるセカンド・シングル。リード曲「檸檬」は夏の終わりをキラキラと美しく彩るラヴソング。アッパーなブラジリアン・リズムが心地よいボッサ。カップリング「檸檬 rehomed by Masakatsu Takagi」は初めてのリミキサーを投入した美しいエレクトロニカも必聴。(remix by 高木正勝)

Rock

初のシングルとなる「深呼吸」に込められたメッセージは、”開放”そして”幸福”。オオヤの声はこれまでになく柔らかく、坂田のドラムは軽やかに。そして柏原のベースラインはしなやかに。美麗なピアノとコーラスは原田郁子(from clammbon)。切なさをたたえながらも、晴れやかにココロが開放されてゆく、それはポラリスにしか表現できないポップス。カップリングにはポラリスの名曲をメドレーで収録した「PL方MIX」DJ MIX by 山本ムーグ。

Rock

これぞPolarisとも言える、彼らの音楽の原点を2010年代のサウンドに昇華させた楽曲。イントロから流れる繰り返されるギターリフ、脈打つように刻まれるリズム、静かに流れるメロディー、メロディーが呼ぶ確かな言葉。光と闇が当たり前のように横たわる世界。10分を超える楽曲となった「光る音」は様々な風景を見せて、深い世界へと広がっていきます。

Rock

前作『Music』から2年9ヶ月。ハナレグミをはじめ、数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるPolarisが新曲5曲に加え、フィッシュマンズの名曲「SEASON」をカバーした6曲入りの最新作『走る』を遂にリリース。本作ではドラムにライブでサポートを務めているNabowaの川上優を起用。ライブを重ね作り上げた、あらたなPolarisのサウンドが凝縮された作品に。

Rock

前作『Music』から2年9ヶ月。ハナレグミをはじめ、数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるPolarisが新曲5曲に加え、フィッシュマンズの名曲「SEASON」をカバーした6曲入りの最新作『走る』を遂にリリース。本作ではドラムにライブでサポートを務めているNabowaの川上優を起用。ライブを重ね作り上げた、あらたなPolarisのサウンドが凝縮された作品に。

Rock

2012年に再始動を果たし、2015年はじめに9年ぶりのフル・アルバム『Music』で、ぶれることのない音世界を展開したPolaris。本作は、彼らによる、2015年4月12日に赤坂ブリッツで行われた、ライヴ録音作品。KORGのMR-2000Sを使用しDSD5.6MHzで録音した本作は、ミックスをメンバーの柏原譲が担当しました。^[[''>>Polaris "Music" Live (DSD11.2MHz Taiji Okuda direct mixing at Akasaka Blitz)''|http://ototoy.jp/feature/201505288]]とは、別ヴァージョンになります。

Rock

2012年に再始動を果たし、2015年はじめに9年ぶりのフル・アルバム『Music』で、ぶれることのない音世界を展開したPolaris。本作は、彼らによる、2015年4月12日に赤坂ブリッツで行われた、ライヴ録音作品。KORGのMR-2000Sを使用しDSD5.6MHzで録音した本作は、ミックスをメンバーの柏原譲が担当しました。^[[''>>Polaris "Music" Live (DSD11.2MHz Taiji Okuda direct mixing at Akasaka Blitz)''|http://ototoy.jp/feature/201505288]]とは、別ヴァージョンになります。

Rock

4月12日に赤坂ブリッツで行われた、Polarisによるライヴ録音作品。2時間以上にわたる音源の中から、メンバー自身によって選出された曲群で、Part.1、Part.2に分けてOTOTOY独占でお届け。

Rock

4月12日に赤坂ブリッツで行われた、Polarisによるライヴ録音作品。2時間以上にわたる音源の中から、メンバー自身によって選出された曲群で、Part.1、Part.2に分けてOTOTOY独占でお届け。

Rock

4月12日に赤坂ブリッツで行われた、Polarisによるライヴ録音作品。2時間以上にわたる音源の中から、メンバー自身によって選出された曲群で、Part.1、Part.2に分けてOTOTOY独占でお届け。

Rock

4月12日に赤坂ブリッツで行われた、Polarisによるライヴ録音作品。2時間以上にわたる音源の中から、メンバー自身によって選出された曲群で、Part.1、Part.2に分けてOTOTOY独占でお届け。

