音楽を作っているとき、ほぼノーストレス宣言!!!!ーー忘れらんねえよ、柴田が語る「歌と言葉とメロディ」

忘れらんねえよが、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』をリリース。ヴォーカル・柴田隆浩が音楽的アプローチと歌詞も大きく変えたと語る「いいひとどまり」は、ジャンルに囚われず、聴いてくれるリスナーと正面から向かいあったメッセージ・ソングとなっている。そしてHonda原付キャンペーンCMソングに選出された「スマートなんかなりたくない」は、忘れらんねえよ流のポップ・パンクに。4月2日には日比谷野外大音楽堂でのワンマンも成功させ、9月からは〈ツレ伝ツアー2017〉に旅立つ柴田隆浩に本作についてインタヴューで迫った。

両A面シングルを配信スタート

忘れらんねえよ / いいひとどまり / スマートなんかなりたくない

1. いいひとどまり
2. スマートなんかなりたくない
3. マイナビバイトの歌 2017

【配信形態 / 価格】
AAC
単曲 257円(税込) / アルバム 750円(税込)


忘れらんねえよ「いいひとどまり」


ITNTERVIEW : 柴田隆浩

「歌と言葉とメロディ」。取材中、柴田隆浩は繰り返しそう言った。言わずもがな、忘れらんねえよの最大の魅力はそこにある。初の両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』は、まさにそんな魅力が素直に出た2曲だ。ここ最近のサウンドと歌詞の変化、サポート・メンバーを入れたライヴの形態、そしてより一層言葉と歌に注力したという今作を繋ぐものとはいったい何なのか。盟友・梅津拓也(Ba)との関係など、今の忘れらんねえよがどんなモードにあるのか、この取材を通してわかってもらえるはず。そして今回、ついに柴田の口から出た「音楽を作っているとき、ほぼノーストレス」宣言。インタヴュー冒頭ではド下ネタで盛り上がっていたのだが、そこはバッサリとカットして、ひたすら真面目に話を訊いてきた。

インタヴュー&文 : 岡本貴之

サウンド面はチョ~変わってますよ

ーーまず、4月の野音ライヴはいかがでしたか? ソールドアウトにもなって盛り上がりましたけど。

※“今日が新しい物語のはじまり” 忘れらんねえよ 野音初ワンマン大成功―OTOTOYライヴレポ

柴田隆浩(Vo.Gt)(以下、柴田) : もちろんステージの規模だったり意味合いだったりですごく緊張するときとか、フェスで“ここは勝負だな”とか意気込むときはあって、野音もそうだったんだけど、ぶっちゃけ始まったら一緒なんですよね。きれいごとじゃなくて、何も変わらないんですよ。お客さんがいて、いい演奏をやっていいMCをやってワーッてなるとクソ嬉しいっていう。そこは変わらなかったですね。

ーーやっと野音に、みたいな感じでもなかった?

柴田 : 正直、自分はそんなに野音に思い入れはなかったんですけど、梅津(拓也)くんは相当思い入れがあったみたい。「まさか自分が野音に立てるとは」って話してました。なんでアンコールでサングラスをかけて出てきたのかは全く謎だったけど(笑)。あと、最近MVを撮ったときに判明したんですけど、梅津君のアンプの上に「カワセミ」って鳥のリアルなフィギュアが置いてあったんですよ。「これ何?」って訊いたら、「じつは野音から導入してるんだけど」って。彼の中では大きなターニング・ポイントだったらしいです(笑)。

ーー今回のシングルを聴いてから、改めて1stから全部聴き返してみたんですけど、今作はサウンド面での変化が如実に出てますよね。

柴田 : サウンド面はチョ~変わってますよ。「いいひとどまり」でかなり変わってる。音楽的アプローチと歌詞も、決定的に自分の中では変えていて。サウンド的なところでわかりやすく言うと、スタイルみたいなものを捨ててるというか。パンク・ロックっぽいアレンジだったりとか音の使い方とかそういうのは俺には一切なくて。で、梅津くん的にも全くなくて。言葉とメロディを立たせるためには何が1番かっていうだけになった。前はもうちょっとディストーションを利かせた方がロックバンドっぽい、とか考えたけど。「スマートなんかなりたくない」はまさにそうなんだけど、SUM41みたいな90年代のポップ・パンクがやりたくてそういうサウンドにしているんだけど、「いいひとどまり」はそういうのが全くない。

