「持たざる者たち」に向けて——ランタンパレード、キャリア11年目に生み出した2作配信&初ハイレゾ

photo by 24(湘南T-SITE MUSICBOOKにて)

万華鏡のようにサウンドと言葉が複雑に交差し煌めく唯一無二の音楽を、サンプリングを主体とした制作スタイルで生み出すランタンパレード。2015年は約2年ぶりとなるオリジナル・アルバム『かけらたち』を9月に発表。また密やかに制作へと戻るかと思われたがそれから3ヶ月、早くも新作が到着した。

新作となる『魔法がとけたあと』は、4年ぶりとなるバンド編成作品。前作『夏の一部始終』とおなじく、光永渉 (ドラム)、曽我部恵一 (ベース)、横山裕章 (ピアノ)、高田陽平 (パーカッション)がメンバーとして顔を揃えた、まさに鉄壁の布陣によるバンド・アンサンブルがここには収められている。

OTOTOYでは今作をLantern Parade初となるハイレゾ配信でお届け。絶妙に編み込まれた音の粒が、より立体的に艶めき鼓膜を打つ仕上がりだ。特集では2年ぶりにインタヴューを敢行。いつになくアクティブな年を過ごした彼に話を伺った。

豪華ミュージシャンが参加したバンド編成による2015年第二作

Lantern Parade / 魔法がとけたあと

【Track List】
01. 君の頬 / 02. 救いようがない / 03. もしかしたら今も / 04. 霧雨のサンバ / 05. 時のかおり / 06. たったひとつの朝 / 07. 水たまりは空の色 / 08. たのしいしらせ / 09. 魔法がとけたあと / 10. 詩や歌のような日々を

【配信形態】
[左]24bit/48kHz(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
[右]16bit/44.1kHz(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / アルバム 1,500円(税込)
※アルバム購入いただきますと、歌詞ブックレットが付属します

独自のサンプリング・スタイルで仕上げた2015年第一作

Lantern Parade / かけらたち

【Track List】
01. はずれろ天気予報 / 02. 夜を探しましょう / 03. 帰り支度が終わらないまま / 04. 自慢の友達 / 05. すこしずつ変わるなら / 06. 目を覚まそう / 07. 今日も今日とて / 08. 正気の人 / 09. 最後みんな溶けてバターになる / 10. いつも心に / 11. かけらたち / 12. 糸 / 13. 雲の切れ目から

【配信形態】
16bit/44.1kHz(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / アルバム 1,500円(税込)

INTERVIEW : ランタンパレード

ランタンパレードこと清水民尋の奏でるアコースティック・ギターを中心に据えた『魔法がとけたあと』は、ある意味オーソドックスなフォーク・ロックのスタイルに徹した作品ともいえるだろう。しかし、その背後で鳴っているコンガのリズムが南米音楽風のフィーリングを感じさせたり、ピックアップを搭載したアコギの残響が聴き手を幻想的なムードに誘ったりと、やはりその音楽性は一言で集約できるようなものでない。あるいは、今作のようなシンガー・ソングライター然とした作品と、サンプリングをメインとした楽曲制作をつなぐ共通点が、ここからは見えてくるのではないか。そこで今回は『魔法がとけたあと』の内容についてはもちろん、今年でデビューから11年目を迎えたランタンパレードのキャリアに通底するものにも迫ってみたいと思い、清水に話を訊いてきた。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也

僕はゴミみたいな音に惹かれるところがある(笑)。あるいは「美しいゴミ」とでも言えばいいのかな

——今から2年ほど前に取材させてもらったとき、清水さんは「サンプリングの音楽制作でつかっている機材は、昔からずっと変わってない」とおっしゃっていて。そのあたりの環境に関して、あれからなにか変化はありましたか? 今回リリースされるのはバンド録音の作品なので、いきなり本筋とは違う話になっちゃうんですが。