View More Discography Collapse
Collapse

News

Polaris、結成20周年に向け新体制でのワンマンライヴ「2020」開催

Polaris、結成20周年に向け新体制でのワンマンライヴ「2020」開催

昨年6月にリリースしたアルバム『天体』がロングセールスを記録。その後のリリースツアーも成功を収め、さらに今年はバンド初となる台湾公演も行うなど、国内外問わず活躍の幅を広げるPolaris。 結成20周年に向かう彼らが、11月17日(日)にLIQUIDRO

LIQUIDROOM15周年記念公演に「石野卓球 / DJ NOBU」、「江沼郁弥 / LITE」が追加

LIQUIDROOM15周年記念公演に「石野卓球 / DJ NOBU」、「江沼郁弥 / LITE」が追加

LIQUIDROOMの15周年を祝う記念公演〈LIQUIDROOM 15th ANNIVERSARY〉。 続々と公演が決まっていく中、本日も新たな公演が発表された。 決まったのは以下の2公演。 ▼7月14日(日曜日)midnight TAKKYU IS

〈京音-KYOTO- 2019〉最終出演アーティスト発表、全出演者が決定

〈京音-KYOTO- 2019〉最終出演アーティスト発表、全出演者が決定

6月22日(土)、23日(日)に、磔磔、KYOTO MUSE、METROの京都市内3会場のライヴハウスで開催される〈京音-KYOTO- 2019〉の最終出演アーティストが発表された。 最終出演アーティストとしてLITTLE TEMPO、奇妙礼太郎、平賀さ

〈京音-KYOTO- 2019〉第3弾でjizue、テンテンコら出演決定

〈京音-KYOTO- 2019〉第3弾でjizue、テンテンコら出演決定

6月22日(土)23日(日)に磔磔、KYOTO MUSE、METROの京都市内3会場のライヴハウスで開催される〈京音-KYOTO- 2019〉。 その第3弾出演アーティストが発表された。 今回、アナウンスされたのは、jizue、テンテンコ、HALFBYら

〈京音-KYOTO- 2019〉出演アーティスト第2弾発表

〈京音-KYOTO- 2019〉出演アーティスト第2弾発表

6月22日(土)、23日(日)に、磔磔、KYOTO MUSE、METROの京都市内3会場のライヴハウスで開催される〈京音-KYOTO- 2019〉の第2弾出演アーティストが発表された。 発表されたのは以下5組のアーティスト。 Polaris、tocono

〈CROSSING CARNIVAL'19〉出演アーティスト第6弾発表、フィッシュマンズ・トリビュート企画の追加ゲスト決定

〈CROSSING CARNIVAL'19〉出演アーティスト第6弾発表、フィッシュマンズ・トリビュート企画の追加ゲスト決定

カルチャーWEB メディア「CINRA.NET」が企画するこの日限りのスペシャル・ライヴ〈CROSSING CARNIVAL'19〉。 TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、 WOMB LIVE、TSUTA

View More News Collapse
1日限りのスペシャル・ライヴ〈CROSSING CARNIVAL'19〉第5弾出演者発表

1日限りのスペシャル・ライヴ〈CROSSING CARNIVAL'19〉第5弾出演者発表

カルチャーWEBメディア「CINRA.NET」が企画するこの日限りのスペシャル・ライヴ〈CROSSING CARNIVAL'19〉。 TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、 WOMB LIVE、TSUTAY

〈CROSSING CARNIVAL'19〉第4弾で田我流、Enjoy Music Club、SIRUP、Serph決定

〈CROSSING CARNIVAL'19〉第4弾で田我流、Enjoy Music Club、SIRUP、Serph決定

CINRA.NETの主催により、5月18日(土)にTSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、WOMB LIVE、TSUTAYA O-nestの5会場にて開催されるイベント〈CROSSING CARNIVAL ‘

CINRA.NET 主催『CROSSING CARNIVAL'19』でフィッシュマンズ・トリビュートライヴ開催

CINRA.NET 主催『CROSSING CARNIVAL'19』でフィッシュマンズ・トリビュートライヴ開催

CINRA.NETの主催により、5月18日(土)にTSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、WOMB LIVE、TSUTAYA O-nestの5会場にて開催されるイベント〈CROSSING CARNIVAL ‘

オオヤユウスケ、初の自身名義となるソロ作品、キャリア初のカヴァー・アルバム『STEREO』本日限定リリース

オオヤユウスケ、初の自身名義となるソロ作品、キャリア初のカヴァー・アルバム『STEREO』本日限定リリース

Polarisのヴォーカル・ギター「オオヤユウスケ」が、初の自身名義となるソロ作品にしてキャリア初のカヴァー・アルバム『STEREO』を、本日限定リリースしたことを発表した。 くるり「ブレーメン」、 Fishmans「いかれたBaby」や、オオヤのデビュ

