stimの新作音源が到着!

日本のインディー / メジャー、ロック / ジャズ・シーンを牽引するバンドのメンバーを擁するstim(スティム)が、初の全国流通盤『NOON AFTER NIGHT』をリリース! トラック・メイカーにしてドラマーのTaichi(Orquesta Nudge! Nudge! / NiceBrew / ex. group)率いるstim。OTOTOYでは新作を24bit/48kHzの高音質WAV音源で配信。エンジニアに内田直之を迎え、オープンリールによるアナログ・レコーディングで制作し、ゲストには今をときめく田我流が参加! ゆったりかつ、激しく! stimに魅了されっぱなしのフル・アルバムとなっています。

最新作を高音質で配信中!

stim / NOON AFTER NIGHT

【価格】
mp3 単曲 250円 / アルバム 1,800円
wav 単曲 300円 / アルバム 2,100円
HQD 単曲 350円 / アルバム 2,400円


【Track List】
01. Chess
02. Universe Disco
03. √20 (feat. 田我流)
04. Fata Morgana
05. Basquiat
06. Continuous Voyage
07. Blue (feat. JAMUNA)
08. Redone
09. Revive The Past

INTERVIEW : Taichi×中村圭作×後関好宏

バンドを続けるために必要なこととは何か? それはバンドによって違うかもしれないけれど、バンド内のコミュニケーションは必要不可欠な要素だろう。トラック・メイカーのTaichiを中心に2002年に結成されたstimは、そうしたコミュニケーションを大切にしてきたバンドである。リハーサルのあとには、ほぼ飲みに行くというが、toe、在日ファンク、木村カエラ、DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、WUJA BIN BIN、ホテルニュートーキョーなど、日本の音楽シーンを牽引するバンドのメンバーが集まっているだけあって、それは本当に大切なことに違いない。また、「小難しいことを小難しくなく聴かせる」というテーマを持っている彼ら。それを実現する上で、そうしたコミュニケーションは細かなプレイにも反映されていることだろう。stimの自由で伸びやかな作品の元には、そんな積み重ねがあるに違いない。音楽性10年目にして初の全国流通アルバムを完成させた彼らの中から、Taichi、中村圭作、後関好宏の3人に、本作のこと、そしてバンドを続ける上で大切なことを聞いた。

インタビュー & 文 : 西澤裕郎

左から後関好宏、松崎幹雄、高田陽平、中村圭作、上運天淳市、Taichi

自分達が聞いても楽しめる音楽をやりたい(中村)

——『NOON AFTER NIGHT』は、結成10年目にして初の全国流通盤となりますが、このタイミングでリリースすることになったきっかけを教えてもらえますか?

中村圭作(以下、中村) : 正月にビートたけしの番組を見た時、マヤ文明の関係で2012年12月22日に人類が終わるってことを言っていて、携帯電話にそのスケジュールを入れていたんです。それで、今年にアルバムを出さないと!! って(笑)。
Taichi : 出したい! って言い続けてはいたんですけど、ここまでのびちゃって。なので大きなきっかけがあってとかではないんです。

——そもそも、stimが結成することになったきっかけをは何だったんでしょう?

Taichi : 自分が「新しいバンドをやろう」って、1人1人のメンバーに声をかけて集めていったんです。具体的にこうやろうっていう話はしていなくて、漠然と形を決めて肉付けしていきました。「小難しいものを、小難しくなく聞かせる」っていうのがコンセプトというか。五日間位で考えて作った料理をさらっと出して、「上手い! 」っていって食べてもらえるような感覚って言うのかな。

——結成当時から、そのようなテーマを持っていたんですか?

Taichi : もともと小難しい音楽が好きだったんですよね。でもそれを難しいまま聞かせたくなくて。
中村 : イメージとしては様々な角度から見ていろんな形に見えるような立体的な曲を作れればなと。それはインスト・バンドのいいところでもあり、物足りないところでもあると思うんですけどね。色々な角度から聞いてもらって、そのシチェエーションや場所で聞いてもらえばなって思います。

——そのイメージはメンバー間で共有していたんでしょうか?