ーー最近、エレファントカシマシの宮本浩次さんの歌に影響を受けたこともあって「倍音を使った歌い方をやめた」と言ってましたよね。それってどういうことなんですか。

柴田 : うん、やめた。おっかなビックリで変わりつつあるんですけど、これまではより響きのある声というか、いわゆる声楽的にいい音、技術的に優れた発声法みたいなところにず~っとこだわっていて、それを磨こうと思ってやってきていたんですよね。「いいひとどまり」はそれを1回やめて、それよりも感情の方を優先した声というか。怒ってるときに声色なんか作らないじゃないですか? 勝手にああいう怒鳴り声になるでしょ。それを録るというか。声楽的にいい響きを出そうっていう意識で歌うんじゃなくて、むしろ歌詞で書いた感情に自分を近づけて、“勝手に出た声を録る”っていうやり方をしたんです。だから録り終った後、聴いたらめっちゃ不安になったんですよ。俺、もともと自分の声が嫌いだったから声楽的なアプローチをやっていたので、いざそれをやめて録ってみたら、嫌いな喉声に戻ってて。「ちょっとこれはキツいなあ」って思ったけど、プロデューサーの松岡(モトキ)さんが「いや、絶対こっちの方がいいし伝わるから、柴田くんはこっちの方を選んだ方が良い」って背中を押してくれて。そこは今回、明確にターニング・ポイントにしています。

うちのお客さんは、俺に似てる人ばっかりだと思う

ーー歌い方の変化と共に、その内容も変わってきていますよね。以前は振り向いてもらえない人の背中を見ながら歌っている曲も多かったと思うんですけど、「いいひとどまり」はちゃんとこっちを向いてる人に歌っているというか。

柴田 : そこは、本当に意識しているところで。今までも、落ち込んでいる人に対して励ます歌はあったと思うんです、「夜間飛行」とかもそうだし。でも決定的に違うのは、今までは言いっぱなしだったんですよね。「夜間飛行」だと〈君があんまり泣いてるから ほっとけないよ〉っていうのが今までの歌詞で。それって、会話はしていないんですよ。泣いてるのを見て、ほっとけないんだよっていう話で、そのよさもあると思うんだけど。


忘れらんねえよ「夜間飛行」

「いいひとどまり」はその先というか、「なんで泣いてるんだっけ?」みたいな。例えば、「一生懸命やった時期も君にもあったけど、それでも駄目だったんだよな、でももう1回頑張って立ち上がって一生懸命やったけど、また駄目だったんだよね、だから泣いてるんだよね」っていうことを、全部歌詞にして説明しているわけです。それって会話に近いというか。悲しいとか腹立つとか、何か感情の発露があったときに、「なんで悲しいんだろう」「なんで涙が出るんだっけ」っていうことを全部言葉にする歌詞に初めて挑戦してみたんです。

ーーそれは、ライヴの規模が大きくなっていって、忘れらんねえよの音楽を求める人が増えて行く中でそうなっていったんですかね。

柴田 : それはありますよ。忘れらんねえよのお客さん像っていうのは明確なので。その人たちとじっくり向き合って会話しているみたいな。

ーーそこに照れがなくなった?

柴田 : いや、照れは前からないんだけど、時間をかけてじっくりっていう感じになったんじゃないかな。「夜間飛行」とかも「いいひとどまり」と同じように一見恥ずかしいぐらいのまっすぐなことも歌っちゃってたんだけど、それは歌いっぱなし、宣言みたいなところがあって。今作はなんなら一緒に飲みに行って自分の愚痴も言って朝方位になったら「でも、いこうや!」っていうくらいの付き合い方に変わっているなって。俺自身、「いいひとどまり」を書いたときに、「なんでこう、上手くいかねえんだ」って結構落ち込んでいて。割と今回は、自分へのセラピーみたいなところもあって、自分のテンションも上げたかったんですよ。

