ときめき☆ジャンボジャンボ、鮮やかなる2ndアルバム完成!

2005年より関西のライヴ・ハウスを中心に活動するインストゥルメンタル・バンド、ときめき☆ジャンボジャンボが、自身で「ファーストにしてベスト」と語った前作『ECLAT』から2年ぶりとなる新作『stella(ステルラ)』をリリースする。これまでプログレッシヴ・ロックともポップ・ミュージックとも評されてきた彼らだが、結成から一度もぶれたことのない音楽の芯の部分、それは作曲する上で明確な物語を作り、曲の中心に常においておくこと。『stella』とはラテン語で “恒星”を意味する。本作ではどのような物語を描いたのだろう。

前述にもある通り、前作は彼らにとってベスト・アルバムとなった。そして今作を聴いて感じたこと、彼らは今活動7年目にしてひとつのターニング・ポイントを迎えているのではないだろうか。言葉を持たないことにこだわり続けた彼らだが、本作の中で一曲、歌ものに挑戦している。これにはどんな心境の変化があったのだろうか。結成から今に至るまでのバンドのストーリーから、インストであることにこだわり続けた理由、歌を始めた理由、今作のタイトルに秘められた物語について、バンド結成の発起人でありベース担当のハヤシユウジとピアノ担当のhirocopackに話を伺った。

インタビュー&文 : 水嶋美和

左からハヤシユウジ、hirocopack (photo by 赤井裕)

全曲フル試聴実施中! (2012/7/31〜8/31)

★全曲試聴は曲名をクリック!

  発売日 2012/08/01

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


ときめき☆ジャンボジャンボ / stella
ドラマチック・インストゥルメンタル・ロック・バンド、ときめき☆ジャンボジャンボの2ndアルバムが完成! バンド名からはおよそ想像もつかない楽曲達は、言葉を使わず変拍子を織り交ぜたインストゥルメンタル中心の音楽スタイルで展開され、巧みなアンサンブルでもって、別世界へと引きずり込んでゆきます。さらに本作では、バンド結成以来初の”歌”の入った感動的なバラードも収録。

1. 秘密の呪文 / 2. Nina / 3. train / 4. jalopy rendez-vous / 5. Europa / 6. 雨過の舟
価格 : mp3 600円 / wav 800円

ハヤシユウジ&hirocopack INTERVIEW

——バンド結成の経緯を教えてください。

ハヤシユウジ(以下、ハヤシ/Ba) : 元々は「マグニチュード7」という大阪芸大のサークルで結成したバンドが最初にあって、卒業のタイミングでメンバーが何人か抜けたんですよ。その残党で結成したのが2005年、今あるバンドの始まりです。

——何でこんなポップな名前にしようと思ったんですか?

ハヤシ : メンバーが抜けて、もう7人じゃないからマグニチュード7ではないよな、と。「じゃあ俺バンドの名前考えてくるわ」って言って、お風呂で思い付いたのが「ときめき」と「ジャンボ」だったんです。メンバーには「今回はほんまに売れにいくから」って宣言してて、待って出てきた名前がこれやったから最初はみんなに俺の本気が伝わりませんでしたね… 「ときめき☆ジャンボジャンボでいこうと思う」「わかった」で、次のスタジオ入った時に「で、バンド名何にする? 」って(笑)。英語でスマートでかっこいい名前もいいとは思うんですけど、覚えてもらいにくいし、変な名前の方が見る人のハードルを下げれるかなあと。

――売れにいくと意気込んでいた割には消極的ですね(笑)。

ハヤシ : この名前ならライヴを見た時に「意外とかっこええやん!」って思ってもらえるし、ハードルを低くしておけば飛んだ後そのまま全力疾走しやすくなるしね(笑)。

――結成時から今に至るまでメンバー・チェンジはありましたか?

hirocopack(piano) : まあメンバー・チェンジの多いバンドです。巡り巡って今は私以外全員オリジナル・メンバーなんやけど、同じ人が出たり戻ったりしてるからややこしいんですよ。作品で見ると今作と前作でドラムが違ってます。今のメンバーに落ち着いたのは去年の1月ですね。

