2020/12/29 19:00

REVIEWS : 010 VTuber(2020年12月)──森山ド・ロ

毎回それぞれのジャンルに特化したライターがこの数ヶ月で「コレ」と思った9作品+αを紹介するコーナー。今回はVTuberをメインに活動するライター、森山ド・ロが登場。様々なジャンルにまたがったVTuberによる楽曲のなかから、9作品をセレクト。

[ahi:]『mandala』

トマト組の中でもラジカルな印象が強い[ahi:]。いわゆる“チルい”音楽ユニットとして活動する彼ら、一般的な昨今のチルアウト・ミュージックの域を越えた、攻撃的かつ無機質さを持ったドラム・サウンドを作り出す園崎ナクラ、アンバランスなほど綺麗なピアノで緩急をつけていく堺ことりの2人によるデュオだ。VTuber業界には数少ないインスト楽曲を世に送り出しているプロジェクトと言えるだろう。アンビエントな質感を持ちつつ、90年代のピアノ・ハウスを現代の“チルい音楽”に置き換えたような、デビュー曲「Crystal/Crystal -reprise-」で見せたこのプロジェクトのファースト・インプレッションから、今回のEPでは音楽性を変化させている。それはアップテンポにドラムとピアノがぶつかり合う先鋭的な音の組み合わせの表現に端的に示されている。彼女たちが、踊れる音楽をストレートに作り込んだ結果がサウンドとして結実した「変化」の作品とも言える。とはいえ、本プロジェクトの作品らしい、艶美で無機質な側面と、“踊れる”という新たなサイドを獲得したアンバランスさが上手く昇華されていることに間違いはない。

OTOTOYでの配信購入はコチラへ(ハイレゾ配信)

ピーナッツくん『False Memory Syndrome』

ショートアニメ『オシャレになりたい!ピーナッツくん』の愛くるしくも憎たらしいピーナッツくんのタレント性をそのままヒップホップに落とし込んだかのような1枚。時流にのってノリでラップしてみた的な態度ではないことが、バースからフックまで作り込まれたフローを聴けばわかる。メロウなものから早口までトラックに融合したフローを小刻みに使い分けている。しかし、ピーナッツくんというタレント性と本格的なラップ作品というギャップを表現しているわけではなく、ピーナッツくんとしてのアイデンティティをユニークなリリックで上手く音楽性とともに統合し、そのキャラクター性とのバランスをとっている。その世界観を保ちながら聴きやすさを重視した器用さがとにかく際立っている作品。

OTOTOYでの配信購入はコチラへ(ハイレゾ配信)

小宵『分裂する世界系』

情景描写をベースに書き上げられたスッと入ってくる文学的な歌詞と、ソリッドなバンド・サウンド──今宵のすべてが詰め込まれている、この1stフル・アルバムにはまずそんな印象を持った。アンニュイで生活感のあるナチュラルなワードが並んだ歌詞に、主張の強いギター。その組み合わせを聴いていると、注目するべき点の多さに驚かされる。小宵の個性的な歌声が、オルタナティブ・ロックな音楽性を際立出せており、そのサウンドに、「新しさ」や「古さ」といった時代の音を追求している様子は伺えない。彼女の真骨頂とも言える、その歌詞を伝えようとする鬼気迫る歌い方、そしてロジックを求めない自身の世界観を追求することでたどり着いたであろうそのサウンドも、彼女にしかできない音楽をこの1枚で体験することができる。

OTOTOYでの配信購入はコチラへ(ハイレゾ配信)

樫野創音『おいわい』

どこか懐かしく心地のいいギターの音と、淡いメロディー・ラインがブリット・ポップのエッセンスを感じさせる樫野創音の新EP。とことんラフで優しさを追求した作品に仕上がっている。イントロから全曲を通して感じることのできる、鼓膜に吸い付くようなギターの馴染みやすいメロディ。そしてそのメロディは甘酸っぱい青春時代を彷彿とさせる歌詞との相性が抜群。バンドの音にカチッとはめて歌うわけではなく、少し不器用な感じに崩したような歌い方が特徴的。それでもサウンドとの一体感は、そのセンスの賜だろう。あくまでも自然体で、そこに狙って作られたというは感じはない。スタルジックな余韻を残す樫野創音の音作りの繊細さが全曲通して伝わる傑作。

