2021/04/21 21:00

BRADIOの音楽はなぜ、人の心を踊らせるのか──3人の評者がクロス・レヴューで迫る、その魅力の正体

昨年2020年にはバンド結成10年を迎え、今後の活躍にも大きな期待が高まるBRADIOの最新アルバム『Joyful Style』。今回、OTOTOYでは今井智子、高岡洋詞、西田健の3人のライターによる、アルバム『Joyful Style』のクロスレビュー企画を実施。多角的な視点から、BRADIOの魅力を感じ取ってほしい。

最高にグルーヴィーなニュー・アルバム、配信中!

Text by 今井智子

 結成10年を迎えた昨年のパシフィコ横浜公演をソールドアウトにしたほどのバンドだから、えらい人気があるのだなと私など思ってしまうのだが、本人たちは「売れてない」と悩んでいると聞く。大抵のバンドは天下取ったるぐらいの気持ちで始めるものだから、BRADIOが高い目標を目指しているのも当たり前。現状を超えてさらに突き進むつもりだから新作『Joyful Style』をドロップするわけだ。

 大山聡一のグルーヴィなカッティング・ギターで始まる“Time Flies”を幕開けに、10年ブレてこなかったことを示す筋金入りのソウル・ナンバー10曲が『Joyful Style』には詰まっている。真行寺貴秋は“幸せのシャナナ”のようなパンチの効いたヴォーカルだけでなく“Switch”では達者なファルセットも聴かせ、切ないバラード“愛を、今”は伸びやかな歌で魅了する。

 “Switch”では酒井亮輔のチョッパー・ベースが唸り、ホーン・セクションを盛大に加えた“Fitness Funk”はChicみたいにクールなダンス・サウンドが炸裂する。その一方でガレージなミックスの“ケツイ”が彼らのルーツを辿ればロックにあることも窺わせ、日々の積み重ねが結果を生むという歌詞は自分たちに言い聞かせているようだ。

 メロトロンの入った“O・TE・A・GE・DA!”」やホーンズやコーラスもファンキーな“Be Bold!”はMVにバンドのセンスが現れている。前者は逆さ吊りされて手も足も出なかったり手術に失敗する医者になったり、後者は映像を逆回しにした違和感で楽しませる。バンド名は少々理屈っぽいがMVからは理屈を超えて楽しもうぜと言うスタンスが溢れ出し、やはりMVが公開されている“幸せのシャナナ”は会社が舞台で彼らが紛れ込んで非日常感を醸し出す。これはタイトルから連想する60年代アメリカの大所帯ロックンロール・バンドSha Na Naの影響もありそうな楽しい曲だ。

真行寺貴秋

 最後を締める“アーモンド・アーモンド”はファルセットとミドル・ヴォイスを巧みに使う真行寺のヴォーカルと女性コーラスで聴かせる、テンプテーションズあたりを意識したようなミッド・バラード。70年代のディスコならチーク・タイムに使われそうなこの曲に、私は彼らの本気が詰まっているように思う。

 アフロヘアーの真行寺がフロントに立つこのバンドのヴィジュアルは、一度見たら忘れない。そして「ファンキーな音楽をやるのだな」と直感的に思わせる。初期のスキマスイッチのようにギャップを狙うタイプもいるが、大抵アフロヘアーにする人は、身も心もソウル・ミュージックに捧げると言う意思表示として、このヘアスタイルを選ぶ。何しろパーマをかけるのに1日がかりだし手入れが大変だし人目につくから何かと面倒なこともある。ファッションだって選ぶだろう。そうした苦労を背負ってなおソウル好きなプライドに磨きをかけてくれるヘアスタイルだ。私はしたことはないがアフロヘアーの知り合いを見ていると、こんなことを想像する。

 真行寺も、そうした覚悟とプライドを持って歌っているに違いない。そんな彼とバンドを組んでいる大山と酒井も精神は同様だ。彼らがソウル・ミュージックに傾倒するきっかけが何だったかは知らないが、今や筋金入りのソウル・バンドになっている。ジェイムス・ブラウンからプリンスまで影響を見て取れるアーティストは数知れず、名曲の数々を吸収してきているのも明白だ。それらを血肉としてきたBRADIOは、日本ならではのソウル・バンドになっている。