Polaris、春の東名京ツアーの開催を発表、東京公演ではグッドラックヘイワと共演

Polaris、春の東名京ツアーの開催を発表、東京公演ではグッドラックヘイワと共演

昨年6月にリリースしたアルバム『天体』がロング・セールスを記録し、リリース・ツアーも大成功をおさめたPolarisが、東京、名古屋、京都の3都市で春のツアー〈continuity #8〉を開催することを発表した。 東京公演では、グッドラックヘイワと共演、

bud music10周年イベント開催 第一弾でNabowa、jizue、Polarisら決定

bud music10周年イベント開催 第一弾でNabowa、jizue、Polarisら決定

Nabowa、jizue、Polaris、Port of Notesなどが所属する京都のbud musicが設立10周年を迎え、来年1月19日(土)、20日(日)の2日間、地元京都のライブハウス、KYOTO MUSE、磔磔の2会場同時開催という形でアニバ

〈ボロフェスタ2018〉第1弾でtoe、Polaris、King Gnu、カネコアヤノ、リミエキ×ロ吉、折坂悠太、台風クラブ、ベランダ、ホムカミら29組決定

〈ボロフェスタ2018〉第1弾でtoe、Polaris、King Gnu、カネコアヤノ、リミエキ×ロ吉、折坂悠太、台風クラブ、ベランダ、ホムカミら29組決定

2018年10月26日(金)27日(土)28日(日)の3日間にわたり、京都で開催される音楽フェス〈ボロフェスタ2018〉。 その出演アーティスト第一弾が発表された。 今回アナウンスされたのは、toe、Polaris、King Gnu、カネコアヤノ(バンド

Polaris、本日発売のアルバムからリード曲「グラデーション」のカラフルなMV公開! レコ発ツアーも

Polaris、本日発売のアルバムからリード曲「グラデーション」のカラフルなMV公開! レコ発ツアーも

約3年4ヵ月ぶりとなる待望のフル・アルバム『天体』を、6月20日にリリースしたPolaris。同作からリード曲「グラデーション」のMVが公開された。 MVはアニメーション作品となっており、清水貴栄が監督を務めた。 リリース直後に開催される東名阪Billb

活動再開のPort of Notes、新作EP『水蜜桃』完成! Polarisとのツアーで先行販売スタート

活動再開のPort of Notes、新作EP『水蜜桃』完成! Polarisとのツアーで先行販売スタート

昨年末に8年ぶりとなる新曲「トラヴェシア」を発表し、本格的に活動を再開した畠山美由紀と小島大介によるアコースティック・デュオ、Port of Notesが、より成熟した唯一無二のノスタルジックでアーバンな魅力に包まれた全4曲の新作EP『水蜜桃』をリリース

Polaris、新旧ファンが楽しめる3年4ヶ月ぶりのフル・アルバム『天体』リリース決定

Polaris、新旧ファンが楽しめる3年4ヶ月ぶりのフル・アルバム『天体』リリース決定

オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans / So many tears)によるロック・バンド、Polarisが3年4ヶ月ぶりとなるフル・アルバム『天体』をリリースすることを発表した。 2017年11月に2年9ヶ月振りにリリースしたミニ・アルバム『走る』

Polaris、ohanaのあのレゲエソングをカヴァー! Port of Notesとの東名阪レア公演も

Polaris、ohanaのあのレゲエソングをカヴァー! Port of Notesとの東名阪レア公演も

「深呼吸|コスモス」(7インチ)、「SEASON|光と影」(12インチ)と、アナログで発売した2作品が立て続けに完売しているPolaris。そんな彼らがアナログ第3弾リリースとして、オオヤユウスケ、原田郁子、永積タカシのユニット、ohanaの楽曲「オハナ

Polaris、新作『走る』リード曲「とどく」のMV公開 年明けのツアーも発表

Polaris、新作『走る』リード曲「とどく」のMV公開 年明けのツアーも発表

11月22日に2年9ヶ月ぶりとなる新作『走る』をリリースしたPolaris。 収録曲より、リード曲「とどく」のMVが本日公開された。 監督はDRAWING AND MANUALの林 響太朗が務めており、鮮やかに澄んだ映像美を堪能しながら緩やかな楽曲を聴く

Polaris、2年9ヶ月ぶりとなる新作リリースが決定、東名阪レコ発ワンマンも開催

Polaris、2年9ヶ月ぶりとなる新作リリースが決定、東名阪レコ発ワンマンも開催

Polaris が11月22日(水)に新作『走る』をリリースする。 前作『Music』から2年9ヶ月。ハナレグミをはじめ、数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクト SPENCER など、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、

サニーデイ・サービス×Polaris、LIQUIDROOMで対バン!