――hirocopackさんはどういうきっかけでときめき☆ジャンボジャンボに加入することになったのでしょう?

hirocopack : バンドの存在は認識してたんです。加入したのは大学を卒業した頃で、私はゆーきゃんmeetsあらかじめ決められた恋人たちへで鍵盤を弾いていて、夢中夢(ハヤシが在籍していたバンド)と対バンすることもあったし、ときめき☆ジャンボジャンボ(以下、ときめき)のライヴも見たことあったし。それとは別でもう一バンドやりたいなあと思っていたところに、ときめきのメンバー募集の書き込みをmixiで発見したんです。

――大阪・京都のバンド界隈の関係の中で自然に加入したのかと思っていましたが、最初はmixiなんですね。

hirocopack : いや、そこは発見しただけで特にアクションは起こさず。でも気には留めていて、共通の知人に勧められて初めて連絡をとりました。それからファミレスでリーダーのハヤシからバンドの説明を受けて、ちゃんと話をしたのはその時が最初ですね。

――そこではどういう説明を?

hirocopack : このバンドは曲ごとに物語があって、聴く人に情景を思い浮かばせる音楽を作るという指針があると。私も音大ではないけれど大学では音楽系の学科を専攻していたし、幼い頃からYAMAHAに通ってピアノと作曲を習っていたので、しっかりとしたコンセプトをもって音楽を作る姿勢にすごく共感したんですね。いいバンドだなあと思って、今も続いています。
ハヤシ : メンバー側としては「ゆーきゃんmeetsあら恋の人来るで! 」「クラシックやってたんやって! すごいんちゃうん!? 」って盛り上がってました。

――ハヤシさん、自分のハードルは下げておくのに… 。

ハヤシ : 人のハードルは平気で上げます(笑)。

――曲ごとにストーリーを持たせるというコンセプトは、結成時からずっと?

ハヤシ : はい。バンドをやる上でずっと大切にしてきたことです。

――そこにこだわる理由は何でしょう?

ハヤシ : インストゥルメンタルでやろう。じゃあそれでもって何をやりたいのか、はっきりさせておかなきゃいけない。考えた末、映画みたいにストーリーを立てて、その展開に当てはめながら作れば面白い曲が出来るんじゃないかと思ったんです。だから実は、ここのギターのこのフレーズはこの物語のこの場面のこういう状況、感情を表しているとか、設定も細かく決めながら作ってるんですよ。
hirocopack : だからどの曲にも起承転結があって、曲の最後はいつも盛り上がってしまう。

――今作も一曲ごとに一話ずつ?

ハヤシ : 最後の曲だけはちょっと違うかも。

――この曲だけ歌が入ってますね。これはhirocopackさんが?

hirocopack : (苦い顔で頷く)

――そんな顔しないで(笑)。

ハヤシ : ストーリーを作らなあかんと思ってたのは、歌詞がないからなんですよ。歌もののバンドやったらやっぱり歌詞が芯になるから、それを伝えるためにみんなで同じ方向に向かってがーっと集中できる。でも僕らにはそれがないから、芯になる部分に物語をおいて演奏していたんです。でもこの曲には歌詞があるから。物語がない分、歌詞にすごいメッセージを込めました。
hirocopack : 前作を出して、一つの段階でやりきった感があった。じゃあ次、何する? ってなった時に、やっぱりみんなインストやりつつも歌ものが好きやから、やってみたい気持ちもあって。

――インストであることに頑ななこだわりがあった訳ではないんですね。

hirocopack : 「インストで頑張らなきゃ」って気持ちは、今まではあったと思う。今は面白いことならインストに限らずどんどんやっていきたいです。例えばくるりもギター・ロックやったり、クラシックを通過していたり、打ち込み中心になっていたり、アルバムによってアプローチが違うじゃないですか。でもどの作品もちゃんとくるりらしい。うちらももう何をやってもときめきの音になる自信があるので、じゃあ何でもやっていこうよって、今は思えてます。
ハヤシ : 何なら次の作品は全曲歌ものでも良いと思ってるぐらい。ずっとやりたいと思ってることなんやけど、ゆーきゃんやASAYAKE01のような素晴らしい歌い手さんたちと一緒に曲を作ってみたいです。

