cero片想い森は生きているoono yuukiらと肩を並べる逸材、Alfred Beach Sandalが、2年ぶりのセカンド・アルバム『DEAD MONTANO』をリリース! 今作はバンド・メンバーとして、ウッドベースに岩見継吾(ex. ミドリ、Zycos、Oncenth Trio etc)、ドラムに光永渉(チムニィランタンパレードあだち麗三郎クワルテッット etc)、サックスに遠藤里美(片想い)を迎え、これまでで最も多彩なリズムとグルーヴィーな演奏に。2013年の終わり、聴いておかなければいけない音楽が増えました。


Alfred Beach Sandal / DEAD MONTANO

【配信価格】
WAV 単曲 250円 / アルバム購入 2,100円
mp3 単曲200円 / アルバム購入 1,500円

【Track List】
01. Rainbow / 02. Typhoon Sketch / 03. 仕立屋 / 04. ビールの王冠 / 05. Dead Montano / 06. Night Bazaar(Album version) / 07. 殺し屋たち / 08. トーチカ / 09. Coke, Summertime / 10. モノポリー


変わらずあるのはコラージュのような、本物のそれとはちょっとずれたような風景

いまから1年半ほど前、前作『One Day Calypso』をリリースしたAlfred Beach Sandalこと北里彰久に話を伺ったとき、「世界ふしぎ発見!」の話で盛り上がった。「テレビの中の世界に憧れている感じ。この距離感を音楽でやれれば」彼がそう言ったように、前作は曲名を並べるだけで異国の空気が立ちこめていた(「エイブラハムの髭占い」「中国のシャンプー」「メキシコ生まれの甥っ子」など)。未だ見ぬ訪れる予定もない遠くの地への憧れと、テレビから得る中途半端な知識、その隙間を埋める想像力。その国っぽい言葉や音、メロディーを、彼独自の解釈で集め、切り貼りし、まるでジャケット同様にコラージュ作品を作るように1曲を仕上げる。その彼読解による異国の風景画こそが、彼の活動の大きなモティーフになっているのだと思っていた。

photo by 遠藤里美

それから1年半ほど後、11月に滅多に地方でライヴをしない彼を大阪で見れる機会があった。Alfred Beach Sandalはイコール北里彰久ではなく、その都度編成を変える不定形ユニットなので、弾き語りのときもあれば、即興セッションのように変拍子ドラムの上でスティールパンやサックスが踊ることもある。この日はウッドベースにドラム、そしてギターに歌というシンプルな編成だったが、3人でどっしり構えたバンド・サウンドは前作より音遊びが減った分、曲と詞の素直な良さが際立った。改めて彼のソングライティング力の高さに脱帽し、ライヴ後もなんだか帰りたくなくて友達もいないのに会場に居座って、帰りの電車ではうっとりして1駅乗り過ごした。今作『Dead Montano』はあの夜と同じ編成だ。

この作品には前述したような異国情緒は、ある曲もあるが作品の中心を流れてはいない。変わらずあるのはコラージュのような、本物のそれとはちょっとずれたような風景。でもそれは海の向こうなのか、もしかしたら近所かもしれないし、部屋から1歩も出ない曲もある。語弊を恐れずに言えば、テーマがなくなった。それなしでもいけるということ、伝わりやすいはっきりとしたテーマを掲げずとも、はっきりとしない何かをより深く伝えることができる。自由度が増したためか、作品を介して見える彼の無邪気さも陰影もより濃くなり、チャーミングさもぐっと増している。

また、今作に関して突っ込まずにいられないのはこのエンドレス・サマー感。12月リリースの割に夏の曲がとにかく多い。「ビールの王冠」は前作収録の「finally, summer has come」の続編のようで、夏休み最後の日のようなえも言われぬ気分になる。観たことのある方ならわかっていただけるだろう、「菊次郎の夏」のラストシーンのあの感じ。飄々としながらも高まるテンションを隠せない無邪気で爽やかな「Coke, Summertime」、クーラーの効いた部屋でひたすら机上のマネー・ゲームに興じる「モノポリー」、これは夏というより秋口か、多幸感と緊張感がある「Typhoon Sketch」など。異国情緒でいえば、「Night Bazzar」の混沌とした街の描写はまるでドイツのクリスマス・マーケットのようで、聴けば陶酔、またははしゃぎたい幼心が疼く。「殺し屋たち」「トーチカ」は怖い外国の絵本のようだ。ぞわぞわするけど、音は温かい。


