多彩な"名場面"の結晶――Alfred Beach Sandal、新境地を開拓したアルバムをリリース!

ロックやブラック・ミュージックの他にさまざまなジャンルの音楽を吸収し、独自の音楽センスでこれまでに唯一無二な作品を世の中へ送り出してきた北里彰久(Vo, Gt)によるソロ・ユニット、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)。『Dead Montano』以降のお馴染みの岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)はもちろん、ビートメイカーのSTUTS、さらに、フルートの池田若菜(吉田ヨウヘイgroup)、トランペットの高橋三太(1983など)が参加したアルバム『Unknown Monument』をこのたびリリースした。これまでのABSにさらなるエッセンスが加わった今作をレヴューとともにお楽しみいただきたい。

Alfred Beach Sandal / Unknown Monument

【配信形態】
16bit/44.1kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 257円(税込) / アルバム 2,160円(税込)

【アルバム購入特典】
歌詞ブックレット(PDF)

【Track List】
01. 名場面
02. Supper Club
03. Cool Rununings
04. Dynamo Cycle
05. 祭りの季節
06. おもかげ
07. Fugue State (feat. 5lack)
08. Town Meeting (prod. by STUTS)
09. Honeymoon
10. Swallow

REVIEW : Alfred Beach Sandal

「歳をとるほどに自由になっていく」という言葉を漫画で読んだのは、まだ高校生の時だったか。しかしいざ30の歳になってみれば、なんと制約の多いこと。そんな制約らに追われているうちに感覚は着実に年老いていく。自由で在り続けるのは難しいし、自由になっていくのはもっと難しく、冒頭の言葉なんて漫画ごと忘れていた。思い出したのは、Alfred Beach Sandal(以下、ABS)の新作『Unknown Monument』を聴いたから。

2010年に発表された自主制作CDR『Alfred Beach Sandal』は弾き語りのみで構成され、「エイブラハムの髭占い」「中国のシャンプー」など曲名だけで異国情緒が匂い立つ作品になっていた。2011年に発表された『One Day Calypso』はそれらの楽曲を軸に、多彩なゲスト・ミュージシャンを迎え、変拍子ドラムやスティール・パン、ホーンが踊り回る、即興セッションの一夜を切り取ったような作品だった。その後、2013年に発表された『DEAD MONTANO』ではそれまで彼の楽曲の中心を流れていた「異国情緒」というモチーフが薄まり、その代わりか、夏の景色が歌詞に度々映り込んでいたように思う。即興的なアレンジも減り、バンドの音になったという印象。この変化を経て次はどう来るのかと思っていたら、本作ではモチーフとなるものは見当たらず、今までになくジャンルに富んだ内容に仕上がっていた。

最初期から持ち味としてきた胸ににじむような弾き語りもあれば、混沌と爽やかさが駆け抜ける独特のポップ・ソングも健在。目新しき点は、先行シングル『Honeymoon』が予告していた通り、ファンクやR&B、HIP HOPなどブラック・ミュージックの要素が濃い楽曲が多々あること。以前ABSこと北里彰久にインタヴューした際、それまでは飄々としていた彼が、ブラック・ミュージックの話題になると熱くなって語ってくれたことを覚えている。しかし、それだけ好きなのになぜようやく今になって、その憧れを前面に出した曲を作ろうと思ったのだろう。やはり、メンバーとの出会いが大きかったのではないだろうか。