中村 : それは特に意識していないです(笑)。なんか面白そうと思ったのと、Taichiが誘ってくれたからですかね。
Taichi : はっきりしたのは組んでからです。だから後付けです(笑)。

——では、どういう基準でメンバーを選んだのでしょう?

Taichi : ライヴが終わった後もよくしゃべっていたり、音楽以外の時間を多く共にした人ですかね。もちろん、技術ありきというのは大前提ですけど。ゴセッキーとはよくしゃべっていたよね。
後関好宏(以下、後関) : そうそう。友達がTaichiしかいなかったんだよね(笑)。自分が当時やってたバンドは、メンバーがみんな年上で、敬語で話してばっかりだったからね。

——気の置けない仲間を集めることによって活動が始まっていったんですね。

後関 : あの頃は、とにかくリハの数が激しかったよね。
Taichi : でも、あのリハの数があったからこそ、今があると思います。よく飲みに行ってたし。

——今のメンバーになったのはいつ頃のことなんですか?

中村 : 正式になったのは、2009年ですね。それまではサポート・メンバーが入ってたりとか、俺らでもよく分かってないからね。
後関 : 抜けたメンバーの方が、今のメンバーより多いかも。

——メンバーが流動的だったのはなぜですか?

Taichi : 忙しくなったっていうのも1つですけど。小難しいのを、小難しく聴かせちゃったっていうところかな。

——じゃあ、今のメンバーは、Taichiさんのやりたいことをやるに最適なメンバーなんですね。

Taichi : 俺にはもってこいですね。やりたいと言ったことに対して、否定的に入らないんです。なんとなく自分のやりたいことと、みんなのやりたいことがずれていない。余計な説明もしなくていいし。
後関 : 僕たちは、17時にリハを終わらせるようにしていて。なぜかというと、ハッピーアワーがあるからなんです(笑)。そこから朝まで飲んだりしていて、そこで脱落した人が多かったよね(笑)。しまいにはメンバーが飲み屋を始めちゃったもんね(笑)。

——あははは。アイドル文化が強い理由の一つとして、ロックやヒップ・ホップ、メタルまで、様々なジャンルの音楽を吸収できちゃうことがあると思うんですね。でも、stimの音楽はアイドルには吸収できない音楽だと思うんですよ。

中村 : それは売れない音楽ってことですか(笑)?

一同 : 爆笑。

——そういう意味じゃなくて(笑)。いわゆるインストとかポスト・ロック的なアプローチって、アイドル用にレコーディングして流すでは成立しないと思っていて。このメンバーでしか刻めないリズムや感覚が、おとしこまれていると思うんですね。そこにstimのこだわりを感じるんですが、本人達の思う一番のこだわりは何だと思いますか?

Taichi : 単純に聴いてかっこいいものですね。
中村 : こだわりではないですけど、それぞれが持つ音の出方が特別なんですよね。これ他のバンドも言っていると思うんですけどね(笑)。

——stimは、音源を何万枚売ってやろうと考えて活動しているバンドではないと思っていて。だからこそこだわりを持っていると思うんですよね。

中村 : もし考えていたら、違う音楽やってますよね(笑)。
Taichi : 「これがカッコイイんだぜ」っていうことを教えてあげたいというか。ヒップ・ホップもロックも四つ打ちもかっこいいけど、「こっちもいいぜ」っていうことを知らしめたい気持ちはあるよ。
中村 : 長く聴ける音楽っていうか、自分達が聞いても楽しめる音楽をやりたいですね。50、60歳になってもやり続けることが出来るし、やっていても恥ずかしくないというか。あらためて昔の曲を聞くといまいちと思うこともあるけど、stimでは10年前の曲を聞いてもそうは思わないんですよね。今まで培ってきたことを学べたり、新しい解釈も見つけられるし、アレンジのアイデアも発見出来るんです。ボーカルがいたら、年代によって歌っていることも変わってくるし、もうあの曲歌えないってなるかもしれないじゃないですか。stimはテンションだったり、上達するテクニックで内容も変わっていきますからね。同じ曲だけど、長く聞ける。家具も大切にしていると、色が変わって味が出てくるじゃないですか? 使えば使う程ボロボロになるけど、その分愛着が湧くと思うんです。
Taichi : そう考えると、古い曲もあるしね。

