シンガー・ソング・ライターの扇谷一穂のオリジナル・アルバム『たくさんのまばたき』収録曲を、レーベル・メイトでもあるSPANOVAがリミックス! しなやかに響く彼女のヴォーカルと、SPANOVAが繰り広げるトラック・マジックは、楽曲の世界をより深く壮大に描き出しています。本作はOTOTOYだけの販売。さらにHQD(24bit/48kHzのWAV)での配信です。

扇谷一穂 / たくさんのまばたき remixed by SPANOVA
1. 水玉模様 雨模様 - remix
2. Free Bird - remix
3. baby you're my destiny - remix

INTERVIEW

4月28日に産み落とされた扇谷一穂のアルバム『たくさんのまばたき』は、小さな反響が波紋のように広がり、大きな輪となった。画家でありヴォーカリストでもある彼女の本のようなCDが好評を得たのは、ぬくもりのある歌声がしっかり聞こえてきたから。時を同じくして音の魔術師SPANOVAが『SetsunaLized SetsunaRider』をリリース。深みのある5曲の楽曲は、高音質での配信も相成り、同じく反響が波紋のように幾重にも広がった。今作では、そんな2アーティストがタッグを組み、新たな扉を叩いた。『たくさんのまばたき remixed by SPANOVA』! 世界に通用する『声』と『音響』を持ってすれば、宇宙に通用する音楽体験なんじゃないか?

インタビュー&文 : 飯田仁一郎

左から扇谷、KEN、SHIN

世界に通用する声

——扇谷一穂さんは、自分の音源がリミックスされることに関して抵抗はありますか?

扇谷一穂(以下、扇谷) : リミックスしてもらうと、主人公は同じなんだけど、設定だったり背景だったりが違う感じがして、新たな発見があって、とても新鮮だなあと思いました。自分が曲を作る時の景色とは違った景色を見せてもらえるんですよ。

——SPANOVAとしては、元あった扇谷さんの楽曲の景色を、そのまま活かそうと思いましたか?

SHIN TASAKI(以下、SHIN) : 扇谷さんの歌が一発聞いてすごい良かった。だから俺等は、原曲と歌を中心にして放射していく音の先を作るみたいなイメージで作った。何かをすごい変えようとしたわけじゃなくて、意識したのは空気感かな。
KEN TASAKI(以下、KEN) : 彼女の声は、日本でも稀な声。声を聞いただけで、沢山のイメージが湧いてきて、色んな光の当て方が出来るなって。元の扇谷さんのアルバムはアコースティックなサウンドで、それだけで十分素晴らしいんだけど、プログラミングされたデジタルなサウンドの中でも、この声はきっと面白く響くだろうなって。それとタイトルから触発されるような曲もあるからね。例えば「水玉模様」っていう曲は、雨の情景をもっと喚起させるような音選びとかができるんじゃないかなとかね。

——なるほど。聞いてみて扇谷さんのアルバムとはまた違う深みを感じました。扇谷さんは、このリミックスを初めて聞いた時、どう思いましたか?

扇谷 : 水玉模様」は、歌詞ではずっと雨の設定なんですが、曲が進むにつれてだんだん晴れ間が見えてくるようなイメージ。リミックスしてもらった音を聞いた時に、空が高くて、晴れ間が見えてくる様な音だったので、自分の中にあったイメージがちゃんと通じたんだなって思ってうれしかったです。
KEN : この曲を聞いた時に、ずっと雨が降ってるんじゃなくて、雲の隙間から太陽の光が差し込んで、晴れ間が出てくるみたいなイメージを受けたんです。
扇谷 : ホントそうなんですよ。すごく嬉しいです! 歌詞では歌ってないけれど、イメージとして持っていた晴れ間を、音で表現していただいて、すごく感激しました。
SHIN : 水玉模様」は、マルチのままいただいて、その中から声を基軸にして作ろうと思って。で、扇谷さんのマルチ・トラック見させてもらったら、シンプルですげぇって思ったんです。
扇谷 : あのトラックはBE THE VOICEの鈴木俊治さんが作ってくれたんです。「水玉模様」は、私がおばあちゃんの家に行った時に録った音を素材として、鈴木俊治さんがささっとトラックにしてくれたんですよ。
SHIN : あのシンプルさはすごいよな。俺等無理だな(笑)。マルチの音は、声のエフェクトとかも一個一個丁寧に作ってあって、声を活かした作り方をしてる。シンプルなトラック数は俺等の目標なんですよ。気付くと増えちゃって、悩んだ末に「あー」ってなる(笑)。

