人と人とを交差させ、響かせる。──『SYMPHONY』が掘り起こす、あの頃の記憶

2015年にリリースしたシングル「HURTS」以降、注目を集め続ける京都在住の4ピース・バンド、Homecomings。昨年、2013年の“ROOKIE A GO-GO”出演から3年ぶりに〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の舞台に立ち、観客の盛り上がりがフジロック随一とも言われる“レッドマーキー”への出演を果たす等、ライヴでの活躍が目立っていたなかで、待望の新作『SYMPHONY』をリリースする。本作で、彼らは殻を破ったと言えるだろう。バンド最高の名曲と評される「HURTS」を超える名曲が誕生した。新曲4曲 + REMIX1曲のミニ・アルバムではあるが、今年を振り返ったときに鮮明に覚えているアルバムになっているはずだ。容易く語られがちなセンチメンタルやノスタルジーに、これが本物だと言わんばかりの、心の機微を捉える名曲づくしのアルバムを、OTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。

〈FUJI ROCK FESTIVAL'16〉を経て成長したホムカミのミニ・アルバムが完成!


Homecomings / SYMPHONY

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 378円(税込) / アルバム 1,404円(税込)

【収録曲】
01. PLAY YARD SYMPHONY
02. SLACKER
03. PAINFUL
04. WELCOME TO MY ROOM
05. PLAY YARD SYMPHONY(BUSHMIND remix)


Homecomings/SYMPHONY trailer


【REVIEW】 Homecomings

無敵感。なぜあの頃はあんなに根拠のない自信だけで生きていけたのだろうか。身勝手で、不遜で、大人になった気になって達観して。学校という小さなコミュニティのなかでは自分が全て正しい世界。羞恥心と自尊心だけは一人前に持っていて、傷つくことに対しては人一倍敏感で。夢も目標もなく、漠然とした”楽しい”だけを求めて無茶をして、刺激がないと退屈だと嘆いて時間をゴミ箱に捨てていく日々。それでもなぜか自分には自信があって、この先成功しかないと思い上がっていた。

『SYMPHONY』を聴いて、そんな幼かった自分の記憶がつい蘇ってしまった。当たり前だが、人には人それぞれ思い出があって、お互いの思い出が繋がることなんてことは滅多にない。しかし、この『SYMPHONY』は、お互いのまだ子供だったときの記憶を感覚的な部分で交わらせ、思い出を美化させて倍音で響かせてくれる、文字通りの”交響曲”たちなのだ。

M1「PLAY YARD SYMPHONY」のキックとスネアがまるで跳ねているバスケットボールのように聴こえる〈The basketball bouncing down the basement stairs〉” 地下室の階段を跳ねるバスケットボール”のサウンド。遊んでいるのか、練習しているのか。そんな風景が頭に浮かぶ音像に、バンド初のストリングスアレンジが加わることでまるで広い運動場のような壮大なスケールを感じさせる。運動場でバスケ。秘密の場所に屯っておしゃべり。放課後、コンビニに寄って買うアイス。いろんな人の思い出を想像させてくれるこの楽曲は、ホムカミのいままでのアンセムであった「HURTS」を超える名曲だと断言できる。


Homecomings/PLAY YARD SYMPHONY

M2「SLACKER」は”よう怠け者どの”ではじまるキャラクターになりきった歌詞が魅力的。彼女のことを慕う怠け者が描かれ、何もできずに自堕落に毎日を過ごす自分もどこか不思議とカッコ良く見えてくる。M3「PAINFUL」では、ホムカミならではの行間を辿っていくアメリカ文学のようなロマンチックな歌詞から思春期の甘酸っぱさが感じられ、M4「WELCOME TO MY ROOM」では1stアルバム『Somehow, Somewhere』収録の「DANCING IN THE MOONLIGHT」を彷彿とさせるホムカミ節全開のモータウン・ポップが印象的。全体を通して切なさや悲哀、羨望や憂いを主人公的思考で運命的に捉えてしまう学生のある種の無敵感が歌詞に滲み出ている。

これまで日常のある部分を切り取ってきたストーリー・テリングなHomecomingsの音楽は、ついに僕達の思い出にまで手を伸ばし、共感だけには留まらない、心の機微さえも精密に捉えた音楽に深化を遂げたと言っていいだろう。そして『SYMPHONY』は少し大人になった僕に、あの頃あった無敵感が”幼さ”と同居していたことを気付かせてくれる。(Text by 高橋秀実)

Homecomingsの過去作品はこちら

LIVE SCHEDULE

EVENT SCHEDULE
〈Homecomings presents "BOWLER'S DELIGHT"〉
2017年7月5日(水)@東京 渋谷 O-nest
2017年7月16日(日)@宮城 仙台 enn3rd
2017年8月18日(金)@京都 京都 磔磔
2017年8月27日(日)@石川 金沢 vanvan V4

TOUR SCHEDULE
〈Homecomings "PLAY YARD SYMPHONY" TOUR〉
2017年9月7日(木)@愛知 名古屋 TOKUZO
2017年9月8日(金)@大阪 梅田 シャングリラ
2017年9月9日(土)@東京 渋谷 WWW
2017年9月15日(金)@福岡 the voodoo lounge
2017年9月16日(土)@広島 BANQUET(SPACEO92)

Homecomingsのライブ詳細はこちらから

PROFILE : Homecomings

2012年結成。京都在住、女の子3人+男の子1人の4ピース・バンド、Homecomings。通称ホムカミ。

シングル『HURTS』のリリース以降知名度が急上昇。昨年5月には2ndアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』をリリースし過去作が全てロング・セラーを記録している。海外文学やUSインディーに影響を受けたサウンドと歌詞は一級品。なかでも歌詞はインディ・ロック・シーンで卓越したものとなっており、たびたびそのステーリー・テラーぶりから海外文学と同等レベルと評される。ギター・ポップと形容されることが多いが、近年では洋楽志向のインディーからオルタナまで幅広い層に向けたギター・ロックが彼らの魅力となっている。

今年2月にはイラストレーターのサヌキナオヤ氏と新たなイベント〈New Neighbors〉をスタートさせ、映画『アメリカン・スリープオーバー』を上映。映画を見終わった後にライヴを行う、音楽 × 映画の斬新な企画にチケットはソールド。好評を博した。そして本作のジャケットはサヌキナオヤ氏がイラストを担当。デザインは映画「アメリカン・スリープオーバー」のパンフレットデザイン等も手掛ける佐川まりの(gucchis free school)が手がけるなど、繋がりが産んだ作品となった。

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