バンドはサービス業じゃない──FINLANDSにとっての「LOVE」は? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信

オリコン・インディーズ・チャート2位ランクインや、数々のサーキット・イベントやフェスに出演し、着々と全国にリスナーを増やしているFINLANDS。そんな彼女たちから1年ぶり最新アルバムが届いた。塩入冬湖(Vo. / Gt.)の1度聴いたら忘れない、一瞬で空気を支配するような歌声に、コシミズカヨ(Ba.)を筆頭につくり出す骨太なサウンド。そして言葉選びが秀逸でまるで小説を読んでいるような、塩入の作り出す歌詞がFINLANDSの魅力だろう。今作『LOVE』にはどのような思いが込められたのか。塩入にインタビューを敢行し語ってもらった。『LOVE』のハイレゾ配信はOTOTOYのみ! インタビューと共にFINLANDSの音楽に堕ちてみませんか?

FINLANDSの1年ぶり新作。OTOTOYでハイレゾ配信スタート!


FINLANDS / LOVE (24bit/96kHz)

【配信形態】
FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)
>>ファイル形式について
>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲:250円 / アルバム価格:1000円



【収録曲】
1. カルト
2. フライデー
3. Back to girl
4. 恋の前
5. Baby sugar
6. サービスナンバー
7. オーバーナイト


FINLANDS Mini Album『LOVE』ALL TRACKS



INTERVIEW : FINLANDS (Vo./Gt.) 塩入冬湖

FINLANDSの通算4作目となるアルバムのタイトルは、ずばり『LOVE』。素直に受け止めれば、すなわちこれはポップ・ミュージックの普遍的なテーマである「愛」と向き合った作品なのだろう。とはいえ、そこはFINLANDS。もちろん『LOVE』は形骸化されたラヴ・ソング集とかではなく、むしろここにはそうしたクリシェから逸脱した、じつに多種多様な7曲が収められている。では、彼女たちがここでいう「ラヴ」とは一体なんなのか。塩入冬湖との対話は、まずそんなところから始まった。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也
写真 : 大橋祐希

バンドはサービス業じゃない

──まずは今作の『LOVE』というタイトルについて訊かせてください。このアルバムはところどころに社会的なモチーフも見当たるし、いわゆる「恋愛」をテーマとした作品とはまた違うようにも感じたのですが。

塩入冬湖(以下、塩入) : そうですね。この『LOVE』って、私のなかでは「興奮」に近いというか。「興奮」という言葉をなにか別の言葉に置き換えようとしたら、それが「ラヴ」だったんです。もちろん、そこで興奮を「音楽」とか「恋」に置き換える人もいると思うんですけど、私の場合はそうじゃなかったんですよね。だから、ここでいう『LOVE』は、愛しているとか、そういうことじゃないんです。

──では、このアートワークも「興奮」というテーマを表したもの?

塩入 : そうですね。持っている傘を投げ捨ててでも雨のなかに飛び込んでいくっていう。そういう悪癖みたいな感じというか、「わかっちゃいるけどやめられない興奮」を1枚で表現するっていうのが、今回のコンセプトでもあったので。

──なるほど。たとえば今作には「フライデー」という曲がありますけど、恐らくこれは某週刊誌のことを指しているんですよね?

塩入 : はい。ああいう週刊誌って、たぶん誰かの秘密を暴こうとするものなんだろうと思うんですけど、そうやって人の秘密を知ることでなにかしらの興奮を得るのって、すごく虚しい行為だと思うんです。誰にだって知られたくないことはあるじゃないですか。それはああいう記事を書いている人自身だってそう。そういう自分の得体も知れてないようなひとが他人の秘密を暴いて作り出した興奮なんて、ホント安っぽいなって。そう思ってつくったのが「フライデー」ですね。

──たしかにいまはインスタントな興奮ばかりが溢れていますよね。そして、それは日本のポップスについても言えることだと思うんです。よくも悪くも、わかりやすくて即効性のあるものばかりが求められるというか。

塩入 : 実際、そういうものは多いと思います。バンドをサービス業とか宗教みたいなものとして捉えているというか。

──サービス業とか宗教…… というのは?

