ダブ、レゲエの歴史的系譜に続く本格派バンド、Tam Tamがデビュー!!

新鋭現る。これこそミュート・ビートを出発点として30年に亘る変遷を辿っていった日本のダブ・バンドにおける最新形態だろう。ジャマイカでルーツを育み、クラブ・ミュージックを通過しながらダブ・ステップなどに派生していったのが現在のダブだとしたら、このTam Tamが鳴らすのはそうした最新のビート・メイカーからの反響をバンド・アンサンブルに加えつつ、オーセンティックなソング・ライティングを基調とさせたサウンド・コラージュであり、その最もポップな形を提示したのが、彼らのファースト・フル・アルバム『meteorite』だ。そう、なによりもこの『meteorite』というタイトルこそ、このバンドがダブ/レゲエの歴史的系譜に続く本格派であることを物語っている。すなわちそれはサイエンス・フィクション。詳しくはぜひ以下の鼎談に最後まで目を通していただきたい。

今回はバンドからフロント・マンの黒田さとみとベースの小林樹音に加え、本作のプロデュースを手がけたHAKASE-SUN(リトルテンポ、ex フィッシュマンズ)をお招きし、『meteorite』の制作にまつわる話を中心に、2012年におけるダブ・ミュージックのあり方について語って頂いた。

インタビュー&文 : 渡辺裕也

Tam Tam / meteorite

初の全国流通盤となる、Tam Tamの1stフル・アルバム。プロデューサーにex フィッシュマンズ、現リトルテンポのHAKASE-SUNを起用。Tam Tamの持ち味である「年齢に似合わない深みのある音世界」はそのままに、よりダイナミクスを強調したサウンド・プロダクションによって、ダブ/レゲエ・ファンだけでなくロック・ファンにも届く間口の広さを獲得している。

【販売形式】 HQD(24bit/48kHzのWAV)、mp3


1.Akkeshi Dub / 2.Dry Ride / 3.Clay Dance / 4.Elevator / 5.Skit / 6.Eyes Of Danger / 7.Stop The Alarm / 8.Space Debris / 9.Inside The Walls / 10.Train / 11.Wasureta / 12.Proof

黒田さとみ×小林樹音×HAKASE-SUN (リトルテンポ、ex フィッシュマンズ)

――結成当初からこのバンドの音楽的な指針は決まっていたのですか。

小林樹音(以下、小林) : ざっくりと「ダブがやりたいね」という話はしていました。ただ、ダブをやるためには必要な機材とかがけっこうあるんだろうと思っていたので、まずはレゲエやロックステディみたいなエフェクト要素のない音楽をやっていました。あと、最初はとにかくカヴァーをやっていましたね。

――どんな曲をカヴァーされていたんですか。

黒田さとみ(以下、黒田) : ホレス・アンディ、ソウル・シンジケート、ジェイコブ・ミラーとかをやってました。
小林 : たまにボブ・マーリーとかもね。最初の頃はライヴで演奏する曲も5曲のうち4曲くらいがカヴァーだったんです。曲を作るのにすごく時間がかかって。

左から、HAKASE-SUN、黒田さとみ、小林樹音

――ダブをやりたいと思うに至ったきっかけもぜひ教えていただきたいです。

小林 : 僕の場合は、単純にいろんな音楽を聴いていく中でダブから受けた衝撃がすごく大きかったんです。演奏にしても、弾いてないところで音の鳴っている感じがすごく不思議で、気持ちいいなと思って。自分が音楽を始めたらダブをバンドでやりたいという気持ちがどんどん強くなっていって、それでみんなに声をかけていったんです。
黒田 : 私たちは音楽を通じたコミュニティのなかでの友達同士だったので、お互いの趣味も大体は掴めていたんです。

――では、メンバーそれぞれの音楽的な趣向性を簡単に教えていただけますか。

小林 : 僕はイギリスのヒップ・ホップとテクノがすごく好きで、そこから派生してダブを知りました。まずは音響効果としてのダブを聴いて、そこからオーディオ・アクティヴなどを知って、そこからダブのルーツにも興味を持ちました。だから僕の原点はクラブ・ミュージックということになるのかな。あと、僕は地方出身でまわりにお店もそれほどなかったので、高校生の頃はとにかく音楽雑誌を熟読してたんです。好きなライターさんが書いていたものを調べてみたり。当時は家にインターネットがなかったのもあって、とにかく足を使って音楽を探していましたね(笑)。

