アメリカには、ジョアンナ・ニューサムがいる。そして日本には、Predawnがいる。

信頼するシンガー・ソング・ライターのゆーきゃんに、最近のオススメって教えてもらったアーティストがPredawn。myspaceでその天性の歌声に触れて、すぐさま特集ページのオファーをしたのが2009年の9月。遂に念願かなって、彼女にインタビューすることが出来た。

自身でも人見知りだというおどおどした佇まいの奥には、強く輝く意思がうごめいている。売れないよりも、良い音楽が作れないほうが恐ろしいってことも知っている。彼女は、いったいなにを経験してきたの? 2010年6月。日本に1人の素晴らしいシンガー・ソング・ライターがミニ・アルバム『手のなかの鳥』と共に紹介される。これから多くの人々が、彼女の歌声に救われることだろう。

インタビュー&文 : 飯田仁一郎

『手のなかの鳥』をまとめ購入頂いた方には、特典として歌詞画像をプレゼント。

interview

—— 今回発売した『手のなかの鳥』というタイトルですが、その由来を教えてください。

「手の中の一羽の鳥は、薮の中の二羽の鳥より確かなものだ」といった感じの英語の諺があって不思議に思ったんです。それから、私ちっちゃい鳥が好きなんですけど、その鳥みたいに聞くたびに違うことを言い出すような音源だなっていう印象が聞いてみてあったんですよ。

—— 違うことを言い出すような音源?

かける度に違う印象を受けるっていうか...。

—— あなた自身が、「こういう風に聞け」とか、「こんな感情を想起させろ」って意思を持って歌っているわけじゃないんですね?

そうですね。

—— 曲を作る時は、どんなイメージを持って作っているんでしょうか?

作ろうと思って作るわけじゃないんです。思いついた時に、イメージ先行でバァーっと作って、その先に何が見えるかってことを求めているのかもしれないですね。作る度に、曲に何かを教えてもらっている気がするんですよ。

—— どんな時に曲はできるのですか?

色々なんですけど、けっこう落ち込んでる時とかが多いですね(笑)。

—— どんな事で落ち込むの?

なんだろう... 言葉に落ち込んじゃう事が多いですね。言葉に対して人一倍受ける影響が強くて、言葉が頭の中を駆け巡って、それで落ち込んじゃったりとかかなぁ。

—— そんなあなたが歌う英語詩は、どのように選ばれるのですか?

英語の響きで曲を組み立てていくと、一回言葉から自由になれるというか。言葉を通しているんですけど、自分の潜在意識に植え付けられた英語というんですかね。それを選び取っているという感覚があって...。

—— アバウトな英語で曲が出来て、それに近い言葉を当てはめていくという感じでしょうか?

それが近いのかもしれないですね。日本人て戦争に負けて潜在意識にいっぱい英語が叩き込まれていると思うんですよ。なんかそこから選び取っているという感覚があって。意味と響きが固まりになってて、日本語より言葉とものとのしがらみが無く、スーっと書けるんです。

—— シンガー・ソング・ライターとして尊敬してる人は誰ですか?

そうですね。シンガー・ソング・ライターでいうとウィリー・メイソン、ジェシー・ハリスとかニック・ドレイクが好きですね。元々ピアノでクラシックをやっていたんで、歌を歌いたい、ポップ・ソングを歌いたいって思っていたんです。シンガー・ソング・ライター的ではないですけど、歌いたいと思ったきっかけはレディオヘッドなんですよ。中学2年か3年の時に、ラジオで『Amnesiac』を聞いた時ですかね。その時に、視界が開けた気がしましたね。

—— それまでは普通にJ-POPを聞いてた感じですか?

ラジオっ子でしたね。J-WAVEとかInterFMとか。後AMで米軍のラジオが聞こえてきたんですよ。福生の方からだと思うんです。そこでかかっていたオールディーズがいいなぁと思っていましたね。

—— それまで聴いていた音楽とレディオヘッドはどう違ったのでしょう?

