Tags

あんさんぶるスターズ!! ユニットソングCD ALKALOID
Lossless

あんさんぶるスターズ!! ユニットソングCD ALKALOID

Anime/Game/Voice Actor

ALKALOID/天城 一彩(CV.梶原 岳人)、白鳥 藍良(CV.天﨑 滉平)、礼瀬 マヨイ(CV.重松 千晴)、風早 巽(CV.中澤 まさとも)

『あんさんぶるスターズ!!』 から新ユニットALKALOIDの音源が発売!メンバーは天城 一彩(CV:梶原 岳人)、白鳥 藍良(CV:天﨑 滉平)、礼瀬 マヨイ(CV:重松 千晴)、風早 巽(CV:中澤 まさとも) 。

あんさんぶるスターズ!! ユニットソングCD Crazy:B
Lossless

あんさんぶるスターズ!! ユニットソングCD Crazy:B

Anime/Game/Voice Actor

Crazy:B/天城 燐音(CV.阿座上 洋平)、HiMERU(CV.笠間 淳)、桜河 こはく(CV.海渡 翼)、椎名 ニキ(CV.山口 智広)

『あんさんぶるスターズ!!』 から新ユニットCrazy:Bの音源が発売! <Crazy:B> 天城 燐音(CV:阿座上 洋平)、HiMERU(CV:笠間 淳)、桜河 こはく(CV:海渡 翼)、椎名 ニキ(CV:山口 智広)

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「ダイスキリフレイン/ドラマチックLOVE」

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「ダイスキリフレイン/ドラマチックLOVE」

Anime/Game/Voice Actor

一条シン(CV.寺島惇太)

劇場2作品を経て、ついに劇場版&TVシリーズ化を果たした<キンプリ>シリーズ最新作となる『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』。シャインによって意に反したショーを披露することとなった一条シンが、本来やりたかったプリズムショーがここに!

あんさんぶるスターズ!アルバムシリーズ Eden
Lossless

あんさんぶるスターズ!アルバムシリーズ Eden

V.A.

大人気アイドルプロデュースゲームアプリ『あんさんぶるスターズ! 』アルバムシリーズ第12弾は「Eden」 既存曲3曲に加え、キャラクターソロ歌唱曲含む新曲7曲を加えた全10曲を収録。

SPAM生活/プロレスごっこのフラフープ
Lossless

SPAM生活/プロレスごっこのフラフープ

Rock

フレデリック

ユーモラスでいてシュールな世界観と、中毒性の高い、うねるようなダンサンブル・サウンドで注目を集め、地元関西の大型フェスに連続出演、さらには4社共同オーディション"MASH A&R"で審査員特別賞を獲得するなどなど、とにかく話題となっている神戸発の4人組バンド――三原健司(Vo,Gu)、みはらこーじ(Ba、Cho)の双子を中心とした、フレデリック。ライヴでおなじみの2曲を収録したシングル『SPAM生活 / プロレスごっこのフラフープ』を、7インチ・アナログ盤&OTOTOY限定配信でリリース!

VirtuaREAL.00
Lossless

VirtuaREAL.00

Various Artists

USAGI Production主宰、VTuberオリジナル楽曲CDアルバム「VirtuaREAL.00」

なつのべ live recording H29.07.02
High Resolution
Exclusive

なつのべ live recording H29.07.02

Pop

折坂悠太

折坂悠太の会場限定ライブ盤『なつのべ』がハイレゾにて配信スタート!

Here we go'round HQD (24bit/48kHz)
High Resolution
Exclusive

Here we go'round HQD (24bit/48kHz)

Pop

ムーンライダーズ

6ヵ月連続でリリースした配信限定シングルを、レコミュニ限定シングル・コレクション『Here we go'round HQD』として、HQD(24bit48KHzのWAV)ファイルで高音質配信。購入者特典は、配信形態では入手不可能だった歌詞入りのウェブ・ジャケットです!

Bonus!
幸福 (PCM 48kHz/24bit)
High Resolution

幸福 (PCM 48kHz/24bit)

Pop

岡村靖幸

岡村靖幸、『Me-imi』(2004年)以来、11年半ぶりのオリジナル・アルバム『幸福』のハイレゾ版が配信スタート!!

猫じゃらし
High Resolution

猫じゃらし

Rock

RADWIMPS

RADWIMPS、「キリン 午後の紅茶」の新TVCM曲「猫じゃらし」を配信リリース!