扇谷一穂

——2曲目「Free Bird」は、SPENCER大谷友介さんの曲を扇谷さんがカバーされているんですよね? でも、扇谷さんの方が先に発表したような…。

扇谷 : そうなんです(笑)。あれは大谷さんの作詞作曲です。大谷さんに聞かせてもらった時はまだデモ段階でした。とてもいい曲だったので、アルバム『たくさんのまばたき』の中で是非カバーさせてくださいってお話をしました。大谷さんのプロデュースは、終わったときにみんな笑顔になるという噂を聞いていて、ぜひそれを体験したいなとも思って。大谷さんとのレコーディングは一発録りで、録ってる時の空気感を大事にする、楽しくて新鮮な体験でした。

——カバーした曲が更にリミックスされたものを聞いてどう思いましたか?

扇谷 : 水玉模様」みたいなイメージの共有という感じではなかったですが、自分の音源よりも今回のリミックスしていただいた作品の方が、不思議とレコーディングした時のことを思いだしたんです。あの時は楽しかったなって。
SHIN : 元々の扇谷さんの作品がシンプルでようできとったから、俺等が音を聞いた時に受けたイメージのまま再構築する感じでリミックスすることで、逆にプロセスっぽくなったんちゃうんかな。まだこの曲は終わってないみたいな。
KEN : 扇谷さんの声はめっちゃ良いから、全体の基軸にしやすいし、全体を支えられる歌なんだって思った。中心となる声があるからそこに立ち返れるって。
SHIN : そやな。たとえ100トラックいってたとしても、扇谷さんの声が聞こえてくるだろうし、扇谷さんの声さえ聞こえてれば間違ってないんやと思う。それだけ気をつけて、後は無邪気にできたかな。
扇谷 : ありがとうございます。私、中学時代に変な声が出るってことに気づいて、歌手になりたいとかじゃなく、「この声何かに使えないかな」って思ったんですよ(笑)。昔10年位お能をやってて、忘れた頃にその時の発声をしてみたら「あ、なんかこの声、変」って発見してしまったんですよ。
KEN : じゃあその時の体験が活かされてるわけや。
SHIN : 能かぁ。かっこええな。詩吟とちゃうなぁ。
KEN : シンは、昔詩吟をやってたんですよ。
扇谷 : そうなんですね!
KEN : 俺は途中で辞めたんやけど、シンは6年位やってて、よく詩吟大会みたいなの観に行ってましたもん(笑)。
扇谷 : 私シンさんの声すごく好きですよ。
SHIN : はは(笑)。俺詩吟大会で緊張して、おばちゃんの裏声より高い声出しちゃいましたもん(笑)。
KEN : 詩吟てオケがないんです。調は自分で決めるから、最初っから自分で高くしちゃったんですよね。
扇谷 : 私は声が和っぽいってよく言われるんですけど、シンさんの声も空気感があって芯があって。なんか日本的な声の出し方ってあるんですかね?
KEN : あるかもしれませんね。能って究極の和じゃないですか。そういう意味でもそうだし、僕等の中では扇谷さんは世界に通用する声だと思ってるんですよ。世界のトップ・クリエイターがリミックスしても面白くなると思いますね。日本的なんだけど、それはもう既に日本的じゃなくてグローバルな声なんだと思う。

——3曲目「baby you're my destiny」のリミックスはどう思いましたか?