そこは、今もあのころとぜんぜん変わってないですね(笑)。あいかわらず同じサンプラーとハードディスク・レコーダーを使ってます。というのは、いま持っている機材だけでも、僕は十分に事足りてるんですよ。それこそ「めちゃくちゃ豪華なスタジオで録りたい!」みたいな欲求も特にないし。それにクリアな音がもっとも正しくて優れたものなのかっていうと、必ずしもそうではなかったりするじゃないですか。

——もちろん。くすんだサウンドのよさも当然ありますからね。

そうそう。ちょっとこもっていたり、粗かったりね。たぶん、僕はゴミみたいな音に惹かれるところがある(笑)。あるいは「美しいゴミ」とでも言えばいいのかな。あ、これは今回のようなバンド録音の作品とは別ですよ? あくまでもサンプリングで音楽をつくるときの話ですけどね。

——でも、今の「美しいゴミ」という言葉は、ランタンパレードの音楽を表現する上で、とてもしっくりくるように感じました。今回のアルバムにしても、サウンド自体はすごくリヴァービーで夢見心地な雰囲気なんだけど、そこでうたわれている内容はものすごく現実的な描写だったりするじゃないですか。そのコントラストが、ランタンパレードのおもしろさだと僕は思ってて。

僕が書いてきた歌詞って、多分ずっとそんな感じだったと思うんです。昔からそこは変わってないんじゃないかな。というのも、いま「夢見心地」とおっしゃっていましたけど、それこそ夢って支離滅裂なものじゃないですか。お花畑のような雰囲気のなかにいたかと思いきや、そこに現実的なことが脈絡なく現れるのも、夢だったりする。電話ボックスに入ってる王貞治とかでてくるじゃないですか。僕がやりたいのは、多分そういうことなんですよね。それに、たとえばマーヴィン・ゲイの「ワッツ・ゴーイン・オン」とかも、そういう曲じゃないですか。サウンドはものすごくきらびやかなんだけど、実際にあの曲で歌われているのは、思いっきり現実のことだったりするわけで。


マーヴィン・ゲイ / ワッツ・ゴーイン・オン

僕はそういう「新しい」と呼ばれるようなものに対して、けっこう懐疑的なところがあるから

——たしかに。では、新作の全編で聴こえてくる、あのピックアップ付きのアコギにリヴァーブを深くかけたサウンドは、どんなイメージのもとに作ったものなんでしょうか。

うーん。特になにかイメージがあったわけでもないんですけど、ちょっとサイケ感を求めていたのかな… って、リヴァーブをかければサイケになるのかっていうと、そこは異論もあるでしょうけど(笑)。というか、自分の場合は音楽をつくるときに「今回はあんな感じのものをやってみよう」と意識しても、結局それとは別モノになっちゃうんですよね。たとえば今作の〈たったひとつの朝〉を作っているときなんかは、CANの曲のリズムとか、同じくドイツのEMBRYOのある曲のノリをちょっとだけ意識してたんですけど、結局そういう曲にはなってないので(笑)。作り終わったものを聴き返してみたときに「けっこういろんな影響が滲んでいるな」と気づくことは、わりとしょっちゅうあるんですけどね。


Lantern Parade / 魔法がとけたあと

——あとになってから気づいた影響源って、たとえば今作だとどんなものがありましたか。

今回のアルバムだったら、ティム・バックレーなんかはそうかな。あと、ニーナ・シモンやミシェル・ルグランが自ら歌ってるアルバムの影響も、どことなく滲んでいるような気がします。でも、今回のアルバムって、一言でいうとフォーク・ロックじゃないですか。そういう意味では、特に新しいものでもないと思うんですよ。というか、僕はそういう「新しい」と呼ばれるようなものに対して、けっこう懐疑的なところがあるから。

——サウンド面での目新しさは、特に求めていないということ?