Modal Soul
Lossless

Modal Soul

HipHop/R&B

Nujabes

metaphorical musicに続く心象風景的比喩音楽第二章。聴いてくれた人たちが少しでも幸せな気持ちになれることを祈ります。上記の一文はこのアルバム「modal soul」がリリースされた当時、tribeでの紹介文としてnujabes本人が綴ったものである。非常にシンプルにまとめあげられたこの一文は、実際にアルバムを聞いて共感してもらえればという考えから収録曲の内容に関してあえて触れず、彼は自身のアルバムのコメントに自らの願いを込めた。音の世界を通して様々な想いを表現してきたnujabesの音楽観が結実した2ndアルバム。

Absolutely Imagination
Lossless

Absolutely Imagination

Rock

GEZAN

2016年9月アルバム『NEVER END ROLL』発売と共にドラムが脱退、GEZANとしての活動を休止しつつもNEVER END ROLLERSとして3人で楽器を持ち替えてのライブ活動を継続。そして2017年2月石原ロスカルを正式メンバーに迎えGEZANとして活動を再開した。以後全国各地でライブを行いながらバンドの新しい物語の始まりを告げる2曲の新曲をレコーディング、GEZANが見ようとしている風景そのものが音となっている。走ることをやめないバンドのネクスト・ステップ!

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「プラトニックソード/BRAND NEW TOMORROW」

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「プラトニックソード/BRAND NEW TOMORROW」

Anime/Game/Voice Actor

一条シン(CV.寺島惇太)

「見せてあげるよ! 世界は輝いてるって」劇場2作品を経て、ついに劇場版&TVシリーズ化を果たした「キンプリ」シリーズ最新作となる『KING OFPRISM -Shiny Seven Stars!-』。 新たなプリズムキングを目指して開催される「PRISM.1」で披露された、成長するプリズムスタァ渾身のマイソング!

ノーダウト
Lossless

ノーダウト

Pop

Official髭男dism

フジテレビ月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」主題歌

Taxi Driver(24bit/96kHz)
High Resolution

Taxi Driver(24bit/96kHz)

Rock

Gotch

結成20周年を迎えたASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントマンとしてだけでなく、近年はソロ名義での活動も精力的なGotch!豪華サポートミュージシャンと共に作り上げた最新EP「Taxi Driver」

あんさんぶるスターズ!アルバムシリーズ Valkyrie
Lossless

あんさんぶるスターズ!アルバムシリーズ Valkyrie

V.A.

『あんさんぶるスターズ! 』アルバムシリーズ第8弾「Valkyrie」が発売決定! 大人気アイドルプロデュースゲームアプリ『あんさんぶるスターズ! 』アルバムシリーズ第8弾は「Valkyrie」 既存曲4曲に加え、ユニットソング新曲3曲と各キャラクターソロ歌唱曲を含む全9曲収録。

絶景(DSD 5.6MHz/1bit+MP3)
High Resolution
Exclusive

絶景(DSD 5.6MHz/1bit+MP3)

Rock

ヒカシュー

〈ヒカシュー〉+〈平沢進〉奇跡の共演ライブを収録した音源『絶景』のハイレゾ配信(DSD5.6MHz版、DSD2.8MHz版、192kHz版、96kHz版)がスタート!2016年12月25日に行われたヒカシューライブ『ヒカシューの絶景クリスマス』での平沢進との奇跡のコラボが、32chDSDマルチ録音の超高音質によって鮮やかに蘇る! 巻上公一が歌う『庭師KING』、平沢進が歌う『パイク』!恐るべき臨場感と共に!

Bonus!
アイラブユー
High Resolution

アイラブユー

Rock

本日休演

本日休演、およそ2年ぶりのリリースとなる待望の3rdフルアルバム。サウンド・エンジニアに中村公輔を迎え、「ラブエスケープ」にはOMSB、「アイドンワナダイ」には入江陽といった気鋭の客演陣が参加する。とりわけ80’sに対する憧憬に駆動された今作は、青年期を謳歌した若者たちの傑作的な歌謡集であり、制作期間中に急逝した故・埜口敏博へのレクイエムとなっている。そして自らが愛した音楽への逃避行を記した甘美なドキュメンタリーでもある。プロダクト面での著しいクオリティ向上を発揮しつつも、埜口との再共演を果たすべく、遺されたライブ/リハーサル音源やiPhone録音素材を元にバンドセッションを重ねるなど、他に類を見ない特異なサウンドが完成した。

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「survival dAnce ~no no cry more~/Silver and Gold dance」

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「survival dAnce ~no no cry more~/Silver and Gold dance」

Anime/Game/Voice Actor

大和アレクサンダー(cv.武内駿輔)

「見せてあげるよ! 世界は輝いてるって」劇場2作品を経て、ついに劇場版&TVシリーズ化を果たした「キンプリ」シリーズ最新作となる『KING OFPRISM -Shiny Seven Stars!-』。 新たなプリズムキングを目指して開催される「PRISM.1」で披露された、成長するプリズムスタァ渾身のマイソング!

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「百花繚乱/寒い夜だから・・・」

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「百花繚乱/寒い夜だから・・・」

Anime/Game/Voice Actor

太刀花ユキノジョウ(cv.斉藤壮馬)

「見せてあげるよ! 世界は輝いてるって」劇場2作品を経て、ついに劇場版&TVシリーズ化を果たした「キンプリ」シリーズ最新作となる『KING OFPRISM -Shiny Seven Stars!-』。 新たなプリズムキングを目指して開催される「PRISM.1」で披露された、成長するプリズムスタァ渾身のマイソング!