ーーじゃあ「いいひとどまり」は自分自身に歌っている感じなんですね。

柴田 : 結構、最後の歌詞とかは、自分がこう言われたら嬉しいなっていうのがありますよ。「何度頑張っても俺は駄目で駄目で、もう正直やめようと思ってます」みたいな歌い出しで、でもそれなのに好きな人に無理して「頑張れ」って言ってる奴の方が俺は信用するし、そういう奴が超好きだし。だからそこまでそういう人物を表現したかったというか。希望のある言葉だけ切り取ると刺さらないから、駄目なところも含めてちゃんと歌詞で説明して、最後に希望の言葉を連発するっていう。特に俺好みの俺に刺さる言葉を(笑)。でもうちのお客さんなんて、俺に似てる人ばっかりだと思うから、俺に刺さるっていうことはお客さんにも刺さる良い歌になるんじゃないかなって思うんですよ。

ーー柴田隆浩とライヴに来るお客さんは似ている?

柴田 : 似ていると思う。まあ、俺はわりとすぐに「よし、やるか」って立ち上がる方ですけど。でも、俺らのライヴに来るお客さんって、本当にバンドに期待してると思うんですよ。かなりの期待をしてライヴを観に来ていると思うんです。それは暴れたい、とか踊りたい、とかじゃないと思うんですよね。マジで救われたいと思っているんだっていう。俺は、そこは恥ずかしがらずにそう思うようにしてるんです。「忘れらんねえよはわかってくれるよね」っていう思いで来ているから、そこはやっぱり応えたいんですよね。

今はジャンルとかどうでもいいって思う

ーー「スマートなんかなりたくない」にも共感するしかないっていう。

柴田 : こっちはむしろ、その人用のレッドブルみたいな。「とりあえずこれを飲め! おまえらみたいなもんに合うように調合したレッドブルだ!」っていう(笑)。「いいひとどまり」はじっくり飲みに付き合うみたいな曲で。どっちもライヴに来てくれるお客さんに向けたものなんだけど、効果は違うという感じ。


忘れらんねえよ「スマートなんかなりたくない」

ーー「スマートなんかなりたくない」を聴くと、どんなに人気が出ても柴田さんはブレないなあと思うんですよ。こういうことを歌う姿勢がやっぱり忘れらんねえよって根底にパンクバンドっぽさがあるなって感じたんですけど、柴田さんの中ではどうですか。

柴田 : 前はパンクっていう言葉にすごく価値を感じていたんだけど… でも今はジャンルとかどうでもいいって思うんだよなあ~。だって、さっき言った俺らのライヴに来てくれる、部屋で1人でCDを聴いてくれてるお客さんにとっては、パンクだろうがなんだろうが、速かろうが遅かろうがたぶん関係ないと思うから。歌詞とメロディで救ってほしいということだと思うんですよ。俺自身も今、音楽を聴くときの感じがそうなっているので。

ーーだからこそ、3人編成にこだわらずに鍵盤やギターでサポート・メンバーを入れるようになったということですか?

柴田 : そう、その方が歌と言葉が伝わるから迷いなくそれを選ぶっていうだけで。もっというと、俺はギターを弾かないで歌に集中したいんですよ。だって言葉とメロディのバンドだから。何なら「忘れらんねえよ」とかたまにハンドマイクで歌ってますから。

ーーもちろん正式メンバーとしては柴田さんと梅津さんの2人なわけですけど、パートナーとしての梅津さんって柴田さんにとって今はどんな存在なんですか。

柴田 : 例えば(脱退したドラマーの)酒田がいたときとか抜ける前くらいのときは、お互いに理解しあえなかった部分があったと思うんですよね。梅津くんも俺に対して「なんでああいうダサいことをやっちゃうんだろう」って思ってたと思うし、俺は俺で「いやいやこれはバンドに必要だからやってるんだし、なんでこれがわからんかなあ」っていう。もちろん、信頼しあっているからこそバンドは続いているんだけど、気に食わないところみたいなものは、なんかゴリッとあった感じがあるんだけど、今はそれがあんまりないんですよね。音楽を作るというバンドにとって1番大事なところに関しては、マジで価値観のズレがほぼゼロに近くて。前に梅津くんがこだわっていたことがわかるようになってきたし、梅津くんも俺がやることに対しての信頼みたいなものはかなりズレていない気がするんだよなあ。わかんないですよ? 本人はどう思っているかわからないけど(笑)。でも、今は音楽を作っているときにほぼノーストレスなんですよね。