態度がストイックというか... あれほどストイックでは無いとも思うんですけど、私の音楽に対する態度っていうのは、レディオヘッドから見い出したんじゃないかなって思っています。

—— Predawnの音楽をバンドでやってみたいと思ったりしませんか?

「やろうよっ!」っていうノリで友達と即席バンドを組んだりしたんですけど、全部仕切っちゃっていいのか、妥協するべきなのかっていうのが全部伝えられないのが歯がゆくて、自分でやっちゃえみたいな。

—— やろうと思ったけど上手くいかなかった?

そうですね。あんまり必死にメンバーを探してなかったですしね(笑)。

—— リード曲の「Suddenly」は、とてもポジティブな印象を受けました。どんな時に出来たのでしょうか?

去年のはじめ頃に作った曲だったと思います。ギターのリフみたいなのがあって、最初はすごい悲しい曲を作ろうとしていたんです。でもサビの感じを思いついて、「このリフとこのサビはいける!」ってなって出来た曲ですね。その時は、とても嬉しかった気がします。

—— 今までEccyandymoriの作品に参加していますが、本作はとてもパーソナルですね。今後、自身の作品で、共作なりをしてみたいって思いはありますか?

あまり友達がいないんで...(笑)。音に隙がある方が好きなので、ガシガシ人を呼ぶのも違うのかなぁって思ったりしていて。今までブラスはやった事があるので、ストリングスは、後々誰かにお願い出来たらいいなぁって思ってますね。土臭い感じの(笑)。

—— 土臭いっ(笑)。

なんか「ザラっ」とした、奇麗過ぎない感じでしょうか。

「確かなもの」を探し続ける事

—— マイペースな活動をされているなぁと感じるのですが、どんな音楽生活を送りたいと思っていますか?

本当にマイペースなんです(笑)。音楽をずっと好きでありたい、嫌いにはなりたくないって思っています。嫌いになるくらいなら、音源を出したりするのもやめちゃうかもしれないし、ライブもやめちゃうかもしれません。

—— 嫌いにならないためには?

やばいなって思ったら、自分から避けている気がします。例えば、ピアノは4歳の時から高校まで続けていて、大学にいく時に音大とか専門学校とかに行けばって言われても、「嫌いになる気がする」って思って、普通の大学の文学部に行ったり。

—— 大学はどこに?

長野の信州大学に行ったんです。なんか、北の方に行こうと思って。

—— そこで弾き語りで音楽をやり続けていたんですか?

そうですね。ギターを持っていって、弾いたり歌ったりしていました。

—— なるほど。音楽を専門にするのではなく、生活の一部にし続けるってことでしょうか?

生活に根付いたっていうか、息をするように、食べるように、歌いたいなぁって思っています。

—— 音楽を作る上で意識していることはありますか?

特にはないですね。本当にふっと湧いてくるものを大切に、自然にいようって思うことでしょうか。期限があったって、出来ないものは出来ないって感じですね。でも行き詰まったなぁって思った時に、ふとギターを取ると、曲が出来たりとか気持ちが楽になったりとか、なんか救われたりするんです。ギターは、救急箱みたいな感じですね。

—— 次は、アルバムを出したいとか思っていますか?

これから考えます。曲はいっぱいあるので、アルバムを作れるなら作りたいです。でも、このぐらいがやっぱりちょうどいいなあと思ったら、またミニ・アルバムになっちゃうかもしれないですけど...。

—— 今回のミニ・アルバム・サイズには理由があるんですか?

物語性を出しつつも、さらっと聞ける一枚が作れたらいいなと思って。全部自分でやっているので、いきなりのアルバムは、ハードルが高すぎると思ったのもあって。

—— 一番最初におっしゃった「確かなもの」って、あなたにとってなんでしょうか?

