世界中を旅するサイケデリア──Tempalayが詰め込んだ音楽のサラダボウル『from JAPAN 2』

キャリア初となるワンマンライヴから〈FUJI ROCK FESTIVAL’15&17〉の出演まで果たし、勢いが止まらないTempalay。最近ではそのラフでヒッピーのようなビジュアルからGAPともコラボレーションし、ファッション界からも熱視線を浴びている。そんな音楽シーンで異端児的存在ともいえるTempalayが、この度2ndアルバム『from JAPAN 2』をリリース。いままで同様、異国情緒漂うソフト・サイケが軸になっているアルバムではあるが、本作ではいままでよりその軸の太さや幅、種類が豊富になった印象がある。常に海外に目を向けてきた彼らがワールド・ミュージックを独自に焙煎し、サイケデリアとブレンドさせ、ロックとして抽出するのは、当然の経緯だったのだろう。そんな世界中の常夏を濃密な1枚に凝縮させたTempalayの『from JAPAN 2』。OTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。

異国情緒漂う多国籍なソフト・サイケ・アルバムをハイレゾ配信!


Tempalay / from JAPAN 2

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 324円(税込) / アルバム 2,700円(税込)

【収録曲】
01. TIME MACHINE
02. 新世代
03. かいじゅうたちの島
04. 革命前夜
05. 夏の誘惑
06. my name is GREENMAN
07. ZOMBIE-SONG feat. REATMO
08. made in Brazil
09. インスタントハワイ
10. 深海より
11. San Francisco
12. 革命
13. それじゃまた


Tempalay/ 革命前夜


【REVIEW】 Tempalay 『from JAPAN 2』

東京で酩酊し、アビー・ロードを酔歩。カリブ海を漂流し、リオのカーニバル。サンフランシスコからハワイを思い出して、東京で目を覚ます。

Tempalayの『from JAPAN 2』をごくごく簡単に言語化するとこんな感じだろうか。東京のライヴハウスから異国へトリップしたような甘く脱力感のあるソフト・サイケ。これまでもその異国情緒ある音楽性から、他のバンドと括られることが少なかったTempalayだが、本作ではその音楽に、より多国籍性が加わり、さながら音楽のサラダボウルとなっている。


Tempalay / かいじゅうたちの島 (Short Ver.)「from JAPAN 2」CM

以前からTempalayは日本の音楽と海外の音楽を比較し、日本にいる自分たちに葛藤や諦念を抱きながら、皮肉を交えつつ向き合ってきた。前作の2nd EP『5曲』では全5曲ある楽曲のタイトルほぼすべてにアメリカの地名を堂々とネーミング。〈SXSW〉を経て、刺激的なアメリカへの都市の情景をモチーフに創られた前作EPから本作にはM7「ZOMBIE-SONG feat. REATMO」(この楽曲もカリフォルニア州サンタモニカがモチーフ)、M11「San Francisco」の2曲が収録されている。さらに本作のタイトルが『from JAPAN 2』と1stアルバム『from JAPAN』からの地続きとなっていることも、対海外という哲学がまだ続いている表れであるだろう。

そんな海外志向だったTempalayだが、本作ではそのUSソフト・サイケ成分のほかにUKやラテン、そしてトロピカルなハワイアン・クラシックの成分まで配合。それまでの彼らの理想郷だったUnknown Mortal OrchestraをルーツにしたUSサイケデリアに、UKロックからワールド・ミュージック的な成分も加わった。ザ・ビートルズ直系のストレートなUKロックを鳴らすM3「かいじゅうたちの島」、メロウなグルーヴが心地よいM4「革命前夜」。初期から存在しつつもいままで収録されていなかった、スティール・パンとサンバ笛がカーニバルを想起させるM8「made in Brazil」、そしてスティール・ギターがトロピカルなムードを演出するM9「インスタントハワイ」。かと思えば、キューバ革命を思わせるライオット感で切迫したイントロが特徴的なM12「革命」。フロム・ジャパンから、どこへでも行ける多国籍性。Tempalayが抱いていた海外への憧憬は、収まることを知らないどころか、かえって広がりを見せてしまった。

Tempalayの『from JAPAN 2』。たしかに彼らには日本は小さすぎる。(Text by 高橋秀実)

Tempalayの過去作品はこちら

RECOMMEND

TENDOUJI / MAD CITY

8月9日にリリースした彼らの1stフル・アルバム『MAD CITY』。いい具合に気の抜けたパーティー感が魅力として余すことなく炸裂! TENDOUJIは、2015年に中学の同級生であったヨシダタカマサ(Ba)、アサノケンジ(Gt,VO)、モリタナオヒコ(Gt,VO)と、後輩であるオオイナオユキ(Dr)により結成。1回聴いただけで口ずさむことができるようなキラーチューン満載!