Christmas of Love
Lossless

Christmas of Love

Rock

サニーデイ・サービス

サニーデイ・サービスから届いた、聖なる夜のラブレター。昨日と明日の間にある“今日”の日々のリアリティーを美しいものにかえる“昨日”の記憶と“明日”への希望を内包したものをポップスと呼ぶなら、サニーデイ・サービスのニューデジタルシングル「Christmas of Love」は21世紀に誕生した最良のポップスの一曲として、沢山の人々の心と体に染み込んで消えることのないものになるでしょう。この曲は聖なる夜のうたであり、有り余る愛のうたであり、今日を生きていくeveryday peopleの希望のうたでもあります。どこかにいるもう会えない人たちとも、どこかにいるこれから出会う人たちとも存分に分かち合って下さい。これは正真正銘のサニーデイ・サービスのニューアンセムです。God bless you.

HOUSE MUSIC
Lossless
Exclusive

HOUSE MUSIC

Rock

never young beach

ソフト・サイケデリック・デイドリーム・ポップ! 蒼く甘いメロディがゆらめく白昼夢ベッドルーム・ポップ全8曲!! never young beach現体制前の、安部と松島による宅録ユニットでの作品。即完売し現在入手不可能の手作りダンボール加工ジャケ+ZINE付の自主制作音源が、OTOTOY限定で配信開始。

txt
High Resolution
Exclusive

txt

Pop

ジオラマラジオ

ジオラマラジオ、2枚目のEP『txt』を配信リリース!

In Colors
Lossless

In Colors

Rock

ART-SCHOOL

ART-SCHOOL 約2年ぶり、待望のオリジナルフルアルバム完成!このアルバムについて「闇を友達にしようと思った。けど闇は友達にはなれなかった。」フロントマンであり、ほぼ全曲のソングライティングを手がける木下理樹はそういいました。前作『Hello darkness, my dear friend』では闇を掘り下げようとし、あれから2年。いつしか自分自身が光あるところ、色鮮やかなものに惹かれていることに気づいたといいます。闇から抜け出したかった。光あるところに向かうしかなかった。光と色、そしてそれを受けとめる生命。それらのものへの憧れと渇きから楽曲を書き下ろし、待望のフルアルバムが完成しました。今まで以上に美しくポップで耳に残るメロディ。モノクロームの世界観から色鮮やかな世界へ。ART-SCHOOLが新しい光をまとった珠玉の10曲。本作のエンジニアは三好敏彦。メンバーの敬愛するエンジニアの一人でアルバムとしては『14SOULS』『YOU』以来のタッグとなります。コーラスは、音源やライブでのコーラスでおなじみのUCARY & THE VALENTINEが参加しイノセントな世界に華を添えています。ジャケットデザインはこれまで通り盟友、Central 67の木村豊。戌年のnew year 2018年、あえて猫で勝負するオルタネイティブ魂にもご注目ください。

YAMIYO
Lossless

YAMIYO

Rock

ロンリー

夏の終わり≒秋のはじまりに、地元岡山を中心に活動を広げるパンクバンド・ロンリー待望の2ndアルバムがLessThanTVよりリリース。夏の終わりの切なさ、けだるさを感じさせるバンドサウンドに、ボーカル岡崎の詞的な歌詞がたまらなく中毒性がある本作。軽やかに楽しく、ときに鬱屈とし、そのいずれもバンドのポップセンスで持っていく様は2016年のロードトリップ・サウンドといえる。10月にはJET SETよりやけのはら氏との合作である“ヤングリーフ”を発表予定。 今作では、タイトルを“べつのはなし”に変え、リアレンジ〜収録 ! さらに、名古屋を拠点に活動するレーベル、Summer Of Fanから7インチにてリリースされ、話題となった 「楽しいVoid」より夏の名曲“hang over”も初CD化再収録。収録曲“sumahama”にスティールパンとしてMC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド、うつくしきひかり)、“hang over”にコーラスとしてあっさん (aaps) が参加。イラスト牛尾友美、デザイン井上貴裕(BARIDERA、SHUT YOUR MOUTH)による アートワークもロンリーが身に纏う刹那性を表現している。

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「ナナイロノチカイ! -Brilliant oath-/BOY MEETS GIRL」

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「ナナイロノチカイ! -Brilliant oath-/BOY MEETS GIRL」

Anime/Game/Voice Actor

一条シン・太刀花ユキノジョウ・香賀美タイガ・十王院カケル・鷹梁ミナト・西園寺レオ・涼野ユウ(cv.寺島惇太、斉藤壮馬、畠中 祐、八代 拓、五十嵐 雅、永塚拓馬、内田雄馬)

「見せてあげるよ! 世界は輝いてるって」劇場2作品を経て、ついに劇場版&TVシリーズ化を果たした「キンプリ」シリーズ最新作となる『KING OFPRISM -Shiny Seven Stars!-』。 新たなプリズムキングを目指して開催される「PRISM.1」で披露された、成長するプリズムスタァ渾身のマイソング!

