2012年のロックを変えるのは、京都出身の4人組tricotだ!!

中嶋イッキュウ(Vo/Gt)、キダ モティフォ(Gt/Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba/Cho)、komaki♂(Drums)によって結成されたtricot。東京での自主企画をSOLD OUTさせたり、「ARABAKI ROCK FEST.12.」にも出演するなど、日に日に注目度が高まっています。そんな彼女たちの2ndミニ・アルバムがついにリリース!! ライヴを観て一目惚れしたOTOTOY編集部の西澤が、それ以降の東京でのライヴに全て足を運び、満を持してインタビューを決行。OTOTOYが自信を持って大大大プッシュいたします!

tricot / 小学生と宇宙

展開の予測できないスリリングな楽曲、かつ耳から離れない中毒性の高いサウンド、力強くも可憐で繊細なヴォーカル。その3つが絶妙にマッチし唯一無二の世界観を生み出したtricotの2ndミニ・アルバム。

【価格】
単曲 : 200円 / まとめ購入 : 1200円

1. G.N.S / 2. 夢見がちな少女、舞い上がる、空へ / 3. しちならべ / 4. ひと飲みで / 5. フレミング / 6. MATSURI

tricotの爆裂PV集

tricot INTERVIEW

初めてtricotのライヴを見たときの衝撃は、今でもよく覚えている。満員御礼で汗っぽいライヴ・ハウスのステージに登場した彼女たちは、緊張するわけでも、リラックスするわけでもなく、まったく僕の与り知らない感覚を持ってライヴを始めた。あまりにも軽やかなステップで、エッジーな尖ったきっさきで切り進んでいく痛快さと未知の感覚。彼女たちには天性の才能がある。そして彼女たちが何よりも優れているのは、その才能を活かすためにこのメンバーを集めた野性の勘だ。バンドのダイナミズムは、このバンドにすべて詰め込まれている。そう言いきってしまえるくらいtricotは新しい感覚を自然に実現している。

今回、メンバー4人に話を聞いてみて、思いの他大人しいことに驚いた。彼女たちは「tricot movie」という動画シリーズを定期的にYouTubeにあげている。それがシュールすぎておもしろい。それだけに、少し緊張しながら笑顔で話をしてくれるギャップが意外だった。もしかしたら、そうした日常の様子との反動がライヴを勢いのあるものにしているのかもしれない。とにかく、自分たちの感覚を信じて全力でやりきる。非常にシンプルではあるが、彼女たちが信じている感覚は正真正銘の本物である。彼女たちから目を離さないでほしい。

インタビュー&文 : 西澤裕郎 取材写真 : 藤森沙羅
取材協力 : 渋谷 7th FLOOR

本気でぶつかっていける状態が出来てきた

——もともと、キダさんと中嶋さんは高校の軽音の先輩後輩だったんですよね。

中嶋イッキュウ(以下、中嶋) : 先輩は周りからもギターがうまいって騒がれていた憧れの人でした。一方、私は落ちぶれたヴォーカリストだったので、バンドを一緒にやりたいとは思っていたんですけど、私が組めるような人じゃないと思って、何も触れずに卒業したんです。そしたら、まさか先輩が私を誘ってくれて。でも、そのときは私が他の人とバンドをしていて、先輩が私に断わられるという事件があったんです(笑)。

——あはははは。

中嶋 : それから一年後くらいに私のバンドが解散して、しばらく修行の意味でソロでやろうと思ったので、「よかったらサポートでやってくれませんか?」ってお願いしたんです。サポートでやってもらっているうちに、一緒にバンドをやりたい気持ちがふつふつと湧いてきて、「私、バンドやりたいんですよ」ってライヴの打ち上げでポロッと言ったら、「私もいくちゃんとやりたい」って言ってくれて。ここを逃したらいかんと思って、次の日にマクドに集合して、やろうって始まったのがtricotです。

