BiSが所属する事務所、つばさレコーズより、2012年6月にデビューを果たした、大阪・堀江発のアイドル・グループ、Especia。80'sディスコ・ミュージックやフュージョンの要素を取り入れた音楽性と、カラフルで奇抜なファッションがにわかに注目を集め、東京でのライヴ・デビューも果たしている。そんな彼女たちの1stEP『DULCE』をOTOTOYで配信スタート!! それにあわせて、メンバー全員インタビューも掲載。さらに、まだどこにも出ていない新曲をフリー・ダウンロードでHQD(24bit/48kHzのwav)でプレゼント!! ラッパーのナンブヒトシを迎え、これまでにないラップ調の楽曲を完成させた。BiSの妹分でもあり、BiSのライバルでもある彼女たちの楽曲をぜひ耳にしてほしい!!

>>>Especia「Good Times」のフリー・ダウンロードはこちらから

Especiaの1stEPを配信スタート


Especia / DULCE

1. ナイトライダー
2. FunkyRock
3. きらめきシーサイド
4. Twinkle Emotion

【配信形式】wav / mp3
【価格】 単曲 200円 / アルバム 800円

80'sを現代にアップデートさせた大阪・堀江の6人組、Especia

彼女たちのライヴを初めて見たのは、11月4日に西麻布elevenで行われた「POP SONG 2 U」のステージだった。BiSの妹分と聞いていたため、ロック調で奇抜なことをやるグループなのかと思ったら、80'sディスコやソウルなど、グルーブのある楽曲を安定感のある歌唱力で表現していた。Especiaの楽曲を制作しているのは、BiSの「nerve」「ウサギプラネット」「KFC」などを担当したSCRAMBLESの音楽チーム、Schtein & Longer。その楽曲は、ソウルやブラック・ミュージックなどのエッセンスを強化したもので歌唱力と表現力が求められるが、彼女たちは堂々と歌いこなしていた。それは、彼女たちがアイドル・ブームに乗じて作られた一過性のグループではなく、本格的なミュージシャンとしてのスタンスを確立しようという目的を感じさせてくれるものだった。

今回のインタビューは、そのステージに一瞬で取り憑かれ、その場で取材を申し込み収録させてもらったものだ。Especiaは、その表現力豊かなパフォーマンスで幅広いファンを獲得していくかもしれない。そんな想いを持って本特集を制作していた矢先、2012年12月23日に井立田優香がEspeciaを卒業した。2013年、Especiaは、新しいスタートを切る。まだまだ固まっていない、だからこそおもしろいEspeciaを、あなたも一緒に追いかけてみませんか?

インタビュー&文 : 西澤裕郎

Especia結成

——まずは、簡単に自己紹介をお願いします。

冨永悠香(以下、冨永) : はい、Especiaのリーダー、垂れ目系、はるかっちょこと冨永悠香です。よろしくお願いします!
杉本暁音(以下、杉本) : 癒し系、杉本暁音です。よろしくお願いします!
三瀬ちひろ(以下、三瀬) : クール系、三瀬ちひろです。よろしくお願いします!
絵莉加 : モデル系、えりりんこと絵莉加です。お願いします!
三ノ宮ちか(以下、三ノ宮) : 家畜系、ちかぶーこと三ノ宮ちかです。よろしくお願いします!
脇田もなり(以下、脇田) : 困り系、脇田もなりです。よろしくお願いします!

左から、脇田もなり、杉本暁音、冨永悠香、三瀬ちひろ、三ノ宮ちか、絵莉加

——そもそも、Especiaはどういう風に結成されたグループなんですか?

冨永 : 私が、ジャンカラさんとつばさレコーズさんがコラボしたソクデビっていうオーディションで準グランプリに選ばれ、1年間ボイトレさせていただいていたんです。その後何かしようってなったときに、ちかが「グループをやりたい! 」って言っているのを聞いて、私のやりたいことと重なっていたので、「“堀江”をコンセプトとしたガールズ・グループを結成します」っていう内容のグループ・オーディションを開いて、アイドル・グループとしてやっていこうってことになりました。

——なんで堀江だったんですか?

