中期THE BEATLESを再現するユニットが誕生!

世界を変えた伝説のロック・バンドと1文字違い(英字では2文字違い)の名を持つ彼らは、中期THE BEATLESを再現すべく結成されたユニット。結成の発端となる出来事が起こったのは2011年11月。巨大掲示板ウェブ・サイト「2ちゃんねる」で流れた「THE BEATLESの未発表アルバム『RED』がリリースされるらしい」というデマに踊らされ、末に落胆したミュージシャン3人が「ないのであれば作ってしまえ」と集まり完成させたのが本作『RED』。今作を聴いてTHE BEATLESを懐古するもよし、THE BEATLESの現代的な解釈として受け取るもよし。オリジナルへの深い愛に裏打ちされた完成度の高いオマージュ作をお楽しみください。

RED

the Bootles

Album ¥1,000

the Bootles / RED

【価格】
MP3 : 150円 / 1000円
WAV : 200円 / 1200円

【Track List】
1. Heroin Baby / 2. Bloody Mary / 3. Kick in,Court / 4. Surfin United Kingdom / 5. Queen Of Night / 6. At All In The John / 7. Always / 8. King's Lover Mikkel


THE BEATLESもまた、彼らを真似することはできないだろう

妙な話だが、このthe Bootles『RED』は発表される前から、いや、もっと正確に言えば楽曲が制作される前から某ウェブ・サイトに解説が掲載されていた。『RED』“公式”ウェブ・サイトを先に見てみてほしい。(http://vipper.lv9.org/jp/)

そこには2012年1月11日に発表される予定だったTHE BEATLESの未発表アルバム『RED』のリリース情報が掲載されている。無論、そんなものが本当に発売されていたらもっと大騒ぎになっているはずだ。そう、このウェブ・サイトはよくできたただのフェイク。そしてTHE BEATLES『RED』も大型掲示板サイト「2ちゃんねる」で流されたまったくのガセネタだ。それが起こったのが2011年11月、多くの音楽ファンがこのニュースに胸を熱くした。それだけが真実。だってもしもこれが本当だったなら、もはや世界で共通認識となった既成概念“ロック”が、また覆されたのかもしれないのだから。

しかしこの多くの人を落胆させた愉快犯、どうも嫌いになれそうもない。この嘘にはファン同等、もしくはそれ以上の愛を感じるからだ。偽ウェブ・サイトで、偽ポールは『RED』のタイトルの由来についてこう語る。「ある日スタジオのキッチンで蛇口をひねったら、赤く染まった水が出てきた。真っ赤な水だ! びっくりして皆を呼びつけた。するとジョンが天を仰いだ。『恵みのワインだ!』手の込んだイカれた遊びさ」「でもあの『色』がずっと頭に残っていたんだ。みんなも同じだった。結局これがアルバムのタイトルになった。当時の僕らを主張するにはピッタリな色だ。他にも何か理由があったかな。思い出せない」冷静に考えれば、本物のTHE BEATLESのウェブ・サイトにしてはあまりにもチープな出来だ。でも、こんな嘘なら騙されてもいい。そう思った人が多かったから、Yahoo!ニュースで取り上げられるほどにこのデマが拡散していってしまったのではないだろうか。

さて、そろそろthe Bootlesの話をしよう。このデマに踊らされた末に落胆した3人のミュージシャンが「ないのであれば作ってしまえ」と言って完成させたのが本作『RED』。曲名も偽サイトに記された収録曲と同じだ(「Penny Lane」と「Strawberry Fields Forever」は除く)。各曲解説“シタールとギターが絶妙に絡むジョージの『Heroin Baby』”“バロック風のハープシコードと美しいストリングスが奏でるポールの『Bloody Mary』”にも忠実に作られている。仕様も偽サイトの情報のまま。録音も当時の機材を使用。しかしこの音源で驚くべき点は何よりそのクオリティーだ。しかし中の人間のことを知れば、そこにも深く納得がいく。

ボーカル、ギター、ベース、シタールを担当した大島輝之は大谷能生や植村昌弘が参加するトリオ・バンド、simのリーダー。2011年、相対性理論のやくしまるえつこの声を極限まで分解したソロ作をリリースし話題を呼んだ。そしてボーカル、ギター、ベースを務める中村公輔はNeinaや繭といったエレクトロニカ・ユニットでデビュー後、Kangaroo Paw名義でソロ作を発表し、レコーディング・エンジニア、アレンジャーとして多くの作品に携わっているミュージシャン。また、ボーカルと全曲の作詞を務めたTamuraryoは昨年デビュー作『17th reprise』をリリースしたシンガー・ソングライター。ノイズを敷き詰めたトラックに乗る甘い声が印象的な作品だ。そんな日本の音楽シーンを牽引するミュージシャン3人が、「あの4人がこの時期に音楽を作っていたらどんな風になっていたのか」を研究・想像し、自分達なりに噛み砕き、吐き出した音が本作『RED』。「THE BEATLES完全再現ユニット」と銘打たれているが、相手はロック/ポップスの概念をデビューから解散までの7年間で何度も覆し、世界で最も成功したグループ・アーティストとしてギネス・ブックに記録されているほどのスーパー・スター。彼らだけが持ち得た才能、感覚、4人合わさった時に出るグルーヴとサウンドまでもを真似することは到底できまい。しかし本作で特筆すべきは、THE BEATLESもまた、the Bootlesを真似することは出来ないであろうことだ。1960年代にリヴァプールで起こり世界に拡散した音楽を、2010年代の日本人が解釈する。海を渡り、時代を渡り、発信される本人たちには届かないかもしれないアンサー・ソングたち。オリジナルへの深い愛と敬意がなければ成立しえない作品、そして物語だ。