左から、ヒロミ・ヒロヒロ、キダ モティフォ、中嶋イッキュウ

——キダさんは、なぜ中嶋さんに声をかけたんですか。

キダ モティフォ(以下、キダ) : 高校のときからヘタクソだったんですけど、なんかいいなと思うとこがあって。

——いいなっていうのは、人柄なども含めてということですか。

キダ : そうですね。ブログとかmixiとかの言葉のチョイスがすごく好きで。なかなか、うまく言えないんですけど…。

——キダさんとヒロミさんは、tricotを始める前に組んでいたバンドで一緒のメンバーだったんですよね。

ヒロミ・ヒロヒロ(以下、ヒロミ) : もともと、私が高校からやっていた3ピースのギャルバンのライヴに来てくれていて、mixiを伝って「バンドでベース弾いてくれへん?」ってメッセージが来たんです。私もいろんなものに挑戦してみたかったので、「じゃあやる」って言って、インスト・バンドをやることになったんです。それでしばらく活動していたら、「いくちゃんと真剣にバンドをやりたいんやけど、ヒロミちゃんにベース弾いて欲しい」ってメールで言われて、じゃあやるーって。
中嶋 : 振り回されてばっかやね(笑)。

——ドラムは2ヶ月で7人も変わったということで、なかなか決まらなかったようですね。そんな中、komaki♂さんが正式加入するに至った決め手は何だったんでしょう?

中嶋 : もともとの友だちじゃなくて、自分からやりたいって言ってきてくれた唯一の人だったんです。なので、しばらくお手合わせって感じでスタジオに入って、ライヴをしていくうちにですね。

komaki♂

——komaki♂さんは、どうしてtricotに声をかけようと思ったのでしょう。

komaki♂ : それまで色んなバンドを掛け持ちでやっていたんですけど、もっと飛び出た音楽がやりたかったんです。友だち伝いに「ドラムを探しているいいバンドおるで」ってことを言われて、まだ3人だった頃のtricotの音源をmyspaceで聴いたら、絶対やりたいと思って。僕から無理矢理「やらしてくれ!」みたいな感じでお願いしました。

——それで実際に4人でやってみたときの手応えがあったわけですね。

ヒロミ : 上手いのはめっちゃ上手いなとは思ったんですけど、プライドが高そうな人が入ってきたなあと。
中嶋 : それまでのサポートの人は、ふにゃっとした男子か女子かって感じだったので、「俺出来るんやで」みたいな感じでスタジオに入ってきて…。3人はけっこう人見知りやし、「恐っ!」みたいな感じで、なかなか自分たちを出せへん日々が続きました。

——あはははは。でも、回数を重ねるうちに馴染んできたと。

中嶋 : ボロが出てきたんです。
komaki♂ : ボロが出て怒られて、日々叱られる日々に変わって…。

——(笑)。komaki♂さんは、実際に叩いてみてどうでしたか?

komaki♂ : 音源でもそうやったんですけど、キダのギターにすごい惹かれて、こいつすげえって思いました。男とか女とか関係なしに、音源もスタジオの音も含めて、サウンド面でグッときたんですよね。

——tricot movieなどを見ていても、3人の仲はかなり濃密じゃないですか。その中に飛び込んでいって、すんなりとけ込めたのかなって余計な心配をしてしまったんですが。

komaki♂ : 取材とかでは、格好つけて「そんなことないです」とか言えたらいいんですけど、人同士だからぶつかるところもあるし。でも、一ヶ月間で一緒にいる時間が丸20日間とかもしょっちゅうあるので、音作りや曲作り、サウンド面でも本気でぶつかっていける状態が出来てきたと思います。それって言葉にもできないし、目にも見えないんですけど、ちょっとずつ濃くなっている感じはしていて。

——音で会話できるようになってきたってことですね。

komaki♂ : ライヴでお客さんや自分たちを120%満足させられたら、小さいところの悩みとか関係ないと思いますし。
中嶋 : なんか、お悩み相談みたいになっているな(笑)。
キダ : …ごめん、あんま聞いてへんかった。
komaki♂ : おーい(汗)。

やっぱお前らもかっこいいと思うかって

——あははははは。でも、komaki♂さんがいるからtricotは締まっている感じはあると思いますよ。全員が女の子というより、かえってバランスがいいなって気がするんです。

