連続企画第1弾! テラシマユフのゆるキャラ大解剖 vol.4

ユフ : よろしくお願いします!
ササダンゴン : よろしくらろ♪
ユフ : さっそくなんですが、ササちゃんのプロフィール、教えていただけますか?
ササダンゴン : 名刺持ってきたろ!

「おいらは新潟生まれの笹だんご怪獣らろ♪ ふるさと新潟が大好きらっけ応援しているんら。新潟県内には、おいらの他にも色んなゆる怪獣がいるらしいっけ、おいら、探して一緒に新潟を応援するんらろ! みんなも一緒に応援してほしいろ♪」

ササダンゴン プロフィール
別名 : 笹だんご怪獣
生息地 : 新潟市
誕生日 : 3月30日
性別 : ♂
身長 : だいたい笹だんご一個分
体重 : だいたい笹だんご一個分
趣味 : さんぽ/ドライブ/写真/合コン
特技 : 新潟の潟の字をちゃんと書くこと
好きなもの : 新潟/ラーメン/びいる
武器・技 : だんご分身の術/だんご変身の術/だんご巨大化の術(デカダンゴン)/たまにあんこを吐く←甘い

ユフ : ありがとうー! では続いて、ササちゃんが応援する新潟のどんなところが好きか、教えてください。
ササダンゴン : 水がキレイで、食べ物がおいしいところらろ。魚がうまいっけ寿司もうんめぇろ。あとはやっぱり笹だんごがオススメらろ。
ユフ : ササちゃんも美味しそうだもんね〜
ササダンゴン : こうすると笹だんごになるろ。

ユフ : わぉ。ところで、ササちゃんは「笹だんごの怪獣」ってことだけど、誕生秘話みたいなものがあったら教えてもらえるかな?
ボス : 本当のことお話しましょうか?
ユフ : …夢があるやつをお願いします!
ササダンゴン : 笹だんごの神様が、大好きな新潟を応援するために、魔法でおいらを怪獣にしてくれたんら。
ユフ : 笹だんごの神様…。そっか、それでササちゃんは毎日がんばってるんだね。普段どんなことしてるの?
ササダンゴン : 新潟県内はもちろん、県外にもいろいろ出かけて、新潟をPRしてるろ。
ユフ : なるほどー、そしてその様子をつづったブログがまたすごいよね! 写真いっぱいで本当にかわいいよー! ゆるキャラブロググランプリでもいつも上位にいるもんね。
ササダンゴン : 照れるろ~。
ユフ : ブログだけじゃなくtwitterもしっかり活用してて、古き良き時代から来た機械音痴な私は頭が上がりません。今回こうして会えたのだって、研究員さんがササちゃんを紹介してくれて、それをきっかけにtwitterで色々やりとりして仲良くなったからだもんね。ネットってすごい。それにしても、まさか遊びに来てもらえるなんて思ってなかったから、「会いに行きたい」っていうメッセージもらった時はすっごくびっくりしたよー!
ササダンゴン : BiSちゃんが新潟に遊びに来るって聞いたっけ、せっかく仲良くなったし、会いたいなって思ってお出迎えしに来たろ。
ユフ : 本当にありがとうね。ササちゃんがこうやってブログやtwitterを頑張るのはどうして?
ササダンゴン : 暇だかららろ。
ユフ : え。
ササダンゴン : んー、まぁちょっと真面目に話をすっと、おいらは県の公式キャラクターでねぇ、ボスが個人的に世話してくれてるゆるキャラっけ、公式のキャラクターには及ばねえろ。だから身近なゆるキャラを目指して、ブログを楽しんでもらえるよう工夫したり、twitterでファンと交流してるんら。
ユフ : わー、それ私も一緒だよー。BiSもまだまだ知名度が高いとは言えないグループだから、少しでも沢山の方に知っていただけるように、ブログやtwitter活用してるの。そうやってネット上でやりとりしたことがきっかけでBiSに興味を持ってくださった方と現場でお会いできると本当に嬉しい!
ササダンゴン : わかるろ~。

