人と人とを交差させ、響かせる。──『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶

2015年にリリースしたシングル「HURTS」以降、注目を集め続ける京都在住の4ピース・バンド、Homecomings。昨年、2013年の“ROOKIE A GO-GO”出演から3年ぶりに〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の舞台に立ち、観客の盛り上がりがフジロック随一とも言われる“レッドマーキー”への出演を果たす等、ライヴでの活躍が目立っていたなかで、待望の新作『SYMPHONY』をリリースする。本作で、彼らは殻を破ったと言えるだろう。バンド最高の名曲と評される「HURTS」を超える名曲が誕生した。新曲4曲 + REMIX1曲のミニ・アルバムではあるが、今年を振り返ったときに鮮明に覚えているアルバムになっているはずだ。容易く語られがちなセンチメンタルやノスタルジーに、これが本物だと言わんばかりの、心の機微を捉える名曲づくしのアルバムを、OTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。

〈FUJI ROCK FESTIVAL'16〉を経て成長したホムカミのミニ・アルバムが完成!


Homecomings / SYMPHONY

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 378円(税込) / アルバム 1,404円(税込)

【収録曲】
01. PLAY YARD SYMPHONY
02. SLACKER
03. PAINFUL
04. WELCOME TO MY ROOM
05. PLAY YARD SYMPHONY(BUSHMIND remix)


Homecomings/SYMPHONY trailer


【REVIEW】 Homecomings

無敵感。なぜあの頃はあんなに根拠のない自信だけで生きていけたのだろうか。身勝手で、不遜で、大人になった気になって達観して。学校という小さなコミュニティのなかでは自分が全て正しい世界。羞恥心と自尊心だけは一人前に持っていて、傷つくことに対しては人一倍敏感で。夢も目標もなく、漠然とした”楽しい”だけを求めて無茶をして、刺激がないと退屈だと嘆いて時間をゴミ箱に捨てていく日々。それでもなぜか自分には自信があって、この先成功しかないと思い上がっていた。

『SYMPHONY』を聴いて、そんな幼かった自分の記憶がつい蘇ってしまった。当たり前だが、人には人それぞれ思い出があって、お互いの思い出が繋がることなんてことは滅多にない。しかし、この『SYMPHONY』は、お互いのまだ子供だったときの記憶を感覚的な部分で交わらせ、思い出を美化させて倍音で響かせてくれる、文字通りの”交響曲”たちなのだ。

M1「PLAY YARD SYMPHONY」のキックとスネアがまるで跳ねているバスケットボールのように聴こえる〈The basketball bouncing down the basement stairs〉” 地下室の階段を跳ねるバスケットボール”のサウンド。遊んでいるのか、練習しているのか。そんな風景が頭に浮かぶ音像に、バンド初のストリングスアレンジが加わることでまるで広い運動場のような壮大なスケールを感じさせる。運動場でバスケ。秘密の場所に屯っておしゃべり。放課後、コンビニに寄って買うアイス。いろんな人の思い出を想像させてくれるこの楽曲は、ホムカミのいままでのアンセムであった「HURTS」を超える名曲だと断言できる。


Homecomings/PLAY YARD SYMPHONY

M2「SLACKER」は”よう怠け者どの”ではじまるキャラクターになりきった歌詞が魅力的。彼女のことを慕う怠け者が描かれ、何もできずに自堕落に毎日を過ごす自分もどこか不思議とカッコ良く見えてくる。M3「PAINFUL」では、ホムカミならではの行間を辿っていくアメリカ文学のようなロマンチックな歌詞から思春期の甘酸っぱさが感じられ、M4「WELCOME TO MY ROOM」では1stアルバム『Somehow, Somewhere』収録の「DANCING IN THE MOONLIGHT」を彷彿とさせるホムカミ節全開のモータウン・ポップが印象的。全体を通して切なさや悲哀、羨望や憂いを主人公的思考で運命的に捉えてしまう学生のある種の無敵感が歌詞に滲み出ている。

