雨ニモ負ケズ

プロフィール

2008年仙台にて結成。2010年現メンバーになり、ディストーションピアノを中心とした、エモーショナルピアノロックバンドとして仙台のライブハウスを席巻。風刺や悲哀、人生を歌う文学的インテリジェンスと破天荒なライブパフォーマンスにより、その注目度は加速度的にアップ。比類なきスタイルと世界観が脚光を浴びる。地元仙台を拠点にし、2011年から全国に進出。2011年8月 ガクセイウンドウ東北決勝大会@ZEPP仙台に出場2011年11月 NomadicRecordsより1stアルバム『不撓ノ一奏』をリリース2012年4月29日 ARABAKI ROCK FEST-12に出演!2012夏 会場限定short album 「暁光」リリース

ディスコグラフィー

  • 2012年にはアラバキ出演を果たした仙台を代表するバンドが、約1年間のブランクを経て、再び東北のシーンを熱く牽引する!2008年仙台にて結成。ディストーションピアノを中心とした、エモーショナルピアノロックバンドとして仙台のライブハウスを席巻。風刺や悲哀、人生を歌う文学的インテリジェンスと破天荒なライブパフォーマンスにより、その注目度は加速度的にアップ。地元仙台を拠点にし、全国ツアーによって各地にファン急増中。この秋、アルバムとしては約4年ぶりの音源をリリース。メンバーチェンジし更にスケールアップした姿で帰ってきた!
  • 2012年にはアラバキ出演を果たした仙台を代表するバンドが、約1年間のブランクを経て、再び東北のシーンを熱く牽引する!2008年仙台にて結成。ディストーションピアノを中心とした、エモーショナルピアノロックバンドとして仙台のライブハウスを席巻。風刺や悲哀、人生を歌う文学的インテリジェンスと破天荒なライブパフォーマンスにより、その注目度は加速度的にアップ。地元仙台を拠点にし、全国ツアーによって各地にファン急増中。この秋、アルバムとしては約4年ぶりの音源をリリース。メンバーチェンジし更にスケールアップした姿で帰ってきた!
  • 2012年にはアラバキ出演を果たした仙台を代表するバンドが、約1年間のブランクを経て、再び東北のシーンを熱く牽引する!2008年仙台にて結成。ディストーションピアノを中心とした、エモーショナルピアノロックバンドとして仙台のライブハウスを席巻。風刺や悲哀、人生を歌う文学的インテリジェンスと破天荒なライブパフォーマンスにより、その注目度は加速度的にアップ。地元仙台を拠点にし、全国ツアーによって各地にファン急増中。この秋、アルバムとしては約4年ぶりの音源をリリース。メンバーチェンジし更にスケールアップした姿で帰ってきた!
  • 2011年3月11日、人の力では立ち向かうことができない大きな力を感じ、私たちは無力感に苛まれた。しかし、その後復興に向けて動き出した多くのアーティストたちは、被災地の人々にとっても、何かしたいと願いながら動き出せなかった人々にとっても、勇気を与える存在となり、時には行動するきっかけになったはずだ。このアルバムでは、被災地に出向きライヴを行ったり、復興に向けた楽曲の発表など、音楽を通して被災した土地や傷ついた人々にエールを送り続けたアーティストに賛同と敬意を示している。彼らの強い意志と行動、そして音楽というメッセージを感じとっていただけることを願っている。
  • 地元仙台にてメキメキと頭角をあらわし、個性溢れる表現力でライヴ・ハウスを席巻している雨ニモ負ケズが、1stアルバムをリリース! sottiの奏でるディストーション・ピアノを中心に、繊細かつ大胆に胸を締め付ける洋奈の歌声、スペーシーなエフェクトを駆使する小松のベース、男子顔負けのパワーと独特のフィルを叩くチバのドラム。それぞれの独特な音楽観とキャラが融合したスタイルは、近年類を見ない個性派集団の入魂作!