テラシマユフのゆるキャラ大解剖 vol.9 (インタビュー&文 : テラシマユフ)

ゆるキャラまつり レポート

会場は、彦根駅から20分ほど歩いた、夢京橋キャッスル街道。道の両側に、九州から北海道まで地域別に各ゆるキャラさんのブースが並んでいます。ゆるキャラ本人も道を行ったり来たりしていて、どこを向いても、かわいいコだらけ、という、とんでもない環境でした…。

はやる気持ちを抑え、まずは九州地方のゆるキャラさんたちにご挨拶。早速、以前この連載にも登場してくれた「有明ガタゴロウ」ちゃんのお友達、佐賀県鳥栖市の「とっとちゃん」と、佐賀県唐津市の「唐ワンくん」を発見しました!

↑市の鳥「メジロ」がモデルとなっているとっとちゃん。おっきくてまんまる!

実は私、今回のイベントにはガタゴロウTシャツで参加したのです! ガタちゃんはまだ「魂の入れ物」、いわゆる「着ぐるみ」を持っていないので、今回彦根に遊びに来ることができなくて… せめて気持ちだけでも一緒に参加できたらと思い、着させていただきました。そんなガタゴロウTシャツを見せて、「はじめまして、有明ガタゴロウちゃんの友達です! 」とご挨拶に行ったところ、とっとちゃんは羽をぱたぱたさせて、唐ワンくんは大きな拍手で歓迎してくれました!! ガタちゃんのおかげで幸先のいいスタートを切ることができました!

と、ふと横を見ると… な、なんと、大分県由布市の「ゆーふーくん」じゃないですか!!

自分と似たお名前なので勝手に親近感を抱いていたキャラクターさんなのです。うわー、ゆるい!! かわいい!! 由布市役所宣伝部主任を務めるゆーふーくん、ネクタイがとってもおしゃれです♪ しかも、アンケートに答えるとグッズがもらえるということで! ばっちりお答えしてきましたよ♪ 私はトートバッグ、一緒に行ったママさんはぬいぐるみストラップをいただきました! 特にトートバッグは大活躍で、ゆるキャラまつり中は各キャラクターさんの資料を入れるのに使っていましたし、今は衣装入れとして愛用しています♪

念願のゆーふーくんに会えたところで、さらに進みます…。あ! バリィさん発見!! 前々回のゆるキャラ・インタビューに登場してくださった、愛媛県今治市の「バリィさん」です!!

インタビューはメールで行わせていただいたので、実は直接お会いするのは今回が初めて。いつもテレビやブログで見るバリィさんが、今こんなに近くに…!! と、テラシマ大興奮でした。バリィさんにもスタッフさんにも、インタビューにご協力いただいたお礼を改めてお伝えすることができてよかったです。今年のゆるキャラグランプリでは今のところトップのバリィさん。ブースの周りは黒山の人だかりで、グッズを買うのも大変といった状況。そんな中撮っていただいた2ショット写真、すっごく嬉しかったです… 優しいなぁ。ありがとうバリィさん、また会いに来るね!

あら、あっちにも人がたくさん集まっているよ…?

あ!! くまモン!! はばタンもいる!! 昨年の王者・熊本県の「くまモン」と、兵庫県の「はばタン」の撮影会でした!! さすが、大人気…!!

さてさて、今回のイベントでは、各キャラクターさんのブースが並ぶ道から少し離れた場所に3か所のステージが設置されていました。そこでは交替で各キャラクターさんたちのパフォーマンスが行われてたのです。そのステージに、この連載の初回に登場してくれた、千葉県成田市の「うなりくん」も登場されるということで!! 大好きなうなりくんの勇姿を見逃すわけにはいかない!! と、いそいそとステージ前に向かったところ…

なんと!! ゆるキャラブームの立役者・みんなの憧れ「ひこにゃん」の姿が!! うなりくんの前に出演されていたのでした。初めて本物に会えたー!! まっしろで、もふもふで、超絶かわいかったです!! 滋賀県彦根市出身のひこにゃん、今回は同じく開催地出身のキャラたちと共に、ホスト役としての参加です♪ ステージに入る時もはける時も、スタッフの方がたくさんついていらして、さすがの「大物感」を醸し出していました… すごいなぁ。

そして、待ちに待った、うなりくんの出番!!

