"ロックンロール"という様式美の最先端
──Ryo Hamamotoの3rdアルバム、ハイレゾ配信

moools(モールス)やハリネコにて卓越したギタープレイで魅せてきた浜本亮が、バンド名義の前作から4年、ソロ名義"Ryo Hamamoto"としては9年ぶりとなる、3枚目のアルバムを完成させた。

今作に収録されたのは声、ギター、ベース、ドラムという最もシンプルなロック・ミュージックのフォーマットで描かれた全9曲。先行7インチ・シングルに収録された「Last Train Home」、「カリブに配属」が異なるミックスにて、さらに濱田岳主演のショート・フィルム『Miss Fortune』のエンディング・テーマとなった「The Photographer」が新録にて収められた。プロデューサー兼ドラムには盟友、神谷洵平(赤い靴、大橋トリオ、Predawn等)が、ベースにはガリバー鈴木(Predawn等)、ミックスおよびマスタリングは原真人(細野晴臣、大森靖子、ザ・なつやすみバンド等)が参加。高純度で紡がれた楽曲をOTOTOYではハイレゾ配信する。

さらに特集では4年ぶりにインタヴューを敢行。ここから彼を知るという方には是非とも前作時のインタヴューもあわせて読んでいただきたい。

Ryo Hamamoto / Third

【Track List】
01. Last Train Home / 終電
02. ティッシュ・ペーパー・チルドレン / Tissue Paper Children
03. ファイア・スターター / The Guilt
04. バーベキュー / BBQ
05. The Photographer / 写真家
06. ウェディング・マサカー / The Wedding Present Massacre
07. トレホの背中 / Like a Trejo
08. Los Arap / ルソラパ
09. カリブに配属 / Fata Morgana

【配信形態 / 価格】
[左]24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
単曲200円(税込) / アルバム 1,800円(税込)
[右]16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / mp3
単曲200円(税込) / アルバム 1,800円(税込)
※AAC / mp3のみ単曲 150円(税込) / アルバム 1,350円(税込)

INTERVIEW : Ryo Hamamoto

ロックンロールは帰る場所をもたない人たちのホーム──かつてそう語ったのは、ミュージシャンにして音楽学者のジュリアン・コープだが、彼のそんなことばを素直に受け止めるならば、まさにこれこそがロックンロール。 Ryo Hamamotoのアルバム『Third』を聴いていると、そんなふうに思えてくる。

終電を逃したひとの歌で始まるこの作品は、次々と舞台をスイッチしながら、そこにいる人物の主観的なことばでストーリーが展開されていく。いつか自分がそこから離れることを意識しながら、同時にそんなことはどうでもいいとも感じている、そんな無責任で自由気ままなやつらを描いた9つの歌──すくなくとも僕は『Third』をそんな作品だと捉えている。作り手の浜本からは「ただ単にいい曲を並べただけ」というそっけない答えを返されたけど、別にそんなことは気にしない。というか、それでこそ浜本亮らしいじゃないか。語るべきことはすべてこのなかで語っている。そんなぶっきらぼうな態度も、このひとには似合うってもんだ。

とか言っといてなんだが、浜本亮は非常にフランクな男である。下記のインタヴューでも、今回のアルバムにまつわる非常に興味深い話をいくつも聞かせてくれているので、早速そちらをお楽しみください。そして、それが『Third』という作品を深く掘り下げるきっかけとなってくれたら、これほどうれしいことはない。では、どうぞ。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也
写真 : 大橋祐希

モールスでバンドが動く力学をじかに体感できたのは、ものすごく大きかった

──前作『Ryo Hamamoto & The Wetland』をリリースしたあと、浜本さんには“Ryo Hamamoto & The Mockingbirds”と名乗っていた時期がありましたよね。そして今作は完全なソロ名義での作品となったわけですが、まずはこの変遷について教えていただけますか。

まあ、わかりづらいですよね(笑)。でも、僕はバンド名義のほうがちゃんと伝わるんじゃないかなと思ってたんですよ。というのも、最近は一人ですべてを完結させられるアーティストがたくさんいるじゃないですか。でも、僕自身はそういうタイプではないし、それよりは誰かとの化学反応を楽しみたいんですよね。で、リズム隊の構成員が代わったのを機に、「またバンド名も変えたほうがいいな」と思ったんですけど、まわりからは「別にそのバンド名、いらなくね?」と言われてしまって(笑)。

