特集 : 新世代参上! ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

TENDOUJI

暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーンのなかで、いま最も注目すべきサウンドはこれだ、キーワードはガレージ・ロックだ。ガレージ・ロックといえば…… 1990年代のあのバンドたち? なんていうのはもう昔の昔、2010年代も終わりですよ。今回紹介するのは8月9日に1stフル・アルバムをリリースしたばかりのTENDOUJIを中心に、とにかくスペシャルに活きの良いバンドたちを紹介していきますよ〜! グイーンとギターをかき鳴らして、ドカドカかっこいい、ロウなロックンロールを勢いよく奏でているかっちょいいバンドがいっぱいいるんです。シティポップもいいけど、こういうストレートに熱い、ロック・サウンドも聴きたくなってきた頃じゃないですか? いまこのガレージ・ロックの波に乗らなきゃ、2017年の夏は終われないですよ!

インディ・ガレージ・ロックを語る上でこのバンドは忘れられない!

レーベル 浅野企画  発売日 2017/08/09

※ 曲名をクリックすると試聴できます。



【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 2,200円(税込)

まずはこの3バンドを聴け!!!

そんなわけではじまったガレージ・ロック特集ですが、ガレージ・ロックとかよくわかんないし、なにを聴けばいいのよって方もいますよね。そんな方々は、これから紹介する3バンドをチェックすればいいんですよ! まずはじめに紹介するのが8月9日に1stフル・アルバム『MAD CITY』をリリースしたばかりのTENDOUJI。続いて、見た目インパクト大の男女混成バンドThe Rouges。そしてさらに初の自主制作盤をリリースしたばかりのNo Busesをご紹介。彼らのコメントとともにバンドの魅力に迫りました。ちなみに3バンドの最新作も配信開始したんでこちらもチェックですよ。

TENDOUJI : どんちゃん騒ぎのパーティー感

TENDOUJI

さて最初にご紹介するのは、バンド・メンバー共通して好きなバンドはDragon Ash!!! そう、TENDOUJIです。このTENDOUJI、OTOTOY最注目バンドのひとつです!

彼らの魅力といえば何と言ってもパーティー感満載でキャッチーな歌でしょう! TENDOUJIは、2015年に中学の同級生であったヨシダタカマサ(Ba)、アサノケンジ(Gt,VO)、モリタナオヒコ(Gt,VO)と、後輩であるオオイナオユキ(Dr)により結成。中学の同級生3人と後輩でバンドを組んだ彼らの音楽は、友達が集まって遊んでた延長で音楽ができてしまった、というような超たのしい感じが伝わってくるんです。遊びの延長で曲ができちゃった的なね。ちなみに彼ら自主レーベル〈浅野企画〉をやっているんだけど、1st DEMO EP『Pretty! Pretty! Pretty!』したのち、どこからも「うちからリリースしないかい?」の声がかからず「いっそのこと自分達でやってしまおう」てな感じで自主レーベルを設立した、なんてエピソードなんかも最高ですよね。

そんなわけで自主レーベル〈浅野企画〉から8月9日にリリースした彼らの1stフル・アルバム『MAD CITY』。この作品でも先述の、いい具合に気の抜けたパーティー感てとこの魅力も余すことなく炸裂してるんです! 1st EP『Pretty!Pretty!!Pretty!!!』に収録されていた彼らの代表曲「GROUPEEEEE」とか「HAPPY MAN」、「THE DAY」ももちろん、MVも公開されている新曲「Get Up!!」とかね。ほんと、1回聴いただけで口ずさむことができるようなキラーチューン満載。なんだけど今回のTENDOUJIはそれだけじゃない。Maika Loubteをゲスト・ヴォーカルとして招いた新曲「Don’t be shy feat.Maika Loubte」ではTENDOUJIの新たなアプローチも感じることができるんです。


TENDOUJI/Get Up!!