――物語って基本的には言葉で語るものなので、今までときめき☆ジャンボジャンボが歌なしで築いてきた世界に色んな歌い手の言葉が乗るのは、聴き手としてすごく楽しみです。

ハヤシ : 物語の主人公の淋しい、嬉しいで起こる心の起伏をそのまま音に移したい。曲を作る上で一番大事にしてるのってそこで、感情の動きってやっている行為が違っても同じ感情やったりするじゃないですか。例えば車を運転しててびゅーんって気持ちになる人がいれば、文章を書いててびゅーんって気持ちになる人もいる。インストだと具体的な人物や物を言えないから、そのびゅーんって気持ちだけを伝えることになる。すると聴く人は「ああ、このびゅーんってなる気持ちわかる」って、自分の体感に当てはめて追体験できる。それが言葉を使わない表現の面白いところだと思います。

――言葉がない分自由になるんですね。

ハヤシ : 漫画と小説だったら、漫画の方が絵と言葉両方あって伝わりやすい。小説は文章だけで、絵を想像しながら読む。手間はかかるけど、そのおかげで主人公を自分に置き換えることが出来るようになる。小説がなくならへん理由ってそこにあると思ってて、インストと歌ものの違いもそこなんかなって思うんですよ。例えるなら漫画が歌もので、小説がインストなんかなあと。

ここじゃない別世界に連れて行ってくれるのはインストの方が得意

――今作『Stella』は「恒星」という意味ですよね? これにはどういう物語があるのでしょう?

hirocopack : ちなみにこれ、「ステラ」ではなく「ステルラ」って読むんですよ。バンド名の真ん中に☆が付いているというのもあるし… もう一つの理由は私が居ない間に話されたことなので、はい、バトンタッチ(笑)。
ハヤシ : 今作に収録されている曲は前作『ECLAT』を出した後に出来たものを集めただけなんですけど、全部の曲の物語に「旅」という共通のキーワードがあったんですね。昔の人は星を道しるべにして旅をしていたって聞くし、この作品の登場人物がみんな同じ一つの星を見ながら色んな場所を旅しているっていいなと思って。

――今の話もそうだけど、ときめき☆の音楽って旅は旅でもRPGっぽいなって思うんです。現世の物語ではないというか。

ハヤシ : それ、よく言われる! でもRPGって俺らがやろうとしていることとすごく通じてて、あれも一つの物語があって、主人公になりきって旅をする訳やん。だからそう言われるのは嬉しいです。
hirocopack : 物語の設定もSFっぽいのが多いよね。
ハヤシ : というよりファンタジーかな? この世界じゃない世界での話が好きなんです。漫画や映画やアニメ、リアルじゃないものが好き。音楽でリアルなことを表現するなら歌の方がいい。ここじゃない別世界に連れて行ってくれるのはインストの方が得意やと思います。

――前のインタビューで、hirocopackさんは前作『ECLAT』を「ファーストにしてベスト」と言っていましたが、今作は何でしょうか。

hirocopack : 前作は自分たちの力量を越えて一個一個すごく丁寧に作ったからベスト・アルバムって言ったと思うんですよ。今作はほとんど修正を加えてないから、荒さも勢いもそのまま入ってるし… 何でしょう。確かなのは、等身大の自分たちが入っているってこと。

――生々しいという意味での、ライヴ・アルバム?

hirocopack : うん、ライヴ音源という意味ではなくて。

――では最後に、ハヤシさんはときめき☆ジャンボジャンボ結成時は売れに行く気満々だった訳ですが、そこから7年経った今も同じ気持ちですか?