──実際、僕もソロ名義のほうが腑に落ちました(笑)。やっぱり浜本さんって一人が似合うというか、ソロ・シンガー的な佇まいだと思うので。

(笑)。まあ、どうしてもひとりになっちゃう人っていますからね。

──うん、まさにそのタイプだなと。だから、モールスへの参加が不定期になったことにも、なんとなく納得しちゃって。

そうですね。あのバンドの素成分を解析していくと、モールスといえばやっぱりあの3人なわけで、今はそこに立ち返ってみてもいいじゃないかなと思って。それに僕自身、あの3人と一緒に4年ほどがっつりやらせてもらって、バンドが動く力学をじかに体感できたのは、ものすごく大きかったんです。勿論、それは今作にもつながってる。あとはまあ、自分のソロは僕がやらなきゃ誰もやらないわけですから(笑)。当然それは僕にとって、最大の命題ですからね。

──加えて今作は、アートワークも浜本さん自身のポートレートになっていて。このへんもまた、ソロ・シンガーとしての振り切りを感じたのですが。

そうですね。でも、シンガー・ソングライター的という意味では、むしろ前作のほうがそうだったのかも。というのも、今の僕は以前よりも自意識にとらわれていないから、いい意味で今回のアルバムはすごく客観的なんですよね。ただ単にいい曲ができたっていうか。それでいて、どの曲からも僕の人となりというか、アーティスト性みたいなものが立ち上がってくる感じもある。まあ、具体的にそれが何なのかといわれると、自分ではよくわからないんですけど。

大事なのは、「何を歌うか」よりも「それをどう書くか」

──では、まずは4年前のアルバム『Ryo Hamamoto & The Wetland』について、あらためて聞かせてください。いま振り返ってみて、あのアルバムは浜本さんのキャリアにおいて、どんな意味をもつ作品だったと考えますか。

たしか、その当時もきっとこう話してたと思うんだけど、あのときは自分の居場所、あるいは故郷みたいなものができればいいなと思っていたんですよね。サウンドスケープ的にも、そういう風景が見えてくるような作品にしたかった。で、実際にそれを一応やってみたんですけど、結果としては「あれ、こんなもんかな?」みたいな(笑)。

──思っていたほどは満足しなかったということ?

勿論、作品自体はすごくよかったんです。でも、それをつくったことで自分の居場所ができたのかっていうと、別にそうでもなかった。つまり作品は作品であって、それは故郷になんかならないなと(笑)。言ってしまえば、僕は幻想を追い求めていたんですよね。どこかで自分もそこに自覚的だったんだけど、それがよくわかったというか。うん、たしかに良くも悪くもあれで満足はしませんでしたね。

──そうなると、当時と現在では音楽をつくるモチヴェーションもだいぶ変わったのでは?

それをモチヴェーションというのかはわからないけど、それこそ「自分の居場所を生み出さなきゃいけない」という半ば強迫観念じみたものと比べると、今はもうちょいクリエイティヴになれたのかもしれません。「こういう感じの曲が作りたいな」みたいなことを、もっと楽しめるようになったというか。だから、今回のアルバムに関しては、それがどういう曲になるのかもあまり気にしてなかったし、それこそ勢いで書いてみたりとか、あえて変なテーマを設けてみたりとか、そういう遊びや工夫がたくさんあるので。

──なるほど。つまり、今作には特にコンセプトみたいなものもなかったということですか。というのも、たとえば「雪の坂道」という曲でなんども繰り返される〈Coming Home〉というリリックが象徴していたように、前作には「帰る場所を探している」という感覚が通底していたと思うんです。そして今回のアルバムは、そのホームに帰りそびれたところから作品がスタートしている。そこには前作以降の心象が表れているようにも感じたんですが。

