Predawn、音作りの"文法"、その新境地とはいかに──2ndフル・アルバム『Absence』ハイレゾ配信

溢れ出る才能と音楽への探求を丁寧に綴じ込んだ1stフル・アルバム『A Golden Wheel』から3年半、Predawnが待望の2ndフル・アルバム『Absence』をリリースした。収録楽曲にはライヴでの人気曲 「Universal Mind」を始め、正式な作品としては初めての日本語曲「霞草」など、音源化を待ち望まれていた9曲を収録。初めてアルバム制作にゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある音像を目指したという今作。24bit/44.1kHzのハイレゾ音源は、そのささやかながら匂い立つような歌声と繊細ながら豊かなアレンジ、全編を通して縫い込まれたPredawnの文学を驚くほどダイレクトに、鮮やかに、感じてもらえるだろう。秋の夜長に最適の1枚を、是非。

Predawn、3年半の沈黙を破り待望のフル・アルバム、ハイレゾ配信!

Predawn / Absence

【Track List】
01. Skipping Ticks
02. Black & White
03. Universal Mind
04. Don't Break My Heart
05. Sigh
06. 霞草
07. Autumn Moon
08. Kinds of Knot
09. Hope & Peace

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
>>ハイレゾとは?
単曲 200円(税込) / アルバム 1,650円(税込)


Predawn「Universal Mind」MV


INTERVIEW : Predawn

清水美和子のソロ・プロジェクト=Predawnから、およそ3年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Absence』が届いた。「不在」あるいは「欠如」などを意味するこのタイトルも象徴しているように、アルバムをとおして内省的なムードを匂わせる本作。一方、そのサウンド・プロダクションは清水ひとりの手で多重録音されてきたこれまでの作品から一転、ここ数年にわたってPredawnのライヴ活動をサポートしてきた神谷洵平(ドラム)、ガリバー鈴木(ベース)がレコーディング全編に参加しており、その音響や演奏面のグルーヴにおいても、非常にしなやかで開放感のあるものに仕上がっている。セルフ・レコーディングという形でその才気を発揮してきたPredawnにとって、間違いなくこれは新境地を切り開いた作品と言えそうだ。ということで、新作『Absence』の内容については勿論、Predawnの近況についても伺うべく、清水に話を訊いてきた。

インタビュー&文 : 渡辺裕也
写真 : 作永裕範

音楽をプロデューサーで聴くようなところがあるから

──『Absence』はPredawn初のゲスト・ミュージシャンを迎えた作品となりました。まずはこうした作品作りに至った経緯から教えていただけますか。

今回のアルバムは、これまでよりもうちょっと豊かな音像にしてみたかったんです。より太い感じにしたかったというか…。そうしたら、今のバンド編成でちょこちょこライヴをやっていくなかで、だんだんとグルーヴが生まれてきて。「これはいい感じだな」って。

──なるほど。ちなみに、以前に取材させていただいたとき、清水さんは「自分のイメージを共有できる人はなかなかいない。昔、バンドをやっていたときも、伝えることを妥協してしまっていた」と仰っていたのですが…。

今も伝えるのは苦手ですね(笑)。

──それでも、いま一緒に演奏しているおふたりとは、清水さんのイメージを共有できているってこと?

そうですね。いろんなプレイヤーとやったことがあるわけじゃないので、あまり比べられないんですけど、2人とはライヴのリハーサルなんかも通して、こまかいところを共有できていると思う。あの2人は音色や響きに対するこだわりもすごいし、いつも全体をちゃんと見渡せている人たち、という印象もあるので。あと、今回は自分で打ち込んだデモをレコーディング前に渡すこともできたので、そのへんもよかったんじゃないかなと思います。

──音楽的なバックグラウンドにおいても、神谷さんとガリバーさんはPredawnのことをすごく理解してるんだろうな、と感じるのですが。その点はいかがですか。

そうかもしれないですね。たとえば、神谷くんはジョン・ブライオンの音作りがすごく好きなひとで。私も、音楽をプロデューサーで聴くようなところがあるから、そういうところはすごく大きかったのかもしれない。そこまで詳しくはないんですけど、(過去にジョン・ブライオンがプロデュースした)エイミー・マンやフィオナ・アップル、あと『マグノリア』のサントラなんかも大好きなので。


神谷洵平(Dr)、ガリバー鈴木(Ba)が参加しているライヴ映像(2015年5月30日「Nectarian Night #02」@恵比寿LIQUIDROOM)


ジョン・ブライオンがプロデュースを手がけるエイミー・マンの「セイヴ・ミー」(映画『マグノリア』(1999年)主題歌)

自分たちの文法をもっている人の音楽に惹かれる

──その、プロデューサーに着目しながら音楽を聴くことのおもしろさって、清水さんはどういうところにあると考えているんでしょうか。

なんだろう…。やっぱりプロデューサーの人も手がけるアーティストを選ぶだろうと思うから、そういう意味では…やっぱり音作りですね。楽曲のどこにどんな音を置いているのか。そういうところを気にしながら音楽を聴いてると、それぞれの作品に共通している部分が、けっこう見つかったりするので。

──音の配置?

はい。あるいは、こういうと語弊があるかもしれないけど、自分たちの文法をもっている人の音楽に惹かれるというか…。で、そういうところがしっくりくる作品のクレジットをひとつひとつ見ていくと、けっこうプロデューサーの名前が同じだったりするんですよね。そういうのは、すごく楽しいなって思います。

──その一方で、今作も含めて、Predawnの作品はすべて清水さんのセルフ・プロデュースですよね。

そうですね。信頼のおけるプロデューサーにお願いできたらすごく楽なんだろうな、とも思うんですけど、なかなかそういう人は見つからないから。

──実際は、そういう外部プロデューサー的な人を求めているところもあるんですか?