ハヤシ : 変わりましたねえ。前はメジャーに行くことがひとつのゴールやったけど、今は自分たちの納得のいく作品を世に出し続けることがゴールになってる。いや、だからゴールがないんですよ。
hirocopack : この歳になるとメンバーが就職したり結婚したりで時間を合わせるのも一苦労。バンド続けていくのも大変ですよね。前はメジャーに行きたい気持ちがあったからそこにジレンマを感じることもあったけど、今はこのメンバーでいかに続けていくかを考えるようになりました。就職したってことが、メジャーにこだわらなくなったってことなんでしょうね。でも多くの人に聴いて欲しい気持ちはずっと変わりません。
ハヤシ : まあ今メジャーの話が来たら飛びつくかもしれませんけどね(笑)。でも全員楽器置いて踊れって言われたら、その話は蹴るなあ。

――それで名前がときめき☆ジャンボジャンボだったらただの陽気な集団ですよ(笑)。

ハヤシ : でもそういう売れに行きたいこだわりが抜けて、いい意味で肩の力が抜けた感じが今回の音源にすごく入ってると思います。今聴き直しても、完全に楽しんでるようにしか聴こえへんもん。
hirocopack : さっきの質問に戻ると、このアルバムは2012年の自分たちを切り取った、写真を貼る方のアルバムって感じですね。

RECOMMEND

夢中夢 / イリヤ-ilya-

ポストロック、クラシック、ミニマル、ヘヴィメタルやオルタナティヴが衝撃的な融合を果たした、夢中夢の壮大なるセカンド・アルバム。混沌、静寂、反復…。病める世界の果てで女神が奏でる救済のシンフォニー。

シグナレス / NO SIGNAL

ゆーきゃんmeetsあらかじめ決められた恋人たちへとして結成。活動を重ね、シグナレス改名後の初アルバム。幾多のフェス/ イベントにて圧倒的人気のあら恋サウンド」×「心の琴線にふれるゆーきゃんの声」。この掛け算はダンス・フロアからベッドルームまで、全ての音楽ファンに届く最高の「ダンスmeets フォークアルバム」。

ROVO×SYSTEM7 / PHOENIX RISING LIVE in KYOTO 29.10.2011

2011年10月29日(土)@京都、11月5日(土)@渋谷O-EASTで「Rovo」と「System7」が合体融合して行った「Phoenix Rising Tour」の京都公演の音源。ROVOとSYSTEM7が合体融合して行った「Phoenix Rising Tour」はいずれも満員御礼の大盛況で幕を閉じた。なかでも、彼らが初めて合流して演奏した舞台となった京都。一曲20分を超える壮大な世界観を見せつけた彼ら。至高のサイケデリック空間をこの音源で追体験して欲しい。購入者特典として、当日の模様を収めたデジタル・フォトブックがパッケージされている。

LIVE SCHEDULE

2012年8月5日(日)@京都 二条城前 Live House nano
ときめき☆ジャンボジャンボPresents『ZIGOKUからのフロムヘル!!vol.2』
w / YeYe

2012年8月12日(日)@渋谷HOME
くにピロ企画「やるっきゃナイト(仮)」
w / [lifter] / アカネイロ / サトウトモミ / Contrary Parade / DJ TANACHU/Suzuki-man([lifter])

PROFILE

有光"メイプル"一哉(Guitar)
ハヤシユウジ(Bass)
hirocopack(Piano)
岩井ブロンソン(Drums)

2005年、大阪にて結成。ギター・ベース・ドラムス・ピアノの四人編成。『ときめき☆ジャンボジャンボ』によって生み出された、そのバンド名からは、およそ想像もつかない楽曲達は、言葉を使わず変拍子を織り交ぜたインストゥル メンタル中心の音楽スタイルで、時には「プログレッシブ・ロックである」とも、そして時には「ポップミュージックである」とも言われ、老若男女問わず聴く者 全てをその世界観へと引きずり込んでゆく。音の向こう側に見えるのは、いつも私たちがはじめて出会う、でもどこかノスタルジックな物語。さあ、今宵もロマンティックに…。そして、ドラマティックにまいりましょう! We are tokimeki☆jambojambo!!!!!

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事