――すごくリスナー気質が強いんですね。

小林 : 僕は完全にそうですね。少なくとも上京するまでは、僕の音楽との接し方はほぼ聴くことだけでした。
黒田 : 私も高校生の頃まではそんな感じでしたね。ルーツ・レゲエを含めた黒人音楽がすごく好きで。ソウル、ジャズ、ファンクなんかも雑多に楽しんでいたんですけど、その中でもルーツ・レゲエとラヴァーズ、スカ辺りは特にディグしてました。そこから徐々に聴くものの幅が拡がっていくうちに、エレクトロニカやブリストルものにも興味を持って、そこでダブを知って。

――Tam Tamのオーセンティックな要素を多く含んだ楽曲には、やっぱりリスナーとしての蓄積が反映されていたんですね。では、HAKASE-SUNはどういうきっかけでこのバンドと接点を持ったのですか。

HAKASE-SUN : 呑みの席で、石本さん(石本聡 /〈mao〉レーベル・オーナー)がすごく嬉しそうに彼らのことを話してくれて(笑)。で、その時に音も聴かせてもらったんですけど、それがえらくよかったんです。若い世代でオーセンティックなダブをやるバンドは今までもいくつか出てきましたけど、Tam Tamにはそれだけでない、特別な華を感じたんです。それで石本さんに「これは売れるね!」って(笑)。

――音からポピュラリティを獲得できる可能性が感じられたということですね。

HAKASE-SUN : そうですね。あとは彼女の声。今まで音楽を聴き続けてきたなかでなんとなく感じる「これはポピュラリティを得られる声質だな」というのが、彼女の声にもあったんです。それがまずリスナーとしての僕の感想ですね。で、それから何ヶ月かして、石本さんからTam Tam主催のイヴェントにゲストで出ないかと誘われて、ステージを共にした感触もすごくよくて。

死んだ子が蘇るというと大げさですけど、なんかそういう感覚がありました

――実際に音を合わせてみて、サウンドを聴いた時の印象と変わったところはありましたか。

HAKASE-SUN : こういう音楽をやってるくらいだから、ちょっと突っ張った感じなのかと思ってたんですけど、みんなすごく真面目で礼儀正しくて(笑)。でも、なにか秘めているものもあって、そこは自分に近いものを感じました。そのあとに石本さんからプロデュースを頼まれたんですけど、僕は「そんなことしなくていいよ。これでばっちりじゃないか」と返したんですよ。それは断ったというより、僕がわざわざ手がける必要を感じなかったからで。でも、石本さんはどうしてもとおっしゃるので、それならばと。

――石本さんはHAKASE-SUNにどんな役割を期待してプロデュースを頼んだのですか。

石本聡(以下、石本) : アルバムを作るにあたって、第三者的な視点がほしかったんです。それは本来なら僕がやるべきことなんですけど、僕は彼らのライヴでPAもやっているし、自主制作盤のミックスとマスタリングもやっていて、あまりにも彼らに近づきすぎていたので、客観的なジャッジができなくなってたんですね。そこで、HAKASE-SUNならきっとそういう役割を担ってくれるだろうと。
HAKASE-SUN : とにかく石本さんの熱意がすごかったんですよ。「これを俺のエンジニアとしての代表作にしたいんだ」という泣かせる一言まで出てきてしまって(笑)。そこで僕もグっと気持ちが入りましたね。

――本人たちのいない場所でどんどん状況があたたまっていったんですね(笑)。

黒田 : こっちはこっちで、「えー! HAKASE-SUNって、あの!?」って(笑)。
小林 : 最初に連絡が来たときも、まさかそれはないだろうと思ったよね(笑)。石本さんと話していくうちにだんだんと実感は湧いてきたんですけど、それでもHAKASE-SUNがプロデューサーとして僕らにどう接してくれるのかはまったく想像できなくて。それが実際にスタジオで体感としてわかった時は、すごく嬉しかったですね。それこそ、曲の細部も楽譜に起こしてスタジオに持ってきてくださって。「ここはこうしてみたらどう?」「今の演奏、最高だよ」「こうしたらもっとよくなるんじゃないかな」と声をかけていただきながら、細部から全体像に至るまでのすべてを見てくれて、僕ら全員の能力が引き出されているのを体感しました。今まで見えなかったものが音を出していくうちに見えてくるので、本当にびっくりしましたね。

