シーンに登場以来、アルバム、シングル・リリース、ARABAKI ROCK FEST. 12出演など、全力で駆け抜けてきた仙台の雨ニモ負ケズが、配信&USBメモリー限定のシングルをリリース。バンド初のインスト曲となる1曲目、そして2曲目と3曲目は3.11への強いメッセージが込められた曲となっています。OTOTOYではwav音源での配信も開始しているので、雨ニモ負ケズの新たなスタートを、是非とも高音質で感じてみてはいかがでしょうか。


雨ニモ負ケズ / 『逆光/瓦礫の城』

【価格】
※まとめ購入のみ mp3 450円 / wav 600円

【Track List】
1. 逆光 / 2. 瓦礫の城 / 3. イツカ-2013.3.11 live.ver-

傷を知らない人には持てない優しさと決意

この度リリースされるこの作品を聴きながら、自分は音楽になにを期待しているのかを考えた。未知の世界を覗きたかったり、ときめきたかったり、胸を焦がしたかったり、ただただはしゃぎたかったり。アーティストたちの感性がそれぞれ違えば、その数だけ期待することがある。例えば、私は音楽を通じて、私が体験し得なかったことを体験したアーティストに、その景色やそこで湧いた感情を教えてもらいたい。片鱗でもいいから受け取って、自分の中に落とし込んで血肉にしたい。そういう期待もある。そんな期待をもって、私は今雨ニモ負ケズを聴いている。

宮沢賢治、没後に代表作とも言える作品となった遺作メモから名前が付けられたこのバンドは仙台市を中心に活動している。その名から童話のような世界観を想像できるが、音は疾走感のあるエモーショナル・ロック。刺々しくも哀愁のあるメロディーを奏でる鍵盤、それを追い込むように切迫したビート、安定と不安定の間で揺れる女性ヴォーカル。さらに歌詞は内省的で傷だらけだ。でもそれ以上に、傷を知らない人には持てない優しさと決意もある。どの曲も緊張感で溢れているが、それと同時に音は美しく、脆さ、儚さもある。

そんな彼らがこの度リリースした『逆光/瓦礫の城』。2曲目の「瓦礫の城」というタイトル、そして3曲目に、前作『不撓ノ一奏』の最後を飾った「イツカ」のライヴ・ヴァージョンが収録されていることに、本作に向かった彼らの覚悟が読み取れた。「イツカ」は2011年3月後半、バンドの中心人物であるsotti(piano)が震災直後の避難生活のなかで「今なにかを残さないと」と思い、小松拓哉(Bass)と作りはじめた曲だ。そしてこれは2013年3月11日に収録されたライヴ音源。音源にはこんな言葉が添えられていた。「震災直後に作ったこの曲を2年後の3月11日に演奏できた事の意義、あの日から今この時までずっと続いている事の意味を込めて収録」。「瓦礫の城」もまた、震災後、彼らが各地で目にした瓦礫の山のことを指している。新作を聴き、彼らの言葉を受け、あの日から終わったことなんてなにひとつもないんだということを改めて感じさせられた。

震災直後、彼らが「イツカ」を作ったことは、彼らにとっても救いになったと思う。その曲を携えてさまざまな地を演奏して回っただろう。多くの「瓦礫の城」もそのなかで見た景色なのかもしれない。では1曲目の「逆光」とはなんだろう。前作のインタヴューで雨ニモ負ケズは言葉に重きを置いているバンドだと認識していたが、この曲は初のインストゥルメンタルだ。私はこう想像する。“逆光”とは瓦礫の向こうから差した光で、その景色には絶望だけではなかったと。実際に見たわけでもないのにこんなことを言ってしまうのは憚られるが、そうとしか思えないほどにこの「逆光」のなかで泳ぐ音は豊かで煌めいている。

先ほど内省的と言ったが、今彼らの意識は外に向き、自分たちが見たものを自分たちのフィルターを通して、世に伝えようとしている。雨ニモ負ケズの変わりはじめにあたる本作を、作品として、記録して、多くの人に聴いて欲しいと切に思う。(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

雨ニモ負ケズ / 不撓ノ一奏

地元仙台にてメキメキと頭角をあらわし、個性溢れる表現力でライヴ・ハウスを席巻している雨ニモ負ケズが、1stアルバムをリリース! sottiの奏でるディストーション・ピアノを中心に、繊細かつ大胆に胸を締め付ける洋奈の歌声、スペーシーなエフェクトを駆使する小松のベース、男子顔負けのパワーと独特のフィルを叩くチバのドラム。それぞれの独特な音楽観とキャラが融合したスタイルは、近年類を見ない個性派集団の入魂作!

>>『不撓ノ一奏』についてのインタヴューはこちら

after the greenroom / Like a Blanket

2006年千葉にて結成。超個性派女性Vo山田真美率いる3ピースロックバンド。自主音源『命のなまえ』の高評価を経て1stアルバムのリリースへ。2011年にはコンピレーション『wild gun crazy vol.4』や『BEARS' BANQUET』にも音源を提供。毎回100人超の自主企画イベントや、残響のイベント出演など、ライブも精力的に活動中。

THE ANDS / FAB NOISE

Vo&Gt磯谷直史(monokuro)、Ba朱雀佑輝(NANANINE)、Dr大坪徹志(hare-brainedunity)により結成されたTHE ANDS。オルタナ、ブリット、パンクなどの原点に帰り、全ての無駄を削ぎ落としたソリッドな直系サウンドが炸裂する! J-ロックの新たなる到達点!

PROFILE

雨ニモ負ケズ

2008年仙台にて結成。

2010年現メンバーになり、ディストーションピアノを中心とした、エモーショナルピアノロックバンドとして仙台のライブハウスを席巻。風刺や悲哀、人生を歌う文学的インテリジェンスと破天荒なライブパフォーマンスにより、その注目度は加速度的にアップ。比類なきスタイルと世界観が脚光を浴びる。地元仙台を拠点にし、2011年から全国に進出。

2011年8月 ガクセイウンドウ東北決勝大会@ZEPP仙台に出場

2011年11月 NomadicRecordsより1stアルバム『不撓ノ一奏』をリリース

2012年4月29日 ARABAKI ROCK FEST.12に出演!

2012夏 会場限定short album 「暁光」リリース

>>雨ニモ負ケズ HP

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事