サニーデイ・サービス×Polaris、LIQUIDROOMで対バン!

サニーデイ・サービス サニーデイ・サービスとPolarisが、LIQUIDROOMで対バン公演を行なう。 同ライヴは、LIQUIDROOMの13周年記念公演の一環として開催される。詳細は下記のとおり。 チケットぴあ「プレリザーブ」受付は、9月1日(金)1

柏原譲 ベースワークショップ「ちょ奥さん、その弾かなくなったベースどうするの?」クロサワ楽器で開催

柏原譲 ベースワークショップ「ちょ奥さん、その弾かなくなったベースどうするの?」クロサワ楽器で開催

フィッシュマンズ、Polaris、So many tearsの屋台骨を支えるベーシスト、柏原譲。 国内屈指のグルーブマスターと称される彼が講師を務めるベースワークショップがクロサワ楽器店 G-CLUB SHIBUYAにて開講される。 PCやサンプラー、ゆ

Polaris新企画「ポラリスト」bonobos、WONKを迎えて東名京で開催

Polaris新企画「ポラリスト」bonobos、WONKを迎えて東名京で開催

Polarisが、昨年末に開催したワンマンツアー「NEW SONG」に続いて、今年も新たな企画「ポラリスト」を始動することが明らかになった。 記念すべき第1回は東京、名古屋、京都の三都市で開催され、名古屋公演にbonobos、東京、京都公演にはWONKと

〈SYNCHRONICITY’17〉&〈After Hours’17〉第2弾でMANNISH BOYS、yahyel、THA BLUE HERBら合計10組発表

〈SYNCHRONICITY’17〉&〈After Hours’17〉第2弾でMANNISH BOYS、yahyel、THA BLUE HERBら合計10組発表

2DAYSコラボ・フェスとして、2017年4月に行われる〈SYNCHRONICITY’17〉と〈After Hours’17〉。 その第2弾アーティストが発表となった。 4月8日(土)開催の〈SYNCHRONICITY’17〉は、斉藤和義と中村達也による

〈京音-KYOTO- 2017〉スペアザ、ハンバート、Polaris、スカート、bonobosら豪華アーティスト出演で4会場3days開催

〈京音-KYOTO- 2017〉スペアザ、ハンバート、Polaris、スカート、bonobosら豪華アーティスト出演で4会場3days開催

京都から音楽を発信する〈京音-KYOTO-〉が、2016年の〈京音-KYOTO-〉をまとめたコンピレーションCDをリリースにあわせてLive House nano、磔磔、KYOTO MUSE、METROの京都市内4会場のライブハウスで3日間に渡って繰り広

Collapse

Articles

田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)

インタヴュー

田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)

田んぼ、ベルリン、生活、そして『天体』──【対談】オオヤユウスケ(Polaris) × Bose(スチャダラパー) オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans / So many tears)によるロック・バンド、Polarisが、前作『Music』から、実…

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tear…

Polarisによる、赤坂ブリッツでのワンマン・ライヴ音源をDSD11.2MHzで独占配信!!

レヴュー

Polarisによる、赤坂ブリッツでのワンマン・ライヴ音源をDSD11.2MHzで独占配信!!

肌で、耳で体感する、最高音質の“Music”——Polarisワンマン・ライヴの模様をDSD11.2MHzで独占配信2012年に再始動を果たし、2015年はじめに9年ぶりのフル・アルバム『Music』で、ぶれることのない音世界を展開したPolaris。彼ら…

Polaris、9年ぶりのフル・アルバムを独占ハイレゾで配信!!

インタヴュー

Polaris、9年ぶりのフル・アルバムを独占ハイレゾで配信!!

ハイレゾで鳴り響く9年ぶりの"Music"——Polaris、待ちに待ったフル・アルバムを配信開始!!2012年に再始動を果たしたPolarisが、ついに9年ぶりのフル・アルバム『Music』をリリース。シングル「光る音」を含む11曲(…