そんな記念すべき作品をリリースした彼らに、ガレージ・ロックという表現を選んだ理由を訊いてみたところ、メンバーのケンジは「出来そうだったから」だという。しかし誰でもできるからこそ、かっこいいかダサいかがわかってしまうところが、ガレージ・ロックの魅力だとも語ってくれた。中学の同級生3人と後輩で構成される彼らの音楽は、何にも考えていないようで(いい意味でね)、メンバー全員で楽しみながら音楽をやっている感じがひしひしと感じることができるのだ。そんな感じがどこか魅力的で愛おしく感じてしまう。アルバム1枚聴いたあとには「おれもこの仲間に入りたい!」なんておもっちゃったりもして。

メンバーが思うTENDOUJIの魅力を訊いてみたところ、アサノケンジは「下手だけど一生懸命やっているところ」そしてモリタナオヒコは「音が生々しいし誰でもできそうと思えちゃうとこ。あとみんな服かっこいいとこです」と話してくれた、そんな自虐感満載で音楽を楽しむ姿こそ彼らの魅力なのかもね。

TENDOUJI

代表曲から新曲までそろった待望の1stフル・アルバム

レーベル 浅野企画  発売日 2017/08/09

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 2,200円(税込)

TENDOUJIの公式HPはこちら
TENDOUJIの公式ツイッターはこちら

The Rouges : ささくれだったラフ・アンド・キュート

The Rouges (photo by tetsuro sato)

続いてご紹介するのは、Hiyoko(vocals/guitar/♂)、Kyoro(vocals/bass/♀)、Pako(vocals/drums/♀)による男女混成バンド、The Rouges。昨年「出れんの!?サマソニ」オーディションにて、ISLAND賞を受賞し、〈サマーソニック2016〉にも出演した彼ら。そんなThe Rougesの魅力は…… まぁこちらの動画を見れば一発でわかるでしょう!


The Rouges/海辺にて 〜at the seaside〜

この見た目のインパクトよ! みんな髪の毛カラフルすぎるだろ! でもこんなん聴く前からかっこいいのがわかるでしょ? 彼らの音楽、やっぱりかっこいいのだ。さっき紹介したTENDOUJIのモリタナオヒコが、ガレージ・ロックのかっこいいところは何かって、みんな服かっこいいとこって話していたんだけど、まさにこういうことでしょ! 格好だけじゃなくもちろんサウンドもかっちょいい。ローファイなサウンドに、キラキラしたギターのリフ、不安定だけどどこかキュートな歌声。全員がヴォーカルをとるというスタイルも見逃せないポイント。

現在の彼らのスタイルに大きく影響を与えたバンドを訊いてみると、Hinds、Aquadolls、Drumsだという。なるほど、彼らがめちゃくちゃキャッチーなメロディとローファイ・サーフ・ガレージなサウンドを奏でるのも納得のメンツだ。またガレージ・ロックの魅力はなにか訊ねると「ギターを荒く歪ませ、より攻撃的にしたロックンロールという点と、主に3コードだから、そのシンプルさの中にある衝動や勢いはとてもカッコよく、魅力的に感しる」とのこと。

メンバー自身が思うThe Rougesの魅力を訊くと、「日本において、何にも似ていない所!」と力強く答えてくれた。確かにサウンドにもヴィジュアルにも、こんなインパクトを与えるバンドはなかなかいないですよね〜。今回配信が開始した『SWIM LOVE EP』もみなさまぜひチェックですよ。

このたび配信開始、The Rougesの最新作

レーベル SWIM LOVE RECORDS  発売日 2017/08/09

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 216円(税込) / アルバム 1,620円(税込)

The Rougesの公式HPはこちら
The Rougesの公式ツイッターはこちら

No Buses : 躍動する不敵なビート

No Buses

さて、最後にご紹介するのは、OTOTOY注目の若手バンドNo Busesです。実は彼ら先日初の自主制作CDをリリースしたばかりなんです。バンド名はアークティック・モンキーズ『Who the Fuck Are Arctic Monkeys?』に収録している「No Buses」から名付けたという。そんなバンド名からも分かとおり、主に曲作りをしている近藤は、高校1年のときにアークティック・モンキーズを聴いたことで音楽をはじめたとのこと。