扇谷 : あれは、もともとグッドラックヘイワの野村卓史さんと一緒に演奏していた曲で、トラックは全部野村さんが作ってくれたんですよ。その時にサケロックの伊藤大地君も生で参加してくれて、野村さんはどう考えてたか分からないんですが、自分の中ではこの曲のイメージとして裏打ちっぽい感じがあったんです。それで前回のエガミさん(egamiyu a.k.a eg dub)にリミックスしてもらったのはそっちの方向で、ダブっぽいイメージでばっちりハマってたなって思うんですが、SPANOVAさんのリミックスは、自分が持っていたこの曲の裏打ちっぽいイメージが全然なくて、また違った景色を見せてもらいました。SPANOVAさんにリミックスしてもらった全部の曲に共通して言えることなんですが、広い空間に連れて行ってもらったような気がします。横にも縦にも空間が広がったような感じ。
SHIN : この曲を聞いた瞬間にビートを強めでとか色々浮かんできた。言ってることはスウィートなんだけど、 destinyっていう言葉の持つイメージだったりを大事に、その二つをうまく交差するようにしましたね。 destinyってゴングっていうか鐘を鳴らすようなイメージだったので。

——選曲は誰が?

KEN : 二人でやりたい曲は一致してたかな。僕等からこの曲をやりたいって選曲しました。
SHIN : 選曲に関しては、シンプルな曲で少し童謡っぽさがある曲を選んだかな。俺等が無邪気にやってもしっかり原曲の感じが残るものにしたかった。「草とウサギ」も本当はやりたかったんですよ。

——リミックスの制作期間はどれ位かかりましたか?

KEN : 大体一ヶ月くらいかな。全部自分等のスタジオで。
SHIN : 俺等は遅いんです(笑)。

——アルバム『たくさんのまばたき 』は、どれ位かかりましたか?

扇谷 : この間のアルバムは最初に断片的なものを作って集めていって、その中からどの曲をやろうって選び始めて、色んな人とやってみたいというのもあったからそれも選んでいって... それが二年前位ですね。結構かかったんですよ。

——SPANOVAも7年位かかりましたよね?

KEN : 俺等の場合は曲はすぐできるんだけど、その後の音を選んだり入れたりする作業に時間がかかる。なんか納得できなくて、音を入れ替えてるうちに段々飽きてきたりしてね。

SPANOVA

——扇谷さんもSPANOVAも音を「描いていく」という印象を受けます。

扇谷 : 私は絵を描くので、音楽でも絵を描くときみたいに景色が浮かびますね。自分が好きな音楽は大体聴いていて景色が浮かぶ様な音楽ですし、音楽と絵を別々に考えたことはあまり無いですね。昔からそうで、ヴァイオリンをやってた時も、勝手に「このパートが来たら坂道下ってピチカートの所は花屋」みたいなことを考えながらヴァイオリンをやっていました。音楽の中の景色は自然と自分の中にあるかな。

——SPANOVAは?

SHIN : 絵は描けないんでよく分からないんですけど、頭の中にあるイメージみたいなものを空気に映し出したいって気持ちはありますね。それをやる為にスキルとか必要でいつも反省してる。口では説明しないけど、音一つ一つにちゃんと自分の中の意味があると思ってる。社会生活の中ではいちいち理由が必要になってくるけど、音楽はそれが無くてもちゃんと成立する。なかなかうまくいきませんけどね。簡単にいう念写じゃないけど、そういうふうにやりたいですね。
KEN : 絵を描くイメージみたいなのは確かにあって、好きな音楽を聞くと色が思い浮かんだりはする。音と色は無関係じゃない様な気がするんだよなぁ。
SHIN : ケンは、いつも良い音楽を聞くと「橙色や」って言う(笑)。
扇谷 : 色だったら私の場合はトーンとか質感を感じたりしますね。あと物語が浮かんだりして、わりと具体的な感じですね。「水玉模様」なら、気候はヒヤッとしてるんだけど都会に降る熱帯の雨みたいな感じで、冷たいだけじゃなくて温かさもあるみたいなイメージが浮かんだり。曲を作ってる段階では曲のイメージが先にある場合もありますし、曲を作ってく段階で物語が生まれてくる時もあって、パターンは色々。一枚の絵の時もあるし、動画的な時もありますね。必ず何かに結びついているんです。