Alfred Beach Sandal / モノポリー

イラストレーター、デザイナー、画家の小田島等さん命名の言葉を借りて言えば、今年はcero、スカート、シャムキャッツ等の「東京ニューポップ・シーン」の活躍がめざましい年だった。夏にザ・なつやすみバンドのライヴを見に行ったときは超満員だったし、去年まではまだギリギリ見つかっていないと思っていた片想い森は生きているも素晴らしい新作を発表し、表舞台に飛び出た印象がある。シーン的にも注目されているし、さらにいまのAlfred Beach Sandalは広く聴かれるに最良の状態にある。だから、もしも彼を知らないままにうっかりこの文章を読んでしまった方は、ちょっとそこの試聴ボタンを押してみてください。私は早くなるべく多くの人とビーサンの話がしたい。(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

ランタンパレード / 甲州街道はもう夏なのさ

7月に7インチで発売するやいなや、すぐに完売となったシングル。曽我部恵一や荒内佑(cero)たちを従えてのバンド編成で、ランタンパレード屈指の人気を誇る一曲「甲州街道はもう夏なのさ」をセルフカバー!! カップリングには、こちらもバンド編成で、コーネリアス「スター・フルーツ・サーフ・ライダー」のカヴァーを収録。

>>特集ページはこちら

片想い / 片想インダハウス

約10年前に結成、マイペースに活動を続けてきた片想い。ファンク、シティ・ポップ、ヒップホップとさまざまなジャンルを含んだ音楽性、そして、その笑いと踊りがごちゃまぜのヴァラエティ豊かなライヴ。彼らはイベントに出演するたびに絶賛の波を起こしながらも、これまでリリース音源は、即完売ですでにプレミア付きとなっているアナログ・レコードのみという状態。そんな片想いが、ついに待望のファースト・アルバム『片想インダハウス』をカクバリズムよりリリース!

>>特集ページはこちら

(((さらうんど))) / New Age

(((さらうんど)))の音楽が僕らの街に鳴り響き、煌めき合い、いつもの風景を違うものにする。(((さらうんど)))の音楽が走り出す。躍動するメロディとビートの詰まった僕らの『New Age』2013年の決定盤!! 山下達郎氏もCDを購入したとインタヴューで発言したり、KREVA氏、吉井雄一氏(THE CONTEMPORARY FIX)にもblogで紹介されるなど、イルリメとTraks Boys、各々のいたシーンにとどまらず、より多くの方面で好評を得た、傑作1stアルバム『(((さらうんど)))』から1年。待望の2ndアルバム『New Age』が完成です!

>>特集ページはこちら

Alfred Beach Sandalの過去音源はこちら

LIVE INFORMATION

2013年12月9日(月)@吉祥寺 アムリタ食堂

「Dead Montano」発売記念ライヴ
2014年1月9日(木)@渋谷WWW

ライヴ・イン・ハトヤ 2014
2014年2月1日(土)@ハトヤホテル シアター会場
出演 : パッションフルーツ(Alfred Beach Sandal、王舟、oono yuuki、夏目知幸、森雄大)、neco眠る、片想い、やけのはら、Dorian、VIDEOTAPEMUSIC、and more…

PROFILE

Alfred Beach Sandal

2009年に北里彰久(Vo,Gt)のフリーフォームなソロ・ユニットとして活動開始。脳みそでサンプリング&コラージュされた架空のモンド・ミュージックを、ひとりから複数人で具体的なかたちにしている。体内時計のリズム。

これまでに『Alfred Beach Sandal』、『One Day Calypso』、『Night Bazaar』の3作品を発表している。2013年、『モノポリー』(7inch)、『Dead Montano』をリリース。

>>Alfred Beach Sandal Official HP

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事