絵莉加 : やっぱり、お洒落なんで。

——(笑)。堀江ってどんな街なんですか?

冨永 : 堀江はとにかくお洒落な街です。でも実は、このグループを結成するまでは踏み入れたことのない場所だったんですよ。だから、どんなイメージかわからなかったんですけど、行ってみたらめちゃお洒落な感じで。それで私たちも「お洒落な感じの雰囲気でやっていこう! 」ってなりました。

——このメンバーの中に堀江出身の人はいるんですか?

冨永 : いないんですよー。
三ノ宮 : でもみんな、関西は関西です。

——話している感じだと、関西弁が全然出ないですね。

冨永 : でも普段喋ってる時は、ばりばりの大阪弁で。
三瀬 : マネージャーの清水(大充)さんの影響で標準語になりつつ、みたいな(笑)。
冨永 : そうだねー(笑)。

Especiaのコンセプト

——最初に出てきましたけど、Especiaのコンセプトみたいなものはどういうところにあるんですか?

冨永 : Especiaは80年代をコンセプトにしています。アメリカ村で80年代のファッションが流行ってるんですけど、「その最先端を行こう! 」っていうことで、こういうファッションを取り入れて、プラス80年代に流行ったディスコ・サウンドをやらせていただいて。ファンのみなさんも、昔のディスコ・サウンドを思い出していただきながら、一緒に盛り上がっていきたいなって思っています。

——この中で80年代に生まれた人っているのかな…。みんな90年以降ですか?

三ノ宮 : わたしギリギリ89年です。

——でもまぁ、その当時の記憶って全然ないわけじゃないですか。みんなから見た80年代ってどんなイメージですか?

冨永 : 華やか。
脇田 : バブル?
絵莉加 : なんかオバさんって感じが。
一同 : 失礼、失礼!
絵莉加 : でもオバさんって感じがする!

——自分たちでやってみて、今は最先端な感じがしますか?

冨永 : 最初は奇抜なファッションに「え? 」って思ったりもしていたんですけど、今はプライドを持ってできるというか、これがうちらスタイルみたいな感じですね。

——ちなみにEspeciaってどういう意味なんですか?

冨永 : スペイン語でスパイスって意味です。

——どうしてEspeciaって名前がついたんですか?

冨永 : それぞれの味が出て、みんなの味が混ざったらすごい良い味ができるんじゃないかって。そういう意味を込めて、Especiaって名前を付けました。
三瀬 : 全然似てないもんね。
冨永 : 全然違うスパイスだから。

Especiaの目標

——結成日はいつなんですか。

冨永 : 6月1日が結成日なんですよ。

——じゃあ、まだ4ヶ月なんですね。最初は探りつつも、今はもうみんな好きなことを言い合える仲になってきたんですね。

冨永 : 段々お互いのこともわかるようになってきたし。
脇田 : 仲が良いのも取り柄です!
三瀬 : 仲良すぎてちょっとダメなときもあるけどね。
絵莉加 : せやな~。
冨永 : まぁけじめを付けつつ。

——お姉さんグループとなるBiSの目標として、日本武道館があると思うんですけど、みなさんの目標はどこにあるのでしょう。

杉本 : 大阪の堀江を拠点に活動してるので、みんなで大阪城ホールまで行きたいです。
三瀬 : わたしも大阪城ホールなんですけど、それよりもっと大きい目標があって、世界ツアーとかできるようにしたいなって思ってます。
冨永 : え、最終目標ですか? 今の目標でもいいですか?

——今の時点でもいいですよ(笑)。

冨永 : 今の目標はもちろん大阪城ホールです。
絵莉加 : 私は、えっと、東京ドームですね!
一同 : 上がった、めっちゃ上がった(笑)。
絵莉加 : 大阪城ホールを埋めたいと思ってます! いえい!
脇田 : わたしも、大阪城ホールを満員に、パンパンにしたいと思ってます!