エキサイトする所が一緒

——皆さんの出会いを聴かせてください。

SHIN : 今年(2010年)の春位ですかね。L.E.Dのライブの時に紹介してもらって「ヴォーカリストの扇谷さんです」って(笑)。
KEN : 俺も一緒にいて、前に扇谷さんとシンが立ってて、挨拶終わったのに、何故かずっとお辞儀しあってたんです(笑)。
扇谷 : (笑)。その後4月頃にSPANOVAのライブを観させていただいて、すごいかっこいいなぁって。何か一緒に作れたらみたいな話をしましたね。初めてライブを観て「そう! こういう感じ! 素敵。」って思いました。シンさんの声の感じも好きだし、音に景色を感じる映像的な音楽だなって思ったんです。私にとってのお二人の音楽って疾走感がある感じなんです。高速道路を走っている様な映像が浮かぶ音楽が好きで、まさにお二人の音楽を聴いてそういうイメージが浮かんだんです。お二人のコーラスもすごく好きで。
SHIN : コーラス好きやな。小さい頃からハモリまくってましたもんな(笑)。
KEN : 風呂でな。
扇谷 : (笑)。SPANOVAには私の好きな要素が沢山あるんですよ。

——お互いに共通する部分を感じたりしますか?

扇谷 : 自分が、音楽に対して「おぉ」って思う部分が一緒っていうかエキサイトする所が一緒な気がしますね。
SHIN : 俺もそれを感じますね。いいなって思えるものって、外からやってきたものよりも、自分のうちから出てくるものに呼応した時にいいなって思えるんで、扇谷さんの音楽は自分の内側にあるものの様な気がしますね。

——扇谷さんもSPANOVAもライブがすごい多いわけではないと思うんですが、ライブと音源の違いを教えてください。

扇谷 : 私はライブがずっと苦手で、ライブって音楽以外の要素が入ってくるじゃないですか? 観られるとか、流れがあるとか。レコーディングって蓄積してまた聞けるし、聞いてまた自分で見直すことが出来る様な所があるから、ライブってそういう意味ではどうしていいか分からないものだった。でも最近絵を描くのでも水彩絵の具を使ってるんですね。昔はアクリル絵の具を使ってて、アクリル絵の具は失敗してもまた白く上から塗りつぶせるんです。でも水彩絵の具は流動的な画材なので、にじんだりして自分の予期しないことが起こるんです。ちょうど同じ時期にレコーディングでも一発録りとかを経験して、生の感じというか流れ去ってしまう感じが面白いんだなって、そんなに怖くないんだなって思えるようになったんです。それから、ライブでも自分が予期しないことが起こるのを楽しめるようになってきたんです。

——SPANOVAはどうですか?

SHIN : 一緒(笑)。
一同 : (笑)。
KEN : でもそう。そんな感じ。ある意味ライブの方が荒いんですよ。ハプニングとかもあるし。でもそれも楽しめるようになってきたんですよ。同じ演奏してるのに、リハでもライブでもなんかいまいちな時もあれば、すごいいい感じのときもある。演奏がばっちりあったらすごい気持ちいいし、世界が広がる。そのヴァイブスが合った時の感じを追求していけたらなって思う。それも偶発的に起こるもので、コントロールしきれんもんやから、最近そういうのが楽しい。
SHIN : すごい楽しめるって程うまくいかないし、後から歌を聞いて「あちゃぁ」って思ったりして落ち込みますよ。でもそういうのが面白くなってきてて、音は正直だから、迷いがあるとすぐに音に出る。迷いを持たずにステージに立つっていう目標があるんですよ。真っ直ぐにストレートに伝えようって。

——今回リミックスを聞いて、リスナーにどう思って欲しいとかはありますか?