——今回はオープンリールによるアナログ・レコーディングをされているということで、音質に対するこだわりも見えますね。

Taichi : それは、内田(直之)君に録ってもらいたくてお願いしたら、スタジオが空いていて使えることになったんです。
後関 : 直前までプロツールスで録ると思ってたけどね(笑)。冗談で「テープでいけるよ」って言っていると思いましたもん。

——stimの方から、内田さんでっていう希望があったんですか?

Taichi : 絶対内田君でってお願いしてました。ウッチーとは昔から知り合いだし、抜群に音がかっこいいのは知っていたから。コミュニケーションも取りやすいし、内田君がやってる音楽は俺の好きなところでもあるからね。

周りの認識が変わればいい(Taichi)

——田我流との共演はどのようにして実現したんですか。

Taichi : 田我流から連絡が来たことがあって。なんか一緒にやろうって話をしてたんですよ。で、それが今回のアルバムになったと。

——詞は田我流さんが書いたんですか?

Taichi : 全体的にそうですね。ただ、避けて欲しい言葉とかは、少し伝えたりしましたね。stimぽくない感じはやめてほしいなって。バイオレンスな感じとかね。

——歌ではなくラップを乗せることを選んだ理由はどういうところにあるんですか。

Taichi : メロディーを乗せるのが難しいと思うんですよ。
後関 : ワンコードで展開していくし、サビがないからね。
中村 : Aメロがあって、Bメロがあって… っていうイメージはなかったですね。元々インストで完結していたものなんです。だから、これを初めて聞いた人は、これからライヴで聞いた時に田我流がいないと物足りない感じがすると思うんですけど、以前から知っている人は驚くと思います。

——「Blue」に参加している謎のオーストリア人ハーフ女性ボーカルというのも気になったのですが。

中村 : 説明が難しいんですよね。アルバムの代表曲を作るということになって、みんなで1曲ずつ作って持ち寄ったら「Blue」っていう曲が採用されたんです。これはパーカッションの陽平が持ってきたんですけど、女性ボーカルを入れたいと突如言われて… ベールに包まれたレコーディングに突入しました(笑)。
Taichi : 声を聞いてどんな女性だと思いますか? 金髪?

——金髪ではなくて、髪は黒っぽい茶色かなと。それで細身の方かなと勝手に思ってます。

Taichi : なるほど。ちょっとアジアン・テイストなモデル系の?
中村 : 自分の都合のいいように直したじゃん(笑)。彼女も、この音楽で歌ってみたいという思いがあって、目的が合致したんですよね。

——10年間メンバーとのコミュニケーションを大事にしてきた中で、今回窓口を広げて、ゲストを参加させたのはなぜですか?

Taichi : そんなに固執していないというか。田我流もJamunaもしゃべりやすいから。
中村 : 10年間やっていようが、聞く人には関係ないですからね。お客さんに楽しんでもらうことが大事です。

——コミュニケーションというのはバンドをやる上で特に重要なんですね。

Taichi : 重要ですね。それがなければ凄い良い演奏をやっていても、腹が立ってくると思うんですよね。なんで何も言わずに、黙々と演奏してんだろうなって。
中村 : 続いてるバンドはなんだかんだ仲がいいんだと思う。仲が良くないバンドは解散すると思いますけどね。

——今はデータでやりとりするバンドも増えていたりしますけど、その手法は使っていないですか?