塩入 : 「誰もが幸せになれる」とか、そういうことを公言しちゃっているような音楽ですね。実際、そういう音楽って結構あると思うんですけどでも、それって見たくないものから目をそらしているだけというか。ああいうのを見るとゾッとしますね。

──(笑)。そういう点でいくと、塩入さんのリリックは決してわかりやすいものではないですよね。散文的だし、けっこう抽象性が強いというか。

塩入 : たしかに、ちょっと伝わりにくいのかもしれないですね(笑)。でも、たとえばひとつの曲を100人が聴いたとして、その100人がみんな同じように感じるなんてことはないわけで。私は、そこが音楽のおもしろさだと思ってるんです。だから、FINLANDSの曲を聴いてくれた人には、その人が好きなように受け取ってほしい。実際、私自身もそういうふうに音楽を聴いてきたし。理解できなかったら、それでもいいんです。私はむしろ「よくわからないんだけど、これを理解したい」と思わせられるような音楽がやりたい。誰にでもわかるように噛み砕いたものを発表するだけなら、別にバンドなんてやらなくていいし、それよりも自分で咀嚼することのほうが大事なんじゃないかなって。さっきもお話したように、バンドはサービス業じゃないので。

歌詞は言葉としてのおもしろさで選んでいる

──まさに。では、塩入さん自身はどういうことを歌にしていきたいと考えていますか?

塩入 : 身近なことを自分の言葉で歌うことがいちばん大事なのかなって。時にはそれで共感を得ることもあるだろうし。誰かを幸せにしたいだとか、社会に対してなにかを言いたいとか、そういうことはまったく思わないですね。ただ、基本的に怒りはずっとあって。それが途切れないからこうして曲をつくり続けてるっていうところは、あるかもしれないです。もし自分が100パーセント幸せな状態だったら、こんなにたくさん曲はつくってないと思う。

──では、塩入さんが作詞家として影響をうけたアーティストというと、たとえば誰になるんでしょうか。

塩入 : えーっと。私、本を読む時は、けっこう偏りがあるというか。ひとり好きな作家ができたら、その人の本をぜんぶ買ってきて一気に読むようなタイプで。山田詠美さんの作品はホント何度も繰り返し読んでるから、文章の面に関してはけっこう影響あると思います。何度も読んで体に染み付いたものだから、きっと根深いところでインプットされていると思う。

──それは主にどういう点で影響をうけているのですか?

塩入 : それこそ言葉のチョイスとかリズム、スピード感ですね。山田詠美さんの作品って、なかにはすごく官能的なものもあるんですけど、それがいやらしく感じないというか、私にとってはすごく心地よいものなんですよね。テンポよく書かれた言葉って、こんなに心地いいんだなって。それに私、言葉遊びが好きなんですよ。日常的な言葉と、逆に普段あまり耳にしないような言葉を、あえてつなげてみたりとか。歌詞はそうやって言葉としてのおもしろさで選んでいるところがけっこうありますね。多分それは、スピッツの影響でもあると思うんですけど。

──スピッツ。確かにそれはわかる気がします。

塩入 : そもそも私がバンドというものに興味をもったのも、スピッツがきっかけなんです。友達から誘われて、中学1年くらいの頃に仙台の〈ロックロックこんにちは!〉に行ったことがあるんですけど、そこではじめてスピッツのライヴを観たときの衝撃がホント大きくて。私、そこで初めてバンドというものを知ったんです。それこそ当時はベースっていう楽器の存在も知らなかったので(笑)。こういう編成で音楽が成り立ってるんだっていうことにも衝撃をうけました。それで、私もバンドやりたいなって。