「確かなもの」はないっていうか... 探し続けるものですかね。音楽が確かなものであってほしいという願いはあるんですけど、そうじゃないのかなって思う時もあるし... だから、今は「確かなもの」を探し続ける事が確かなんだと思っています。

心に灯りをともす音楽

Joanna Newsom / Have One On Me
未曾有の体験、未曾有の感動! ハープを抱いた歌姫ジョアンナ・ニューサム、待望のニュー・アルバム。フル・オーケストラを配し、唯一無二のジョアンナ・ワールドが展開される。10 分を超える大曲から、2分弱の小品まで、おそろしく完成度の高い楽曲の充実ぶりに加え、時にジョニ・ミッチェルを彷彿させる、よりいっそう表情豊かになったヴォーカルも実に素晴らしい。

Andrew Morgan / Misadventures In Radiology
エリオット・スミス所有のスタジオで録音された今作は、エリオット・スミスなどのシンガー・シングライターが好きな方は勿論、60年代のSSWが好きな方にもお薦め出来るような時代を超えた魅力を持つ、知的で詩的な洗練された音楽です。

扇谷一穂 / たくさんのまばたき remixed by egamiyu a.k.a eg dub
本作は、4月28日にリリースされた彼女のオリジナル・アルバム『たくさんのまばたき』より、「on the line」「baby you're my destiny」「草とウサギ」の3曲を、異なるバックトラックでリミックスしたもの。リミックスはegamiyu a.k.a eg dub、マスタリングは高橋健太郎が手掛けました。アルバム購入者へは、彼女自身がアートワークを手掛けた、オリジナル・ウェブ・ブックレットをプレゼント。絵画と音楽と異なる二つの手法で、心に広がる風景を表現する彼女の世界を是非体感してください。

PROFILE

清水美和子のソロ・ユニットとして2008年に本格的に始動。若干23歳の女性シンガー・シングライター。類い稀な声質と楽曲センスを有し、全国リリース前にも関わらず、 Fuji Rock Fes '09、ap bank fes 09に出演。すでに業界関係者や耳の早いリスナーの間で話題になっている。また、対バンや口コミによりミュージシャンからもファンが続出しており、今までにandymori、QUATTRO、Eccyの作品に参加。くるり佐藤氏の連載コーナー「今月のデモ・テープ」や、ストレイテナーのホリエ氏のブログに紹介されるなど数多くの支持をうけている。

Predawn official site

LIVE info

  • 5月25日(火)@下北沢 basement bar
w / チーナ / Bob&Carnivals / テングインベーダーズ / UNDER THE COUNTER
  • 6月1日(火)@下北沢 440
w / 長田進 / 田中和将&高野勲 aka Permanents
 
 