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「JOKER KISS!/JOY」

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「JOKER KISS!/JOY」

Anime/Game/Voice Actor

高田馬場ジョージGS(CV.小林竜之)

「見せてあげるよ! 世界は輝いてるって」劇場2作品を経て、ついに劇場版&TVシリーズ化を果たした「キンプリ」シリーズ最新作となる『KING OFPRISM -Shiny Seven Stars!-』。 新たなプリズムキングを目指して開催される「PRISM.1」で披露された、成長するプリズムスタァ渾身のマイソング!

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「Fly in the sky/masquerade」

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- マイソングシングルシリーズ 「Fly in the sky/masquerade」

Anime/Game/Voice Actor

香賀美タイガ(cv.畠中 祐)

「見せてあげるよ! 世界は輝いてるって」劇場2作品を経て、ついに劇場版&TVシリーズ化を果たした「キンプリ」シリーズ最新作となる『KING OFPRISM -Shiny Seven Stars!-』。 新たなプリズムキングを目指して開催される「PRISM.1」で披露された、成長するプリズムスタァ渾身のマイソング!

Why not Clammbon!?~クラムボン・トリビュート(24bit/48kHz)
High Resolution

Why not Clammbon!?~クラムボン・トリビュート(24bit/48kHz)

Pop

V.A.

クラムボン 結成20周年記念トリビュートアルバム ^ ^ ―全参加アーティストコメント― ^ ^ ■ホリエアツシ / ストレイテナー 「Folklore」^参加できたことが本当に光栄です。原曲が凄過ぎて、太刀打ちできないほどセンスの宝庫なので、開きなおってパワーポップにしてしまいました。結果、とても気に入っております。 ^ ^ ■蓮沼執太 「ある鼓動」^20年という長い時のなかで、様々な人々が持っているたくさんの「クラムボン」という存在に出来るだけ近くに居れるような楽曲を作りました。おめでとうございます。 ^ ^ ■salyu × salyu 「アホイ! 」^特別な節目のときにこのようなかたちで携わることができたことをこころから嬉しく思っています。20周年、本当におめでとうございます。これからもクラムボンの色とりどりのエモーションをいっぱい聞かせて下さい。 ^ ^ ■レキシ 「大貧民」^歌詞に歴史(レキシ)が出てくるというだけで無茶ぶりされまして、ベースのヒロ出島(山口寛雄)と2人で参加させていただきましたが、いざやってみるとこれが思いのほか楽しくて、それはサイコーの見せ場なの♪アディオス! ^ ^ ■ハナレグミ 「華香るある日 ~clommbon loves clammbon ver ~」^クラムボンの皆様^20周年おめでとうございます。^思えばと~くへ 来たもんだぁ~^しかし、いつの時も変わらぬ探究心と情熱を^3人の音楽からはひしひしと感じます。リスペクト。^今回は初期名曲の華香るある日^おもいっきり、バンドでファンクネスに^やりちらかさしてもらいました。^なんというか、どんな風にアレンジをしても^クラムボン風味はなくならない、曲の強さをあらためて実感したよ。 ^ ^ ■西寺郷太(NONA REEVES) 「SUPER☆STAR」^ワーナー同期組、「北青山的」の根性見せたで。アニバーサリー、おめでとう。ノーナの時も、よろしくやで。 ^ ^ ■Baffalo Daughter 「ロッククライミング 〜Let's Roooooock Mix〜」^出だしからの歌(初音ミクっぽい逆回転)は、言葉を逆に言ったものを逆回転して正常の言葉にしています。狙いはブラックロッジのローラ・パーマーなんですが、大野がやったらなぜか初音ミク風になり、それはそれで面白いと思ってます。イマっぽいシンガーソングDAWギャルのテイストにサイケデリック感が合わさった結果が「クレイジー」な仕上げ、というのが落とし所かなと、、ローラパーマーみたいな真面目なんだかワルなんだか、表と裏がよくわからない狂った感じのメインの女性が、感情の起伏のない感じで「ロッククライミングしている」のが「ロックンロールしている」というのとシンクロする し面白いのでは と。ブラックロッジでも「レッツロック」、と逆回転で赤いスーツの小人が言っていました。 ^ ^ ■downy 「5716」^清々しい音を粛々と紡ぐ僕等のリスペクトは過剰で夜の淵からクラムボンを見つめました。抑揚が嗚呼と嗤ってくれました ^ ^ ■GREAT3 「246」^「独創的な音、そして3人の絶妙なバランス、クラムボンはいつだって素晴らしい。」 片寄明人「夏の終わりの明け方の、匂いや湿度・空の色を思い出させる名曲。」 白根 賢一「踝が生ぬるいぞ。BLUE。君に会いたくなりました」 jan^^■川辺ヒロシ / TOKYO No.1 SOUL SET 「はなれ ばなれ」^はなればなれ、という大好きな曲のオファーを頂いて!プレッシャーを大変感じましたが、なんとか、いい作品に仕上がりました!結成20周年おめでとう! ! ^ ^ ■HUSKING BEE 磯部正文 「海の風景」^クラムボン20周年おめでとうございます音楽を愉しみ続ける姿勢が 沢山の人を包み続ける様は素晴らしいです今回のトリビュートにHUSKING BEEで参加出来て光栄であります候補曲は幾つかあったのですがシンパシー感じ選んだ曲をクラムボンの叙情に僕らの叙情が重なり合ったようです^ ^ ■青葉市子 「雨」^クラムボン 20周年おめでとうございます20年の間に、何回雨は降ったのかな、その雨の中で、どんな話をして、どんな音を、鳴らしてきたのかなあちいさな一粒がたくさん集まって、雨のように。クラムボンのこれからが、色とりどりのたくさんの粒で満たされますように。 ^ ^ ■アダム・ピアース(マイス・パレード) / Adam Pierce (Mice Parade) 「ハレルヤ」^ミト、郁子、大助はぼくの日本のベスト・フレンドなんだ。だから、このプロジェクトに参加できてとても興奮したよ。彼らとはいい思い出がたくさんあって感謝しているし、これからももっと共有したいと思っているんだ。ぼくたちがコラボレートしたアルバム、『id』から選曲するというのは自然なことだと思う。「ハレルヤ」という言葉は、たいてい高揚感とともに発せられるものだと思うんだ。なにかを祝福して、大声で叫んでね。だから、郁子がこの曲をとても静かに優しく歌っているのがすごく興味深いんだ。レゲエはお祝いの音楽だ(少なくとも、ハッピーなレゲエは)。みんなこの音楽が大好きだと思うし、クラムボンの友人たちにこれを聴かせて笑わせたいと思ったんだ。ぼくの目的は、自由でかっこうをつける必要のない普遍的な音楽のスタイルで、「ハレルヤ」という言葉の高揚感を残すことだったんだ。そして、みんなを笑わせたり、ニコッとさせたり、もちろん、踊らせたりしたかったんだよ。 ^ ^ ■小室哲哉 「バイタルサイン~Tetsuya Komuro Remix~」^20周年、おめでとうございます。参加させていただきとても光栄に思っています。声とメロディの魅力を活かせるように心掛けました。またなにかありましたらぜひ。

