雨ニモ負ケズ、先行フリー・ダウンロード配信開始!

ふと、今年4月にワシントンのナショナル大聖堂で催された礼拝の話を思い出す。それぞれ異なる信仰をもつ者達が集まり、東日本大震災の犠牲者を悼んだこの場で朗読されたのが、宮沢賢治「雨ニモマケズ」の英訳だったのだという。海の向こうで祈る彼らは、この詩でうたわれているような慎ましい生き方や自己犠牲の精神に、日本人の姿を見ていたのだろうか。

そんな宮沢の遺作から名をとり、宮城県仙台市を中心に活動する4人組が、雨ニモ負ケズだ。同じく東北の福島県双葉郡を拠点とするNomadic Records(現在はいわきの仮事務所で営業中)から初の流通音源『不撓ノ一奏』をリリースする。歪んだピアノの音色と切迫したビート、そしてどことなく脆さを残した女性ヴォーカル。作品を構成しているサウンドはほぼそれだけだ。詳しくは本人の発言に譲りたいが、バンドを牽引する鍵盤奏者のsottiは愚直なまでに自分のルーツを重んじ、内面と向き合い、それを深めていくことに腐心し続ける。だからこそここで鳴らされるヘヴィネスには、このバンドの抱える切実な思いがくっきりと映し出されているのだろう。不屈の精神から生まれた8つの抒情詩。まさに『不撓ノ一奏』と呼ぶにふさわしい作品だ。

インタビュー & 文 : 渡辺裕也

「無常ノ風ガ吹キ荒ブ」のフリー・ダウンロードはこちらから
(フリー・ダウンロード期間11月3日~11月9日まで)


雨ニモ負ケズ / 不撓ノ一奏

【Track List】
01. 無常ノ風ガ吹キ荒ブ / 02. こころ / 03. 絶叫の後 / 04. 環 / 05. 北東西南 / 06. 雪原
07. 邪魔をするもの / 08. イツカ

劇的なバンド・サウンドと透き通る様な洋奈の歌声が、胸を締め付ける。3.11の大震災の被災地から飛び出した衝撃のバンド。これからのバンド・シーンを牽引していく可能性を秘めた期待のバンドのファースト・アルバム。

今なにかを残さないと

――全員が仙台市出身なんですか。

sotti : いや、仙台出身は僕と洋奈だけですね。

小松拓哉(以下、小松) : 僕は秋田です。

チバ : 私は塩釜市の出身なんです。

――では、どのような経緯で結成に至ったのでしょう。

sotti : 僕がmixiでメンバーを募集して、まったく面識がない者同士をいきなり集めたところからこのバンドは始まったんです。結成当時のヴォーカルとドラムはもう脱退しているんですけどね。今の女子メンバー2人が加入したのは結成から2年後くらいでしたね。

左から、小松拓哉、洋奈、sotti、チバ

――そのmixi上ではどんな募集をかけていたんですか。

sotti : もう覚えてないなぁ(笑)。でも、前にやっていたバンドの音源をアップしていましたね。そこでどういう音楽がやりたいのかは、ある程度伝わっていたのかもしれません。その時から僕がピアノで曲を作っていたので。というか、その当時の曲を今でも演奏しているし(笑)。

――つまり楽曲やバンドの指針となるものはsottiさんが既に用意していたんですね。では、sottiさんの音楽的なバックボーンにあたるバンドがあれば教えてください。

sotti : 曲に関しては、僕がこのバンドを結成する前から脈々とやってきた音楽を形にしている感じですね。影響を受けたのはブラフマンとイースタン・ユース。あとはミスター・チルドレンも大きいです。歌詞の面でもこの3組には強く影響を受けていると思います。

――今挙げてくださった3つのバンドって、sottiさんの年齢で考えると、恐らく10代後半の辺りで夢中になったバンドですよね。

sotti : そうですね。僕は高校の時に初めてバンドを組んだんですけど、僕が音楽でやりたいことって、基本的にはその時からまったく変わってないんです。あの時に感じたものが未だに僕の中に残っているから、まだ音楽をやってるんだと思います。

――それ以降にはあまり刺激的な音楽との出会いはなかったのでしょうか。

sotti : もちろんそれはありましたよ。最近で言うと凛として時雨とかかな。でも自分のバックボーンという意味では、さっき挙げた3つのバンドが特に大きいと思います。

洋奈 : 私はこのバンドに入る前はコピー・バンドをやっていたんです。その時は今sottiさんが挙げたようなバンドのことを私はよく知らなかったんですけど、私が当時コピーしていたCoccoとか椎名林檎もとても言葉を重要視する人だったので、その辺りはsottiさんが影響を受けたバンドと共通するものがあったのかもしれません。sottiさんの書く詞にしても、私にとっては共感できる部分が多かったんです。