いや、そうでもないです(笑)。というのも、私の場合はこだわりがちょっと強すぎるから、多分ケンカしちゃうと思うんですよ。あるいは、こっちが萎縮しちゃって、相手の好き勝手にされちゃうか。そのどっちかになるんじゃないかなって。だから、怖くてなかなか人にはお願いできないんです(笑)。とはいえ、私のつくる曲はそこまで音数も多くないから、自分でもある程度は俯瞰できてるんじゃないかな、とも思ってて。

──制作中は、常にプロデューサー的な視点で自分の楽曲をとらえているということ?

そうなのかもしれないですね。ただ、もちろんバンドの録音に関してはプロのエンジニアさんにお任せしてます。それこそマイクを立てる位置なんかは、私には全然わからないことだったので。

──でも、マイキングとかにも清水さんはすごく感心ありそうですよね。

そうですね。あと、今回に関しては自分のプロトゥールスを使うスキルがちょっと増してきたのもあって、以前よりも音作りに対して、もう少し客観性が持てるようになったような気もしていて。エンジニアさんに最後のミックス・ダウンをお願いする時に、自分であらかじめ仮ミックスしたものを渡すのですが、プロトゥールスを使うスキルが成長したおかげで、これまでに2作をお願いしている中野正之さん(過去にPolaris、ハナレグミ、チャットモンチー、THE BAWDIESなどの作品を手がけているレコーディング・エンジニア)からも「何をしたいのか、すごくわかりやすくなった」と言ってもらえて。そこはすごくよかったなと思ってます。

私はついその額縁の外側になにかを描きたくなっちゃう

──エンジニアにも、自分の意図をより的確に伝えられるようになったと。

はい。あとはやっぱり、神谷くんとガリバー氏も曲ごとに機材をちゃんと選んできてくれたので、そういう面でもすごく助けられたし、おかげで本当に満足のいく仕上がりになりました。彼らは、たとえば私の「こういうザラザラした音が好きなんだ」みたいなざっくりした伝え方も、ちゃんと理解してくれていて、その上でいつもドンピシャなものを用意してくれる。中野さんも、自分のシュールなところを理解してくれる方なので。

──シュール?

中野さんからそう言われたんですよ。「なんか、シュールだよね」って(笑)。あまり自覚してなかったんですけどね。そう言われると、たしかに私はそういうシュールなものが好きだから。お笑いとかにしてもそう(笑)。

──そのシュールさって、たとえば作品のどんなところに表れているんでしょうか。

うーん…。なんていうか、私にはパッケージされたものから飛び出したくなるところがあるんです。たとえばここに額縁があるとしたら、私はついその額縁の外側になにかを描きたくなっちゃうというか(笑)。あるいは、「普通は絶対ここにこの色を置くべきだろう」みたいなところには、あまり置きたくないんですよね。

──それはおもしろいところですね。でも、場合によってはそこで作品が破綻するリスクもありそうな気がするんですが、そのへんは大丈夫なんですか。

確かにそうですね(笑)。人によっては「ここ、ちょっとおかしいよ」と思う人もいるかもしれない。でも、たとえばその絵をいつもとは違う角度から見てもらえれば、それもそれでいい感じだと思ってもらえるんじゃないかなって。全体的なバランスがとれていると感じられたら、私はそこでゴーを出しちゃうので。

──では、今作の制作方法を踏まえて、清水さんは目下、どんな技術を身に付けたいと考えていますか。

そうだなぁ…。もうちょっとエレキ・ギターがうまくなりたいですね。普段、ギター・ロックとかを聴いているときも思うんですけど、エレキの歪みって、いろんなものを混ぜてつくられた音なんですよね。あるいは、いろんなものを溶かした音っていうか。でも、その混ぜ方や溶かし方が今はまだ全然わかってないので、そのへんのことをもっと出来るようになりたいなって、今は思ってます。

──じゃあ、もしかすると次作は歪んだギター・ロック作品になるかもしれない?

どうだろう(笑)。やりたいことはたくさんあるんですよ。編成にこだわらず、なんでもやれるのがソロのいいところだと思うし、まだこれからのことは全然わからないけど… そうですね。そのうち轟音バンドになってるかもしれない(笑)。

LIVE INFORMATION

Predawn「“Absence" Tour」
2016年11月5日(土)@福岡LIV LABO
2016年12月15日(木)@大阪Shangri-La
2016年12月16日(金)@名古屋APOLLO BASE
2016年12月19日(月)@恵比寿LIQUIDROOM

PROFILE

Predawn

シンガー・ソングライター、清水美和子のソロ・プロジェクト。

1986年新潟県生まれ、東京都郊外育ち。2008年からPredawnという名前でソロ活動を始める。完全自主制作盤として『10minutes with Predawn』をライヴ会場と一部店舗で販売し、1年半で約2000枚を完売させる。2010年6月に、作詞/作曲/演奏/歌唱/録音をすべてひとりで行った、1stミニ・アルバム『手のなかの鳥』をリリースし、日本全国でロング・セールスを記録。

その後、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、ap bankなど数々の大型フェスやライブ活動を重ねつつ、2013年3月に1stフル・アルバム『A Golden Wheel』をリリース。発売した初週にオリコン・インディーズチャートで1位となる。そして、2016年9月に2ndフル・アルバム『Absence』をリリース予定。

また、Rayons / andymori / QUATTRO / Eccy / Marble Sounds[ベルギー] / Turntable Films / 菅野よう子 / TOWA TEI / 大野雄二など、錚々たるアーティストの楽曲へのゲスト・ヴォーカル参加、木村カエラとのコラボ、映像への楽曲書き下ろしなど、多岐にわたって活躍している。

>>Predawn オフィシャル・サイト

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