この作品に関する特集ページはこちら

PAELLAS/YOUR ROMANCE / lute

〈Littleize records〉所属のPAELLASとYOUR ROMANCEという東京インディーシーンを牽引する2組によるスプリットEPが〈2.5D PRODUCTION〉からリリース!更に音楽を中心にカルチャー好き必見の動画を連発するメディアluteにて2組のMVが公開中!

ドミコ / Delivery Songs

Tempalayとも親交の深い、川越発のサイケデリック・ポップ2ピースバンド、ドミコの至極のキラーチューンが詰まった2ndミニ・アルバム! ポストパンク、サイケ、ガレージの日本語で独自のトイポップ・サウンドを形成。サイケでシューゲイズしていく淡い音像、夢見心地なボーカルとボヤけた輪郭の中に垣間見得るドラマチックな美しいアルペジオ、キャッチーなメロディにのった日本語詞の言葉遊びには確かなポップセンスを感じさせる1枚。

LIVE SCHEDULE

EVENT SCHEDULE
〈Tempalay インストアイベント ライヴ&サイン会〉
2017年09月23日(土・祝)@タワーレコード新宿店7Fイベントスペース

タワーレコード新宿店でのイベントの詳細はこちら

TOUR SCHEDULE
〈Tempalay『from JAPAN 2』リリース記念ワンマン公演 〜ウィアーフロムジャパン〜〉
2017年10月13日(金)@東京 渋谷 WWW X
2017年10月20日(金)@大阪 南堀江 SOCORE FACTORY

ワンマン公演の詳細はこちら

PROFILE

結成から僅か1年にして〈FUJI ROCK FESTIVAL ’15〉「ROOKIE A GO-GO」に出演。西海岸やカナダの海外インディーシーンの影響を感じさせる独特のサウンドにどこか懐かしさを感じさせるメロディーと極彩のサイケデリック・ポップに中毒者が続出している東京を中心に活動中の、小原 綾斗(オハラ・リョート/ Gt&Vo)、竹内 祐也(タケウチ・ユウヤ / Ba)、藤本 夏樹(フジモト・ナツキ / Dr)、ライヴのサポート・メンバーのAAAMYYY (エイミー / Cho&Syn)を加えた4人組バンド。最新アルバム『from JAPAN 2』では、レコーディング&ミックスエンジニアにceroやSuchmosの作品等を手掛ける奥田泰次氏、アートワークはニューヨークのCITY MAGAZINEにおいて「世界のファッショングラフィックデザイナー100」のトップに選ばれたアートディレクターYoshirottenが担当。

Tempalayの公式HPはこちら
TempalayのTwitterはこちら

o

 
 

レヴュー

セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
フューチャー・ソウルの新たなページをめくる最新作『ar』──活動再開を果たした吉田ヨウヘイgroupの新作を配信開始!
[CLOSEUP]・2017年11月15日・フューチャー・ソウルの新たなページをめくる『ar』──活動再開の吉田ヨウヘイgroup、最新作を配信開始! 1stアルバム『From Now On』を2013年にリリースして以来、インディ・シーンの注目株として陽の目を観ていた突如、2016年2月に活動を一時休止。同年10月に活動を再開させた吉田ヨウヘイgroupが、『paradise lost, it begins』以来およそ2年5カ月ぶりの4thアルバム『ar』をリリースした。音楽に深い造詣のあるメンバーのセンスや技術が嗜好に寄り添うように体現された本作は、フューチャー・ソウルが盛り上がりをみせる現代の音楽シーンに一石を投じる作品となっている。アルバム全12曲、すべての楽曲で異なる表情を写す吉田ヨウヘイgroupの現在のフェーズが伺える最新作を、OTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 吉田ヨウヘイgroupの約2年半ぶりの新作を配信開始! 吉田ヨウヘイgroup / ar'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 2057円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
筆者について
同じ筆者による他の記事