扇谷 : 私は受け取り方はそれぞれでいいって思ってますね。色々でいいって思う。ただ自分の作ったものを聞いて暗くなるとかは嫌ですね(笑)。自分のものでネガティブな方向にいって欲しいって思わないし、なるべくいい方向にいって欲しいな。ただ人の受け取り方はコントロールできないものなので分からないけど、それぞれが自分の景色を浮かべて聞いて欲しいって思いますね。

——それは自分の作品でも、今回のようなSPANOVAのリミックス作品でも同じですか?

扇谷 : 特に違いはないですね。自分も新しい景色を見せてもらったので、みなさんにも新しい景色を見てもらえたら嬉しいです。リミックス作品だからと言って自分の作品と違うという感じではなく、変わらず心に浮かんだ景色を見てもらえたらと思います。

——SPANOVAは自分達の音楽をどう聞いてもらいたいですか?

SHIN : 自分達の音楽を聞いて心が軽くなるって最高ですね。昔はネガティブなものだったり、気負いみたいなものを音楽に込めるのがいいと思ってたけど、最近は無意識なものの方がいいなって。無意識って目指す様なものじゃないし、空に似てる様な気がする。俺の基準だと、休んでる時に空を見たりするのが好きなんですよ。空を見て気分がリフレッシュしてまた作業に戻れるみたいな感覚を、自分達の音楽を聞いて感じてくれればすごい嬉しい。雲って本当にいつも形が違って、そこに変な自意識とかないし、無意識で、見てるだけでほんと面白い。今は情報が多すぎて、何がいいか分からなくなりそうな世の中だけど、そんなんよりもっと広くて曖昧で、だけど確かみたいなことは、空を見る行為と一緒の様な気がするんですよ。それに近い響きみたいなものが音楽にあればいいなって思います。

——リミックス作品をどう聞いてもらいたいですか?

SHIN : リミックスでもただのヴァージョン増やしみたいなのは好きじゃないんです。最初に言ってたように、声も曲もすごくいいから、それをコアにして放射される風景をたのしんでもらえたらいいなって思う。
KEN : こういう風にきいて欲しいとかは無いんですよ。逆にリスナーがその音楽に身を委ねて想像力を膨らませて欲しい。
扇谷 : そうですね。私もそうです。とっても素晴らしい作品になったと思います。
KEN・SHIN : うん! ホントいい作品になった。

左から扇谷、KEN、SHIN

PROFILE

扇谷一穂
東京生まれ。幼い頃より能とバイオリンを習う。聴き手の心の深部に届くような歌声が紡ぎだす音楽。柔らかな視線を感じるタッチと、モダニズム感溢れる豊かな色彩で 描かれる絵画。二つのスタイルで心に広がる風景を自由に表現している。
扇谷一穂 official site

SPANOVA
KEN TASAKIとSHIN TASAKIの兄弟によるユニット。SPANOVAとして、作品をリリースする他、作曲 プロデュースなど多岐にわたる活動をしている。シカゴの名門HEFTYRECORDSからもリリースし、エレクトロニカ・シーンでも 注目を集めている。
SPANOVA official site

SPANOVA ワンマン・ライヴ開催!

2010/08/19(木)@月見ル君想フ
OPEN 19:00 / START 19:30
前売り 3,500(1D別)

チケットのご予約はSPANOVAのホームページ/contactからメールにてお願い致します。題名を『チケット希望』とした上で、お名前、電話番号、予約枚数をご記入の上、送信して下さい。

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事