多分そうなんでしょうね。でも、人ってそういうムーヴメント的なものが好きだったりするじゃないですか。それこそ、ボサノヴァの語源だってそういう意味だし、ニューウェイヴとか、ニューミュージックなんて、まさにそうじゃないですか。あるいは近年だと、ジュークやダブステップみたいなものが「新しい音楽」として世に出てきましたよね。一方で、ハイフィーとかもうあまり話題になってないじゃないですか。人はどこか「新しいムーブメントノリ」に浸るのが好きな傾向があったりするけど、僕はそういうのに惑わされたくないです。だから、僕はそういう音楽を聴いてると「本当にそれって新しいのかな?」「じつは過去に似たようなものがあるんじゃないのか」みたいなことを、つい思っちゃうんです。それこそ、ここ200年ほどの間だけでも、本当にたくさんの人たちが世界中で音楽に情熱を注いできたわけじゃないですか。人が聴いて心地よいと感じるような和音や旋法、あるいはリズムとかって、そのあいだにある程度は出尽くしてると思うんです。それを無視して「新しさ」を謳うことに、僕はちょっと抵抗があるというか。「新しい=よい」とはかぎらないし…。

——なるほど。では、清水さんは自分のつくる音楽に対して、「新しさ」ではなく、何を求めているのでしょうか?

僕は、過去の魅力的な音楽の要素がしっかり息づいたものをつくりたい。それでいて、過去にはなかったような音楽がやりたい。それに、僕はリスナー気質がものすごく強い人間だから、なにかをつくれば、おのずとそこには過去に聴いてきた音楽からの影響が出ちゃうんですよね。それはもう、意識しようがしまいが、そうなっちゃうんです。

自分と同じような、富もなにもない田舎者を「おれもやったるぞ!」と思わせるような音楽

——では、現在の清水さんはどんな音楽にリスナーとして興味を惹かれていますか。それが今作に関わっているのかどうかは、ひとまず別として。

これは最近というわけでもないんですけど、欧米モノとはまた違った魅力がある作品として、杉本喜代志というギタリストの『バビロニア・ウィンド』(1972年作)というアルバムを、気にいってよく聴いてました。エレクトリック・マイルスあたりの影響がちょっとありそうな音なんですけど、それが欧米の影響は受けつつも、模造品にはなっていないんですね。むしろ海外にはないもの、日本人にしかできないものを感じさせる音なんですよね。あと、宮沢昭さんの『木曽』(サックスプレイヤーの宮澤が1970年に発表した作品)も、どことなく日本らしさが感じられて、すごくよかったな。どちらも何気に海外にはないもの、日本だからうまれた作品というのを感じさせる音なんですね。それは日本人が作ったということを意識して聴いてるので、バイアスかかってるかもしれませんが。あと、そういえば前々からおもしろいなと思ってることがひとつあるんですけど、坂本九の「SUKIYAKI」って曲があるじゃないですか。あの曲って、日本語詞であることはもちろん、特になにか和っぽさを打ち出してるわけでもないのに、海外で大ヒットしたじゃないですか。まあ、当時と今では時代背景がちがうにせよ、それってものすごく興味深いことだと思うんですよね。逆に、欧米からの目を意識したようなオリエンタリズムって、僕はあまり好きじゃないから。

photo by 24(湘南T-SITE MUSICBOOKにて)

——というのは?

和太鼓ロックとか、ああいうやつです(笑)。だから、繰り返しになっちゃいますけど、そういうのって意識的にやることじゃないと思うんですよ。それよりも「天然感」のほうが大事というか。どっか投げやりなくらいのほうがいいと思うんですよね。それで音楽がつくれないときは、別に無理しなくてもいいんだし。微妙なところだとは思うんですが、和だとか日本ぽさを殊更強く意識したくはないということです。あくまでも天然感が大事なので。

——清水さんにも音楽が作れなくなる時期ってあったんですか。

というか、ここ最近はずっと作ってないですよ(笑)。今はこのアルバムを出す時期だし、ライヴもけっこうやっていますからね。それに、曲がつくれないってことは、別に焦ることでもないと思うし。でも、よくいるじゃないですか。「もう音楽やめます」っていう人。あれ、僕にはよく意味がわからないんですよね(笑)。音楽なんて、やりたくなったときにやればいいんだから。「音楽なんてもうやりたくない」といま思ってたとしても、人なんてわからないもんですからね。なかには、20年ぶりにアルバムを出したり、しばらく人前にでてなかったのに、ひょっこりまた歌い出す人なんかもいるんですから。

