サニーデイ・サービス、2年ぶりのシングルは極上のサマー・チューン!!

再結成から6年、独自のペースで活動を続けるサニーデイ・サービスが、2年ぶりの新作『アビーロードごっこ』を発表した。2012年夏に2作連続でリリースされた『夏は行ってしまった』『One Day』に続く、再結成後3作目のシングルとなる本作。ロウなガレージ・サウンドで颯爽と駆けていくタイトル曲、そして暑さがもたらす目眩をゆったりとしたリズムで表現したようなカップリングは、どちらも夏の情景や心象を見事に切り取ったナンバーだ。サニーデイ・サービスが贈るこの夏必聴の2曲、ぜひレヴューとともに耳を傾けてほしい。

サニーデイ・サービス / アビーロードごっこ

【配信形態 / 価格】
ALAC / FLAC / WAV : 450円(単曲は各249円)
mp3 : 400円(単曲は各199円)

【収録曲】
01. アビーロードごっこ
02. サンバ

熱情を儚げに描くこの文学性こそがサニーデイの「らしさ」

「痛ましくも輝かしい、我が少年時代に捧ぐ」

というのは、映画監督の大林宣彦が自身の故郷、尾道を舞台に撮影した青春映画「さびしんぼう」の冒頭で流れる言葉。再結成後にサニーデイ・サービスを聴くとき、私はこの言葉を思い出す。ただし、少し単語をもじって。

「痛ましくも輝かしい、彼、彼女らの青年時代に捧ぐ」

2000年代後半から最近に至るまで、バンド再結成ブームが続いている。再び集まった彼らの演奏は、安定感が増していたり、得も言えぬ渋みが出ていたり、はたまた「長い間、楽器触ってなかったのかな…」と思うこともたまにあったり、いずれにせよ「離れていた時間」を感じさせる。実際離れていたのだから当然のことのように思えるが、不思議と6年前のサニーデイ・サービスの再結成にはそれを感じなかった。止めていた時計の針をまた動かし出した。ただそれだけのことという風に、かつての曲は懐メロにもなっていなければ、新曲に劇的な変化も冒険もない。それは今回リリースされた新譜『アビーロードごっこ』にも同じことが言える。

表題曲「アビーロードごっこ」は、駆け抜け去っていく夏の背中を追うような、爽やかな疾走感が印象的。一方カップリングの「サンバ」はもっとまどろみの中にある、夏の暑さに目眩を起こしたようなサイケデリアを感じさせる曲だ。曲調は違えど、両曲ともに季節の中に描かれたラヴ・ソング。相変わらず彼らの曲の中にいる男女は歳を取ることなく、いつまでも何度でも恋に落ちる。その熱情を儚げに描くこの文学性こそがサニーデイの「らしさ」であり、解散後の10年のブランクを感じさせなかった理由なのだろう。


2年前に発表されたシングル「夏は行ってしまった」

解散後のソロ活動では、生活の変化も、新たに受けた影響も、次々と作品に昇華してきた曽我部恵一だが、サニーデイの再結成後のインタヴューではこう語っている。「もう1回青春をやんなきゃいけない。サニーデイはそういうバンドだったんだ」。彼らはこのバンドの中では、再結成後の新曲であろうと「若者たち」に戻る。それは本作を聴くことでも感じられる。その作品の中にいる男も、女も、「若者たち」のまま。となると、もう1人の登場人物、リスナーは?

90年代にリアルタイムで彼らを追っていた人はすんなり当時の「若者たち」に戻れるかもしれないし、いつまでも相変わらずな彼らの音楽を聴くことで自分の変化に気づくかもしれない。では今まさに10代後半〜20代前半の青年期にある若者にとっては、やはり新鮮に響くのだろうか。それだけではないんじゃないだろうかと、私は期待も込めて思う。彼らは90年代のリスナーとは、時代も違えばとりまく環境も大きく違う。それでも、季節は同じように巡るし、青年期に感じる心の揺れやその因果なんてものは、時代は変われど20年前も今も概ねそんなに変わりはしないだろう。そういった不変のものを、ともに心を揺らしながら、微妙に変わったり戻ったりしながら、描き続けるサニーデイ・サービス。この音楽を世代を超えて共有することで、私も経験してきたあの「痛ましくも輝かしい時代」が今も存在していることを、確認しつづけていきたい。

(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

曽我部恵一 / まぶしい

前作『超越的漫画』から4ヶ月でリリースされた曽我部恵一の2014年作。バンド、弾き語り、アカペラ、ラップ、そしてポエトリー…。かつてないほど幅広いアプローチにより、「歌うこととは何か」、「表現することととは何か」に向き合った意欲作。これまでになくダークな楽曲が並ぶが、その中にも滲み出る優しさや寂しさは、曽我部恵一にしか表現できない感情に違いない。全23曲、計67分という超大作。

Hi,how are you? / さまぁ〜ぎふと

ギターと鍵盤だけの、どこまでもシンプルでひたすらにポップなサウンド、そして絶妙な抜け感と秀逸なサンプリング・センス。そんなスタイルで人気を博す京都の2人組、Hi,how are you?の2ndアルバム。VIDEOTAPEMUSICとの7inch限定スプリット・シングル『熱海へ行くつもりじゃなかった』で話題を呼んだ「熱海」をはじめ、夏を彩る全11曲を収録する。OTOTOY限定のボーナストラックとして、クレイジーケンバンド「せぷてんばぁ」のカヴァーが付属。

森は生きている / 森は生きている

まさしく10年に1度の逸材と言える若き純音楽楽団、森は生きている。デモCD-Rが軒並みソールド・アウトするなど、デビュー前から異例の注目を集めていた彼らの1stアルバム。これからの邦楽インディ・シーンを牽引する、処女作にして堂々の"マスターピース"が誕生。

>>特集ページはこちらから

LIVE INFORMATION

〈コヤブソニック 2014〉
2014年9月15日(土) @インテックス大阪 5号館
詳細 : http://www.koyabusonic.com/

PROFILE

サニーデイ・サービス
曽我部恵一(Vo, Gt)、田中貴(Ba)、丸山晴茂(Dr)からなるロック・バンド。1995年、『若者たち』でアルバム・デビュー。以来、「街」という地平を舞台に、そこに佇む恋人たちや若者たちの物語を透明なメロディで鮮やかに描き出してきた。その唯一無二の存在感で多くのリスナーを魅了し、90年代を代表するバンドの1つとして、今なお、リスナーのみならず多くのミュージシャンにも影響を与えている。7枚のアルバムと14枚のシングルを世に送り出し、2000年に惜しまれつつも解散。2008年7月、奇跡の再結成を遂げ、以来、〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉に出演するなど、ライヴを中心に活動を再開。そして、10年ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム『本日は晴天なり』を、2010年4月21日にリリース。その後おこなわれた再結成後初のワンマン・ツアーは大盛況で幕を閉じた。2012年8月8日に2年ぶりのワンマン・ライヴを開催し、同タイミングでシングル作品を2ヶ月連続でリリース。かつてのようにマイペースながらも精力的な活動を展開している。2014年8月、2年ぶりとなるシングル『アビーロードごっこ』をリリース。

>>サニーデイ・サービス OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事