――バンドを鼓舞させつつ、ロジカルな指示を出されていたんですね。

HAKASE-SUN : 実は個人でなくバンドをプロデュースするのは今回が初めてだったので、自信は正直なかったんです(笑)。でも、彼らはアルバム単位での制作が初めてだったので、僕はまずいいアルバムの作り方を自分の経験から提案していこうと思っていました。あとは細かいところですね。

――その細かいところも気になります。HAKASE-SUNがこのバンドのどういう部分を主に抽出しようとしたのか、ぜひ教えてください。

HAKASE-SUN : 20代前半の子達がつくるファースト・アルバムと聞いて、世の中の人がなにを期待するかというと、やっぱり初期衝動的な勢いだと思うんですよね。少なくとも僕だったらそうで。その上で2012年のダブ・アルバムとはどういうものかを考えました。たとえばドライ&ヘヴィなんかが出てきた当初というのは、ダブが音楽的にすごく衝撃的なものだったんですけど、いまの時代にちょっとダブをやったくらいでは、それなりに音楽を聴いているリスナーならそう驚かないですよね。そこで僕が彼らの音楽を聴いてもっと押し出していきたいと思ったのが、彼らの持っているロック的な要素で。つまり、ギターですね。そこはリスナーにもすごく伝わりやすいポイントだと思いました。あとはダブのエッジですね。ミュートやディレイをかけるにしても、1音1音の角をちゃんと立てていくことが重要だと考えていました。

――確かに、いろんな音楽の要素がアレンジだけでなく、ソング・ライティングとして活かされているのがこのバンドの面白さだと僕も感じました。ベーシックにある音楽がすぐには見えてこないくらいに、曲調の幅が広くて。

小林 : このバンドは全員が曲を書くんですよ。
黒田 : それぞれのメンバーがデモを持ち寄って、それをみんなで肉付けをしていくんです。私は骨子だけの部分でも、とにかく量産して、どんどんバンドに持ち込むタイプなんですが、他のメンバーにはそのデモ段階で完全に作り込んでくる人もいて。
小林 : キーボード(川村知未)は楽譜まで用意してくるよね。コード譜とメロディを書いて、ちゃんと全体のイメージも伝えてくれる。僕の場合はDAWで打ち込んで、いろいろエフェクトなんかもかけて、ある程度の状態まで作り込んだものを持っていく時がけっこうあって。僕らは作ってきた人のやりたい音楽を優先させるようにしているんです。たとえばルーツ・レゲエの曲だったら、その人の考えるルーツ・レゲエの雰囲気や質感を生かすようにしていて。だから、僕らは4人のバンドだけど、もしかするとこのアルバムからはオムニバスみたいなニュアンスも感じ取ってもらえるかもしれません。

――確かにそういう感じもありつつ、作品としての統一感もちゃんとありますよね。もしかするとそこはHAKASE-SUNの果たした役割も大きいのでしょうか。

HAKASE-SUN : たしか、持ち曲が30曲くらいあったんだよね? 選曲をする段階で、収録予定の倍以上は曲が用意されていたんですけど、その中には独特のオリエンタル感を持っている曲がいくつかあって。つまり、東洋的なメロディ・ライン。これは西洋人には出せないものだと思いましたね。そこでまずはそのメロディを生かした歌モノとしての作品をイメージしました。僕は楽曲個々への思い入れがない立場だったので、そこはジャッジする上での強みになりました。僕の判断でどんどんピック・アップしていったので、彼らからすれば「なんでこれを外すんだ?」ということもあったかもしれませんが。
黒田 : 個人的には「え、これが選ばれたの?」と思った曲も実はあって(笑)。でも、HAKASE-SUNから指示をいただきながら録音していくうちに、だんだんと曲にメリハリがついてきて、しっくりくる形に変化していったんですよね。
小林 : ライヴでほとんどやってこなかった曲もあって。でもそれをまず素の状態に戻して磨きをかけてもらっているうちに、バンド内だけでは気がつかなかったものが見えてきたんですよね。死んだ子が蘇るというと大げさですけど、なんかそういう感覚がありました(笑)。
HAKASE-SUN : アレンジも構成も、詰め込むというよりは削る意識でしたね。あと、比較的ダークな曲調が多かったので、その中でどうやって作品のメリハリをつけていくかを考えて。それこそ僕はひとつの作品としての流れをきちんと出したかった。