ササダンゴン・インタビュー後半

ユフ : ではそんなササちゃんにもう一つ質問。ゆるキャラとして活動してる中で、なにか苦労話とかあったら教えてください。
ササダンゴン : 時々ピカチュウに間違えられるろ…。あと、「緑のウサギ」って言われたこともあるんらろ…。
ユフ : それは、えっと… あ、じゃぁ、逆に、ゆるキャラとして活動してて良かったなって思うのはどんな時?
ササダンゴン : 県外にタダで行ける時らろ♪
ユフ : 確かにそれは嬉しいね(笑)。
ササダンゴン : 行った先でおいらのファンとも遊べるし、あとゆるキャラ友達もできたろ。
ユフ : 今日も一緒にいるイヨボヤンちゃん?
ササダンゴン : そうらろ。イヨボヤンは新潟県村上市に行った時に出会った鮭のゆる怪獣なんら。村上市は鮭が有名なんらろ。新潟県内にはほかにもゆる怪獣がいっぺことおるらしいっけ、仲間探し頑張るろ。
ユフ : うわーそれ楽しそうだね! 他にも仲良しのゆるキャラさんっているの?
ササダンゴン : 同じ新潟県の「もちうさぎ」たんと、スカイツリーで有名になった業平商店街の「おしなりくん」、滋賀県の「キャッフィー」、福島県西会津町の「こゆりちゃん」あたりが特に仲良しらろ。
ユフ : いっぱいいるねー♪ じゃぁ、ライバルっている?
ササダンゴン : いねぇろ。みんなおいらと合コンするろー!
ユフ : 本当に合コンが好きなんだね(笑)。今までどんなコと合コンしてきたの?
ササダンゴン :
ユフ : ?
ササダンゴン : 実はまだ一回もしたことないんら。誘ってもいつも断られるんら…。
ユフ : えー! 私だったら一発OKするのに!!
ササダンゴン : おいら人気ないんらろ…。
ユフ : そんなことないよ! ササちゃん人気者だからみんな照れてるんだよ。私、今日はみんなに愛されるゆるキャラであるササちゃんに、「愛される秘訣」を聞いて参考にしようと思ってきたんだから!!
ササダンゴン : ひゃぁ~、おいら愛されてるんら? ただ、みんなと身近につながってたいって気持ちと、みんなを喜ばせたいっていう気持ちでいるだけらろ☆
ユフ : なるほどー。やっぱりその素直さが大切なのかな。「みんなを喜ばせたい」って、アイドルとも共通する気持ちだと思う! ありがとう、私ももっと素の部分まで含めて好きになってもらえるように頑張ってみる!! じゃぁ最後に、ササちゃんの野望を教えてください!
ササダンゴン : 合コンを成功させることらろ!!
ユフ : なんとまぁ! 前にインタビューさせてもらったたうなりくんと、ふっかちゃんは、それぞれ「うなり祭りを開催すること」、「県外での知名度をもっと上げること」って言ってたよ?
ササダンゴン : いいんら。おいらは合コンがしたいんら!!
ユフ : すごい熱意… ちなみに、ササちゃんはどんな女の子が好きなの?
ササダンゴン : ユフたんらろ。おいら、ユフ推しらろ!
ユフ : きゃーありがとう! 高まる!!
ササダンゴン : ユフたん合コンするろー♪
ユフ : するろー♪

… なぜか合コンの約束をしてしまったところでタイム・アップ。ライヴ開始の時刻となりました(笑)。ササちゃんは「だんご巨大化の術」を使って「デカダンゴン」に変身するため一旦退室。一曲目の『primal.』が終わった後のMCから参加してもらいました。

『Give me your love全部』、『My Ixxx』とノリノリな曲が続き、その間中ずっと激しいオリジナル・ダンスを披露し続けてくれたササダンゴンちゃん。続く『nerve』では、なんと見事なエビ反りまで見せてくれたのです! 見た目のゆるさからは想像もつかないようなキレのある動きに、私も負けられない! と、ますますハイテンションでライヴしてしまいました♪ さらに、ラストの『IDOL』では、絶叫するメンバーの横で他のどの曲よりも激しく踊ってくれたササダンゴンちゃん。インタビュー中はすごくほんわかした雰囲気だったけれど、ステージでは人が(笹だんごが? )変わったようなかっこいいパフォーマンスを見せてくれました。まさにギャップ萌え!!