「メンバーそれぞれが聴く音楽も違うなかで、共通項としてのひとつであるガレージ・ロックが前面に出ているのかな」てなわけで彼らは、自分たちが聴いてきた音楽、やりたいものを好きなようにやろうって感覚で楽曲を制作しているという。

そして彼らにもガレージ・ロックと言われる音楽の魅力を訊いてみた。「純粋にかっこいいところ、例えばアークティック・モンキーズにしろ、ストロークスにしろ、かっこいいだけじゃなくて愛おしさがあるというか曲を愛でたくなる感じがある(近藤)」、「Cribsとかもそうだけど、正直な感じがすごいして、だから温かみも感じる(杉山)」とのこと。やっぱりシンプルにズドーンと入ってくる音楽、それがガレージ・ロックなんですね。


No Buses/Rat

今回配信開始した『Boys Love Her』は彼らにとって初の自主制作EP。まだまだ荒削りではあるものの、2曲目「Girl」のなんだかセンチメンタルな泣きメロだったり、3曲目「Rat」の出だしのベース・ラインとかギターのリフ、ハイハットを多用したドラム、そして近藤のどこか気怠そうなヴォーカルには明るい将来を期待してしまうんですよね。どうしても。このバンドもなぜか愛でたくなる、そんなめちゃめちゃ重要な要素を含んだバンドです!

彼ら初の自主制作盤

  発売日 2017/08/09

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 216円(税込) / アルバム 756円(税込)

No Busesの公式ツイッターはこちら

これでキメろ! 新世代ガレージ・ロック・ガイド

ということで、OTOTOY的最注目バンドを、本人たちのコメントを交えて紹介しましたが、ここからは駆け足で、なぜいま「ガレージ・ロックなのか?」がわかるアーティストたちを紹介しましょう。それぞれ音楽性はさまざまですが、やはりひとつキーワードとして「ガレージ・ロック」が出てくるのです。まずは時代の寵児、DYGL。やっぱり完成度はダントツ! すでに国内外のシームスレスな活動で、国内のインディ・シーンを簡単に飛び越えそうな勢い。ストレートなガレージ・ロック・サウンドは、まさにこの空気の筆頭と言える動き。


DYGL/Let It Out

そういえばこの間リリースされたYogee New Wavesの新アルバム『WAVES』なんかも、表立っては言われていないけど音的にはガレージっぽい感じもありましたね、「World is Mine」なんかは特に。今年6月に1st EP『You will be mine』をリリースしたThe ManRayも注目バンドのひとつ。その見た目もさることながらサウンドも男らしく硬派な彼らの雰囲気もなんだかかっこいいんだな、これが! Jappersにも所属するTenshiroのギターにも注目です!

また現在のインディ・ロック・シーンの台風の目とも言える〈KiliKillVIlla〉のラインナップにも、やはりこうした「ガレージ・ロック」な空気感をビンビンに感じる作品も存在している。例えば先日バンド名を冠したフル・アルバムをリリースし日本語詞にも挑戦したCAR10や、10代でインディ・シーンに現れ、瞬く間にプロップスを得たNOT WONKなどもそんな感覚のバンドと言えるだろう。〈KiliKillVIlla〉からのリリースといえばCHILDISH TONES。今年2月にLEARNERSとのSPLITをリリースし、注目を集めましたね。KING BROTHERSや毛皮のマリーズなどを世に送り出した〈DECKREC〉のプロデューサーであるネモト・ド・ジョボーレが率いるバンドという点もチェックです。


CHILDISH TONES/BUB' BUBBLE GUM GUM 〜 SPOOKY SPOOKY/

そして先にご紹介したThe Rougesもそうなんですが、男女混成、もしくはガールズ・バンドでもガレージ・ロックを勢いよく鳴らしているバンドも少なくないんですよ。男女混成というところでいえば、大阪発、92〜93年生まれの4人組、And Summer Clubも忘れてはいけない。「HEAVY HAWAII PUNK」を提唱する彼らの音楽は、男女で織り成すヴォーカルとサーフ・ガレージ的かつリヴァーヴをまとったサウンドが魅力。


And Summer Club/Into The White

そして京都発の“くつした”なんかは、キュートでポップなローファイ・ロックンロール・サウンドは、超簡単に言うと「ジャカジャカ、ボンボン、ドカドカ」。なんにも考えずに楽しい! ビートの効いたベースも魅力ですよ〜。

とにかく駆け足ですが、このあたりの個々のバンド名だけでも、すでに流れがきてる感じはあるでしょ? ということで2017年夏、ひとつ「ガレージ・ロック」に注目してみてはいかがでしょうか?