OTOTOYでの配信購入はコチラへ

霊界ラジオ『Poltergeist』

イタコと霊媒師の2人がHIPHOPの道を選んだルーツが少し垣間見える、シンプルで独創的な側面を存分に発揮した1st EP。歪んだトラックとリリカルなスタイルで、ジャジー・ヒップホップやPOP、メタルといったジャンルもなんなく歌いこなしている。どんなジャンルでもドスの利いた声で歌いながらも、圧倒的な聴き取りやすさが彼ら最大の武器だろう。イタコと霊媒師という世界観を全面に押し出しつつ、日常を汲み取れる気だるさをそのまま吐露したかのようなリリックの融合がとにかく新鮮。ジャンルが変われど言葉遊びを忘れないスタイルと、ラッパーとしての格好良さを押し込んだ、自己紹介としては少し贅沢すぎるこの1枚を聴いて霊界ラジオを堪能して欲しい。

OTOTOYでの配信購入はコチラへ(ハイレゾ配信)

窓辺リカ『Open Window vol.1』

可憐で儚げなビジュアルで異質な存在感を放つ窓辺リカの1st EP。ドス黒いブレイク・コアに見た目そのままのウィスパー・ヴォイスで歌うヴォーカルとのアンバランスさが癖になるサウンドは、彼女の初投稿曲である『The shilver key』の頃からすでに完成されていた。儚い歌声のなかに狂気を宿した、その堂々としたボーカル。歪んだ音が徐々に徐々に侵していくのを見るかのような展開、言葉選びや“SCP-1437”をモチーフにした楽曲など、世界観の演出が細かく施されている。ただ単に少女の声をブレイクコアにはめ込んだだけのものではない。VTuberという括りのなかにいれば、一部の熱狂的ユーザーからの支持を厚く得ることができるとは思うが、そのサウンドのポテンシャルはそれ以上。このEPを皮切りにクラブシーンでこの少女の声を機会は増えるのかもしれない。

OTOTOYでの配信購入はコチラへ(ロスレス配信)

雨ニマケテモ『Palette』

一度聴いたら頭から離れないキャッチーなメロディーと、心揺さぶるストレートな歌詞が特徴的なヴォーカルのSHiNOを中心とした4人組バンド、雨ニマケテモ。本ファースト・アルバムでは、ドラマチックな事柄から心情的に直接訴えてくるようなストレートな表現ではなく、季節感や天気、日が立つごとに変化する環境や生活に並行して揺れ動く心の機微を表現することで、聴いているだけでいつの間にか前向きになれる、そんな芯に響く優しいメッセージが全曲通して伝わってくるアルバムとなっている。ボーカルSHiNOの力強い叫びを感じる歌声が、色鮮やかなバンドの音色にカチッとハマっているのが特徴。誰が聴いても愛されるようなポップな楽曲が詰め込まれた1枚。

OTOTOYでの配信購入はコチラへ(ハイレゾ配信)

ミディ『HYP3R L1NK』

Vtuberカルチャーにおいて、その黎明期からバーチャル・トラックメーカーとして活動を続けるミディ。本作、3rdEP『HYP3R L1NK』では、”夜の街”をコンセプトに、夜の爽やかさと“治安の悪さ”を1曲1曲に上手く落とし込んでいる。こうしたテーマ性を1枚の作品で表現しつつ、とにかく踊れる音楽を提供をするという部分こそ、まさにミディのアーティストとしてのぶれないすごさだ。斬新な新境地と思わせるようなジャンルを取り入れることをしなくても、常に新しさとミディらしさが楽曲の中に垣間見える。リードトラックである「Never dreaming night girl」はミディの代表曲であり、VTuberのクラブシーンの新たなアンセムとして語り継がれる楽曲だろう。

OTOTOYでの配信購入はコチラへ(ロスレス配信)