中嶋 : 確かに、私たちみたいな感じの女の人がもう一人いて、ドラマーだったらバラバラだったかも。

——他のインタビューで、影響を受けたバンドとしてtoeとかナンバーガールをあげてますよね。tricotがおもしろいのは、tricot movieで自分たちの身を粉にした映像を流したりし、ライヴのMCで赤裸々なことを言っている点で。オルタナティヴなロックをしながら、かっこいい面以外のことをやるっていうのは、僕の世代なんかから見ると異質なんですよね。

キダ : あくまで音楽的な影響であって、中身は普通のお笑い大好きな女の子なので。
中嶋 : 憧れたとしても、真似したいわけではないし。見た目とか音楽もマネはしたくないっていう気持ちはあります。
ヒロミ : YouTubeは素の自分たちって感じやし。
中嶋 : そうそう。戦略的にっていうよりは、いい映像が撮れたし、UPしてみるかって。

——今、PVなどの映像と一緒に音楽を見たり、ライヴを体験したり、音楽を楽しむ環境が実に豊かになってきていると思うんですね。tricotは、それを戦略的でなく、ごく自然に取り込んでいるバンドだなと思って。よく知り合いに、tricot movieを見せるんですけど、一笑いしたあとにtricotのアルバムを流すと、すごく反応がいいんですよ。

ヒロミ : でも嫌いな人もいるやろうけどね。そういうのは一切無視な感じで、好きなようにやっているだけなんです。
中嶋 : 人にどう思われるかっていうのはあんまり考えずに、自分がおもしろいってことをやっています。自己満みたいな感じですよね。

——あれだけの表現をしているのに、今日話してみたら、人見知りな部分もあるというのが意外すぎて、質問が飛んでしまいました(汗)。

一同 : 笑。

——そのギャップが意外だなっていうか、新鮮ですよね。

キダ : 言葉にしていうのは苦手なんです。ああいう(tricot movie)表現のほうが好きです。
ヒロミ : 表現できているのかはわからんけど。
キダ : 中身がないからね(笑)。
ヒロミ : そう。中身がない方がテンションがあがっちゃう。
中嶋 : しょうもないことを全力でやるのがすごく楽しいんです。

——じゃあ、tricotは誰に向けて音楽をやっていると思いますか。

中嶋 : まずはメンバーですね。私はメンバーが一番納得できる音楽で、かっこいいと思える音楽を一生やりたいです。

——お話を聞くかぎり、曲作りはかなり感覚的に行われているんじゃないかと思ったんですが、いかがですか。

中嶋 : そうですね。誰かが最初から最後まで作ってくるっていうのはないですね。

——その感覚を信じて4人はtricotをやってきているわけですよね。実際に東京での自主企画がSOLD OUTしたり、「ARABAKI ROCK FEST.12.」に出演したりと、周りもザワザワしてきていますよね。そういう意味での環境も変わってきていると思うんですけど、それに対してはどう感じていますか。

中嶋 : 私らがかっこいいと思っているように、やっぱお前らもそう思うかって。

外部の声を聞かずに自分たちのスタイルだけでやってみたい

——それって、つまり自分たちの音楽に自信があるってことですよね。歌詞を聴いていると、よっぽど大人にイヤなイメージがあるのかなって思ってしまったんですが(笑)。

中嶋 : (笑)。メロディとかもそうなんですけど、ぼーっとどこかを散歩しているとか、チャリを漕いでいるとか、寝る前の布団とかでぽっと浮かんだりすることが多いんです。何で今出てくるのかわからないときに出てきたりとかして、急いでメモをするので。悩んでいてふさぎ込んでいるときに出てくるわけじゃなくて、何にも考えていないときに出てくるんです。

——あと、ライヴに行くたびにメジャーの関係者とかが、すごく増えていますよね。これだけ注目を浴びている中でメジャーでやらずに、自分たちのレーベルBAKURETSU RECORDSでやっているのはなぜですか?