えーっと。その1曲目の「Last Train Home」については…… こういうふうに説明しちゃうのも、なんか野暮なんですけどね。たとえば、お酒を呑んでいたりすると、みんな終電で帰っていくじゃないですか。でも、僕はそういうときにけっこう居残るタイプなんです(笑)。まあ、貧乏性なんですよ。なるべく長居したくなるというか、「もうちょっと粘っていたら、今夜はもっと楽しくなるかもしれないのに」と思っちゃう。だから、「みんな、そんなに早く帰るなよ…」っていう。

──(笑)。それで自分はいつも終電を逃すと。

そうそう(笑)。まず、それがひとつ。あと、〈Coming Home〉って、要は死ぬってことなんですよ。ホームというのは、自分が元いた場所のことでもあって、それってやっぱり天国なんですよ。そういうのを含めて、早く死んじゃうやつら、帰っちゃうやつらに向けて、「もうちょっとだけ粘ってくれ」っていう。多分、「Last Train Home」を書いたときはそういうことを思っていたんじゃないかな…… って、なんか死生観を語っているみたいに思われたらイヤなんだけど(笑)。

──いや、そこはものすごく重要な話だと思います。

でも、あんまり死の匂いがしちゃうのもアレですからね。そこはギリギリのところで止めたつもりなんですけど。それこそゴスペルやブルースなんかで、よく〈ゴーイング・ホーム〉みたいなことを言うじゃないですか。要はあれって、いろんなものを恨まずに生きた人が、天国にいけるってことなんですよね。つまり、死ぬ間際に人生を振り返って、「いろいろおもしろいことがあったな」と思えたら、きっとそのひとは天国に行けるんじゃないかなって。そういうことが頭にあるなかで書いた曲は、確かにいくつかあります。とはいえ、たしかに今回のアルバムに関しては、曲のテーマとかはなんでもよかったんですけど。

──なんでもよかった、というのは?

大事なのは、「何を歌うか」よりも「それをどう書くか」ってことですね。だから、歌の題材はホントなんでもいいんですよ。重要なのは、その題材にどう迫るかってこと。ミュージシャンのやることって、僕はそれだと思うんです。なので、たとえば今回のアルバムでは、イカれた女が新郎新婦を惨殺しちゃうっていう、ちょっとしたショート・ストーリーを書いてみたりもしてて。

──「ウェディング・マサカー」ですね。あの曲はリリックもさることながら、その場のラフなセッションをパッとレコーダーに録ったようなテイクが、すごく印象的で。

たまたまその時に降っていた雨音なんかも、ふつうに拾っちゃってますからね。でもあれ、ちゃんとした環境で録ってるんですよ。ただ、スタジオの使い方がかなり雑というか(笑)。あのときは何を言い出すまでもなく、なぜか洵平くんがピアノにむかっていて、ガリバー鈴木もマンドリンを手にしていたので、そのまま笹倉さんのスタジオにマイクを立てて、ただジャンジャカやったっていう。

神谷洵平くんとはもう、10年ちかい付き合いなんで、この関係性にもそろそろ落とし前をつけたいなと(笑)

──そうそう、今作のレコーディングは笹倉慎介さんの所有するスタジオで行われたんですよね。

はい。笹倉さんの音楽自体は以前からずっと知っていたので、まさかこうして縁があるとは思いもしませんでした。しかも、そのスタジオがまた、すごくいいところなんですよ。米軍ハウスみたいな敷地が入間の一角にあるんですけど、そのなかの一軒家を利用した、カフェ兼スタジオみたいなところで。今回は僕と神谷とガリバー、エンジニアの原さんで、そこに何日か泊まり込みでやらせてもらいました。

──そして今作のプロデューサーが、その神谷洵平さん。彼と浜本さんは、まさに盟友ともいえる間柄ですよね。

そうですね。彼とはもう、10年ちかい付き合いなんで、この関係性にもそろそろ落とし前をつけたいなと(笑)。というか、今作については神谷くんの方から提言してくれたんですよ。「一緒につくろうよ。プロデュースもやるから」って。それで、決起会みたいな感じで一緒にフジロックに行ったり(笑)。