Taichi : バンドの前に友達ですから、練習した後に飲みに行ったりもするしね。データでやりとりすることに面白みを感じないですよね。
中村 : リハだけ終わって帰るってことがないよね。

——話を聞いている限り、全国流通盤をリリースしたからといって、バンドの方向性が変わるわけではなさそうですね。

中村 : 良い方向に変わればいいですけどね。僕らが変わるというよりは、知らなかった人達が知ってくれたらいいけど。
Taichi : そうですね。周りの認識が変わればいいですね。誰か一人突っ走っちゃうと疲れてしまうので、周りがやりたいことを、地道に一歩ずつ、だらけずやりたいです。
中村 : あとは、アイドルと対バンして、カバーしあいたいですね。

——それは見たいですね! でも、アイドル側がstimをカバーを出来ないんじゃないですか(笑)? 最後に何か言っておきたいことがあれば。

中村 : CDをリリースしたばかりですけど、ボーナスCDもいいので聞いてほしいですね。
後関 : この取材、配信サイトだよ!
中村 : あっ、背信行為をしてしまいました、配信サイトに対して(笑)。でも、本当に音源を聞いてもらって、ライヴを見に来て下さい。
Taichi : ライヴ中、メンバー同士が顔を見合わせたら、間違えたってことですから、そこも見てください(笑)。

RECOMMEND

Nabowa / Sen

異例のロング・セラーを続ける『Nabowa』から2年半振りのフル・アルバム『Sen』は、バンド4人による完全インストゥルメンタル作品。そしてfishmansやUAなどとの仕事で知られるzAkを共同プロデューサーに迎え「最高のクオリティ」で届ける「最高傑作」。

>>>Nabowaの特集はこちら

cro-magnon / THE BEST

2012年1月に行われた「APPI JAZZY SPORT RELAY 2012」にて復活を遂げたcro-magnonが、キャリア初となるベスト盤をリリース。収録内容は、「逆襲のテーマ」「Riding The Storm」「Kai-Ho」など、真骨頂であるダンサブルなライヴ・アンセム曲を中心に、土岐麻子や三宅洋平、Roy Ayersらが参加する客演ボーカル・トラック、さらには今作が初収録となる「Riding The Storm」のIdjut Boysリミックスを含む全14曲を収録。8年間の活動を1枚にフル・ボリュームで凝縮した、非常に聴き応えのある内容となっている。

VA. / color communications: created in japan - the collector's edition original soundtrack

2012年のスケート・シーンにおいて、国内NO.1作品と称されている、池袋発のブランドcolor communicationsによるリジナル・サウンド・トラック。音楽を彩るのは、スケートボードという共通言語によって引き寄せられた日本国内のアーティスト達。DOMMUNEでのプログラム『スケボークラブ』を主催し高い注目を浴びたYO.ANや、FESNの森田貴弘氏編集による衝撃のゲスト・パートを三味線オンリーの楽曲で華を添えた東京月桃三味線、日本のミュージック・シーンを縦横無尽に駆け巡る凄腕のミュージシャン6人が集結したバンドStimなど、まさに現在のシーンを動かしているアーティスト達が集結したサウンド・トラックとなっている。

LIVE INFORMATION

木村カエラ presents オンナク祭オトコク祭 2012
2012年12月19日@恵比寿LIQUIDROOM
LIVE : 木村カエラ / 會田茂一(band set) / toe / BRAZILIANSIZE / FRONTIER BACKYARD / stim

MOTION± × FEVER presents Crossing
2012年12月23日@新代田 FEVER
LIVE : tickles / stim / 宮内優里 / Caroline / NETWORKS with 吉野耕平

PROFILE

stim

2003年より始動し、トラック・メイカーとしても活躍するDrums : Taichi(Orquesta Nudge! Nudge! / NiceBrew / ex.group)、を中心にBass : 松崎幹雄、Percussion : 高田陽平(WUJA BIN BIN / ホテルニュートーキョー / Orquesta Nudge!Nudge! / tuff session) 、Keyboard : 中村圭作(kowloon / toe / 木村カエラ / ホテルニュートーキョー / WUJA BIN BIN / NiceBrew) 、T.Sax : 後関好宏 (ASA-CHANG巡礼 / 在日ファンク / ホテルニュートーキョー / WUJA BIN BIN / ex.DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN) 、B.Sax : 上運天淳市(東京中低域 / ex.KINGDAM☆AFROCKS)の6人編成で活動している。日本のインディー / メジャーシーン、ロック / ジャズシーンを牽引するバンドのメンバーを擁し、綿密に組み立てられたアンサンブルはstim独自の世界を展開していく。

o

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之