これまで日常のある部分を切り取ってきたストーリー・テリングなHomecomingsの音楽は、ついに僕達の思い出にまで手を伸ばし、共感だけには留まらない、心の機微さえも精密に捉えた音楽に深化を遂げたと言っていいだろう。そして『SYMPHONY』は少し大人になった僕に、あの頃あった無敵感が”幼さ”と同居していたことを気付かせてくれる。(Text by 高橋秀実)

Homecomingsの過去作品はこちら

LIVE SCHEDULE

EVENT SCHEDULE
〈Homecomings presents "BOWLER'S DELIGHT"〉
2017年7月5日(水)@東京 渋谷 O-nest
2017年7月16日(日)@宮城 仙台 enn3rd
2017年8月18日(金)@京都 京都 磔磔
2017年8月27日(日)@石川 金沢 vanvan V4

TOUR SCHEDULE
〈Homecomings "PLAY YARD SYMPHONY" TOUR〉
2017年9月7日(木)@愛知 名古屋 TOKUZO
2017年9月8日(金)@大阪 梅田 シャングリラ
2017年9月9日(土)@東京 渋谷 WWW
2017年9月15日(金)@福岡 the voodoo lounge
2017年9月16日(土)@広島 BANQUET(SPACEO92)

Homecomingsのライブ詳細はこちらから

PROFILE : Homecomings

2012年結成。京都在住、女の子3人+男の子1人の4ピース・バンド、Homecomings。通称ホムカミ。

シングル『HURTS』のリリース以降知名度が急上昇。昨年5月には2ndアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』をリリースし過去作が全てロング・セラーを記録している。海外文学やUSインディーに影響を受けたサウンドと歌詞は一級品。なかでも歌詞はインディ・ロック・シーンで卓越したものとなっており、たびたびそのステーリー・テラーぶりから海外文学と同等レベルと評される。ギター・ポップと形容されることが多いが、近年では洋楽志向のインディーからオルタナまで幅広い層に向けたギター・ロックが彼らの魅力となっている。

今年2月にはイラストレーターのサヌキナオヤ氏と新たなイベント〈New Neighbors〉をスタートさせ、映画『アメリカン・スリープオーバー』を上映。映画を見終わった後にライヴを行う、音楽 × 映画の斬新な企画にチケットはソールド。好評を博した。そして本作のジャケットはサヌキナオヤ氏がイラストを担当。デザインは映画「アメリカン・スリープオーバー」のパンフレットデザイン等も手掛ける佐川まりの(gucchis free school)が手がけるなど、繋がりが産んだ作品となった。

o

 
 