——じゃあまずは拠点の大阪で認知されて、最終的にはもっと多くの人に知ってもらうってことを目指しているんですね。ちなみに、マネージャーの清水さんは元は東京の方ですよね。みなさんにとってどういう存在ですか?

絵莉加 : パパです!
脇田 : パパ!
三瀬 : お父さんみたいに頼れる存在。
冨永 : 清水さんがいないとEspeciaは成り立たないと思います。

——東京から来たっていうので、ノリがなんか違うとかあったりしますか?

冨永 : いや、もう大阪にだいぶ住んでると思うので…。むしろ清水さんのがノリノリのときが多い(笑)。
絵莉加 : うちら冗談通じないことが多くて。
脇田 : 冗談をうちらが素直に受け取っちゃうんで、困らせてしまうこともあります(笑)。

——みなさんが満員の大阪城ホールでライヴをすることを楽しみにしています。また大きくなったみなさんにインタビューさせていただきたいと思います。今日はありがとうございました。

一同 : ありがとうございました!

RECOMMEND

BiS / IDOL is DEAD

エモいアイドルBiS最強のROCK ALBUM完成!! アイドルの常識をぶち破る傍若無人な活動で話題のBiS!! そんな彼女らにふさわしいアイドルの常識をぶち破るメジャー1st ALBUMが完成した。メジャー・デビュー曲「PPCC」、インディーズ時代の代表曲でライヴの定番でもある「nerve」「MyIxxx」「primal.」「IDOL」の現メンバーでの新録ヴァージョンや、クラブ・シーンのアンセム、大沢伸一の「Our Song」のカヴァー他、新曲7曲を収録。

>>>BiSの特集はこちら

tengal6 / CITY

lyrical school改名前最後のアルバム作品。「プチャヘンザ! 」のプロデュースを行った「tofubeats」の参加は勿論、tengal6結成時からリリックを担当してきた、元ズットズレテルズ「呂布」や、WEEKENDの「泉水マサチェリー」、韻踏合組合のMC「ERONE」餓鬼レンジャー「ポチョムキン」、関西のトラックメイカー「okadada」、以前に「ルービックキューブ」公式remixも担当した「Fragment」など多数のアーティストがプロデューサーとして参加した意欲作!!

tofubeats / 水星

2011 年末に12 インチレコードでリリースされ瞬く間に3度のプレスを重ねたあの" 水星" が待望のデジタル版で登場! tofubeatsとオノマトペ大臣の2 人が作り出した切なくて甘酸っぱくてアーバンで超絶メロウな日本語ラップ・アンセム! 収録のオリジナル・ミックスに加えて今回は若い才能を中心に客演をオファー!

LIVE SCHEDULE

Especia 1st Anniversary Live『Viva Discoteca Especia』開催決定!
2013年5月26日(日)@梅田CLUB QUATTRO
出演 : Especia with FULLBAND
開場 / 開演 : 16:00 / 16:30
After Party付Ticket : ¥6,000 (1Drink別)
ADV / DOOR : ¥3000- / ¥3,500 (1Drink別)
Ticket販売 : ローソンチケット Lコード : 59694

※After Party付Ticketは残りわずか

PROFILE

Especia
大阪・堀江を活動拠点として活動する6人組ガールズ・グループEspecia(エスペシア)。バブル華やかなりし80sを彷彿とさせるデーハーなファッションを2010年代にアップデートさせた装いと、レイト80s~アーリー90sの薫りが充満するサウンドで現在大阪で話題を集めている。

Especia Official Web

抹 aka ナンブヒトシ
インターネット・ラップの先駆者。B-BOY PARKに関東代表として出場。2008年に結成したグループ「Pentaphonic」として佐々木希「ジンジンジングルベル」や「実況パワフルプロ野球2011」OP曲への参加など。2012年末にPentaphonicを脱退し、現在はぼっち。ラップの仕事を探している。

o

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事