Mori Calliope『DEAD BEATS』

ホロライブEnglishの死神Mori Calliopeが界隈に与えた衝撃は、ホロライブというカルチャーを代表する大型事務所からこのEPが配信されたことがとにかく大きい。それは楽曲云々を語る以前の話と言えるだろう。ネイティヴな英語のファスト・ラップと、どこか微笑ましい日本語のワードが散りばめられたバイリンガルなラップの新鮮さ、さらにVTuberという形からは似つかわしくないストリート感のある楽曲が、ギャップ、そして衝撃を同時に生んで爆発した印象。ゴリゴリに畳み掛けるラップや、メロディアスな楽曲まで、自己紹介として放たれた1枚だが、多彩な表現が詰め込まれることで、むしろMori Calliopeというその存在感の同定を惑わすような作品でも或。ここまで馴染めた要因として、日本語を織り交ぜたことが大きいだろう。1枚のEPでここまで自身の名前を広めたVTuberは他にはいない、それほどインパクトのある作品とも言える。死神の遊び心と斬新さが生んだ賜物として2020年を代表する1枚だ。

OTOTOYでの配信購入はコチラへ(ハイレゾ配信)

ピックアップ作品、OTOTOYでのご購入はこちらから

この記事の編集者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

PIGGSはこれからも立ち止まらずに生きる──彼女たちが今だからこそさらけ出した、率直な気持ち

PIGGSはこれからも立ち止まらずに生きる──彼女たちが今だからこそさらけ出した、率直な気持ち

【第三期BiS 連載vol.24】「第三期BiSとして」理想の姿を追い求めたい──イトー・ムセンシティ部の燃ゆる想い

【第三期BiS 連載vol.24】「第三期BiSとして」理想の姿を追い求めたい──イトー・ムセンシティ部の燃ゆる想い

神宿・塩見きらが語る、ポップ・カルチャーへの愛と理想のアイドル像

神宿・塩見きらが語る、ポップ・カルチャーへの愛と理想のアイドル像

【第三期BiS 連載vol.23】チャントウンコー(チャントモンキー)が合宿を経て変わったこと

【第三期BiS 連載vol.23】チャントウンコー(チャントモンキー)が合宿を経て変わったこと

3つの視点のクロス・レヴューで迫る、BRADIOの魅力の正体

3つの視点のクロス・レヴューで迫る、BRADIOの魅力の正体

BRADIO年表──その歴史と軌跡をメンバーとともに振り返る

BRADIO年表──その歴史と軌跡をメンバーとともに振り返る

BRADIOがロング・インタヴューで語った『Joyful Style』に込めた想い

BRADIOがロング・インタヴューで語った『Joyful Style』に込めた想い

BRADIO、最新アルバム『Joyful Style』総力大特集! 彼らの魅力に3部構成で徹底的に迫る!!!

BRADIO、最新アルバム『Joyful Style』総力大特集! 彼らの魅力に3部構成で徹底的に迫る!!!

プー・ルイ&METTYが語る、PIGGSのデザインが産まれた理由

プー・ルイ&METTYが語る、PIGGSのデザインが産まれた理由

いかに神宿は変化していったのか──株式会社神宿・代表取締役 柳瀬流音が語る、アイドルの未来

いかに神宿は変化していったのか──株式会社神宿・代表取締役 柳瀬流音が語る、アイドルの未来

étéが照らす閉鎖的な世間の行先──新作シングル「Gate」に込めたイマの社会への想い

étéが照らす閉鎖的な世間の行先──新作シングル「Gate」に込めたイマの社会への想い

【BiSH連載】Episode84 モモコグミカンパニー「できないって決めつけるのをやめようと思った」

【BiSH連載】Episode84 モモコグミカンパニー「できないって決めつけるのをやめようと思った」

【BiSH連載】Episode83 セントチヒロ・チッチ「伝えていきたいことを考え続けると決めた」

【BiSH連載】Episode83 セントチヒロ・チッチ「伝えていきたいことを考え続けると決めた」

これは、J-POPシーンに混沌と混乱を巻き起こす怪作&快作──代代代史上最狂のニュー・アルバム、完成!

これは、J-POPシーンに混沌と混乱を巻き起こす怪作&快作──代代代史上最狂のニュー・アルバム、完成!