ALLSEASON EP. -Single
Lossless

ALLSEASON EP. -Single

HipHop/R&B

STUTS×SIKK-O×鈴木真海子

トラックメーカー/MPC PlayerのSTUTSと、TOKYO HEALTH CLUBのSIKK-O、chelmicoの鈴木真海子による夏と冬をテーマにした楽曲が誕生!

Absolutely Imagination Acoustic In Summer 2017
High Resolution
Exclusive

Absolutely Imagination Acoustic In Summer 2017

Rock

GEZAN

2017年2月石原ロスカルを正式メンバーに迎えて活動を再開したGEZANの再始動を告げる1曲となった「Absolutely Imagination」のアコースティック・ヴァージョンがOTOTOY限定にて配信スタート !

MELODIES / CUT IT OUT
Lossless

MELODIES / CUT IT OUT

Handsomeboy Technique

2009年の『テレストリアル・トーン・クラスター』から6年、HANDSOMEBOY TECHNIQUE(ハンサムボーイ・テクニーク)の新作『メロディーズ/カット・イット・アウト』が10月31日に7inchアナログ盤でリリース。OTOTOYのみで配信リリースとなる。Aサイドの「メロディーズ」は、同じく京都で活動するTurntable Films(ターンテーブル・フィルムズ)の井上陽介を歌に迎えたスウィートなダンス・ナンバー。そしてBサイドの「カット・イット・アウト」は、狂気と美しさがねじれながら滑空するような、ハード・ロッキン・ブリージン・ビーツとなっている。

あんさんぶるスターズ! アルバムシリーズ Switch
Lossless

あんさんぶるスターズ! アルバムシリーズ Switch

V.A.

今作はこれまでリリースされたユニットソング4曲に加え、ユニットソング新曲2曲とCD化の要望が多かった各キャラクターのソロ曲を初収録!

あんさんぶるスターズ! アルバムシリーズ MaM
Lossless

あんさんぶるスターズ! アルバムシリーズ MaM

Anime/Game/Voice Actor

V.A.

今作はこれまでリリースされたユニットソング2曲に加え、キャラクターソロ歌唱曲とユニットソング新曲がそれぞれ1曲ずつと、さらにスペシャルゲストを迎えた2曲を加えた全6曲を収録!

あんさんぶるスターズ!アルバムシリーズ fine
Lossless

あんさんぶるスターズ!アルバムシリーズ fine

Anime/Game/Voice Actor

V.A.