──いいですね(笑)。その決起会から完成にいたるまで、どれくらいの時間がかかったんですか。

もう、あれから2年は経ってるのかな。とはいえ、神谷とも「せっかくなら時間をかけて作ろう」と話していたし、そう簡単には進まないだろうとも思っていたので。それこそ彼とは『Leave Some Space』(2007年リリースのファースト・アルバム)の頃からずっと一緒にセッションを試していたり、エレキ・ギターとドラムのデュオ編成でも一緒にライヴをやってきたから、せっかく作ると決めた以上は、ちゃんと納得できる形にしたかったんです。

──神谷さんは、セッション・ドラマーとしてもたくさんの現場で活躍されていますよね。

そう。だから、彼はいろんな現場で着々とプロデュース能力を身につけているんですよ。それこそ僕なんかよりもよっぽど経験を積んでるし、音の作り方もたくさん学習している。だからこそ、僕としても彼に頼りたかったし、やってみたら絶対におもしろくなるのもわかってたから。

──音楽的なバックグラウンドについてはどうでしょう。やっぱり重なる部分もたくさんあるんですか。

そうですね。彼も、いわゆるトラッドなシンガー・ソングライターを好む人なので、そのあたりはすごく趣味が合うし、話も早いんです。同時に、彼はご両親もドラマーだったりして、その影響でフィージョンとかAOR、黒人音楽とかにも強いんですよ。逆に、僕はそこまでブラックに詳しくはないから、彼がそこらへんの感覚を持っていてくれるのは、すごく助かるんです。

──なるほど。では、ベースのガリバー鈴木さんについては?

彼との出会いも、最初は神谷くんつながりだったかな。これもだいぶ古い話なんですけど、神谷とガリバーと、東川亜希子さん(今作のレコーディングにも参加している、神谷が参加するデュオ「赤い靴」のヴォーカリスト)。あと、神谷と一緒に「月球」というユニットをやっていた植田慶介くんと僕で、いちどソングライティング・チームを作ろうという話があって。

──へえ! それは初耳。

まあ、だいぶ前にポシャってますからね(笑)。おもしろいものもいくつか出来たんだけど、いかんせん活動がままならなくて。で、そのときがガリバーとの初対面だったんです。だから、もう彼ともずいぶん長い付き合いですね。で、それがようやく一緒に演奏できたっていう。

すごくクラシックでありながらも現代的な音にしたかった

──ガリバーさんにせよ、神谷さんにせよ、どちらも非常にオーセンティックなセンスを備えた演奏家という印象もありますが。

そうですね。彼らはやっぱりうまいし、経験も豊富ですから。それに僕も、ある程度の技術を求められるような曲を書いちゃうところがあるので。

──それは、学理的な理解力とかも込みで?

そうですね。理屈で曲を解析できる人のほうが、僕としては安心できるし、そのほうが曲のうまみをしっかり表現してもらえるんじゃないかなって。あと、僕の曲ってそこまで特徴的な音を必要としないんですよ。というのも、バンドによってはトレードマークとなるようなサウンドがあったりするじゃないですか。でも、僕の書く曲に関しては、それこそギターとベースとドラムに、多少の鍵盤が加わるくらいですからね。そういう意味で、まさに彼らは僕が曲が欲しているものを持っているプレイヤーなんです。それはエンジニアの原さんにしてもそう。

──そう、今回のアルバムは原真人さんのミックスがものすごくよくて。

原さんは、曲の理解度がものすごく高い方でしたね。もしかすると、今回のアルバムに関しては、僕らがやりたいことと、原さんがやってみたかったことがうまく合致したのかもしれないなって。漠然とした言い方ですけど、すごくクラシックでありながらも現代的な音にしたかった、というか。そういえば、「アラバマ・シェイクスの新しいアルバムは、音像がすごく特徴的だよね」みたいな話もチラッとしてましたね。

──アラバマ・シェイクスのセカンドは、とにかくプロダクションが強烈ですよね。曲自体は非常にオーセンティックなんだけど。

そうそう。きっとあれはいろんなことを想定してやったことが、バッチリ狙い通りにいったんでしょうね。空間の使い方が、ものすごく現代的。で、勿論あれを真似するわけじゃないけど、「多分ああいうことだよね」みたいな感覚は、原さんとも共有していた気がします。特に原さんは「BBQ」を気に入ってくれてたみたいなんですけど、僕のギターの音って、リヴァーブがけっこう特徴的なので、原さんがミックスの段階でディレイをかけながら、ああいう空間を作りあげてくれたのは、すごくよかった。