計算ではなく、良い音楽を作りたい──とけた電球がニューシングルに込めたバンドとしての美学

計算ではなく、良い音楽を作りたい──とけた電球がニューシングルに込めたバンドとしての美学

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

アイナ・ジ・エンドの歴史を辿る──年表、そしてその発言

アイナ・ジ・エンドの歴史を辿る──年表、そしてその発言

アイナ・ジ・エンドの「歌」はなぜ、人々の心を惹きつけるのか──3人の評者がそれぞれの視点で語るクロス・レヴュー

アイナ・ジ・エンドの「歌」はなぜ、人々の心を惹きつけるのか──3人の評者がそれぞれの視点で語るクロス・レヴュー

新たな「アイナ・ジ・エンド」のはじまり──ロング・インタヴューで語る『THE END』の秘密

新たな「アイナ・ジ・エンド」のはじまり──ロング・インタヴューで語る『THE END』の秘密

rira──札幌を拠点にパーティーをメイクするDJ・トラックメイカー

rira──札幌を拠点にパーティーをメイクするDJ・トラックメイカー

今回のテーマは「こんな子、学生時代にいたかも?」──井出ちよの、高校生活シリーズ完結編『みんなの高校生活』

今回のテーマは「こんな子、学生時代にいたかも?」──井出ちよの、高校生活シリーズ完結編『みんなの高校生活』

徒歩ツアーを経て産まれたPIGGSとしての覚悟──最強の5曲が揃った最新EP『5 KILL STARS』

徒歩ツアーを経て産まれたPIGGSとしての覚悟──最強の5曲が揃った最新EP『5 KILL STARS』

REVIEWS : 010 VTuber(2020年12月)──森山ド・ロ

REVIEWS : 010 VTuber(2020年12月)──森山ド・ロ

【第三期BiS 連載vol.22】どんな困難が来てもぶっ壊す──ネオ・トゥリーズは高い壁を乗り越える

【第三期BiS 連載vol.22】どんな困難が来てもぶっ壊す──ネオ・トゥリーズは高い壁を乗り越える

【第三期BiS 連載vol.21】がむしゃらに、全力で突っ走りたい──無敵のトギーは何度でも立ち上がる

【第三期BiS 連載vol.21】がむしゃらに、全力で突っ走りたい──無敵のトギーは何度でも立ち上がる

【第三期BiS 連載vol.20】チャントモンキーの目に映るグループの未来

【第三期BiS 連載vol.20】チャントモンキーの目に映るグループの未来

【BiSH連載】Episod82 ハシヤスメ・アツコ「2021年は止まっていた時間を取り戻したい」

【BiSH連載】Episod82 ハシヤスメ・アツコ「2021年は止まっていた時間を取り戻したい」

心を照らす「あかり」のような存在へ──津田朱里が紡いだ『COLOR OF LIGHT』の物語

心を照らす「あかり」のような存在へ──津田朱里が紡いだ『COLOR OF LIGHT』の物語

プー・ルイ&Ryan.Bが語るPIGGSサウンドの誕生秘話

プー・ルイ&Ryan.Bが語るPIGGSサウンドの誕生秘話

後藤まりこが歌と真剣に向き合い、弾き語りで作り上げたアルバム『POP』

後藤まりこが歌と真剣に向き合い、弾き語りで作り上げたアルバム『POP』

【BiSH連載】Episod81 アユニ・D「そこにいる全員が幸せな気持ちになれるライヴがしたい」

【BiSH連載】Episod81 アユニ・D「そこにいる全員が幸せな気持ちになれるライヴがしたい」

【第三期BiS 連載vol.19】イトー・ムセンシティ部は常に上を目指す

【第三期BiS 連載vol.19】イトー・ムセンシティ部は常に上を目指す

リアル脱出ゲームの音楽の秘密──【対談】作曲家・伊藤 忠之×声優・藤田 咲

リアル脱出ゲームの音楽の秘密──【対談】作曲家・伊藤 忠之×声優・藤田 咲

つしまみれ、幸運を呼び寄せるミニ・アルバム『ラッキー』

つしまみれ、幸運を呼び寄せるミニ・アルバム『ラッキー』

【BiSH連載】Episod80 リンリン「次会えたらちゃんとハッピーになってほしい」

【BiSH連載】Episod80 リンリン「次会えたらちゃんとハッピーになってほしい」

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

【BiSH連載】Episode79 セントチヒロ・チッチ「いまは伝えたいことをちゃんと言葉にしたい」

【BiSH連載】Episode79 セントチヒロ・チッチ「いまは伝えたいことをちゃんと言葉にしたい」

感情を解放したパフォーマンスでフロアに熱狂を巻き起こす──リリスリバース、初のメンバー全員インタヴュー

感情を解放したパフォーマンスでフロアに熱狂を巻き起こす──リリスリバース、初のメンバー全員インタヴュー

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.78 - 2020 GUEST SPECIAL : yuzen's CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.78 - 2020 GUEST SPECIAL : yuzen's CHOICE

