INTERVIEW : SAWA (前編)

2013年6月21日にデビュー5周年を迎えた、女性シンガー SAWA。そのプロフィールは、かなりスマートだ。幼少期にバイオリンとピアノを習い絶対音感を身に付けたところで、音楽人生をスタートさせた。そして本格的な活動は、FreeTEMPOの全面プロデュース作『COLORS』でのCDデビューから。現在では自ら楽曲制作もおこない、佐々木希やアイドル・グループ、ワンリルキスの楽曲プロデュースしたり、活動の幅を広げている。さらにいうと、アーティスト活動をはじめる前は、高校で英語教師をしていたという。まさに音楽にとどまらない多彩な才能の持ち主なのである。

しかし、そのプロフィールを読んで、楽曲を聴いて、ライヴを見て、彼女を理解しようとすればするほど、SAWAというアーティストの中心にはなにがあるのか気になって仕方がなくなってしまった。なんでもできるからこそ、その中心になにがあるのかも見えづらい。日常生活をそのまま歌にしているわけでもなさそうだし、完全なフィクションの世界を描いているわけでもない。そしてサウンドはクラブ・ミュージックを基軸としたり、最近では独唱もしたりしている。一体SAWAとは、どんなアーティストなのか? デビューから5年を迎えた彼女の魅力をつかむべく、2回にわたるインタヴューでじっくりと迫った。

取材 & 文 : 西澤裕郎

最終形は、デーモン小暮さんや掟ポルシェさんのような立ち位置に憧れます

ーーSAWAさんは、ヴァイオリンもピアノも弾けて、楽曲制作もできる、歌もうたえる、英語教師をしていたことがある… と、実に器用な方だと思うんですね。その反面、一番コアな部分が見えづらいなと思って…。

SAWA : あはははは。器用貧乏ってことですか?

ーーいやいや(汗)。その核にある部分ってなんだろうと思って。プロフィールも、出身地のこととか必要以上に公表していないですよね。

SAWA : そのへんはあまり押し出してきていなくて。っていうのも、どこか宙に浮いたような存在でありたい気持ちがあって。最終形は、デーモン小暮さんや掟ポルシェさんのような立ち位置に憧れます。ファンタジーを持っていたいなって。

ーー要するに「私語り」のような形は出したくないってことですか?

SAWA : そうですね。共感してほしいとか、切ないラヴ・ソングを書きたいわけではなく、宇宙との共鳴とかを目指しているので、あまり現実感がないようにしているんですよね。共感型というよりかは現実逃避型なので、いかに現実を忘れてもらうかに重きを置いていたり。

ーーそれってSAWAさんが触れてきた音楽に、そういうものが多かったんですか。

SAWA : そうですね。m-floやFree TEMPOなどの、うまく現実逃避をさせてくれるアーティストが好きだから、おのずとそういう方向になってきたのかなと。

ーーちなみに、小さいころは友人関係も距離を置くような感じだったんですか。

SAWA : 距離を置いていたわけではないんですけど、どこかドライだったかもしれないですよね。そういえば、中学校くらいのときもプロデュースをしていた記憶があって、文化祭でダンスの振り付けを友だちのグループにつけて、自分は「文化祭は見にいけないから」とか言って行かなかったり(笑)。

ーーあははは。他のインタヴューを読むと「前に出たいタイプ」だとおっしゃられていましたが、自分が出るというよりかは監督的な視点の方があるんですね。

SAWA : どっちもあるんでしょうね。前に出たいけれど、誰かを後ろから支えることによって前に出ることもしたいっていう。

ーーあと、小さいころヴァイオリンを習っていたそうですが、自分からやりたいといったわけじゃない習いごとだったから、すごくイヤだったみたいですね。

SAWA : イヤでしたね。「なんでやっているんだろう?」と思ってましたし、反抗期だったり子供だったりしたこともあって、「なんでこんなに課せられているんだろう?」と思っていました。ヴァイオリンがイヤすぎてその衝動をピアノを習うことで抑えたりしていました。

ーーそれもすごい話ですけど(笑)。

SAWA : 楽器が嫌いというよりも、やらされていたこととか、ヴァイオリンを弾くにあたって求められることが子供には難しいことだったりして。私は抽象的に言われるのがすごく嫌いで、「ススキの野原を思い浮かべて」とか言われると、「めんどくさいなぁー」と。

ーーあははははは。

SAWA : 「そんなの、思い浮かべられないよ!」って。だから、「もうちょっと感情豊かに弾いて」って幼少期に言われたとき、「感情豊かって、なんだろう?」って。それまでの人生の感情を集めてみても、「そんなふうにならない!」って(笑)。

非現実感や宇宙感を出せているんじゃないかなと思う

ーー今もそういう感覚はありますか?