──なるほど。そこから実際にバンドを始めるまでは、どれくらいの時間がかかったんですか。

塩入 : そこはもう、すぐでしたね。そのとき一緒にスピッツを観に行った友達とふたりで「ギターをはじめよう」ということになって、それでまずはアコギを買ったんです。で、その子はすぐに飽きちゃったんですけど、私はのらりくらりと続けていくうちに、もうそのことしか考えられなくなったというか。

──スピッツ以降は、どんな音楽家に刺激を受けてきましたか。

塩入 : 自分もギターを弾きたいと思うようになったのは、ソニック・ユースのキム・ゴードンが大きいですね。彼女って、いい意味ですごく蓮っ葉というか、堕落しているような感じもあるんだけど、それがステージ上で豹変するんですよね。その姿が中学生ながらに衝撃的で、私もギターやりたいなって。

──いちギタリストとしてはもちろん、女性ミュージシャンのスタンスという点においても、キム・ゴードンはすごく重要なアーティストですよね。

塩入 : そうですね。女の子ミュージシャンのなかには「ナメられたくない」みたいな気持ちもよくあると思うんですけど、彼女はそういうものを感じさせないというか。ただ、ひとりの女性としてステージに立っているっていう。そういうところにもすごく影響を受けていると思う。あと、うつみようこさん。うつみさんのライヴを見てから、女性がバンドをやっているイメージが私のなかですごく身近なものになったんです。バンドはこうやってやるんだなって。そうしたらもう、どうしてもバンドがやりたくなって。

興奮が続いていく限り、ずっとバンドをやっていく

──The Vitriol(FINLANDSの前身バンド)を組んだのはいつ頃ですか? 出来ればこのThe Vitriolというバンド名の由来についても訊いてみたいんですが。

塩入 : それは高校2年くらいですね。バンド名については特に意味はないというか。辞書をひいてみて、そのページにあった1番かっこいい単語を選んだってだけです(笑)。でも、これはあとになって知ることなんですけど、“Vitriol"には「皮肉」みたいな意味合いもあるんですよね。そこはちょっと自分でもしっくりくるなと思ってました。

──実際、“Vitriol"という言葉はFINLANDSのイメージとも連なっている気がしました。The Vitriolの音源もすこしだけ聴いたんですけど、音楽的な指針は当時からさほど変わってないようにも感じたし。

塩入 : 確かにそこは変わってないですね。自分たちは歌モノでギター・ロックをやってるっていう認識も当時から変わってないし、とにかく自分のなかでしっくりくる音楽をやろうとすると、おのずとこういう感じになるというか。

──ただ、塩入さんの歌唱スタイルはかなり変わりましたよね。

塩入 : それは1回声をつぶしているからなんです。高校生の頃からずっと高い声で歌い続けてたんですけど、そうしたらFINLANDSを組んだあたりで1度声がでなくちゃって。それで3ヶ月くらい歌えない時期を経て、また歌い出したらこういう声になったんです。

──あぁ、そういうことがあったんですね。でも、結果的にそれが功を奏したというか、塩入さんの高い音域にすこし掠れた響きを混ぜていくヴォーカリゼーションは、間違いなくFINLANDSというバンドのチャームになっていると思う。

塩入 : 歌い方の癖は、最初はイヤだったんですけどね(笑)。でも、こうなったらこれで歌うしかないなって。あと、その声がつぶれて何もできなかった時期に宅録を始めたんですよ。うちのサポート・ギターから機材をもらったのがきっかけだったんですけど、それからはすっかり宅録にハマっちゃって。自分以外のパートについても考えられるようになったし、いろんなことに意識を向けられるようになりました。

──宅録をはじめたことによって、レコーディングに対する向き合い方もだいぶ変わったと。実際、FINLANDSはここまでコンスタントにリリースを重ねていますよね。

塩入 : そうですね。ライヴをたくさんやるのは当たり前として、私はとにかく作品をずっとつくり続けていきたいんです。18歳くらいから年に1枚は出してるんですけど、これを死ぬまで続けていったら、たぶん人生で50枚くらいはつくれるわけじゃないですか。未来のことはまだわからないけど、できればそこまでやってみたいなと思ってて。