──今作のハイライトは、まさにその「BBQ」だと思いました。エレキの弾き語りによるサウンドもさることながら、ああいう日本語詞の乗せ方は、あまり聞いたことがなかったです。

あの歌詞に関しては、僕も未知のエリアに踏み出せたような感覚がありましたね。あれが聴き手にどう伝わっているのかわからないけど、決してふざけた曲ではないし。あとは、アルバムの最後に入ってる「カリブに配属」もそう。

──「カリブに配属」は海賊をモチーフとした曲ですよね。つまり、このアルバムは終電を逃すところから始まって、海賊の曲で終わる、という流れになっている。聞き手はきっとこの流れに、なにかしらのストーリーを見出していると思うのですが。

まあ、そういうリアクションはまったく想定していないんですけどね(笑)。結果的にそういう反応してくれる人がいるのだとしたら、僕としても安心できるというか、すごく嬉しいですね。

──では、この海賊というモチーフについては?

やっぱり海賊ってロマンがあるじゃないですか。それに、なんていうか…みんな海賊だなと(笑)。幸い、僕はいろんな友人知人に恵まれているんですけど、みんながみんな、それぞれにやるべきことをやっていて。もしかしたらそういう様が、この曲になったのかもしれないですね。

──いま自分の置かれている環境や社会からも、少なからず影響を受けているということ?

あまりダイレクトな書き方はしていないけど、当然その影響はあるでしょうね。無意識ではあるけど、今の不穏さとか、そこで生まれた怒りなんかは、やっぱり自分の音楽にも反映されていると思う。ただ、僕は怒りに対して怒りを返したくはないんですよね。そういうネガティヴな感情は、曲という芸術形式に落としこんだときに、はじめて消化、あるいは昇華されるものだと僕は信じているので。それがこのアルバムでも実現できているんだとしたら、僕にとってはそれこそが成功だし、きっとここに入っている曲も成就できるんじゃないかな。

LIVE INFORMATION

Ryo Hamamoto 『Third』 release party
2016年9月15日(木)@渋谷WWW
出演 : Ryo Hamamoto / Predawn (band set) / ROTH BART BARON
open 18:30 / start 19:00
前売り 3,000円 / 当日 3,500円(共にドリンク別)

PROFILE

Ryo Hamamoto

卓越したプレイを聴かせるギタリストとして、mooolsやハリネコへの参加等で高い評価を得る。しかし、そのギターは彼の才能の一部でしかなく、本質は歌を大切にするシンガー・ソングライター。2004年頃からソロでの活動を開始。同年、Padokの渡部牧人とともに制作した9曲入り弾き語りアルバムCD-R『From Now To When』をリリース。2007年にToy's Factory Musicのレーベル、おもちゃ工房からRyo Hamamoto名 での1stアルバム『Leave Some Space』リリース。2009年の8月にmooolsの『Weather Sketch Modified』の「影も形」のレコーディングにリード・ギターで参加。翌2010年moools&Quasiのスプリット・ツアーにギタリストとして帯同。その後のツアーもライヴも継続して参加、WOLF PARADEとのアメリカ・ツアーにも一部帯同、その後正式にメンバーとなる。

2012年3月、前述の渡部、ドラマーの神谷洵平、そしてギタリストおよびエンジニアとして岩谷啓士郎(トクマルシューゴ&ザ・マジック・バンド、LOSTAGE、日暮愛葉 and LOVES!、LEO今井等)が参加したRyo Hamamoto&The Wetland名義でのセルフ・タイトル・アルバムを〈& records〉よりリリース。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文から絶賛のコメントを寄せられたり、音楽評論家の岡村詩野からは「日本のボン・イヴェール」と激賞されるなど、高い評価を得、ARABAKI ROCK FESにも2年連続出演を果たす。2015年11月、アルバムからの先行カットとして、初の7 インチ・シングル「Last Train Home」をリリース。

>>Ryo Hamamoto Official HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事