今回紹介したバンドの作品はこちらから

o

 
 

コラム

てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編
[CLOSEUP]・2018年01月11日・てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編 昨年末からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ、アイドルに引き続き今回はロック編!! 様々な出来事が起きた2017年、ロック・シーンはどんな一年だったのでしょうか。スカートやミツメなどと縁深いレコード屋・ココナッツディスク吉祥寺店から名物店長・矢島和義、そして音楽評論家の岡村詩野を迎えて振り返ります。対談の最後にはお二人からベスト・ディスク5タイトルを選出していただきました。お読み逃しなく!! もう「インディーだからカッコいい」っていう概念がないインタヴュー&文 : 鈴木雄希 構成 : 阿部文香 ──まず今年ロック・シーンにもいろんなことが起きたと思うのですが、おふたりが感じるキーワードみたいなものってありましたか? 矢島和義(以下、矢島):なんだろう…… 「メジャー」かな。スカートや、どついたるねん、never young beach(以下、ネバヤン)、Yogee New Waves(以下、ヨギー)とかもメジャー・デビューをしたし。あとラブリーサマーちゃんがCMの曲をやったりとか、イ
by 鈴木 雄希
スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!
宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編
[CLOSEUP]・2017年12月20日・結成・加入・卒業・解散・メジャー進出──宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編 今月からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップの次はアイドル編です。他ジャンルに比べて、活動時期がある程度限られているジャンルだからこそ、日々の喜怒哀楽な情報や発表でアイドル界隈は大いに賑わいました。そんな2017年のアイドル・カルチャーはどんな一年だったのか、音楽評論家の宗像明将とともに振り返ります。今年のアイドル10タイトル選出もありますので読み逃しなく〜。 ライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年 インタヴュー & 構成 : 田尻菜穂子──2017年のアイドル界隈、ざっくり言うとどんな一年でしたか。 去年は欅坂46の圧勝でしたし、今年も私はNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」のMVを何度となく見たのですが、巨大資本の圧勝というムードで終わらなくて良かったなと思いますね。フィロソフィーのダンスの活躍も目立ちましたし。ただ、「資本」というと「ラストアイドル」にライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年でもありましたね。あと、男性アイドルシーンの活性化も感じました。二丁目の魁カミング
【最大50%オフ】ファイナルファンタジー30周年記念!──高音質サントラが期間限定プライス・オフ!
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ファイナルファンタジー・シリーズ30周年記念!──高音質サントラが期間限定、最大50%プライス・オフ! スクウェア・エニックスの大人気ゲーム〈ファイナルファンタジー〉は2017年でシリーズ30周年! それを記念しOTOTOYでは12月20日(水)より3週間、歴代人気シリーズのサウンドトラックの最大50%プライス・オフがスタート! そして今までハイレゾでは未配信だったタイトルもカタログに新規追加! 最新作から懐かしのあのタイトルまで...ぜひこの機会をお見逃しなく! 期間 : 2017年12月20日(水)〜2018年1月9日(火) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2018年1月9日(火)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください。(12:01以降の決済では割引価格が適応されません)アルバム購入のみプライス・オフが適用されます。 プライス・オフ対象アルバムはこちら! FINAL FANTASY ORCHESTRAL ALBUM 【配信形態】24bit/96kHz(W
OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ!