──それはかなり長期的な目標ですね。年に1枚のペースを保っていくのはなかなか大変そうだけど。

塩入 : でも、そういう指針がないと新鮮な興奮は味わえないと思うんです。私にとってはアルバムが完成したときが1年でいちばん無敵だと思える瞬間だし、やっぱりそこがいちばん楽しいんですよね。つくったばかりの曲のデータを携帯に入れて、それを車のなかで聴きながらミックスのことを想像したりしていると、すっごくワクワクする。そういう興奮が続いていく限り、私はこれからもずっとバンドをやっていくんだろうなって。

RECOMEND

The Whoops / Citrus

前作から1年ぶりの新作! 今作も青春の甘い記憶も苦い思い出も懐古してしまうドキドキが詰まった1枚。ライヴ・ナンバーとなっている「恋をしようよ」やBa.森雅実がメイン・ヴォーカルをつとめた「バイバイ」など全6曲。夏が終わったいま、聴いて欲しい。


SNARE COVER / ep.地球

2017年インディーズ・バンドの世界最大のコンテスト『EMERGENZA JAPAN』優勝バンド! 斎藤洸の歌声に惚れざるを得ない2曲入りEP。


ナードマグネット / MISS YOU

フレンズの三浦太郎との共作曲「MISS YOU」や、GOING UNDER GROUND「グラフティー」のカヴァー、1stシングル『AFTER SCHOOL』に収録されている「グッバイ」の再録などを含む全6曲。またもや甘酸っぱい儚くもポップなミニ・アルバム。


The Rouges / SWIM LOVE EP

昨年「出れんの!? サマソニ」オーディションにて、ISLAND賞を受賞し、〈サマーソニック2016〉にも出演した男女トリプル・ヴォーカルバンド、The Rougesの最新作。サーフ、ローファイ、ガレージなどミクスチャー・サウンドがたまらなくキュートな1枚!


teto / dystopia

バンド結成から1年半、teto待望のリリースとなる1st EP。ど真ん中なパンク・チューンからガレージ・サウンドを取り入れた、キャッチーで疾走感満載な楽曲がずらりと並ぶ。これからのシーンを担っていくに違いないバンドです、要チェック!

LIVE SCHEDULE

〈LOVE TOUR FINAL ONEMANLIVE〉
2017年10月6日(金)@札幌COLONY
2017年10月22日(日)@大阪CLAPPER ★SOLD OUT!!
2017年10月29日(日)@新代田FEVER ★SOLD OUT!!

その他ライヴ
2017年9月19日(火)@仙台MACANA
2017年9月22日(金)@名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
2017年9月23日(土)@新代田 FEVER
2017年9月30日(土)@新代田FEVER
2017年10月1日(日)〈マグロック 2017〉
2017年10月8日(日)〈MINAMI WHEEL 2017〉
2017年11月5日(日)@新宿JAM
2017年11月23日(木)〈BUTAFES 2017 -NAMAKEBUTA METABOLIC ROCK FESTIVAL-〉
2017年12月2日(土)〈下北沢にて'17〉

詳しくはこちら

PROFILE

FINLANDS

塩入冬湖とコシミズカヨからなる女性ロック・バンド。『RO69JACK』での入賞経験を持ち、一昨年辺りから全国各地で話題のフェスやイベント、大型サーキットフェスにも多数出演。早耳ロック・リスナーたちの間でたちまち話題となる。2015年に『ULTRA』『JET』と2枚のミニ・アルバム、2016年にはフル・アルバム『PAPER』をリリース。『JET』に収録の「さよならプロペラ」は北海道日本ハムファイターズのテレビCMに起用されるなどポピュラリティも併せ持つ。またFINLANDSを象徴する、どんなに暑い真夏の屋外ステージでも決して脱がない厚手の冬物コートを着用してのライヴも話題。

>>FINLANDS Official HP
>>FINLANDS Official Twitter

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事