――作詞もsottiさんが担当されているんですね。他のメンバーが書いた詞を歌うというのは、また特別な難しさがあると思うんですが。

洋奈 : そうですね。でも私は理解できているから歌えるんだと思います。sottiさんがなにを伝えたいのかはよくわかっているつもりだし、自分も同じ気持ちを共有している時があったから。書いた本人も事細かに話してくれますし。

自分も常に危機感を抱えながら創作していきたい

――結成前に作った曲を今でも演奏していると先ほどおっしゃっていましたが、今回収録された8曲はそれぞれいつ頃書いたものなのでしょうか。

sotti : バラバラですね。最後の「イツカ」は今年の3月後半に書いたもので、これがアルバムの中では一番新しい曲です。古い曲に関してはもう5年も前のものもあって。僕、曲を作るペースがものすごく遅いんですよ。ここに入っている8曲が雨ニモ負ケズの現時点での全曲なんです(笑)。

――「イツカ」は3月後半に書いたんですね。その時期となると、やはりどうしても3月11日を連想してしまうのですが、実際にあの震災に感化されたところはあったのでしょうか。

sotti : この曲に関してはまさにそうですね。震災が起きて避難生活をしている中で「今なにかを残さないと」と思って、小松とジャムを始めたところから出来た曲なんです。自分が曲を作った時の記憶ってすごく曖昧だから、当時の自分がどんなことを思っていたのかはあまり憶えていないんですけど。

――その「イツカ」に限らず、雨ニモ負ケズの楽曲はどれも内省的というか、怒りや憤りを感じる言葉が並んでいますね。sottiさんはどんな感情から創作に向かっていくのですか。

sotti : 恐らく負の感情でしょうね。それは自分に対するフラストレーションでもあるし、世の中に対してのものだったりもする。どちらにしても、幸せな気持ちの時に書いた曲はひとつもないと思います(笑)。

――そうしたネガティヴな側面から生まれてきた歌を、すべてご自身で歌おうと思った時はないのですか。

一同 : (笑)

sotti : あの、今みんなが笑っていたのでわかってもらえると思うんですけど、僕はまったく歌えないんですよ(笑)。メロディがなければまだいけるんですけどね。

――(笑)。sottiさんがラップしているのはそういう事情から?

小松 : なるほどなぁ(笑)。

sotti : いやいや(笑)。一時ヒップ・ホップに寄り道していた時があったんです。ドラゴン・アッシュから入って、ブルー・ハーブを特によく聴いていたんですけど。でも僕はリズム感が悪くて、あんな感じのラップとも言えないような叫び声になってるんです(笑)。

――そうなるとsottiさんは自分の発想をメンバーに委ねなければいけなくなりますよね。必然的にメンバーへの要求も厳しくなりそうですが。

チバ : (笑)。私に対してはやっぱり厳しいですよ。特に私はテンションが上がるとすぐに演奏が走っちゃうので。

小松 : 俺は特に厳しいと感じたことはないかな。わりと自由にやらせてもらってますけどね。歌詞とかに関しては、正直俺にはよくわからないことの方が多いし。みんなで曲を作っていきながら理解を深めていくものだと思っているから。

洋奈 : 私も自由に歌わせてもらっていますね。

――今回は福島を拠点としているNomadic Recordsからリリースされるんですよね。なにをきっかけにレーベルとの付き合いが生まれたのでしょう。

sotti : (レーベルと)出会ったのは今年の1月でした。仙台で僕らのライヴをたまたま見ていて、ライブ終わったあとに声をかけてくれて。そこで話していくうちに「(音源を)出さないか」という話になったんです。それから実際にレコーディングすることになって、twoさん(平山“two”勉。Nomadic Recordsレーベル・オーナー)と話して決めたのが「今まで作ってきた曲は全部録っちゃおうよ」ということで。このアルバムを作ることで一旦一区切りをつけて、そこからまた新しく出発したいと思って。だから、いわばこのアルバムはここまでのベスト盤なんですよね。

――その作品に『不撓ノ一奏(ふとうのいっそう)』と名付けたのはなぜでしょう。

sotti : このアルバムを作ることが決まって、震災もあったんですけど、それでも変わらない自分達の音楽に対する姿勢を、この「不撓」という言葉で表したんです。ここから先のことは具体的にはまだなにも決まってないですけど、とにかく今の4人で作った楽曲をもっと増やしていきたいんですよね。今回のアルバムには前のメンバーがいた頃から演奏し続けているものもあるから。今の4人で雨ニモ負ケズのスタンダードを作っていけたらと思っています。