 最近何かと話題になる70年代のJ-POPは、多大な影響を受けた欧米のポップスやロックと肩を並べたいと言う思いが原動力だった。演奏力だったりレコーディング技術だったり様々なことを学び吸収しハイ・グレードな音楽を作り出したのだが、結果それは肩を並べると言うより日本独自の音楽となり、それが今となって海外から注目を集めることになった。ソウル・ミュージックも同じように、日本では独自のものを作り出してきた。RCサクセション然り憂歌団然りウルフルズ然りBRADIO然り。多くの先達と同じようにBRADIOもブレず媚びず続けてきたからこそ、未来につながる現在があるのだ。そのことを一番知っているのはBRADIO自身だと思う。

今井智子
雑誌編集者を経て70年代末からフリーの音楽ライターに。主に邦楽ロックについて、音楽雑誌、新聞などに執筆。著書『Dreams to Remember 清志郎が教えてくれたこと』(飛鳥新社)。
この記事の編集者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

【ASP】Episode1「ASPが宇宙一のアイドル・グループになるために」──ユメカ・ナウカナ?単独インタヴュー

【ASP】Episode1「ASPが宇宙一のアイドル・グループになるために」──ユメカ・ナウカナ?単独インタヴュー

PIGGSはこれからも立ち止まらずに生きる──彼女たちが今だからこそさらけ出した、率直な気持ち

PIGGSはこれからも立ち止まらずに生きる──彼女たちが今だからこそさらけ出した、率直な気持ち

【第三期BiS 連載vol.24】「第三期BiSとして」理想の姿を追い求めたい──イトー・ムセンシティ部の燃ゆる想い

【第三期BiS 連載vol.24】「第三期BiSとして」理想の姿を追い求めたい──イトー・ムセンシティ部の燃ゆる想い

神宿・塩見きらが語る、ポップ・カルチャーへの愛と理想のアイドル像

神宿・塩見きらが語る、ポップ・カルチャーへの愛と理想のアイドル像

【第三期BiS 連載vol.23】チャントウンコー(チャントモンキー)が合宿を経て変わったこと

【第三期BiS 連載vol.23】チャントウンコー(チャントモンキー)が合宿を経て変わったこと

BRADIOがロング・インタヴューで語った『Joyful Style』に込めた想い

BRADIOがロング・インタヴューで語った『Joyful Style』に込めた想い

BRADIO年表──その歴史と軌跡をメンバーとともに振り返る

BRADIO年表──その歴史と軌跡をメンバーとともに振り返る

BRADIO、最新アルバム『Joyful Style』総力大特集! 彼らの魅力に3部構成で徹底的に迫る!!!

BRADIO、最新アルバム『Joyful Style』総力大特集! 彼らの魅力に3部構成で徹底的に迫る!!!

3つの視点のクロス・レヴューで迫る、BRADIOの魅力の正体

3つの視点のクロス・レヴューで迫る、BRADIOの魅力の正体

プー・ルイ&METTYが語る、PIGGSのデザインが産まれた理由

プー・ルイ&METTYが語る、PIGGSのデザインが産まれた理由

いかに神宿は変化していったのか──株式会社神宿・代表取締役 柳瀬流音が語る、アイドルの未来

いかに神宿は変化していったのか──株式会社神宿・代表取締役 柳瀬流音が語る、アイドルの未来

étéが照らす閉鎖的な世間の行先──新作シングル「Gate」に込めたイマの社会への想い

étéが照らす閉鎖的な世間の行先──新作シングル「Gate」に込めたイマの社会への想い

【BiSH連載】Episode84 モモコグミカンパニー「できないって決めつけるのをやめようと思った」

【BiSH連載】Episode84 モモコグミカンパニー「できないって決めつけるのをやめようと思った」

【BiSH連載】Episode83 セントチヒロ・チッチ「伝えていきたいことを考え続けると決めた」

【BiSH連載】Episode83 セントチヒロ・チッチ「伝えていきたいことを考え続けると決めた」

これは、J-POPシーンに混沌と混乱を巻き起こす怪作&快作──代代代史上最狂のニュー・アルバム、完成!

これは、J-POPシーンに混沌と混乱を巻き起こす怪作&快作──代代代史上最狂のニュー・アルバム、完成!