相変わらず、とってもゆる~い、うなりくん。うなぎと飛行機の相の子で、宇宙から「飛んできた」はずの、うなりくんなのですが、イベント前に更新された本人のブログには、「このままじゃ彦根行きの車に乗れない!」とダイエットに励む姿が… 車で来たのかな? なにはともあれ、無事乗れてよかったね(^^;) そんなゆる~い、うなりくんですが、ステージでは、彦根に集まった方々に成田をPRすべく、スタッフさんの美声に合わせて一生懸命踊っていました… きゅん。

うなりくんのかわいらしさを改めて確認した後は、再びブースが並ぶ夢京橋キャッスルストリートへ。と、前方からとっても癒し系なコがやってきましたよー! お隣にはお坊さんも… この子はいったい? はじめましてー! お名前を教えてください! えっと… 「こうやくん」? 高野山開創1200周年記念大法会のイメージキャラクター、「こうやくん」でした!

見ているだけで優しい気持ちになれるような、ほんわかしたゆるキャラさんでした♪

幸せな気持ちのまま先へ進むと… あ!! この連載の第二回目に登場してくれた埼玉県深谷市の「ふっかちゃん」に会うことができました!!

相変わらず真っ白ふかふかなふっかちゃん。最近ではテレビ出演の機会も多く大忙しにもかかわらず、いつも通りの笑顔で出迎えてくれました。Twitterでも仲良くしていただいている大好きなキャラクターさんなので、再会の喜びもひとしおです。スタッフの皆様もとてもお優しくて、ここでもまた、幸せな気持ちを頂くことができました。

さぁ、まだまだ関東のゆるキャラさんのブースが続きます! 次にお会いできたのは、おばあちゃんの原宿ともいわれる、東京都巣鴨地蔵商店街からやってきた「すがもん」!! 赤いちゃんちゃんこがとってもおしゃれです♪

そういえば、すがもんのしっぽをさわると恋がかなう、っていう都市伝説を聞いたことがあるぞ… せっかくだから触らせてもらおう、ちょっと失礼♪

「大好きなうなりくんに振り向いてもらえますように! 」

やっぱりゆるキャラさんのことはゆるキャラさんにお願いするに限るね、うん♪

乙女なお願い事をしたせいか、続いてお会いしたのはとってもメルヘンチックなキャラクターさん♪シブハナマスコットキャラクター「クモックルちゃん」です!! 私、所属している「つばさレコーズ」の事務所があるので渋谷にはよく行くのですが、クモックルちゃんは、その渋谷を花でいっぱいにしよう! と活動している任意団体「渋谷フラワープロジェクト」さんのイメージキャラクターなのです!

もこもこでとってもかわいかった~♪ 渋谷って「the☆都会」っていう感じで、景色を見てもビルが立ち並ぶばかりで、なんだかちょっと寂しい気がしていたのです。そんな渋谷をお花でいっぱいにしよう、というクモックルちゃんの活動、とっても素敵だと思います♪ 癒される方、たくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。クモックルちゃん、これからも頑張ってね!

かわいいお花たちに彩られた渋谷をイメージしてじーんとしていたその時、なんだか異質なキャラクターさんが目に飛び込んできました…! あ! あなたはもしや、「飛び出しとび太くん」!? 昭和48年、滋賀県八日市市(現・東近江市)で誕生した、日本発(あるいは世界初? )の「飛び出し注意」を促す啓発看板から生まれたゆるキャラさんです…!! すみません、一緒にお写真撮っていただけませんかー! って、あれ、歩くの速い! 待って、行かないでー! と思ったら止まってくれた!

ん? 前を行くスタッフさんをひきとめ、こっちを指差してなにやら耳打ちしている様子。もしかして、「あそこの女の子が僕と写真を撮りたがっているからちょっと戻ろう」って言ってくれてるのかな… うわー優しい!ありがとう、私はここだよー! …ってあれ? なんと私の真横を、「飛び出しくんより本物くん」が颯爽と通り過ぎて行きました! 「本物くん」が「とび太くん」に追いつくと、「とび太くん」も「まったく、本物くんったら遅いよ~」といった感じで肩を抱き、そのままスタスタと歩いて行ってしまいました… さっき指差していたのは、わたしではなく、私の後ろにいた「本物くん」だったのね… がっくり。でもめげずに追いかけ、結局一緒にお写真を撮っていただくことができました!

↑「飛び出しとび太くん」(右)と「とび太くんより本物」くん。「本物くん」は、モデルとなった看板をより忠実に再現したため、このような独特なデザインの顔を持つことになったんだそうです…

↑「飛び出し注意!」のポーズ

はぁ~、さすが「飛び出し」兄弟(? )、強烈だったなぁ… ちょっと一休みしようかな…って、あー!! 私がずーっと会いたかった「わたる」がいました!!