ちょっとレベルの違う深みで感動してもらえると信じてる

ーー今回、「マイナビバイトの歌 2017」を含め、3曲ともCMタイアップがあるわけですけど、なんと「いいひとどまり」がビートたけし出演「予防医学のアンファー」CM ソングに決定という大ニュースが! これはビックリしました。


アンファー新TVCM「歩く」篇(30秒)

柴田 : これはねえ~、夢みたいなことで。それに、1番カッコイイコラボだと思う。一切CMの世界観に媚びてないから、この歌詞は。そして、本当に歌にとって幸せな絵になっているというか。あんなにセリフがあるのに、ちゃんと歌は聴こえてくるから、超カッコイイ仕事になったなって思った。曲を作って録り終ったときに、毎度同じで不安になるんですよ。それに今回は挑戦してるから、なおさら。でもCMで見たときに、「これはいいでしょ!」って。たけしさんの後ろで曲が流れてると、客観的にいちリスナーとして聴けたから。「めっちゃいいじゃん、これ」って。

ーー柴田さんにとってビートたけしとは?

柴田 : たぶん、一般的な国民と同じ感情ですね。“たけしはヤベえ”みたいな(笑)。国宝じゃないですか? 誰からも尊敬されていて、文句のつけようがない男っていう。カッコイイっすよねえ。でもそのカッコイイたけしさんが出ているCMから忘れらんねえよの曲が流れてきたときに、全然恥ずかしくないなっていうか、誇らしい気持ちになったなあ。

ーー改めて、『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』は柴田さんにとってどんなシングルになりましたか。

柴田 : 何が嬉しいかって、今までと違う新しい地点に立ってるのが、好きなところかな。このシングルが「スマートなんかなりたくない」だけで終わらなくて良かったなって。「いいひとどまり」はちょっとレベルの違う深みで感動してもらえると信じてるんですよ。でも作品は出してみないとわからん、というのは嫌というほどわかっているから、今は“信じている”ですね。

インタヴュー後記~忘れらんねえよ取材に関する備忘録~

忘れらんねえよのリリースがあるたびに柴田隆浩に取材させてもらっているのだが、いちリスナーという心持ちもあるせいか、いまだに本人を前にすると緊張してしまう。それもあって、これまでの取材ではなんとなく逆につい喋り過ぎてしまうことが多かったので、今回はとことん聞き役に徹しようと思った。そしてその結果、「絶対訊こう」と思っていたことをすっかり忘れて帰ってきてしまいました(反省)。そこで、今後のためにここに少し書かせもらうことにした。カッコよく言えば備忘録である。反意語みたいですが、忘れらんねえよに関する備忘録。

『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』を聴いて、単純にふと思ったことがある。今作にその傾向が顕著なように、柴田が書く歌はノンフィクションである。だからこそ、聴く者の胸を打つ。その柴田が「相思相愛の人へ向けたラヴ・ソング」を書いたとしたら、どんな曲になるのだろう。毎回、自分自身をさらけ出して歌にしてきた柴田だからこそ、もしそんな恋愛に身を置いたならば、嫌でも純愛ラブソングを書かざるを得ないと思うのだ。不特定多数へのメッセージではなく、たった1人の愛する人へ送るラヴ・ソング。それを書けたときこそが、もしかしたら柴田隆浩の表現者としての1つのゴールなのかもしれない。そしてそれは、とてつもない名曲になるのではないだろうか。この先いつか、そんなラヴ・ソングが聴けることを期待したい。だから柴田にはこれからどんどん恋愛をしてほしいのだ。ただ、取材後にプレゼント用色紙に嬉々として「うんこ」と書いている彼の姿を思い出すと「しばらくないかもな」とも思うのであった。(text by 岡本貴之)