計算ではなく、良い音楽を作りたい──とけた電球がニューシングルに込めたバンドとしての美学

計算ではなく、良い音楽を作りたい──とけた電球がニューシングルに込めたバンドとしての美学

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

アイナ・ジ・エンドの「歌」はなぜ、人々の心を惹きつけるのか──3人の評者がそれぞれの視点で語るクロス・レヴュー

アイナ・ジ・エンドの「歌」はなぜ、人々の心を惹きつけるのか──3人の評者がそれぞれの視点で語るクロス・レヴュー

新たな「アイナ・ジ・エンド」のはじまり──ロング・インタヴューで語る『THE END』の秘密

新たな「アイナ・ジ・エンド」のはじまり──ロング・インタヴューで語る『THE END』の秘密

アイナ・ジ・エンドの歴史を辿る──年表、そしてその発言

アイナ・ジ・エンドの歴史を辿る──年表、そしてその発言

rira──札幌を拠点にパーティーをメイクするDJ・トラックメイカー

rira──札幌を拠点にパーティーをメイクするDJ・トラックメイカー

今回のテーマは「こんな子、学生時代にいたかも?」──井出ちよの、高校生活シリーズ完結編『みんなの高校生活』

今回のテーマは「こんな子、学生時代にいたかも?」──井出ちよの、高校生活シリーズ完結編『みんなの高校生活』

徒歩ツアーを経て産まれたPIGGSとしての覚悟──最強の5曲が揃った最新EP『5 KILL STARS』

徒歩ツアーを経て産まれたPIGGSとしての覚悟──最強の5曲が揃った最新EP『5 KILL STARS』

REVIEWS : 010 VTuber(2020年12月)──森山ド・ロ

REVIEWS : 010 VTuber(2020年12月)──森山ド・ロ

【第三期BiS 連載vol.22】どんな困難が来てもぶっ壊す──ネオ・トゥリーズは高い壁を乗り越える

【第三期BiS 連載vol.22】どんな困難が来てもぶっ壊す──ネオ・トゥリーズは高い壁を乗り越える

【第三期BiS 連載vol.21】がむしゃらに、全力で突っ走りたい──無敵のトギーは何度でも立ち上がる

【第三期BiS 連載vol.21】がむしゃらに、全力で突っ走りたい──無敵のトギーは何度でも立ち上がる

【第三期BiS 連載vol.20】チャントモンキーの目に映るグループの未来

【第三期BiS 連載vol.20】チャントモンキーの目に映るグループの未来

【BiSH連載】Episod82 ハシヤスメ・アツコ「2021年は止まっていた時間を取り戻したい」

【BiSH連載】Episod82 ハシヤスメ・アツコ「2021年は止まっていた時間を取り戻したい」

心を照らす「あかり」のような存在へ──津田朱里が紡いだ『COLOR OF LIGHT』の物語

心を照らす「あかり」のような存在へ──津田朱里が紡いだ『COLOR OF LIGHT』の物語

プー・ルイ&Ryan.Bが語るPIGGSサウンドの誕生秘話

プー・ルイ&Ryan.Bが語るPIGGSサウンドの誕生秘話

後藤まりこが歌と真剣に向き合い、弾き語りで作り上げたアルバム『POP』

後藤まりこが歌と真剣に向き合い、弾き語りで作り上げたアルバム『POP』

【BiSH連載】Episod81 アユニ・D「そこにいる全員が幸せな気持ちになれるライヴがしたい」

【BiSH連載】Episod81 アユニ・D「そこにいる全員が幸せな気持ちになれるライヴがしたい」

【第三期BiS 連載vol.19】イトー・ムセンシティ部は常に上を目指す

【第三期BiS 連載vol.19】イトー・ムセンシティ部は常に上を目指す

リアル脱出ゲームの音楽の秘密──【対談】作曲家・伊藤 忠之×声優・藤田 咲

リアル脱出ゲームの音楽の秘密──【対談】作曲家・伊藤 忠之×声優・藤田 咲

つしまみれ、幸運を呼び寄せるミニ・アルバム『ラッキー』

つしまみれ、幸運を呼び寄せるミニ・アルバム『ラッキー』

【BiSH連載】Episod80 リンリン「次会えたらちゃんとハッピーになってほしい」

【BiSH連載】Episod80 リンリン「次会えたらちゃんとハッピーになってほしい」

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

【BiSH連載】Episode79 セントチヒロ・チッチ「いまは伝えたいことをちゃんと言葉にしたい」

【BiSH連載】Episode79 セントチヒロ・チッチ「いまは伝えたいことをちゃんと言葉にしたい」

感情を解放したパフォーマンスでフロアに熱狂を巻き起こす──リリスリバース、初のメンバー全員インタヴュー

感情を解放したパフォーマンスでフロアに熱狂を巻き起こす──リリスリバース、初のメンバー全員インタヴュー

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.78 - 2020 GUEST SPECIAL : yuzen's CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.78 - 2020 GUEST SPECIAL : yuzen's CHOICE