SAWA : 制作する上で、ざっくりしたことを言われるのは苦手かもしれないです。

ーー譜面どおりに弾けることにプラスして、抽象的な部分もピアノを弾くに当たって求められる部分だと思いますが。

SAWA : 求められていたんでしょうね。自分でアレンジを効かせて好きに出していくのは好きなんだけど、それをやれって言われたらイヤだったりして。

ーーだったら具体的に指示を出されたほうがいい?

SAWA : そうですね。音に関しても譜面を見て音を出してきたから、音が目に見えたほうがよかったりして。最初は作曲するときは無音の状態で紙に書いて、全部の音のラインを決めてから打ち込んでたし。楽器を鳴らしながらなんとなく作曲していくというタイプではなく、譜面を書いていたから、目に見えたほうが安心するんでしょうね。歌詞を聴くタイプの人間と聴かないタイプの人間がいて、私はまったく聴かないタイプ。なんとなくなにを言ったかは覚えているけれど、「この歌詞やこの曲にすごい思い入れがあったから、こういうときにこの曲をすごい聴いた」っていうメモリーはないんです。そういう意味で、ドライな目線で詞が書けているのかもしれないですね。

ーー歌を作ることは、言葉を使って手紙を書くという作業に似ているんですか。

SAWA : そうですね。エレクトロニカやダンス・ミュージックは、いかに音に合った言葉をチョイスするかということが優先されるので、詞は第2、第3くらいの優先度のところで、非現実感や宇宙感を出せているんじゃないかなと思うんです。

人が見てどれだけおもしろいかを考えます

ーーSAWAさんを語るにあたってもうひとつのポイントは、実際に高校で英語を教えていたという経歴をお持ちなんですよね。昔からなりたい職業だったんですか?

SAWA : そうですね。教師になるか、アーティストになるかって夢があって。結局どちらもやることができたんですけど、小さな頃から「安定しておこう」みたいなところがあって、中高の教員免許を取ったんです。教壇に立つこととライヴをすることは実は似ていて、やっていることは同じだったり重なる部分はあると思います。

ーー一自分1人が生徒全員と対面するっていうのはライヴと似ているかもしれないですね。ただ、ライヴと違って、勉強に興味のない生徒の目を自分に向けさせたりするのはライヴより大変なんじゃないですか。

SAWA : そうですね。ほとんど話術が勝負なんだと思います。話術と空気感で授業の空気を作り込むしかないので、集中させるような間の取り方とかを考えますよね。

ーーそのときの話術がライヴに活かされているのかもしれませんね。MCのトークが達者でおもしろいですもんね。

SAWA : いやいや(笑)。

ーーどれくらいの間、教師をされていたんですか。

SAWA : 期間は全然短くて、3ヶ月程です。

ーーずっと憧れだった教師になってみたときは、このままずっとやっていきたいと思いませんでしたか?

SAWA : もちろん思ったんですけど、教員はいつでもできるので、将来やるためにとっておこうと思って、アーティストに挑戦したんです。

ーーオーディションで、生徒さんとなにかしたんでしたっけ?

SAWA : いや、「生徒役」というシチュエーションを選択しただけで、私が教師役で、後ろで2名の女の子のダンサーに男子高校生の格好をしてもらって。踊るという点がフックになるんじゃないかと思ってやりました。実際の生徒とは絡んでないですよ。

ーーそこに教師と生徒という設定を持ち込んだのは、やはり教師経験からですか?

SAWA : そうですね。せっかくやったので活かそうかなと。

ーーそのときも「こういう見せ方をすれば」という一歩引いた視点から、考えていたんですか?

SAWA : そうですね。私は教員として教壇に立っていたわけだから、教師役としてライヴをすればフックにはなるだろうとか、歌がそこまでうまいとは思わなかったから、他のところで色を付けて目立たせようとかプロデュース目線はありましたね。

ーー例えば、「ミュージシャンになるのが夢でした」っていうのわわかりやすいんですけど、SAWAさんの場合は大きく違いますよね。SAWAさんにとってアーティストというのはどういうものなんでしょう。

SAWA : 自分を表現する場所ではあるんですけど、プロデュースして自分を出していくというところが大きいかもしれないですね。

ーーそれって、ざっくり言えばエンターテイメント性に着眼しているということですか?

SAWA : そうですね。エンターテイメント性がどれだけあるかはすごく考えますね。仮に歌がすごく上手かったとしても、それだけじゃ無理だと思うし。そういうところで、人が見てどれだけおもしろいかを考えますね。

ーーSAWAさんにとってのアーティスト評価の基準があるとすれば、「いかに楽しませるか」だと。

SAWA : そうですね。現実感がないほうがいいので、現実逃避とかいかに楽しませるかってとこですかね。

5周年を迎え、これからに向かうSAWAへのインタビュー後半は7月上旬公開予定

「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」のライヴ音源配信は7月1日(月)!!

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事