——自分のペースでやればいいじゃないかと。それにしても、ランタンパレードの場合はリリース・ペースがかなり早いですけどね(笑)。

もう20枚くらいは出してるみたいですね(笑)。でも、もともと僕はアルバム1枚だせれば、それでもういいと思ってたんですよ。あとの人生は、それを思い出に生きていこうと思ってたくらいなので(笑)。そうしたら、曽我部さんがこうしてまた作品を出す機会を与えてくれたので、それが本当にありがたいんです。自主ではなく、誰かが僕の作品を出したいと言ってくれるおかげで、僕は今こうしてやれてるわけですからね。だから、なんらかの事情でこの先に音楽ができなくなったとしても、そんなに悔いはないんですよね。やりたいことはやってこれたし、今年出した2枚のアルバムにしても、「これが作れてホントよかったな」っていう気持ちがあるから。まあ、この先につくりたいものはまだまだあるし、もちろん僕が音楽をやめることはないんですけど(笑)。今はそういう心境でもあるんです。まあ、自分の場合はプロ意識が欠けているとも言えるんですけど。

——どういうことですか?

つまり、これをショウビズとして成立させようという気概が、僕にはあまりないんですよね(笑)。僕はエンタテインメント的なものに対してぜんぜん否定的ではないし、それもそれでありだとは思うんですけど、自分にはそういう感覚が欠如しているような気がする。それはやっぱりプレイヤーというよりも、あくまでもリスナー気質ってことなんでしょうね。今こうしてライヴ活動をやってることにしても、「せっかく音楽をやってるんだから、そういうミュージシャンっぽいことも一応やっとくか」みたいな感覚だし(笑)。あと、ありがたいことに「ライヴをやってほしい」みたいな声もいただけているので、やっぱりその要望には応えたいんですよ。そこにはちょっとした義務感もあるのかもしれないけど、単純にそう言っていただけるのは嬉しいことですから。

——ある意味、それもプロ意識といえるのでは?

そうなのかなぁ…。というか、今わかりました。僕がやりたいのは「持たざる者の音楽」なんですよ。あるいは、自分と同じような、富もなにもない田舎者を「おれもやったるぞ!」と思わせるような音楽。それこそ、ヒップホップやレゲエ、アシッドハウスだって、そういうところから始まった音楽じゃないですか。僕の音楽も、そういう「持たざる者たち」に向けてつくっているところがあると思う。うん、けっこうここは確信できるところですね。

過去作

Pick Up
Lantern Parade / 甲州街道はもう夏なのさ

瞬く間に完売した7インチシングルが配信中! バンド編成でランタンパレード屈指の人気を誇る1曲「甲州街道はもう夏なのさ」をセルフ・カバー。カップリングにはこちらもバンド編成で、コーネリアス「スター・フルーツ・サーフ・ライダー」のカバーを収録。両曲とも原曲に忠実ながらも、生楽器ならではのグルーヴが迸り、祝祭的な様相を呈した絶妙な仕上がり。

>>特集ページはこちら


Perfect!

V.A.

¥ 1,351

PROFILE

Lantern Parade

清水民尋(しみずたみひろ)によるソロ・プロジェクト。ソウル、ジャズ、ディスコ、ポップスからブラジル音楽まで古今東西、様々な音盤からのサンプリングループを軸にした制作スタイルで幅広い支持を得る。2004年のデビュー以来、オリジナル・アルバム9枚、ベスト・アルバム1枚、ミニ・アルバム5枚、シングル3枚、アナログ7inchシングル2枚と、実に20タイトルをリリース。弾き語りやバンド編成によるライヴ活動も行う。

>>Lantern Parade Official Twitter

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事