白いコも青いコも、どっちもすっごくかわいい!!!!! 本州四国連絡橋のシンボルキャラクターである「わたる」。その優しげな表情、ゆる~いシルエット、そして「縁の下の力持ち」的な懐の深さ(橋だけにね)。憧れのゆるキャラさんのうちの一人でありました… 感激! 今度はピンクのコにも会いたいな、三色揃ったわたるにのしかかられたいです…♪

なんて妄想しながら歩いていると、ゆるキャラ界きってのイケメン(と私は勝手に思っています)、滋賀ふるさと観光大使の「タボくん」を発見!! 以前「西川貴教のイエノミ!! 」という番組でBiSがお世話になった、T.M. Revolutionの西川貴教さんをモデルに誕生したキャラクターさんで、あの「イナズマロックフェス」のイメージキャラクターも務めています!!

タボくん、来年はBiSも「イナズマロックフェス」に呼んでね…♪←すりすり(笑)

しっかりBiSの宣伝もできたところで、続いてお会いしたキャラクターさんはこちら! 新潟県の「もち-うさぎ」たん!! 私、もちうさたん大好きで、ポーチにストラップつけてます… 時々眺めてはニヤニヤしています(照)。この連載の第三回目に登場してくれた「ササダンゴン」ちゃんと同郷のもちうさたん、実は2000年から活躍しているベテランゆるキャラさんなのでした♪

さぁ、だんだん寒い地方のゆるキャラさんたちが登場してきましたね! 次にお会いしたキャラクターさんは、これまた私がずっと憧れていた大好きなキャラクターさんです!! 宮城県観光PR担当係長「むすび丸」!!

…か、かっこいいー!!!!! 宮城、そして東北を元気にしようと奮闘中のむすび丸。少し前には、「たった5歳にしてとても大きなものを背負ったゆるキャラ」… と紹介するニュースも流れていました。スタッフさんと一緒に一生懸命地元の宣伝をしている姿、本当に凛々しかったです。なんだか元気をもらいました。「ゆるキャラとアイドルの共通点」というのは、この連載で何度か触れてきたテーマでありますが、その「頑張っている姿に元気をもらう、感動する」という点は、とても重要な共通点であると思います。ただかわいいだけではない、なにか目標に向かって努力する姿を見せることが周囲の人々の感動を呼ぶのだな、と、ゆるキャラさんを見ても、イベント等でご一緒させていただくアイドルさんを見ても感じます。BiSとして活動する中で、私も少しでも誰かの心を動かせるような存在になれたらうれしいなぁ…。

というわけで! ラスト! 北海道! ついにここまで来たか… と感慨にふけったのもつかの間、突然襲われました!

夕張市の「メロン熊」だ!!!!!1回噛みつかれてみたかったのです…幸せだったぁ…ただ、見かけだけでなく動きもなかなかにワイルドなメロン熊、周りにいた人々はみんな悲鳴を上げていました… 中には泣き出すちびっ子の姿も。インパクト大です。

さらに進むと、なにやら黒山の人だかり。その中心にいるのは…。長万部市のゆるキャラ、「まんべくん」!!なんとここでは、まんべくんのサイン会が行われていたのでした!私も並びたかったけれど、ライヴの時間に間に合わなくなってしまうため、泣く泣く我慢…。

すごいなぁ、大人気だ…。おつまんべー!!

ということで、そろそろまとめに入りたいと思います! (実はもっとたくさんのゆるキャラさんとお会いしてお写真も撮らせていただいていたのですが、あまりにも膨大な量になってしまうため、今回は以上のゆるキャラさんをご紹介させていただきました)

今回このイベントに参加して一番びっくりしたのは、お客さんの年齢層の広さです。なんとなく、「小さいお子さんのいらっしゃる家族連れが多いんだろうな」と想像していたのですが、実際は、赤ちゃんからおじいさんおばあさんまで、本当に様々な方がいらしていました。近所の幼稚園の園児たちが先生に連れられお散歩しに来たかと思えば、全身推しキャラグッズでキメたお兄さんが歩いていたり、また別のところでは初老の男性がカメラを構えていたり、私の母くらいの年齢の女性達が団体でお土産をたくさん購入していたり… あ、カップルでいらしている方も多く、とてもうらやましかったです(涙)。まさに老若男女に愛される「ゆるキャラ」。

年齢、性別にかかわらず多くの人に受け入れられているということは、そのこと自体もとても素晴らしいですし、だからこそより大きく展開していけるという強さでもあると思います。アイドルでも、いわゆる「国民的アイドル」と呼ばれるレベルの方たちは、それこそ老若男女にかかわらずたくさんの方から支持され、活躍されています。だからこそ、小さい子向けのお菓子のイメージキャラクターも、サラリーマン向けの缶コーヒーのイメージキャラクターも務めていらっしゃるのでしょう。当たり前のことではありますが、応援する人の幅が広がれば、できることもどんどん広がっていくのだと思います。