『あんさんぶるスターズ! 』アルバムシリーズ第9弾「fine」が発売決定! 大人気アイドルプロデュースゲームアプリ『あんさんぶるスターズ! 』アルバムシリーズ第9弾は「fine」 既存曲6曲に加え、キャラクターソロ歌唱曲含む新曲6曲を加えた全12曲を収録。

Tokyo Rendez-Vous
Lossless

Tokyo Rendez-Vous

Rock

King Gnu

突如として現れた、音・ビジュアル共に圧倒的オリジナルセンスと完成度を誇るバンド、King Gnu。 前身となったSrv.Vinci時代もアカデミックでありながらもアナーキーな匂いを漂わせ、ロック、ヒップホップ、テクノ、現代音楽などが同列で解き放たれるサウンド・センスで注目を集めていた彼らが、 バンド名をKing Gnuと改名し、より強烈な個性を放つ音楽集団として新たなスタートを切った。 Srv.Vinci時代から培ってきた唯一無二のミクスチャー感覚はより洗練され、メンバー個々のプレイヤーとしての表現力も存分に活かされた新たなポップミュージックを形成している。 さらに、今作のアートワークやMUSIC VIDEOは彼らのクルーともいえる、クリエイティブ集団“PERIMETRON"が手がけ、音像と共に唯一無二の世界観を築きあげている。

Attune / Detune
High Resolution

Attune / Detune

Dance/Electronica

MONDO GROSSO

2017年、14年振りに再始動した大沢伸一のソロ・プロジェクト“MONDO GROSSO”。初の全編日本語ボーカルアルバムとなった前作は、満島ひかりや、乃木坂46の齋藤飛鳥、bird、UAなどから無名の主婦まで、多彩なボーカリストとのコラボし、時代を射抜いた作品の数々で音楽シーンの話題をさらった。そんなアルバムから再び!続編とも呼べるアルバムが登場!

GOOD VIBRATIONS (24bit/96kHz)
High Resolution

GOOD VIBRATIONS (24bit/96kHz)

Pop

堀込泰行

堀込泰行と新進気鋭アーティストとの豪華コラボEP誕生!LINE モバイルCMで再注目の「エイリアンズ」を2017ver.でお届け!

D.R.E.A.M.
Lossless

D.R.E.A.M.

Rock

PAELLAS

ネクストブレイクの急先鋒!2017年、現在進行形5人組バンド最新作!never young beachのメンバーとしても活躍する阿南智史を擁するPAELLAS本格始動!2016年にEP「Remenber」、ALBUM「Pressure」の2作品をリリースしROCK、R&B、HOUSE、NEW WAVEなど様々なジャンルを飲み込みながら、独自のサウンドを生み出してきたPAELLASの2017年現在の到達点。モダンなR&Bを基調とした洋楽ライクでアーバンなサウンドを主体としながらもPOPSとしての普遍性を兼ね備えた新たなスタイルを確立。タイトなビートとエッジィ且つクールなギターカッティングを軸に構築されたサウンドとヴォーカルMATTONの甘美な歌声の調和が描き出すサウンドスケープには新しさとノスタルジアが混在する。今作より歌詞に日本語を取り入れるなどサウンド面以外にも新たなアプローチをふんだんに盛り込んだ意欲作。

Birth
High Resolution
Exclusive

Birth

Rock

SNARE COVER

斎藤洸のソロプロジェクトながら、そのルーパー等を駆使したサウンド・パフォーマンスと琴線に触れると言われる歌声で知名度を上げているSNARE COVER。アニメ「メイドインアビス」のサウンドプロデューサー、ケヴィン・ペンキン氏に見いだされ、TVアニメ版サウンドトラックに参加。その楽曲「Hanezeve Caradhina」は現在YouTubeにて驚異的な再生回数を数えている。2019年1月に公開となったメイドインアビス劇場版総集編後編「放浪する黄昏」のエンディングテーマ曲「reBirth」をケヴィン氏と共作。本ミニルバムのM-1「Birth」はそのアナザーバージョンでアレンジもケヴィン氏との共同で行われた。他、FINLANDSの塩入冬湖がコーラスに参加した「サイクル」等、渾身の7曲を収録。

何度でも新しく生まれる
High Resolution

何度でも新しく生まれる

Dance/Electronica

MONDO GROSSO

プロデューサー、DJとして活躍する大沢伸一の原点ともいえるプロジェクト MONDO GROSSO (モンド・グロッソ)。1990~2000年代に全世界のクラブでヒットした「Souffles H」、「Star Suite」や、birdをフィーチャーした「LIFE」、BoAをフィーチャーした「Everything Needs Love」など数々の名曲を生み出してきた伝説のプロジェクトが14年振りに再始動!

Silence Will Speak
Lossless

Silence Will Speak

Rock

GEZAN

メンバーチェンジを経た新生GEZAN、2年振りとなるアルバムが完成。スティーヴ・アルビニをレコーディング・エンジニアに迎え、シカゴにある彼のエレクトリカル・オーディオ・スタジオにてレコーディングされた4枚目のアルバム。不穏なサウンドと映像が話題になったオルタナティブなシングル「NOGOD」、想像力/創造力で未来を築こうとするアンセム「DNA」などを収録。