井出ちよの(3776)、ソロ・アルバム『わたしの高校生活』

井出ちよの(3776)、ソロ・アルバム『わたしの高校生活』

PEDRO、セカンド・フル・アルバム『浪漫』最速インタビュー

PEDRO、セカンド・フル・アルバム『浪漫』最速インタビュー

ラップの魅力を伝えたい! ──「京まちなか映画祭」で開催されるラップ教室とは?

ラップの魅力を伝えたい! ──「京まちなか映画祭」で開催されるラップ教室とは?

大型新人アイドル・グループ、PIGGS爆誕!──ファースト・アルバム『HALLO PIGGS』

大型新人アイドル・グループ、PIGGS爆誕!──ファースト・アルバム『HALLO PIGGS』

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

【第三期BiS 連載vol.18】ネオ・トゥリーズの進化──終わってからもまたライヴがしたいと思えた

【第三期BiS 連載vol.18】ネオ・トゥリーズの進化──終わってからもまたライヴがしたいと思えた

【第三期BiS 連載vol.17】BiSよ、かっこよくあれ──強気のトギーは不安を弾く

【第三期BiS 連載vol.17】BiSよ、かっこよくあれ──強気のトギーは不安を弾く

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

【第三期BiS連載】Vol.16 どうせなら、くたばるくらいがいい──イトー・ムセンシティ部の渇望

【第三期BiS連載】Vol.16 どうせなら、くたばるくらいがいい──イトー・ムセンシティ部の渇望

【第三期BiS連載】Vol.15 研究員に全てを返す、燃ゆるチャントモンキー胸の内

【第三期BiS連載】Vol.15 研究員に全てを返す、燃ゆるチャントモンキー胸の内

3776、全てをさらけ出した即興ライヴ音源『即興曲集第二集』リリース

3776、全てをさらけ出した即興ライヴ音源『即興曲集第二集』リリース

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップ・カルチャー 後編「映画関係者の思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップ・カルチャー 後編「映画関係者の思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップカルチャー 中編「クラブ・イベンターたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップカルチャー 中編「クラブ・イベンターたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神カルチャー 前編「ラッパーたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神カルチャー 前編「ラッパーたちの思い」

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

3776が紡いだ神話の世界を追体験できる──〈閏日神舞〉〜富士山神話 LINK MIX〜遂に音源化!

3776が紡いだ神話の世界を追体験できる──〈閏日神舞〉〜富士山神話 LINK MIX〜遂に音源化!

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

先週のオトトイ(2020年3月9日)

先週のオトトイ(2020年3月9日)

少女たちはなぜダブルハピネスを選んだのか──新メンバー初インタヴュー

少女たちはなぜダブルハピネスを選んだのか──新メンバー初インタヴュー

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

【REVIEW】アイナ・ジ・エンド『死にたい夜にかぎって』

【REVIEW】アイナ・ジ・エンド『死にたい夜にかぎって』

PEDRO、最新EP『衝動人間倶楽部』──アユニ・Dを突き動かす衝動の正体

PEDRO、最新EP『衝動人間倶楽部』──アユニ・Dを突き動かす衝動の正体

ダブルハピネス、現体制ラストEP『創造姉妹』

ダブルハピネス、現体制ラストEP『創造姉妹』

次は中国!?──プー・ルイが創る新たなアイドルの形──

次は中国!?──プー・ルイが創る新たなアイドルの形──

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

相思相愛には興味はない──DJ後藤まりこ、5年ぶりのソロ・フルアルバム

相思相愛には興味はない──DJ後藤まりこ、5年ぶりのソロ・フルアルバム

HAMIDASYSTEM、デヴュー半年でたどりついたダークな世界観

HAMIDASYSTEM、デヴュー半年でたどりついたダークな世界観

TOP