井出ちよの(3776)、ソロ・アルバム『わたしの高校生活』

井出ちよの(3776)、ソロ・アルバム『わたしの高校生活』

PEDRO、セカンド・フル・アルバム『浪漫』最速インタビュー

PEDRO、セカンド・フル・アルバム『浪漫』最速インタビュー

ラップの魅力を伝えたい! ──「京まちなか映画祭」で開催されるラップ教室とは?

ラップの魅力を伝えたい! ──「京まちなか映画祭」で開催されるラップ教室とは?

大型新人アイドル・グループ、PIGGS爆誕!──ファースト・アルバム『HALLO PIGGS』

大型新人アイドル・グループ、PIGGS爆誕!──ファースト・アルバム『HALLO PIGGS』

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

【第三期BiS 連載vol.18】ネオ・トゥリーズの進化──終わってからもまたライヴがしたいと思えた

【第三期BiS 連載vol.18】ネオ・トゥリーズの進化──終わってからもまたライヴがしたいと思えた

【第三期BiS 連載vol.17】BiSよ、かっこよくあれ──強気のトギーは不安を弾く

【第三期BiS 連載vol.17】BiSよ、かっこよくあれ──強気のトギーは不安を弾く

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

【第三期BiS連載】Vol.16 どうせなら、くたばるくらいがいい──イトー・ムセンシティ部の渇望

【第三期BiS連載】Vol.16 どうせなら、くたばるくらいがいい──イトー・ムセンシティ部の渇望

【第三期BiS連載】Vol.15 研究員に全てを返す、燃ゆるチャントモンキー胸の内

【第三期BiS連載】Vol.15 研究員に全てを返す、燃ゆるチャントモンキー胸の内

3776、全てをさらけ出した即興ライヴ音源『即興曲集第二集』リリース

3776、全てをさらけ出した即興ライヴ音源『即興曲集第二集』リリース

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップ・カルチャー 後編「映画関係者の思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップ・カルチャー 後編「映画関係者の思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップカルチャー 中編「クラブ・イベンターたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップカルチャー 中編「クラブ・イベンターたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神カルチャー 前編「ラッパーたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神カルチャー 前編「ラッパーたちの思い」

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

3776が紡いだ神話の世界を追体験できる──〈閏日神舞〉〜富士山神話 LINK MIX〜遂に音源化!

3776が紡いだ神話の世界を追体験できる──〈閏日神舞〉〜富士山神話 LINK MIX〜遂に音源化!

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

先週のオトトイ(2020年3月9日)

先週のオトトイ(2020年3月9日)

少女たちはなぜダブルハピネスを選んだのか──新メンバー初インタヴュー

少女たちはなぜダブルハピネスを選んだのか──新メンバー初インタヴュー

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

【REVIEW】アイナ・ジ・エンド『死にたい夜にかぎって』

【REVIEW】アイナ・ジ・エンド『死にたい夜にかぎって』

PEDRO、最新EP『衝動人間倶楽部』──アユニ・Dを突き動かす衝動の正体

PEDRO、最新EP『衝動人間倶楽部』──アユニ・Dを突き動かす衝動の正体

ダブルハピネス、現体制ラストEP『創造姉妹』

ダブルハピネス、現体制ラストEP『創造姉妹』

次は中国!?──プー・ルイが創る新たなアイドルの形──

次は中国!?──プー・ルイが創る新たなアイドルの形──

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

相思相愛には興味はない──DJ後藤まりこ、5年ぶりのソロ・フルアルバム

相思相愛には興味はない──DJ後藤まりこ、5年ぶりのソロ・フルアルバム

HAMIDASYSTEM、デヴュー半年でたどりついたダークな世界観

HAMIDASYSTEM、デヴュー半年でたどりついたダークな世界観

TOP