福岡が、日本が誇るオルタナティブ!!!!

福岡のジャンク・ブルース・ロック・バンド、folk enoughのニュー・アルバム『DISCO TAPE』が完成! ナンバー・ガール、MO'SOME TONEBENDER、スパルタローカルズ、パニックスマイル... めんたいロック以降、対向するように現れた福岡のオルタナティヴ・ロック・バンド達。 そんな中一際輝き、現在も福岡シーンを先導する主役が彼らである。ベースに新メンバーの柴田剛を迎えて初のリリースとなる本作は、彼との2年間の巡業の末に辿り着いた、誰も聞いた事のない極上のポップ・ミュージック。OTOTOYではアルバムの発売に先駆けて、収録曲「Mario」をフリー・ダウンロードでお届け。彼らの雑多な音楽性が詰め込まれた名曲をどうか聞き逃さないようご注意あれ。この曲を1000万人のミュージック・ファンに贈る!

>>「Mario」のフリー・ダウンロードはこちら(期間 : 1/13〜2/22)


folk enough『DISCO TAPE』
2011.2.23発売
mp3 : 1500円 / wav : 1800円
Label : JUNK Lab Records

【TRACK】
1. Helloonanie / 2. Bach / 3. Mario / 4. Rock'n Roll Sunday / 5. New Lithm / 6. A.Y. / 7. Swingoutman / 8. Banana / 9. Elocity / 10. Mr.Bigman / 11. Folk in N.Y.C. / 12. Oh!Shine! / 13. Bomb Ahead

Performed by folk enough
Recorded and Mixed by MASAHIKO ANZAI, SHUICHI INOUE
Mastered by Kentaro Takahashi
Mastering produced by Hajime Yoshida

ずいぶんと前の話だけど、ロックってなんかずるい音楽だなと思った時がある。新しいアプローチから生まれた斬新な音楽が世に出てくると、音楽雑誌なんかはすぐ「これが今のロック! 」みたいな調子で、なんかロックという言葉がずいぶんと都合のいいものに思えてしまったのだ。それ以降もロックとか、フォークとか、ブルースとか、とにかくいろんな名前がつけられた音楽をひたすら聴いてわかったのは、やっぱりロックにもそれなりのルールとかセオリーみたいなものはあって、その上でそれぞれが自分達の音楽性を開拓しようとしているということ。では、ロックンローラーと呼ばれる人達はそこでようやく求めていたサウンドを手に入れたらそれで万事OKなのかというと、そうもいかないのが難儀なのだ。そして、それを体現し続けている数少ない存在のひとつがfolk enoughであり、リーダーである井上周一なのではないかと思っている。

彼らにしても、様々な音楽を通過しながらセオリーを知り、そこから解き放たれるべく、常に新たなメロディやグルーヴを模索してきたのは多くのミュージシャン達と同様だろう。しかしこのバンドが特異なのは、そうやってようやく手に入れたものを、次の瞬間にはあっさりと手放してしまうのだ。甘味なメロディが聴こえてきたと思ったらすぐに立ち消え、またすぐに違う展開がやってくる。そうかと思えば今度は延々とループが続いたりと、常に聴き手が予期する展開とは別の方向に行く。彼らはセオリーから脱した場所も、しばらくするとまた退屈になってしまうことを知っているのだ。だからこそ躊躇なく捨てる。このバンドの音楽性がジャンクと形容される所以はここにあるし、ロックンロールとはこういうものなんだと思う。

『DISCO TAPE』は、元FOUR THE MGの柴田剛を新メンバーに迎えての作品となる。結成以来初のメンバー・チェンジは、結果的にバンドのアンサンブルに新たなスリルを与えることになった。どこまでもささくれだっていて、とにかくセクシーで、ポップ。これを聴いて「どこがポップなんだ」と感じた人は、多分ものすごく潔癖なのか、あるいは巷に溢れる画一化されたサウンドに慣れ過ぎているんだと思う。実際のギターとベースとドラムは、ちゃんと質感を捉えたらこういう音になるんだ。これが本物だ。(text by 渡辺裕也)

folk enough『DISCO TAPE』によせて

folk enoughのニュー・アルバム『DISCO TAPE』に、多くの関係者よりコメントを頂きました。

フォークイナフはポンコツである。ローファイでなくガレージでもなく、ポンコツ。ブルックリンの川沿いに乗り捨てられたアメ車みたい。ボロボロなのにカッコイイぜ。まだまだ走るぜ!
百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)

俺の最大のライバルであり、最高の友が、素晴らしく満足度の高いアルバムを作ってしまいやがったので、俺は悔しいやら嬉しいやらだ。普通のヤツには作れないPOPSの領域。本当のPOPSができるヤツってのはドが付く変態でなければならないってコト。folk enough井上周一はドが三つ付くほどの変態である。だからこんな作品が作れちゃう。音楽への愛が一途過ぎるゆえ、アルバム2曲目に10分越える最も暗いインストなんか持ってきちゃう、普通だと絶対やっちゃダメな曲順(笑)。でも全てに意味がこもってる。曲の配置、音の配置、楽器の音質、歌い方、息遣い、間、一切の無駄がここには無い。しかし、これだけ全てに神経を注ぎ込んでおきながら、ラフに感じる。疲れない。最高にPOP!!!!! 俺は断言します、これが音楽です。
ボギー(nontroppo)

1音目をきいた瞬間、やばいな、かっこいい!誰これ!?
すげえアーティストに出会った時に共通して思う事。
folk enoughは間違いない。
今作も最初のリフからやられました。
そして、曲タイトルめっちゃおもろいです。
Elocity最高!!
maeson(8otto / drumsthroat)

くーっ!憎らしいほどスマートなくせに、愛しいほどやんちゃなサウンド!!
ニヤニヤしてしまうのはあたしだけでしょうか??
谷口友香理(Limited Express (has gone?) / ニーハオ!)