まずはここから! 忘れらんねえよのベスト・アルバム


忘れらんねえよ / 忘れらんねえよのこれまでと、これから。

【Track List】
1. 別れの歌
2. バレーコードは握れない
3. 世界であんたはいちばん綺麗だ
4. 犬にしてくれ
5. 寝てらんねえよ
6. バンドやろうぜ
7. ばかもののすべて
8. 愛の無能
9. 絶対ないとは言い切れない
10. ばかばっか
11. この高鳴りをなんと呼ぶ
12. 体内ラブ~大腸と小腸の恋~ (feat.玉屋2060%、MAX from Wienners)
13. バンドワゴン
14. 中年かまってちゃん
15. 戦う時はひとりだ
16. 僕らパンクロックで生きていくんだ
17. 夜間飛行
18. 僕らチェンジザワールド
19. この街には君がいない
20. 北極星
21. CからはじまるABC
22. 忘れらんねえよ

【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 257円(税込) / アルバム 2,101円(税込)

MP3
単曲 257円(税込) / アルバム 2,101円(税込)


忘れらんねえよ「別れの歌」

これまでのインタヴュー記事もチェックしよう

彼らは新たな音楽的高みを目指す──『俺よ届け』リリース時インタヴュー
忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る
忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・梅津拓也(ベース)インタヴュー
『ばかもののすべて』リリース時インタヴュー
ジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』リリース時インタヴュー
忘れらんねえよ・柴田隆浩 × グッドモーニングアメリカ・たなしん、対談インタヴュー
忘れらんねえよ・柴田隆浩 × THE ORAL CIGARETTES・山中拓也、対談インタヴュー
忘れらんねえよ・柴田隆浩 × Czecho No Republic・武井優心、対談インタヴュー
『空を見上げても空しかねえよ』リリース時インタヴュー

これまでの作品もあわせてチェック

LIVE INFORMATION

忘れらんねえよ主催 ツレ伝ツアー2017
2017年9月26日(火)@東京・下北沢近松 ツレ(出演) : THEラブ人間
2017年10月1日(日)@岡山・岡山ペパーランド ツレ(出演) :爆弾ジョニー
2017年10月6日(金)@埼玉・北浦和KYARA ツレ(出演) :リーガルリリー
2017年10月8日(日)@静岡・浜松窓枠 ツレ(出演) :打首獄門同好会
2017年10月20日(金)@神奈川・F.A.D YOKOHAMA
2017年10月27日(金)@盛岡・the five morioka
2017年10月28日(土)@山形・ミュージック昭和Session
2017年11月1日(水)@香川・高松DIME
2017年11月4日(土)@福岡・福岡DRUM SON
2017年11月5日(日)@熊本・熊本B9V2
2017年11月7日(火)@長崎・長崎DRUM Be-7
2017年11月12日(日)@北海道・札幌ベッシーホール ツレ(出演) :四星球
2017年11月17日(金)@兵庫・神戸太陽と虎
2017年11月18日(土)@大阪・十三GABU
2017年11月22日(水)@宮城・仙台CLUB JUNK BOX
2017年11月29日(水)@石川・金沢vanvan V4
2017年12月1日(金)@新潟・新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
2017年12月7日(木)@愛知・名古屋CLUB QUATTRO
2017年12月9日(土)@東京・EX THEATER ROPPONGI
各地ツレ(対バンゲスト)は後日随時発表
*チケット料金 : 前売 3,500 円 (税込) ドリンク別
*チケット発売 :
9月26日~11月7日 公演分 : 8月19日(土)発売
11月12日~12月7日 公演分 : 9月2日(土) 発売
12月9日 EX公演 : 9月30日(土)発売

PROFILE

忘れらんねえよ

僕らはばかの ひとつ覚えだ
ロックロールと君が ずっと好きだ
柴田隆浩(ボーカル、ギター)
梅津拓也(ベース)


>>忘れらんねえよ 公式ページ

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
同じ筆者による他の記事