とにかく自分たちが思っていること、やりたいことを形にしたい

――では、もともとリスナー気質の強かったおふたりは、HAKASE-SUNというアーティストにどういう印象をもっていたのでしょうか。

黒田 : こういう音楽をやっている人を静と動で分けるとしたら、HAKASE-SUNには静のイメージがありました。それこそロジカルなやり方で、聴いた時に気持ちいいものを無駄なく形にしていく冷静さがあるアーティスト。HAKASE-SUNはその代表格ですね。リトルテンポ然り、フィッシュマンズ然り、HAKASE-SUNの関わるプロジェクトにはすべてそういう魅力を感じていました。
小林 : すごく美しいメロディを書く人というイメージが僕は強くて。僕が好きなリトルテンポのダブ・アルバムもそうだったし、『人のセックスを笑うな』のサウンド・トラックを聴いた時も、メロディの印象が強く残っていました。

――ここまでお話を聞いて面白いと思ったのが、このダブ・アルバムの制作にあたってみなさんが気に回しているのが、どうやら音響面以上にメロディや構成などにあるということで。そこでお伺いしたいんですが、ダブの音作りにおける個性とはどういうところにあるんでしょう。というのも、ダブってどれも同じに聴こえるという方も実はけっこういると思うんですよ。

HAKASE-SUN : それは確かにその通りですね。「ディレイを飛ばしておけば大丈夫だろう」みたいなものも実際にあります。そこで、僕らがいろんな作品と触れていく中で知っているちゃんとしたダブ・ミュージックというのは、やっぱり演奏が素晴らしいんですよね。ディレイをかけるにしろ、ミュートするにしろ、もとの演奏がよくないとダブ自体が光らないんですよね。つまり、ダブ以前にダンス・ミュージックとしてしっかりとしたものでなければいけないんです。
黒田 : こういう音楽って、音だけじゃなくてカルチャー的な側面も重要視されますよね。たとえばジャマイカの人たちだったら、バビロンとかマリファナなんかも含めた文化を総括してレゲエを捉えているし、実際にまわりからはそういうイメージも込みで見られる音楽で。私はそこを理解してこういう音楽に臨んでいる人もかっこいいと思いつつ、ひとまずそこは置いておいて、とにかく自分たちが思っていること、やりたいことを形にしたいと思っていて。そこはもしかすると自分たちの個性と言えるかもしれません。見た目も私たちはもやしっ子ばかりだし(笑)。それこそジャマイカで生まれたレゲエがイギリスに伝わって、少しヘンテコな形になって返ってきたりするのがすごく面白いと私は思ってて。それを日本の私たちはどういう形にしてそれを返そうかなっていう、ちょっと実験的な面白さをこの音楽に感じているんです。
HAKASE-SUN : ダブという言葉はすごく広い意味で世の中に拡がりましたけど、いまの2012年に純粋なジャマイカン・ダブを引き継いでいる日本のバンドは、もしかするとTam Tam以外にいないんじゃないかと思ってて。それこそドライ&ヘヴィ以降では現れてなかったような気がします。実際に今回のアルバムはそういった原理主義的なダブのリスナーが聴いても唸るようなものになったし、同時にそういう音楽をまったく通ってない人にもアピールできると思ってて。

――さっきの思想性とも繋がる話になるかもしれませんが、リリックに関してはどういう意識で臨んでいるのでしょうか。

黒田 : 深い意味があるのかと言われると、答えるのが辛いところなんですが(笑)。私、SF小説を読むのが好きなんですよ。そこで読んだ本の世界観を頭で巡らせて、その妄想を言葉にしていくこともあって。まあ、私が好きなのは宇宙系のハードSFではないんですけど(笑)。