今BiSを、あるいはテラシマユフを支持してくださる方々に感謝し、今後も応援していただけるよう努力していきたい。その一方で、新たな層にささる活動をするにはどうしたらいいのだろう… ゆるキャラ達を見て、そんなことを考えました。ゆるキャラだって、最初は一部の人々から始まったブームだと思います。それがどう広がって今のような熱量を持つようになったのか分析することは、今後自分がアイドルとして活動していく上でのヒントになるような気がしました。

このような新たな視点というか、切り口を見つけられたことは、今回このイベントに参加した大きな収穫だと思います。個々のゆるキャラさんにインタビューした時とはまた違う、全体に対する視点に気づくことができました。これをどう発展させていくかは、今後の自分への宿題です! そしてよろしければ、皆さんのご意見もぜひお聞かせ下さい。Twitterのリプライでも、ブログのコメントでも、現場での接触イベントでもかまいませんので… ゆるキャラ好きな方はもちろん、そうでない方がこの「ゆるキャラブーム」をどう見ていらっしゃるのかということにも、個人的にすごく興味があります。いろいろなご意見をお聞かせいただけたらうれしいです!

というわけで! 今回はこのあたりで失礼させていただきます。機会がありましたらぜひ、皆さんもゆるキャライベントに足をお運びになって、「現場」の空気を感じてみてください!

テラシマユフのゆるキャラ大解剖 バック・ナンバーはこちら

vol.1 「ゆるキャラ」って何?
vol.2 うなりくん(成田市)
vol.3 ふっかちゃん(深谷市)
vol.4 ササダンゴン(新潟市)
vol.5 いしおさん(桜川市)
vol.6 有明ガタゴロウちゃん(有明海)
vol.7 バリィさん(今治市)
vol.8 チーバくん(千葉県)

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (後編)
[CLOSEUP]・2018年06月15日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【後編】忌野清志郎にとって激動期となった80年代後半から、〈東芝EMI〉の宣伝担当として音楽業界へと足を踏み入れた高橋 Rock Me Babyさん。現在でも語り草となっている、THE TIMERS(ザ・タイマーズ)が地上波テレビ番組生放送で起こした「FM東京事件」では、スタジオでその一部始終を目撃している。インタビュー後編では、事件の前後に起こっていたこと、そして後に清志郎が行ったゲリラ・ライヴについて。また、「清志郎さんの音楽は、あくまでも娯楽だから後々にも残る音楽になってる」という高橋さんに、好きな清志郎楽曲3曲と1枚のアルバムについて、その魅力を存分に語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys もしかしたら「これはチャンスだ」と思ったのかも──
by 岡本 貴之
【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来
[GANGPARADE]・2018年06月05日・【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来>>短期連載2/3「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートG
by 西澤 裕郎
【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年06月04日・【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)
・2018年06月01日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【前編】忌野清志郎の長きにわたる活動の中で、この連載でも度々話題に上る作品が『COVERS』(1988年8月15日)だ。RCサクセションによるはじめての洋楽カヴァー・アルバムとなったこの作品は、その内容と発売をめぐり社会的な騒動へと発展した。今回ご登場いただく高橋 Rock Me Babyさんは、当時のRCサクセションの所属レコード会社〈東芝EMI〉の宣伝担当として、まさに騒動の渦中に身を投じた人物だ。『COVERS』騒動、『コブラの悩み』、そしてさらに騒動を巻き起こすTHE TIMERS(ザ・タイマーズ)の出現。あの時あの瞬間、本当は何があったのか? そのとき忌野清志郎はなにを思っていたのか? 前後編にわたりじっくり読んでほしい。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Ba
by 岡本 貴之
【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年05月25日・【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 201円(税込) / アルバム 800円(税込)【Track List】1.
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」
[BISH]・2018年05月16日・【BiSH】Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第6回は、モモコグミカンパニーの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track Lis
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回
[CLOSEUP]・2018年05月15日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回──“Type Beat”文化について GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化を紹介します。いつもより内容濃いめでお届けです! >>先月号、第15回はこちら 第16回 “Type Beat”文化について ちょっと今回は変則的な導入から。時々YouTube等で“Type Beat”とタイトルに入った動画を見かけませんか。 これらの楽曲はお金を払い、使用の際には製作者のクレジットを明記すれば、曲中の音のタグを抜いたデータが使用できます。大抵は学生でも手が届く値段なので、若いアーティストを中心にこうした“Type Beat”文化は急速に広まりました。事実として“Type Beat”から生まれたヒットは多く、Desiigner「Panda」は元々「Meek Mill—Ace Hood “Type Beat”」として
by 斎井 直史