ちなみに、後日「あの時は恥ずかしくて言えなかったけど、おいらの野望は合コン成功の他にもう1つあるんら。世界のみんなが笑顔になれるよう新潟から発信したいろ。」とメッセージをいただきました。合コン好きだなんてチャラチャラしたキャラに見せかけて、実は照れ屋なところがまた推せます。ササダンゴンちゃん、ありがとうございました!

そして、深夜のイベントにも関わらずご同行くださったササダンゴンちゃんの「ボス」様、マネージャー「ゆかりん」様、本当にありがとうございました。

ササタンゴン more info

ササダンゴンの新潟日和
ササダンゴン twitterアカウント→@sasadangon_z
WikiPedia「笹団子」URL

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (後編)
[CLOSEUP]・2018年06月15日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【後編】忌野清志郎にとって激動期となった80年代後半から、〈東芝EMI〉の宣伝担当として音楽業界へと足を踏み入れた高橋 Rock Me Babyさん。現在でも語り草となっている、THE TIMERS(ザ・タイマーズ)が地上波テレビ番組生放送で起こした「FM東京事件」では、スタジオでその一部始終を目撃している。インタビュー後編では、事件の前後に起こっていたこと、そして後に清志郎が行ったゲリラ・ライヴについて。また、「清志郎さんの音楽は、あくまでも娯楽だから後々にも残る音楽になってる」という高橋さんに、好きな清志郎楽曲3曲と1枚のアルバムについて、その魅力を存分に語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys もしかしたら「これはチャンスだ」と思ったのかも──
by 岡本 貴之
【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来
[GANGPARADE]・2018年06月05日・【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来>>短期連載2/3「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートG
by 西澤 裕郎
【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年06月04日・【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)
・2018年06月01日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【前編】忌野清志郎の長きにわたる活動の中で、この連載でも度々話題に上る作品が『COVERS』(1988年8月15日)だ。RCサクセションによるはじめての洋楽カヴァー・アルバムとなったこの作品は、その内容と発売をめぐり社会的な騒動へと発展した。今回ご登場いただく高橋 Rock Me Babyさんは、当時のRCサクセションの所属レコード会社〈東芝EMI〉の宣伝担当として、まさに騒動の渦中に身を投じた人物だ。『COVERS』騒動、『コブラの悩み』、そしてさらに騒動を巻き起こすTHE TIMERS(ザ・タイマーズ)の出現。あの時あの瞬間、本当は何があったのか? そのとき忌野清志郎はなにを思っていたのか? 前後編にわたりじっくり読んでほしい。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Ba
by 岡本 貴之
【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年05月25日・【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 201円(税込) / アルバム 800円(税込)【Track List】1.
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」
[BISH]・2018年05月16日・【BiSH】Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第6回は、モモコグミカンパニーの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track Lis
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回
[CLOSEUP]・2018年05月15日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回──“Type Beat”文化について GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化を紹介します。いつもより内容濃いめでお届けです! >>先月号、第15回はこちら 第16回 “Type Beat”文化について ちょっと今回は変則的な導入から。時々YouTube等で“Type Beat”とタイトルに入った動画を見かけませんか。 これらの楽曲はお金を払い、使用の際には製作者のクレジットを明記すれば、曲中の音のタグを抜いたデータが使用できます。大抵は学生でも手が届く値段なので、若いアーティストを中心にこうした“Type Beat”文化は急速に広まりました。事実として“Type Beat”から生まれたヒットは多く、Desiigner「Panda」は元々「Meek Mill—Ace Hood “Type Beat”」として
by 斎井 直史