かっこいい。全体を通して霞がかった、古い映画を見たような、いや違うな、アナログ的な古いやり方をあえて使った新しい映画を見たような、だ。洒落てる。ノイズの作り方、ギターの音色の選び方、ドラムの“ノリ”。どれをとっても計算されていて、かつ自由だ。こんなアルバムを作れる日本人は、たぶんこのバンドしかいないだろう。オルタナティブとはメジャーとの相対的二者択一ではなく、個人的な好みを自由に追求した結果、他とは違う感じになってしまったって感じのやつ。奇をてらっていればいいってもんじゃない。洗練されていないといけない。このアルバムはきちんしたビジョンが、包括的に、しかも肩の力を抜いて作られている。洗練されている。こういう音楽はかっこいいカフェとかで流れてても似合うんだろうな。Folk Enoughはライブも凄いしな。ロックしてるしな。洒落てて、ロックしてる。これ以上何もいらないね。趣味がいいとあんまり理解してもらえない場合があるけど、このアルバムにはそうなってほしくない。確実に普段では味わえない体験ができるアルバム。だからみんなこれ聴こうよ。
氏原ワタル(DOES)

ゴール前で圧倒的な存在感を放つアイツ。どのタイミングでシュート打ったかわからないけど、決勝点決めちゃうアイツ。そんなアイツから感じるのはfolk enoughの音楽みたいなヒリヒリした熱。
ああ。みんなに言いたい。folk enoughが世界で一番かっこいいってこと。
有馬和樹 (おとぎ話)

folk enoughの音楽は映画に似ている。撮りためた素材を切り刻んで繋ぎ合わせる編集作業の時に真意が噴出する。それがfolk enoughの持っている“狂気”。ロックンロールというある意味様式化してしまった世界を解体して再構築する為の唯一の武器、これがホントスゴイ。計算されつくした後に見えてくる狂気という物があるんだなぁとガンジガラメの曲を嬉々として演奏する井上くんを見ながらいつも思う。POPでキャッチーなんて使い古された言葉だけど、ここに狂気が入り込むと何とも斬新。ゴダールやデヴィッド・リンチ、ギャスパー・ノエなんかの映画のエンドロールにfolk enoughが流れたら、きっと鳥肌が立つ位感動的だろう。
カシマエスヒロ(BOSSSTON CRUIZING MANIA,秋葉原CLUB GOODMAN)

DISCO TAPE のサンプル、大変楽しんで聴かせてもらってます。これ、何かカワイイですね。実際に狙ってカワイイ曲もありますが、ワイルドな曲も、そっけない曲も、ノイジーな曲も全部まとめて、そこはかとなく可愛さアップしてるじゃないですか。こんなんでしたっけ。もともと大好きですが、楽しめるシチュエーションが増えた分さらに好きになりましたよ。つまり、より身軽にやってるのかな。もう確信犯というよりは、カリスマ犯罪者。ルパンみたいな(違うか)。力抜けた音でもすばやく耳に届く感じ。素敵です。velvet underground の loaded に入ってるとしか思えない曲があって、それもなんかうれしかった。
渡辺良(Convex level)

全体に漂う『哀』なムードに何だか切ない気分になるんだな。でも何かいろいろ許してくれそうっていうか、特大の人間を感じる生身の音楽や!アンパンマンに顔を分けてもらうみたいな、生身をそのまま差し出す『哀』と『愛』てね。ドキドキしてしまった!
キシノジュンヤ(the mornings )

新しくない新しさと古臭くない古臭さをあわせ持った深みのある作品やと思います。ボクの中ではそろそろ紫綬褒章やわ
加納良英(and young...)

folk enoughの新作「DISCO TAPE」がサンプル盤が届いたので聴く。これはいい! ジャンクブルースと言われることもあるが「うたごころ」を今まで以上に感じた。
わたなべりんたろう(ライター)

ブルースはそこにあった。少なくともオレの知ってるブルースは。フォークイナフはそこに在り続ける。少なくともオレの知っているフォークイナフは。
マドナシ(キツネの嫁入り)

最初のスネアの連打だけでいきなりギャース!ってなりました。思わず井上君に電話しました。
「すげえいいっすよ!」
「でしょ?」
って期待通りのリアクションに、彼のしたり顔を勝手に思い浮かべて嬉しくって鳥肌が立ちました。
早く会いたいなあ。
まじでかっこいい。それしか出てこん。
土龍(livehouse nano / ボロフェスタ)

PROFILE

福岡が生んだジャンク・ブルース・ロックンロール・バンド。そのDIY精神に富んだバンド活動は多くのバンドからの注目、リスペクトを受ける。ビクター傘下のCOLLA DISCから2枚のアルバムと2枚のミニ・アルバムをリリース。くるりやズボンズ等を虜にし、3rdアルバム『BLUES』は、ミュージック・マガジンで満点の評価を得た。その後、自主レーベルe.g.recordを立ち上げ、LIVEアルバムと4thアルバムをリリース。

o

 
 

レヴュー

祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事