Virtual
Lossless

Virtual

HipHop/R&B

VaVa

昨年のデビューアルバムリリース後、自分の求める音楽を地道に追求しているVaVaが、今年発表して来た数々の楽曲に加え、新たな楽曲を盛り込んだデジタル配信作品「Virtual」をリリースする。2017年に突然ラップアーティストとしての作品をリリースし、CreativeDrugStoreをはじめ、SUMMITのレーベルメイトを驚かせたVaVa。今年2018年に入ってからは正月に新曲「Call」をYouTubeにて発表し、以前よりも、飾らない自然な自分を肯定するリリックでリスナーからの共感を得た。その後1月末には自身のSoundCloudにて「Loneliness」も公開。3月には趣味であるゲームに、自身の生き方をなぞらえた「現実 Feelin' on my mind」を発表。シンプルなピアノの旋律と8bitサウンドが融合したメロウなHIPHOPトラックに、親しみやすいサビが印象的な楽曲に仕上がっている。自身のライブやDJの際にもライブ披露しており、フロアでは既に合唱が起こっている(ときもある。)2018年5月に新たなMVとして公開された「93' Syndrome」は、今まで以上にメロディアスなフックと中毒性のあるトラックにより公開後に幅広いリスナーから高評価を得ている。そして今回の作品で初めて収録される楽曲「Sa-Ga」も新たに収録。

Mellow Waves
High Resolution

Mellow Waves

Rock

Cornelius

「SENSUOUS」以来11年ぶり、待望のオリジナル・アルバムが発売。

Crescente Shades (24bit/48kHz)
High Resolution
Exclusive

Crescente Shades (24bit/48kHz)

Dance/Electronica

INO hidefumi + jan and naomi

A Portrait of the Artist as a Young Man^オープニングはjan and naomiが限定で制作した7インチに収録されていた曲を、INOのRHODESだけをバックに演奏。janとnaomi2人によるきれいなハーモニーにINOのRHODESがメロウというよりは荘厳なコードを添えていくさまが美しい。観客が息をのむ音が聴こえそうなくらい、静謐な空間の様子が見事にとらえられている。^ ^watch^naomiの作詞・作曲による未発表曲。2人のハーモニーに、INOがANALOGUE SYSTEMSのFrench Connectionというオンド・マルトノ型コントローラーを使用して鳴らすアナログ・シンセによるカウンター・メロディが絶品! naomiのGIBSON Flying V、そしてjanが奏でるDAN ELECTRO6弦ベースもいい味を出している。^ ^Manai^INO hidefumiが2008年にリリースした『Living Message』に収録されていたファンキーなインストゥルメンタル・ナンバーを、naomiのギター、janのベース、そしてINOのRHODESという編成で演奏。中間部ではINOがエレクトリック・カリンバによるソロを披露。ラインではなくRHODESのスピーカーから鳴らした音がたまらない。^ ^Smooth Operator^シャーデーが1980年代に放った大ヒット曲をnaomiがきれいなファルセットによってカバー。janが指でつまびくエレキ・ギター、INOのコーラスを効かせたRHODESが、実にメロウな雰囲気を作り出している。随所に添えられるjanのコーラスは美しく、そしてINOによるツボを押さえたオーセンティックなRHODESソロは聴きもの。^ ^思えば世界はあまりにも美しい^INO hidefumiが2013年にリリースした『NEW MORNING』に収録されていたメロウなインストゥルメンタル・ナンバーを再びギター、ベース、RHODESという編成で演奏。途中でINOがネクタイ形のウォッシュボード(洗濯板!)によるパーカッション・ソロを披露し、メロウから一気にファンキーな世界へと突入していく……。^ ^MAY I^ソフト・マシーンの創設者としてカンタベリー・サウンドに深くかかわったケヴィン・エアーズのカバー。INOがRHODESを弾きながらボーカルも取り、TC HELICON VoiceLive2というボーカル・エフェクトを使用したダブリング処理によりサイケデリックな雰囲気を醸し出している。janのグルービーなベースがドラムレスならではの存在感を示す。^ ^(Wouldn't It Be Nice) To Fall Asleep In The Library^janが作詞・作曲を担当した未発表曲。6/8拍子のリズムでjanが若干ハスキーな声で歌うさまは鳥肌もの。naomiのハーモニー、INOの品のあるエフェクトを効かせたRHODESプレイが実に的確に曲をまとめる。そしてnaomiのダイナミックなギター・ソロに呼応するようにINOもディストーションをかませていくさまは圧巻だ。^ ^Our House^クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングが1970年に発表したファースト・アルバム『デジャ・ヴ』に収録された曲のカバー。こんな古い曲に新たな息吹を吹き込むjan and naomiの声の魅力に圧倒される。INOのRHODESによるバッキングはフレージングのみならず、要所要所で細かくエフェクトを切り替えて音色を作り込んでいるのはさすが。^ ^ナイアガラ・ムーンがまた輝けば^大滝詠一の2ndソロに収録されていた曲を、INOがボーカルを取る形でカバー。曲の始まりで聴こえる音は、滝をイメージして観客に“シー”という音を発してもらったもの(ちゃんとINOが指揮をしている)。DSDという高音質で録っているため、滝の音というよりは、やっぱり人が発している音として聴こえてしまっているのはご愛嬌(?)。^ ^END OF THE WORLD^スキーター・デイヴィスなどで有名なスタンダード・ナンバー。INOがリアル・タイムでYAMAHA Tenori-onをプログラミングしてガイド・トラックを鳴らし、そこにjanのスライド・ギターが絡んでいく。メロは最初鍵盤ハーモニカで取り、途中の盛り上がり開けからはINOがボーカルを取る形に。美しい音にあふれた一夜を締めくくるラストにふさわしい曲。

