Alfred Beach SandalとSTUTSが遂に本格タッグ──南国の夜へトリップさせる、極上のメロウネス

トクマルシューゴ、ceroの高城晶平、ミツメの川辺素、王舟等、現在のインディ・シーンを引っ張るバンドマンから熱烈な支持を集める、北里彰久のソロ・プロジェクトAlfred Beach Sandal。ニューヨーク・ハーレムでの路上ライヴ動画が話題となり、その後リリースした1stアルバム『Pushin’』がヒップホップ・シーンで絶賛。アナログ盤が各レコード店で即完となったSTUTS。

以前より2人は、2015年にAlfred Beach Sandalの「Soulfood」にSTUTSが参加したり、翌年にSTUTSの「Sail Away」でAlfred Beach Sandalがヴォーカルを担当するなど親交が深い。そんな、インディ・ロック・シーンとヒップホップ・シーンで活躍していた2人が遂に、本格タッグを組んで『ABS+STUTS』をリリースする。これまでの2人の音楽性や経験が結実した、インディ・ロックとヒップホップをクロスオーバーさせた本作をレヴューとともにお届けする。

本格タッグでリリースする極上メロウ・ナンバー集!


Alfred Beach Sandal + STUTS / ABS+STUTS

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 1,230円(税込)

【収録曲】
01. The Chase
02. Horizon
03. Daylight Avenue
04. Siesta
05. Quiet Blue
06. A Song of Last Things

【REVIEW】『ABS+STUTS』

このアルバムは、目をとじるだけで半日間の小旅行をした夢見心地な気分になれる。そして実際に夢のなかに埋没させられる、いくら飲んでも(聴いても)副作用のない画期的な睡眠薬なのかもしれない。そう感じることができただけで、もうこの2人がAlfred Beach Sandal + STUTS名義でアルバムをリリースをした意義が見出だせる。まさにこのアルバムは、STUTSが影響を受けている'90s ヒップホップ以降のアーバンなヒップホップとAlfred Beach Sandalのオーガニックなワールド・ミュージックの文脈が合わさった、この2人にしかつくり出すことができないものとなった。

M1「The Chase」から、STUTSお得意のナイト・クラブで踊り合う光景が頭に思い浮かぶアーバン・メロウなトラック。そこに北里の魅力である脱力したヴォーカルが重なったかと思えば、ceroの荒内佑とミツメのnakayaanがゲスト参加したM2「Horizon」ではグルーヴィーなベースが印象的なイントロから艶かしいメロディに流れ込む構成が実にロマンチック。


Alfred Beach Sandal + STUTS / Horizon

そしてM4「Siesta」では、Alfred Beach Sandalの特徴であるアンビエント / チルアウト・テイストのリゾート・ミュージックが南国の夕焼けの切なさを想起させる。大比良瑞希がコーラスで参加し、思い出野郎Aチームのゴキゲンな演奏をサンプリングしたM5「Quiet Blue」は70’s AOR / ニュー・ソウルを現代語訳したネオ・ソウルに。アルバムを締めくくるM6「A Song of Last Things」は、1日の終わりの充足感をアコースティックで落とし込んだ、満腹のときのようなまどろみを味わえるセンチメンタル・ナンバー。

全体をとおしてこのアルバムを聴くと、夕方から夜、そして深夜と、まるでいつの間にか南国へトリップしている感覚にさせられる。まるでうたた寝をして、旅の夢を見ているようで気持ち良いのだ。それはこのアルバムからレコードの手触りが漂うことからも分かるように、聴き流すための音楽ではなく、聴き入る音楽であることの証明であると言える。ゲスト参加や競演を重ね、プライベートでも親交の深い2人だからこそ産み出された最新作『ABS+STUTS』。メロウ・ヒップホップの傑作といって間違いないだろう。(texted by 高橋秀実)

今作参加アーティストの作品も配信中

Alfred Beach Sandalの過去作品はこちら


過去の特集ページ
>>『Unknown Monument』レヴュー
>>『DEAD MONTANO』レヴュー
>>『One Day Calypso』リリース記念インタヴュー
>>『Alfred Beach Sandal』レヴュー

STUTSの過去作品&参加作品はこちら

LIVE INFORMATION

EVENT SCHEDULE
〈Alfred Beach Sandal + STUTS 『ABS+STUTS』リリース記念 ミニライヴ & サイン会〉
2017年6月22日(木)@博多マルイ6F HMV & BOOKS HAKATA イベント会場

HMV & BOOKS HAKATAでのイベント詳細はこちらから

〈Alfred Beach Sandal + STUTS『ABS+STUTS』リリース記念 ミニライヴ & サイン会〉
2017年7月5日(水)@タワーレコード渋谷店 4F イベントスペース

タワーレコード渋谷店でのイベント詳細はこちらから

TOUR SCHEDULE
〈“ABS+STUTS” Release Tour〉
2017年6月29日(木)@台北 The Wall
2017年7月16日(日)@表参道WALL&WALL
2017年8月5日(土)@新栄Live & Lounge Vio
2017年8月6日(日)@大阪CIRCUS
2017年9月1日(金)@福岡KIETH FLACK
2017年9月3日(日)@熊本bar Abyss
2017年9月9日(土)@OKINAWA...

Alfred Beach Sandalのライヴ詳細はこちらから
STUTSのライヴ詳細はこちらから

PROFILE

Alfred Beach Sandal

キャッチコピーは【カリブ海のキャプテン・ビーフハート】。
Alfred Beach Sandalは北里彰久(Vo.&Gt.)のソロ・プロジェクトである。もともと2006年頃からMOXA DELTAのヴォーカル&ギターとして活動をはじめ、2009年に新たにトAlfred Beach Sandalとして活動をスタート。以降、ラテンやアフロ、ブラジルやハワイアンなど、ワールド・ミュージックをルーツを独自に解釈したポップ・センスが話題となり、ミュージシャンや音楽業界内外から熱烈な支持を集めている。

>>>Alfred Beach Sandal公式HP


STUTS

1989年生まれの愛知県名古屋市出身。ラ・サール高校を経て、東京大学、大学院に合格するなど高学歴な一面も持つ。
2013年2月に大学の卒業旅行で行ったニューヨーク・ハーレム地区の路上でMPCライヴを敢行。その動画をYouTubeに上げるとたちまち話題に。小学生の頃からヒップホップに関心を持ち、高校1年生のときからトラックをつくりはじめ、A Tribe Called Quest、Q-Tip、DJ Premier、Pete Rockをフェイヴァリットに挙げ、影響を公言している。

>>>STUTS公式HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
筆者について
同じ筆者による他の記事