――アルバム・タイトルはそこに由来するものなんですか。

黒田 : そうです。SF好きなのは彼も一緒で。部屋の機材が宇宙船のコックピットみたいにチカチカしているんですよ(笑)。
小林 : 僕はまさにその宇宙好きな方なんです(笑)。
黒田 : そういう人がこのバンドには多数いて(笑)。あと、このアルバムが隕石みたいなインパクトの強いものになるといいなという思いで、このタイトルにしました。ちなみに「Space Debris」(宇宙ゴミ)は彼が書いた曲で。
小林 : 僕がタイトルをつけると、どうしてもSFっぽくしちゃうんですよね(笑)。でもそこには理由があるんです。というのも、たとえばリー・ペリーやPファンク、あとデトロイト・テクノの作品には、思想を宇宙と結びつけたものがあって。さっきの話とちょっと矛盾しちゃうようですけど、僕はそういう思想もありつつ、音感としての広がりにも宇宙みたいなものを感じられるのがダブの面白いところでもあると思ってて。SFというものは、作られた真実でもありながら、“Based On True Story”より真実味があって、痛烈な社会批判をポップに見せたものが多くて、そこが面白いんです。個人的にはそういうものを匂わせる音が好きなんですよね。

――今回は初のフル・アルバムというのもあって、Tam Tamのキャリアを一度総決算したところもあると思うんですが、みなさんは今後どういうところを詰めて音楽に取り組んでいこうと考えていますか。

小林 : 僕らには最低限のルールがあって。つまり僕らはダブをやっているということ。ジャマイカから始まって、いろんなものを雑多に組み込んでいくうちに枝分かれしていったこの音楽を、僕らは今でもダブと呼んでいるんです。そのダブをやろうとしたのが今回のアルバムで。だから僕らはこれからそのダブを越えていきたいと思っていて。この音楽のマナーを守りたいと思いつつ、その先にも行きたい。つまり、ダブという音楽をもっと大きくしていきたいんです。今はダブという言葉がすごく拡散しているけど、僕らはそこをちゃんとルーツとつなげてから先に進んでいきたい。
黒田 : そこは私も同じですね。面白いことをやりつつ、自分が最初に心をつかまれたこの音楽のトラディショナルな魅力を大切にしたいと思ってます。

――そんな彼らにHAKASE-SUNはどんな期待をしていますか。

HAKASE-SUN : そんな彼らを頼もしく思いつつ、世の中の流れに振り回されずにやってほしいなと思ってます。この作品は世の中に広く知られていいものになったと思いますから、そこは自信を持ってほしいし、とにかく長く、良い形でバンドを続けていってほしいです。彼らはまだ若いだけに、いい意味で定まっていないところもあって。つまり彼らはここからいくらでも変わり様があるんですよ。そこが楽しみですね。

LIVE INFORMATION

2012年5月3日(木)@恵比寿バチカ
2012年5月4日(金)@池袋鈴ん小屋
2012年5月19日(土)@長野県松本りんご音楽祭
2012年5月27日(日)@タワーレコード渋谷店インストアライヴ

【meteorite Release Tour】

2012年6月23日(土)@大阪なんばロケッツ
w/ BEMBE /ha-gakure / 池永正二 / jew's-ear / and more

2012年6月24日(日)@名古屋新栄vio
w/ BEMBE / Qu-ki / pangea

2012年7月7日(土)@東京青山月見ル君想フ(ツアーファイナル)
スペシャルゲスト : HAKASE-SUN / 画家

RECOMMEND

microshot / ECHO SATELLITES(HQD ver.)