――この雨ニモ負ケズというバンド名についても伺いたいのですが。

sotti : 僕がこのバンドを結成するちょっと前に、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』という詩に出会いまして、すごく感銘を受けたんですよね。詩の中で描かれている人物が、ある意味自分の理想像にとても近いように感じて。それを描いた宮沢賢治ってすごいなと思ったんですけど、あれって彼が晩年に書いた詩なんですよね。もしかすると死を覚悟した者じゃないとああいう詩は書けないのかなと思って。だから、自分も常に危機感を抱えながら創作していきたいし、そういう存在に近づいていきたいと思ったんです。でも、あの詩とバンドの姿を照らし合わそうとしているわけではないですよ。今の話はあくまでも僕個人のものですから。さっきの小松が言ったみたいに、メンバーといえども詞に関してはあまり理解できないという場合もあるし(笑)。僕もそれが当然だと思ってますから。

――お話を聞いていると、震災を経験したみなさんの死生観もこの作品には反映されているのかなと思ったんですが、どうですか。

小松 : 正直、今の僕にはまだわからないですね。これから5年、10年と経ってからこの音源を聴いた時にわかることもあるのかもしれないけど。

チバ : でも、あの地震がなかったら「イツカ」は生まれなかったから。歌詞にもそういう想いは込められていると思うし。この曲は(歌詞のクレジットが)すべてカタカナなんです。だから、例えば“カエル”という一言が、“帰る”にもなるし、“還る”にも、“返る”にもなり得る。そういうところも含めて考えながら作った曲なんですよね。私にとっても他とは違った気持ちで取り組んだ曲なんです。

洋奈 : 私も「イツカ」に関しては、いろんなことを思いながら歌ったので、特別な思い入れはあります。

sotti : 本当に月並みな言葉になりますけど、僕はこの『不撓ノ一奏』というアルバムをより多くの人に聴いてもらいたいんです。それだけなんですよね。ただ一バンドとして、たくさんの人に聴いてほしい。

RECOMMEND


the milky tangerine / tuninglife

今年デビュー10周年を迎えた女性シンガー・ソングライター、柳田久美子を擁するポップ/ロック・バンド、the milky tangerine。初々しいギター・ポップと、初期衝動にも似た青々しい歌詞。ビター・スウィートな甘酸っぱい感触が聴く者の胸をくすぐり、焦がす。これからの活動の加速を予感させる記念すべきファーストEP。

ONE

THE ANDS

Album ¥1,000


THE ANDS / ONE

磯谷直史(monokuro)、朱雀佑輝(NANANINE)、大坪徹志(hare-brained unity)による新プロジェクトTHE ANDS(ジ・アンズ)。60年代ブリティッシュ・ロック、90年代オルタナティブ・ロックをバック・グラウンドにもつ彼等が、ファースト・セッション音源をドロップ。今この瞬間を詰め込んだ、清々しいダイナミクスに溢れた一枚!


The SiX BULLETS / 僕らの音楽

京都在住のロック・バンド、THE SiX BULLETS(ザ・シックスブリッツ)のセカンド・ミニ・アルバム『僕らの音楽』。初期衝動的に鳴らされる真っすぐなサウンド、悲観的でありながらも希望に満ちた青春の香りがする歌詞。正攻法で王道なのにどこかひっかかるメロディは新しさと懐かしさを与えてくれる。さて、「僕ら」とは彼ら自身のことなのか? リスナーである私たちのことなのか? 6曲通して聴けばわかる!

LIVE INFORMATION

2011年11月07日(月) @仙台MACANA
2011年11月09日(水) @長野JUNK BOX
2011年11月10日(木) @新潟GOLDEN PIGS
2011年11月16日(水) @郡山#9
2011年11月17日(木) @いわきSONIC
2011年11月28日(月) @千葉LOOK
2011年11月29日(火) @代々木Zher the Zoo
2011年11月30日(水) @水戸SONIC
2011年12月02日(金) @仙台FRYING SON(ex.FRYING STUDIO)

PROFILE

雨ニモ負ケズ
sottiの呼びかけにより集った異色4ピース。彼の有名な宮澤賢治の詩、「雨ニモ負ケズ」を冠にギターレスのピアノ・ロック・バンドとして2008年11月に始動。同年12月に初ライブを行い、既存の音楽にはない新しいサウンドに、会場はどよめき、仙台の音楽シーンに衝撃を走らせた。

雨ニモ負ケズ オフィシャル・ウェブ

o

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事