中嶋 : 結成一年にも満たないころに、興味を持って見にきて下さった方もいたんですけど、何も分からずメジャーに入っても、今の私たちではすぐに消えちゃうんやろうなって思って。もうちょっと自分たちでしっかりして、私たちが私たちとして認められてからでもいいかなと思っていて。

——そこで一歩踏みとどまって、自分たちでやろうと思えたのはなぜなんでしょう。

中嶋 : 自分たちに自信があるからですね。私たちだったらいけるやろっていうのがあって。変に色づけされるよりは、行けるところまでこのメンバーで行きたいんです。

——行けるところっていうのは大きなステージでやるってこと?

中嶋 : それもそうですけど、内面的にも音楽的にももっと突き詰めたい。外部の声を聞かずに自分たちのスタイルだけでやってみたいんです。
komaki♂ : 今は、やりたい放題ですからね。
中嶋 : twitterでも言いたい放題できますし(笑)。

——そういえば、本作の1曲目「G.N.S」の仮タイトルは「U.N.K」で、UNKOの略だったそうですね(笑)。

中嶋 : そうなんです(笑)。多分ある程度好き放題させてもらえないと、いいところも削れていっちゃうような気がするんです。なので、自分たちで自由にできて満足できるようになってからでもいいかなと思って。

——tricotのスタイルを認めてもらってからでも遅くないですからね。

中嶋 : 認められたら、何をやってもそれがtricotだってなると思うんで。今は、それダメやろってことばかりやっちゃっているだろうから(笑)。

——じゃあ、自分たちでやれる可能性はまだまだあると実感しているわけですね。

中嶋 : そうですね。まだまだ一部でしかないと思います。

——これから、どういう音楽をやりたいか理想像は見えていますか。

中嶋 : これがやりたいっていうよりは、もっと違う曲をやりたいなとか、もっといい曲が出来るんやろうなっていう感じで、欲みたいなものが湧き出ています!

LIVE SUCHEDULE

レコ発ライヴ
2012/5/11(金) 京都 MOJO
2012/5/24(木) 新宿 LOFT

tricot “小学生と行く!SPACE TOUR 2012 梅雨”
2012/6/2(土) 宮城・仙台 PARK SQUARE
2012/6/3(日) 岩手・盛岡 club change
2012/6/5(火) 新潟・新潟 CLUB RIVERST
2012/6/7(木) 北海道・札幌 SPIRITUAL LOUNGE
2012/6/9(土) 香川・高松 DIME
2012/6/12(火) 福岡・福岡 graf
2012/6/13(水) 広島・広島 ナミキジャンクション
2012/6/15(金) 石川・金沢 vanvanV4
2012/6/16(土) 大阪・江坂 MUSE
2012/6/17(日) 愛知・名古屋 CLUB Zion

tricot ワンマン・ライヴ
2012年9月21日(金)下北沢SHELTER
開場 / 開演 : 19:00 / 19:30
オールスタンディング

LIVE REPORT

2012年4月8日@下北沢SHELTER「爆祭-BAKUSAI-vol.4」

tricotが、2012年4月8日に下北沢SHELTERで行った自主企画「爆祭-BAKUSAI-vol.4」の様子をレポート。当日の熱気、そして彼女たちを取り巻く状況をリアルに感じてください。

tricot MOVIE BEST SELECTION (by OTOTOY)

PROFILE

tricot

「このメンバーなら凄い事が出来る(絶対)!」と確信し、それまでの各々のバンド活動を終え、2010年9月1日、中嶋イッキュウ(Vo/Gt)、キダ モティフォ(Gt/Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba/Cho)の3人でtricotを結成。2011年5月にサポート・メンバーであったkomaki♂(Drums)が正式加入。

展開の予測できない独特でスリリングな楽曲、それでいて耳から離れない中毒性の高いサウンドに、力強くも可憐で繊細なヴォーカルが絶妙にマッチし唯一無二の世界観を生み出している。ライヴでは見た目から想像出来る範囲を大きく超えた激しいパフォーマンスを披露し、リスナーはもちろん、ライヴ・ハウス関係者などからも絶賛されている。

>>tricot official HP

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事