AS MEIAS II (24bit/48kHz)
High Resolution

AS MEIAS II (24bit/48kHz)

Rock

AS MEIAS

正式な流通音源としては6年ぶりとなる、待望のセカンド・ミニ・アルバムを高音質音源で配信開始! ライブで既に披露していた曲に加え、07年に1000枚限定で発売され瞬く間に完売、長い間廃盤となっていたEP収録「arouse 」「instant」2曲を再録。

Bonus!
なぎ
Lossless

なぎ

HipHop/R&B

環ROY

環ROY、4年ぶりのフルアルバム『なぎ』。前作『ラッキー』(2013) リリース後、ソロ活動をはじめ、U-zhaanや鎮座DOPENESSとの楽曲発表、蓮沼執太フィルへの加入、美術館や劇場、ギャラリーでのパフォーマンスやインスタレーション、映画音楽の制作、YUKIやサカナクションの作品への客演など、活動の幅を着実に広げてきた環ROYが4年ぶりのフルアルバム『なぎ』を発表します。近年の集大成として完成された本作は、スキルフルなラップはもとより、新旧ジャパニーズ・カルチャー / コンテポラリー・ポップ / エレクトロ二カ / 格式を探求した日本語表現 / などのキーワードをちりばめながら絶妙なバランスを持つラップ・ミュージック・アルバムとなりました。

D’ERLANGER+1(ハイレゾ)
High Resolution

D’ERLANGER+1(ハイレゾ)

Rock

萩原健一

日本最古のロック専門レーベル“bourbon”(バーボン)の音源を完全復刻。マニアにはたまらない内容で全20タイトルを2ヵ月連続で一挙リリース!“ロック道と云ふは激しく思ひ違ふことと見つけたり!

I See You While Playing The Piano (11.2MHz dsd + mp3)
High Resolution

I See You While Playing The Piano (11.2MHz dsd + mp3)

Jazz/World

丈青

SOIL&"PIMP"SESSIONS、J.A.Mのピアニストとして活動する丈青が、初のソロ作をDSD 11.2MHzでリリース。南青山にあるスパイラル・ホールを舞台に、コンサート・グランドの名品「FAZIOLI」を使って録音された本作は、スタンダード、オリジナル、そして完全即興まで、アーティストのスキルと感性が遺憾なく発揮された音源となった。丈青にとって初のソロ作、初のホール録音ということも含め、きわめてチャレンジングな1作と言える。DSD版はOTOTOY限定、CDに未収録の楽曲を3曲収録。

家族行進曲
Lossless

家族行進曲

Pop

ハンバート ハンバート

3年ぶり、9枚目となるオリジナルアルバムに描かれているのは、いくつもの「家族」の姿。細野晴臣、長岡亮介、We Banjo 3 をはじめ、多彩なゲストに囲まれた幸せな作品ができ上がりました。広がるのは、アコースティック楽器が印象的に響くハンバートハンバートの新境地。悲しくて、楽しくて、忘れたくて、噛みしめたい。家族の行進曲。ここに完成です。         今作での佐野遊穂は、近年の力強さをあえて抑え、繊細で清廉な歌声を追求。佐藤良成は、ギターを始め、フィドル(バイオリン)、バンジョー、マンドリン、ピアノといったアコースティック楽器を総動員。心の機微を描いた歌詞とサウンドに磨きがかかり、歌の力にあふれた名作となりました。 ライブで大反響を集め、音源化リクエストが多数寄せられた待望の新曲が、リード曲である「がんばれ兄ちゃん」。細野晴臣氏がベースを務め、長岡亮介氏がカントリーミュージック的アプローチのエレキギターを演奏する本作は、かわいらしい兄弟のつながりに、じんわりと胸が熱くなります。 シリーズを通して佐藤良成がエンディングソングを担当する、300万部を超えるメガヒット原作のアニメ化作品、「この素晴らしい世界に祝福を!」。2017年1月から放映された最新作のエンディングテーマ「おうちに帰りたい」に対して、「ハンバートバージョンも聞きたい!」という声が多く、それに応えたセルフカバーを収録しました。 M4、M12に参加したアイルランドの若手バンジョーグループWe Banjo 3は、パワフルなパフォーマンスで注目を集め、オバマ前大統領からも絶賛される人気の伝統音楽グループ。一昨年の初来日時はハンバート ハンバートと一緒にツアーを回り、各地を席巻しました(2017年10月に再来日予定)。バンジョーの音がこれほど合うグループは、日本中を探してもハンバート ハンバートしか見つかりません(たぶん)! 他ゲストミュージシャンとして、岩見継吾、尾崎博志、エマーソン北村、久下惠生、関島岳郎、西内徹が参加(敬称略)!

ページトップへ