「その都度編成のことなるフリーフォームなソロ・ユニット」を名乗っていたABSだが、前作『DEAD MONTANO』からは岩見継吾(Ba)と光永渉(Dr)とのトリオ編成を軸に活動し始め、本作もこのメンバーを中心に制作されている。岩見はロック・バンド、ミドリのイメージが強いが、学生時代からジャズ・クラブで演奏するほどの根っからのジャズ・ミュージシャン。光永はファンクやジャズ、ソウルに乗せたラップが印象的なバンド、チムニィのドラマーであり、ブラック・ミュージックをシティ・ポップに昇華させたceroの名盤『Obscure Ride』にもサポートで参加している。つまり、ABSは今ブラック・ミュージックをやるに最良のメンバーを得ているという事。3人用のリズムが成熟したところで、満を持してかつてからの憧れに正面きって挑戦したのが本作なのではないだろうか。それはゲストにラッパーの5lack、ビート・メーカーのSTUTSを迎えていることからも窺える。それらの音を、熱を、包括して作品に落とし込んだのは、これまでFISHMANSやUAなど数多くの名盤を世に送り出してきたレコーディング・エンジニア、zAk。豪華、かつ意外すぎる面々を率い、北里は憧れを自らの音楽に取り込む。

なんて、聴けばそんな肩肘張った作品でもないのだけれど。冒頭の言葉にあるように、彼は音楽家として歳をとるほどにテーマを手放し自由になっていくので、次どこに向かうかは読めない。でも私が勝手にこの作品にひとつテーマを見つけるならば、1曲目の名前そのまま「名場面」。彼の書く詞は映画的な面があるので、この一言で多彩なジャンルも一作品としてまとまりだす。そんな風にABSを好きに解釈して楽しんでいるうちは、実は私もうまく歳をとって自由な大人で居られているような気がしなくもない。(text by 水嶋美和)

過去作はこちら

【過去特集】
『Alfred Beach Sandal』配信&レヴュー
『One Day Calypso』配信&インタヴュー
『DEAD MONTANO』配信&レヴュー

LIVE INFORMATION

Alfred Beach Sandal『Unknown Moments』発売記念 ミニライヴ&サイン会
2015年9月3日(木)@タワーレコード難波店 5Fイベントスペース

Unknown Tour
2015年9月4日(金)@岡山 YEBISU YA PRO
w/ トクマルシューゴ

2015年9月5日(土)@福岡UTERO
w/ NONCHELEEE

2015年9月6日(日)@京都磔磔
w/ 白い汽笛セクステット

2015年9月12日(土)@札幌Duce Sapporo
w/ 柴田聡子

2015年9月13日(日)@仙台FLYING SON
w/ ミツメ

2015年9月26日(土)@名古屋TOKUZO(※ワンマン)
2015年9月27日(日)@大阪Shangri-La(※ワンマン)
2015年10月4日(日)@東京代官山UNIT(※ワンマン)

PROFILE

Alfred Beach Sandal

2009年に北里彰久(Vo, Gt)のフリー・フォームなソロ・ユニットとして活動開始。ロックやラテン、ブラック・ミュージックなど、雑多なジャンルをデタラメにコラージュした上に無理矢理ABS印のシールを貼りつけたような唯一無二の音楽性で、真面目に暮らしている。2013年のアルバム『Dead Montano』以降は、岩見継吾(Wb)、光永渉(Dr)とのトリオ編成を軸として、美学をつきつめ中。

>>Alfred Beach Sandal Official HP

o

 
 

インタヴュー

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
キイチビール&ザ・ホーリーティッツを構成する音楽とは? 1stアルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年02月07日・キイチビール&ザ・ホーリーティッツを構成する音楽とは? ──穴だらけのポップスに垣間見る意志の強さ 《ハッピーサッドの先のハッピー》を歌い奏でるユルくて鋭い5人組バンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。Theピーズやホフディランなど、90年代のロック・バンドの影響を感じさせつつも、彼ら独特のユルくて鋭いサウンドを展開するこのバンド、あなたのハートをグッと掴むこと間違いなしです! とにかくOTOTOY大プッシュの彼らの魅力を伝えたい、ということで音楽ライター岡村詩野による、バンドのソングライター、キイチビールへのロング・インタヴューを掲載! これを読めばキイチビール&ザ・ホーリーティッツのことがまるわかり!? 待望の1stフル・アルバム『トランシーバ・デート』の配信も、ハイレゾ配信はOTOTOYだけなので合わせてどうぞ〜。 待望の1stフル・アルバム・リリース! ハイレゾはOTOTOYだけ! キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / トランシーバ・デート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事