インタヴュー

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)
・2018年06月13日・なぜ音楽で涙腺を刺激することができるのか──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー) 等身大でありながら力強い歌詞、そして繊細でありながら破壊力抜群なサウンドでリスナーを魅了するロック・バンド、paionia。2008年の結成から10年の時を経て、2018年6月13日に初の1stフル・アルバム『白書』を配信開始した。今回OTOTOYではこれまでpaioniaともライヴで多くの共演を果たし、彼らの音楽のファンであると公言するリーガルリリーのたかはしほのかを迎えて対談を掲載する。paioniaの音楽を聴いて、涙を流したというたかはしほのかが語るpaioniaの魅力とは。高橋勇成が語るリーガルリリーの音楽が心を打つ理由とは。そして彼らがなぜ歌を歌うのか、聴いたものの心に響く歌を作り続ける彼らの対談をおたのしみください。 10年目にリリースされる1stフル・アルバムを配信開始 paionia / 白書'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 150円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】''1. バックホーン2. 田舎で
by ?
「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始
・2018年06月13日・あの日の“きらめき”や“ときめき”をそのままに──「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始 “ひがみソングの女王”として多くのメディアに出演し、注目を集めるシンガー・ソングライター、関取花が2018年6月13日(水)に新アルバム『ただの思い出にならないように』をリリースする。LUCKY TAPES、おかもとえみ(フレンズ他)栗原正己&川口義之(栗コーダーカルテット)、田中佑司(bonobosほか)、神谷洵平(赤い靴ほか)など、多彩なゲストが参加した今作をOTOTOYでも配信スタートしました。“あの頃のきらめき”や“あの時の感情”をそのままに詰め込まれた今作を掘り下げるべく、関取花へのインタヴューを行なった。 多彩なゲストも参加した新アルバム 関取花 / ただの思い出にならないように'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. 蛍2. しんきんガール3. 親知らず4. オールライト5. バイバイ6. 動けない7. 朝8. あの子はいいな9.
1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!
・2018年06月08日・1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?! 竹内サティフォと斉藤伸也による、スーパー J-POPユニット、ONIGAWARA。1stアルバム『エビバディOK?』をリリースし、全国デビューを果たし、ペンライト・シングルやインスタントカメラ・シングル、写真集シングルなどどいった変わり種シングルをリリースしてきた彼ら。そんなONIGAWARAが、2018年6月8日(金)に“1stオニアルバム”『GAWARA!』という、一見ハチャメチャなアルバムをリリース! リリースに合わせて今作『GAWARA!』を、OTOTOYにて1ヶ月間の期間限定独占ハイレゾ配信でお届け。今回先行シングルであり、収録曲の「ナンバーワンちゃん」にちなんで、犬カフェ『肉球のきもち』さんで取材を敢行。ONIGAWARAのふたりとワンちゃんによるキュートな写真も要チェックです! 約1年3ヶ月ぶりとなるニューアルバムを期間限定独占ハイレゾ配信 ONIGAWARA / GAWARA!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価
by 岡本 貴之
音楽業界の“過渡期”、2018年をどう進む? ──鈴木竜馬(unBORDE代表) × 竹中直純(OTOTOY代表)
・2018年06月01日・音楽業界の“過渡期”、2018年をどう進む? ──鈴木竜馬(unBORDE代表) × 竹中直純(OTOTOY代表) 2018年5月、ワーナーミュージックとOTOTOYで契約を結び、〈ワーナーミュージック〉全タイトルの配信が順次開始されています。今回、音楽評論家の小野島大を司会進行に迎え、〈ワーナーミュージック〉内レーベルの〈unBORDE〉オーナーの鈴木竜馬と、OTOTOYの代表である竹中直純のトーク・セッションを敢行。Apple MusicやSpotifyなどのサブスクリプション・サービスが音楽配信の主流となりつつある過渡期とも言えるいま、これからの音楽産業はどうなっていくのでしょう。 「時代感」と「エッジ」というテーマで、神聖かまってちゃん、きゃりーぱみゅぱみゅ、WANIMA、tofubeatsなどなど、ジャンルや型にはまらないアーティストたちを発信する〈unBORDE〉のレーベル・オーナー、鈴木竜馬、もともとはプログラマーであるものの、音楽への想いからダウンロード型配信ストアを作り、現在も維持しているOTOTOY代表、竹中直純。そして音楽評論家としてもリスナーとしても音楽配信の黎明期から体験してきた小
by 小野島 大
2018年東京、僕らは今も遊び続ける──【対談】今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV)