奇跡的な出会いを経て結成されたTHE BEATLESだが、『Abby Road(1969)』制作時にはバンドの解散を意識していたという。様々な音楽性を網羅したこの名盤はそれだけに各々の方向性の決別を示唆していたのかもしれない。一方、the Bootlesは3人のソロ・ミュージシャンが集まって結成されたユニットだ。気になるのは、the Bootlesがこの先続くのか否かである。(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

Howler / America Give Up

米ミネソタ州、ミネアポリス出身の5ピース・ティーンエイジ・ロックバンド、Howler。60年代アメリカンロックと80年代パンクの影響を受けるロック・サウンドにポテンシャルを感じたジェフ・トラヴィス(The StrokesやThe Libertinesなど、良質なロック・バンドを輩出してきた老舗レーベル、ラフ・トレードのレーベル・オーナー)が即契約。満を持してデビュー・アルバムをリリース!

Thurston Moore / Demolished Thoughts

ソニック・ユースのフロントマンとしてUSロック・シーンを牽引し続けるサーストン・ムーアが、盟友ベックをプロデューサーに迎えスタジオ・アルバムとしては約4年振りとなる3rdアルバム『Demolished Thoughts』をリリース。サーストン版『シー・チェンジ』とも言えるロック史に残る大傑作アルバムが誕生!

Apartment / Apartopology

トクマルシューゴ、ケヴィン・バーンズ(オブモントリオール)らが唖然とした珠玉の才能、オーファイ王子アパートメント待望のニュー・アルバム。主に60年代後半を中心としながら、様々な時代の音が次々とカット・アップされて飛び出してくる様はまるでパラレル・ワールド。

the Bootles PROFILE

<member>
中村公輔
大島輝之
Tamuraryo

2011年11月半ば、Beatlesの未発表音源が発売されるという噂が、Twitterを中心に駆け巡った。アルバム・タイトルは『red』。67年初頭、サージェントペパーズ制作直前に作られたが、歌詞の内容が不適切の為マスター・テープの没収となり、数十年の月日を経てこのたび陽の目を見ることになったというものだ。発売を告知するサイトが立ち上げられ、ポールやリンゴ、ジョージマーティンのインタビューや曲の雰囲気、使用楽器なども詳細に書き記されていた。ファンは期待に胸踊り、発売を心待ちにする書き込みがタイムラインを埋め尽くした頃、それはやってきた。釣りでした… 。これは2ch発信のデマで、THE BEATLESが未発表音源を出すことなど無いのだった。このやり場のない気持を一体どこへ持っていけばいいのか? そして、ここに期待に振り上げた拳を、下ろすすべを知らない3人の男たちがいた。Beatlesが未発表音源を出さないなら、自分たちで作ってしまえ! 彼らは偽サイトに記されている通りの仕様で、Beatlesを再現することを思い立ったのだった。

the Bootles official website
2ちゃんねる「THE BEATLESの未発表アルバムが発売か」

>>the Bootles『RED』についてつぶやこう!<<

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
セーラームーンの音楽の世界をオーケストラ・サウンドで再現!クラシック・コンサート・アルバム・リリース!
[FEATURE]・2017年12月11日・祝セーラームーン25周年! 史上初となったクラシック・コンサートの模様を収録したアルバムをハイレゾ配信! 2017年で『美少女戦士セーラームーン』は誕生から25周年! 周年を祝うプロジェクトの1つとして今年8月2、3日に東京芸術劇場にて開催された、史上初の『美少女戦士セーラームーン』クラシック・コンサートの模様がこの度ハイレゾ音源化! 作品を彩り、時を越えて今もなお愛され続けている名曲たちが珠玉のオーケストラ・サウンドであなたの耳でも甦ります! OTOTOYでは当日のコンサートにも出向き、その日の興奮を実際に体感したライターによるレヴューを掲載。是非とも良い音で迫力のサウンドに触れてみてください! セーラームーンの名曲たちを極上のオーケストラ・サウンドで美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert ALBUM'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 432円(税込) / アルバム 4,200円(税込)【収録曲】01. アバンタイトルBGM オープニングナレーション02. ムーンライト伝説03. 愛の戦士04
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事