ナイヤビンギをmicroshotテイストで料理した「libertine」、MUTE BEAT直系のタイトなリディムとウェットな質感が滲む「ambrosia」は彼等の真骨頂ともいうべきキラー・チューン。70'sレゲエ・フレーバーたっぷりの「G summa special」、ラヴァーズ・ロック・テイストの「lilacnotes」など、レゲエ・ファンなら思わずニヤリとさせられるエッセンスが満載。

>>>DUB座談会(microshot×こだま和文×石本聡(mao) )はこちら

あらかじめ決められた恋人たちへ / CALLING

2008年に大阪から東京へ拠点を移し、以降はバンド編成でのライヴ活動を主軸に行なってきた彼らの姿が、ようやくスタジオ・アルバムとしてパッケージされることとなった。初聴でも入り込める懐の深さと中毒性が同居した、あら恋の最高傑作。そして、他に類をみないアーバン・ダンス・ミュージックの誕生でもある。

>>>『CALLING』のインタビュー特集はこちら

泰山に遊ぶ / 上海旅遊

アルバムの裏テーマとして彼等が憧れる東アジア文化の象徴とも言える「上海万博」へのオマージュがあり、オリジナル曲にはいずれも上海の街並みや万博にまつわる事柄がアイテムとして散りばめられている。録音を担当したのはThe BOOM、アン・サリー、原田知世などを手がけたこともあるフジイサトル。ダブ・ミキサーとして、まつきあゆむ、バンド内でDUB PAを担当するprof.watanabe、神谷千尋などのサポートもつとめる沖縄ミュージック・シーンの重鎮ベーシスト/プロデューサー、ドン久保田、maoオーナーでもあり、自身のユニットpasadenaやあらかじめ決められた恋人たちへ/ワールズ・エンド・ガールフレンドのDUB PAもつとめるイシモトサトシが参加。各自の個性が浮き立つダブワイズを展開している。

PROFILE

Tam Tam Biography

2008年12月結成。現在のメンバーは、
黒田さとみ : ボーカル、トランペット、鍵盤ハーモニカ
小林樹音 : ベース
高橋朋之 : ドラムス
川村知未 : キーボード

ライヴではこの他にサポートとして
鈴木雄介 : ギター
石本聡 : DUB PA
が加わる。

メンバーの平均年齢が20代前半となるヤング・ダブバンド。ダイナミクス溢れるソウルフルなボーカルを軸に、強力なリディム・セクションがボトムを支え、ギター / キーボードが彩りを添えるバンド・サウンドは、メンバーの年齢からは想像できない完成度をほこり、レゲエを土台にしつつそこにクラブ・ミュージックの良質なエッセンスを注入した音楽性も相まって、ベース・ミュージック・シーン、インスト・ロック、ジャム・バンド界隈からも厚い支持を得ている。

2010年5月に制作したオリジナル2曲、リミックス3曲入の自主制作CDRが局地的に話題となり、噂を聞きつけた「あらかじめ決められた恋人たちへ」のライヴ・ダブPAもつとめる、maoレーベルのオーナー石本聡がライヴを見に行き一目惚れ。自ら志願しPAを担当するなどレーベルをあげて全面的にバックアップしはじめる。

2011年2月3日に自主制作ミニ・アルバム「Come Dung Basie」をDIYリリース。自主制作にも関わらずiTSの「今週のシングル」に楽曲が取り上げられ、レゲエ・チャート4位になる。アルバムへはこだま和文 from Dub Station、大石始、カツオ(渋谷タワーレコード2Fレゲエコーナー)、クリテツ(あらかじめ決められた恋人たちへ)、浅野裕介(asana/BEMBE)、吉川真緑(microshot)がコメントを寄せ、ミュージック・マガジン、indies issue、Quick Japanにアルバム・レビュー掲載。

その後もコンスタントにライヴ活動を続け、2011年に行った3回の自主開催イベントではいずれも100人以上を動員。同年末に西麻布新世界で行われたカウントダウン・ライヴではリクルマイバンド、AO INOUEらとの共演も果たした。また、ベーシストの小林樹音はJitteryJackal名義でのトラックメイカー、DJとしての活動も行っており、先程発売された術ノ穴のコンピレーションにも楽曲提供をしている。

Tam Tam official HP

o

 
 

インタヴュー

MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」
[FEATURE]・2018年01月22日・「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。 先日公開したインタヴュー前半ではメジャー・デビューを果たした今の心境やデビュー当時の彼らの活動、1stアルバムをリリース以降の彼らの想
by JJ
ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事