[PICKUP]・2018年05月25日・2018年東京、僕らは今も遊び続ける──今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV) 圧倒的なサウンドとパフォーマンスで存在感を示し続けるバンド、STRUGGLE FOR PRIDE。2006年にリリースした1stアルバムから実に12年ぶりとなる2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を完成させた。彼らのオリジナル楽曲はもちろん、EGO-WRAPPIN’の中納良恵をヴォーカルに迎えたベニー・シングスのカバー「MAKE A RAINBOW」や、過去作にも共演を果たしているカヒミ・カリィをヴォーカルに迎えたザ・ブルーザーズのカバー(原曲はビリー・ジョエル)「YOU MAY BE RIGHT」をはじめ、FEBB、BUSHMIND、小西康陽、杉村ルイ、OHAYO MOUNTAIN ROAD、DRUNK BIRDS、DJ HIGHSCHOOL、ECDといった彼らにしか集められないであろう多彩な客演陣が参加している。まさに2018年の東京を象徴する1枚。OTOTOYでは本リリースを記念し、彼らにとって初の音源『...Hold Fast Affl
amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー
・2018年05月23日・【対談】amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND)──amiinA新シングルをハイレゾ独占配信 彼女たちが創造する新たな世界観によって、いまやファンだけでなく異なるステージで活躍するアーティストをも虜にしているガールズ・ユニット、amiinA。2018年初リリースとなる5thシングル「Jubilee」を、OTOTOYでは2週間のハイレゾ独占配信にてお届け。そんな彼女たちの新作リリースに伴い、「Jubilee」を書き下ろした松本素生(GOING UNDER GROUND)とamiinA(miyu、ami)の3人によるスペシャル・インタヴューを公開。amiinAの世界観を更に輝かせる今作への3人の想いを、ぜひともチェックしていただきたい。 2週間ハイレゾ独占配信! amiinA待望の5thシングルリリース amiinA / Jubilee (PCM 48kHz/24bit)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC (24bit/48kHz) 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 1,620円(税込)【収録曲】''1. Jubilee2. eve3. Unicorn4.
by ?
STEPHENSMITHが生み出す、艶やかな“隙間”
・2018年05月23日・STEPHENSMITHが生み出す艶やかな“隙間”──3週連続配信リリースの新作をハイレゾ独占配信! 福岡にて2013年に結成され、現在は都内を拠点に活動中のトリオ・バンド、STEPHENSMITH(スティーヴンスミス)。彼らより前作、『sexperiment』より1年半ぶりの新作が届いた。なんと今作は5月30日のアナログ7インチ販売に先駆け、5月16日より3週連続先行配信でのリリース。OTOTOYでは今回配信される3曲全て、ハイレゾ独占配信を実施。 さらに先行配信タイトル第2弾「手放せ」の配信開始に際して、新作について語ってもらったメンバー3人へのインタヴューを公開。 様々なジャンルのサウンドを吸収しながらも、ルーツへのこだわりを忘れない彼らの魅力を本記事と共に感じてほしい。 3週連続配信リリース! ハイレゾ独占配信中!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)、AAC【配信価格】各曲 300円(税込) ※「放蕩の歌」は5月30日(水)よりページにて配信開始 INTERVIEW : STEPHENSMITHインディR&Bやファンク、ソウルなどの要素からヒップホップなど、まさにさ
by 鈴木 雄希
Devil ANTHEM.、5人での新体制後初シングルをリリース
[POWERPUSH]・2018年05月23日・Devil ANTHEM.、5人での新体制後初シングルをリリース! メンバー全員インタヴュー KURUMI.、AI.、YUME.、KAEDE.、AIRI.からなる5人組アイドル・グループ、Devil ANTHEM.。5人での新体制後初のシングル『Like a 熱帯夜』をリリース、ハイレゾ配信も開始した。グループ名の訳は「悪魔の聖歌」という意味を持つデビアン、OTOTOYでは初となるインタヴューを南波一海がお届けします。 Devil ANTHEM. / Like a 熱帯夜'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 300円(税込) アルバム 1200円(税込)【Track List】''01. Like a 熱帯夜 / 02. 以心伝心 / 03. Replay / 04. Like a 熱帯夜 Instrumental / 05. 以心伝心 Instrumental / 06. Replay Instrumental   INTERVIEW : Devil ANTHEM. Devil ANTHEM.のインタヴューをお届けする。新作「Like a 熱帯
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。