レヴュー

《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ
[CLOSEUP]・2018年02月21日・《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第12弾シングル最終作「終わりを迎えた後のこと」の配信がスタート。この連載は今回で最終回となるが、あなたのこれからへの願いが込められた楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimesがあなたに贈る12ヶ月連続配信最終作goodtimes / 終わりを迎えた後のこと'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. 終わりを迎えた後のこと REVIEW : ラストを飾る、不器用な彼らなりの愛あるメッセージ ついに今回で最後となるgoodtimesの12ヶ月連続配信。今回のシングルは、「終わりを迎えた後のこと」といった失恋後の切なくも優しいラブソング
【REVIEW】Hanah Spring、新たな方向性を獲得した2ndアルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年02月14日・ソウルはどこを目指す?──Hanah Spring、4年ぶりとなるニュー・アルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信 2014年、黒田卓也、Kan Sano、吉田サトシといった同世代の才能たちとともに作り上げたアルバム『Handmade Soul』をリリースしたHanah Spring。ジャズ・ミュージシャンの両親を持ち、幼少から音楽によって育まれてきた彼女による『手作りのソウル』は、温かい中にもストイックなまでのグルーヴが感じられ、そこに彼女の歌声が光る一枚だった。そんな彼女が4年の時を経て世に放つニュー・アルバムのタイトルは『Dreamin’』。表現力豊かな歌声でリスナーを夢中にさせてきた彼女が歌う「夢」とはいったいどんなものなのだろうか。待望の最新作をOTOTOYではハイレゾ配信するとともにレビューを掲載。お楽しみください。 4年ぶりのニュー・アルバムHanah Spring / Dreamin’'【配信形態】(ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC)>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. Dreamin’
by 海老沼 孝男
【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!
・2018年02月09日・【REVIEW / ハイレゾ配信】今再びUKロックの着火剤となる、フランツ・フェルディナンドの野心と核心 UKロック・シーンの綺羅星、フランツ・フェルディナンドが4年半ぶりの新作『Always Ascending』をリリースした。本リリースまでの間には、2016年にはオリジナル・メンバーでもあるニック・マッカーシーが育児のために脱退、そして2人の新メンバー、ジュリアン・コリーとディーノ・バルドーが加入し5人組へとその体制を大きく変えた。この、バンドの新たなキャリアのスタートとも言える作品では、ダフトパンクの先輩格とも言えるモーターベースやカシウスといった名義でフレンチ・ハウス・シーンを牽引、またはフェニックスやカイドネスといったアーティストを手がけていることでも知られるフィリップ・ズダールをプロデューサーに起用している。それもあってか、彼らの大きな魅力のひとつでもあるダンサブルなサウンドへとフォーカスした作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作をレヴュー、そしてハイレゾ配信でお届けしよう! 24bit/96kHzハイレゾ配信Franz Ferdinand / Always Ascending(24bit/9
by 井草 七海
【REVIEW】Taiko Super Kicks、ミニマムに振り切る新アルバム
[CLOSEUP]・2018年02月07日・Taiko Super Kicksがミニマムに振り切る新アルバム──『Fragment』に見え隠れする確信と自信 2015年、限りなくおおらかなメロディーと軽やかな実験精神でインディ・ポップ・シーンにゆらめきをもたらした『Many Shapes』から約2年、Taiko Super Kicksが、待望の新作フル・アルバム『Fragment』をリリースした。新鮮さと懐かしさが混在する不思議なサウンドと、細やかで広がりのあるアンサンブル、どこまでもしなやかに拡張されていくTaiko Super Kicksの音楽はさらなる成長を遂げている。そんな彼らは今作をひっさげて台湾を含む6都市を回るツアーの開催が決定! OTOTOYではハイレゾ配信もスタートします! ひさびさの新作を読み解く、土佐有明によるレヴューとともにお楽しみください。 2年ふりとなるニュー・アルバムTaiko Super Kicks / Fragment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】1. たたかいの朝2
F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始
[FEATURE]・2018年01月24日・F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始 様々なゲーム作品をリリースしているLeaf/AQUAPLUSのヴォーカル曲を集めた『AQUAPLUS VOCAL COLLECTION』シリーズの第11弾アルバムが、ついにハイレゾ・DSDで配信開始となった。本作には「WHITE ALBUM2 -closing chapter-」 「WHITE ALBUM2 幸せの向こう側」「ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔」の楽曲が収録されている。OTOTOYではアルバム購入で歌詞pdfつき。歌姫たちの美声を歌詞とともに酔いしれてほしい。 AQUAPLUS VOCAL COLLECTION VOL.11'【配信価格】(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324円 / まとめ購入 3,240円【Track List】''1. 時の魔法 -- 小木曽雪菜2. 心はいつもあなたのそばに -- 津田朱里3. closing -- 上原れな4. Routes -- 小木曽雪菜
by 純三
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック
[CLOSEUP]・2018年01月24日・《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第11弾シングル「ダークヒーロー」の配信がスタート。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、背中を押してくれる第11弾goodtimes / ダークヒーロー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. ダークヒーロー REVIEW : 泥臭さ上等。雑草根性で走り抜ける。 12ヶ月連続配信も今回を含め残り2回となった。寂しさが感じられるようになっているあなたは、すっかりgoodtimesの虜になっているはず。2018年になり、goodtimesのスタートは、彼ららしいキャッチーな王道ロックで攻める泥臭さ上等の雑
by ai
【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
筆者について
同じ筆者による他の記事