[CLOSEUP]・2017年12月19日・OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ! 待ちに待ったクリスマスの季節! OTOTOYでもクリスマス特集をやっちゃいます。イルミネーションに染まり、イベント・ムードに街が包まれる年の瀬。クリスマスに予定がある人も、今年は一人でのんびりという人も、しっとりと音楽を聴く冬を過ごすのはどうでしょうか。 今回はニュー・リリースのタイトルの中から、とっておきのクリスマス・ソングたちをセレクト!! スタッフ一押しのクリスマス・ソングの数々を、レヴューと合わせて、お楽しみください。 文 : 阿部文香 H ZETTRIO 『H ZETTRIOのChristmas Songs』 ユニークかつテクニカルなピアノで独自のグルーヴを生み出し続ける珠玉のピアノ・トリオ、H ZETTRIOによるクリスマス・コンセプト・アルバム。初となるコンセプト・アルバムでは、誰もが一度は聞いたことのあるクリスマスのスタンダード・ナンバーの数々を、H ZETTRIO流に大胆アレンジ。たくさんの煌めきを詰め込んだようなワクワクするサウンドは、老若男女を問わず、聴く者の心を昂ぶらせること間
by 阿部 文香
OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──
・2017年12月11日・OTOTOY AWARDS 2017──2017年、OTOTOYを彩った珠玉のアルバム30選── 今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多い最近ですが、ここではあえてのオリジナル・アルバムに絞ってのジャンルを超えた30作品をランキング形式でおとどけします(シングル、ミニ・アルバム、ライヴ・アルバムなどは除外させていただきました! 悪しからず!)。OTOTOYお得意のフレッシュな新人から、この国の音楽シーンを作ってきたベテランまで多様な音楽性のチャートができあがりました。ぜひとも買い逃しなく! またそれぞれのジャンルに特化、その道の識者に2017年の音楽事情をきく「OTOTOYトピック2017」も展開中! ぜひともご覧ください(「OTOTOYトピック2017」1月中旬まで続きます!)。 30. Maison book girl 『image』【レヴュー】コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組ニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlによるメジャー1stア
トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編
[CLOSEUP]・2017年12月07日・トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編 ということで、OTOTOYの年末企画としてさまざまなジャンルの識者に、その年のポイントを訊くという企画「OTOTOYトピック2017」スタートです(年間ベストももうすぐ発表ですよ)。トップ・バッターはヒップホップ。本文中にもあるように、本国アメリカはもちろん、ここ日本も含めてヒップホップ、そしてラップという表現は世界中のポップ・カルチャーを席巻しております。ということで、ここで「いまのヒップホップってどうなっているの?」というOTOTOY編集部の問いに快く答えてくれたのは、block.fmの名物ヒップホップ番組「INSIDE OUT」のMC、さらにはさまざまな文章仕事でもおなじみ、日米のヒップホップはもちろんアメリカのアップデーテッドなポップ・カルチャーにも詳しい、渡辺志保を迎え、2017年、ヒップホップにまつわるトピックをいくつかあげてもらい語っていただきました。それではどうぞ。 米トランプ新政権誕生 〜ヒップホップのメインストリームはよりコンシャスに〜 インタヴュー & 構成 : 高木理太─
あなたは何バンド知っている?ーー音楽好きの若者が選ぶ! 2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選!
[CLOSEUP]・2017年11月30日・あなたは何バンド知っている?ーー2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選 個人的な体験として、2017年は去年と比べて圧倒的なヒット作がないといった声をしばしば聞く。しかし、当たり前ながら新しいバンドや新しい曲は絶えず生まれ続けている。そういった意味では2017年は、シティ・ポップから別のモードに移行する音楽シーンの基礎となる土台作りの年だったのかもしれない。海外でいえば、RideやSlowdiveの新作リリースによって生まれたシューゲイザー復興だったり、Anderson PaakやThe Internetといったフューチャー・ソウルのトレンドがWONKやyahyelを経て、日本でも開花しはじめていることだったりと、にわかに新しい音楽シーンの芽生えを感じさせることもあった。そこでライヴに足繁く通うOTOTOYインターンが2018年の音楽シーンを賑わしそうな若手アーティストを10選ピック・アップし、いち早く来年を占う!! 群雄割拠となった2017年、2018年はどうなる? エレクトロニカなのか、ドリーム・ポップ / シューゲイザーなのか、オルタナなのか、フューチャー・ソウルなのか、はたまたギタ
by 中の人
筆者について
同じ筆者による他の記事