2021/01/19 19:00

rira──札幌を拠点にパーティーをメイクするDJ・トラックメイカー

数多くいるアーティストのなかから編集部がグッときたアーティストを取り上げるこのコーナー。第23回は札幌を拠点にパーティーをメイクし続けているDJ・トラックメイカーのriraをご紹介します。気鋭のライター、佐藤 遥による渾身のレヴュー、ぜひご覧ください。

第23回 : rira

文:佐藤 遥

riraの紹介に欠かせない単語は「90年代ダンス・ミュージック」。ハウスを主軸にダンス・ミュージックを幅広く分析し、現代の視点から再構築するDJ・トラックメイクが彼の持ち味だ。「94年レイヴ」や「93年プログレハウス」などのキャプションを添えた制作音源の投稿、ジャンルや歴史を踏まえてのDJ・作曲に関する丁寧な分析からは洞察力の高さが窺える。加えて、文化が脈々と継承され自分達の世代に繋がっていることに心を動かされている様子や、それがコロナ禍において途切れることを危惧する発言は、まさに彼のアンダーグラウンド・シーンへのリスペクトを物語っているだろう。それはそうとなぜハウスを作るようになったのかが気になるところだが、本人曰く意識しているわけではなく結果的にハウスになることが多いらしい。しかし私が思うに、彼の敬意が行き着いた先が今のスタイルなのだ。DTMを始めた6年前から多様なジャンルのイベントに出演するようになった現在までの過程で、ダンス・ミュージックの根幹としてハウスを捉えるようになり、自ずとそこを軸とする表現方法へ帰着したのではないだろうか。そして昨年10月には、その音楽性が十分に発揮されたEP『Feel Dolphin』がStones TaroとLomaxがオーナーを務める京都のハウス・ミュージック・コレクティブ〈NC4K〉からリリースされた。このアルバム、街中でも踊り出しそうになるほどダンサブル。90年代ハウスのニュアンスそのままとでも言うべきか。タイトルトラック“Feel Dolphin”は今後彼の代表曲となっていくに違いないだろう。イタロハウスを意識して制作されたこの曲は、独特なベースパターン、コンガを用いたハイテンションなリズム、陽気なウワモノによるフレーズが繰り返され、そこにカットインするハッピーなピアノのフレーズが気持ちいい。クラブでも夏の海でも大きな音で聴きたい。

Rira - Feel Dolphin
Rira - Feel Dolphin

そんな彼の活動の場は〈PLASTIC THEATER〉や〈sound Lab mole〉にて行われるDJイベント。ジャンルはベースミュージックからアニソンまで幅広い。せっかくだからここで箱の紹介もさせてほしい。まず〈PLASTIC THEATER〉は老舗イベントスペース。出演者の年代は幅広く、地元DJたちのダンスミュージックイベントがよく行われている。コンパクトさや照明、音響が相まって札幌でいちばんの没入感が得られる場所ではないだろうか。過去にはSEKITOVAのイベント出演もあった。そして〈sound Lab mole〉はクラブよりもライブハウスとしての認知度の方が高い箱。クラブイベントとしては道外のDJやトラックメイカーが出演する場にもなっており、札幌のシーンとの橋渡しを担っている。2019年はSeiho、okadada、DJ WILDPARTY、パソコン音楽クラブ、in the blue shirtなどがイベントに参加していた。肝心の彼のDJだが、自身の色としてのスロージャングルやブレイクビーツハウスを中心に、場の雰囲気を的確に読んで盛り上がる曲を配置していて、誰も置いていかないプレイをしている印象。またriraが活動する〈PLASTIC THEATER〉や〈sound Lab mole〉を中心としたシーンは出演者が多くはないため、ひとりのDJが様々なジャンルのイベントに出る傾向があり、それが幅広くダンス・ミュージックを聴いて考察することを後押ししているとも考えられそうだ。

そして2020年12月3日放送の〈2 otaku radio〉では「来年の目標は人気曲を出すこと。DJも作曲も自分の好きなものを追求するフェーズが終わり、みんなの好きなものを作ってみたい」と語っていた。彼が活動しているシーンは、かつてPARKGOLFやBUDDHAHOUSE、Qrionなどが活躍していたが、イベントの集客は決して良いとは言えないのが現状だ。その点を踏まえ、共演のハナカミリュウと共に「クラブは開かれてる場所だからこそ楽しいし、様々なコンテンツを駆使してクラブへの導線を増やしたい」とも話している。もしかしたら彼の人気曲を作りたいという意識も、この思いを反映しているのかもしれない。

また11月に行われた〈NC4K〉のイベントにてStones Taroがriraの“Mt.Fuji“をかけたことをきっかけに彼を知った人もいるようだ。彼を知るということは札幌のトラックメーカーたちの存在を知ることでもある。多数のイベントに出演しつつ、自身のトラックによってシーンの間口を札幌の外にも広げている彼は、間違いなく札幌のトラックメイカー主体のクラブシーンを牽引していく存在だ。

SPOTIFY

PROFILE

rira

Twitter : https://twitter.com/sig_728
Instagram : https://www.instagram.com/sig_728

この記事の編集者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

プー・ルイ&METTYが語る、PIGGSのデザインが産まれた理由

プー・ルイ&METTYが語る、PIGGSのデザインが産まれた理由

いかに神宿は変化していったのか──株式会社神宿・代表取締役 柳瀬流音が語る、アイドルの未来

いかに神宿は変化していったのか──株式会社神宿・代表取締役 柳瀬流音が語る、アイドルの未来

étéが照らす閉鎖的な世間の行先──新作シングル「Gate」に込めたイマの社会への想い

étéが照らす閉鎖的な世間の行先──新作シングル「Gate」に込めたイマの社会への想い

【BiSH連載】Episode84 モモコグミカンパニー「できないって決めつけるのをやめようと思った」

【BiSH連載】Episode84 モモコグミカンパニー「できないって決めつけるのをやめようと思った」

【BiSH連載】Episode83 セントチヒロ・チッチ「伝えていきたいことを考え続けると決めた」

【BiSH連載】Episode83 セントチヒロ・チッチ「伝えていきたいことを考え続けると決めた」

これは、J-POPシーンに混沌と混乱を巻き起こす怪作&快作──代代代史上最狂のニュー・アルバム、完成!

これは、J-POPシーンに混沌と混乱を巻き起こす怪作&快作──代代代史上最狂のニュー・アルバム、完成!

計算ではなく、良い音楽を作りたい──とけた電球がニューシングルに込めたバンドとしての美学

計算ではなく、良い音楽を作りたい──とけた電球がニューシングルに込めたバンドとしての美学

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

新たな「アイナ・ジ・エンド」のはじまり──ロング・インタヴューで語る『THE END』の秘密

新たな「アイナ・ジ・エンド」のはじまり──ロング・インタヴューで語る『THE END』の秘密

アイナ・ジ・エンドの「歌」はなぜ、人々の心を惹きつけるのか──3人の評者がそれぞれの視点で語るクロス・レヴュー

アイナ・ジ・エンドの「歌」はなぜ、人々の心を惹きつけるのか──3人の評者がそれぞれの視点で語るクロス・レヴュー

アイナ・ジ・エンドの歴史を辿る──年表、そしてその発言

アイナ・ジ・エンドの歴史を辿る──年表、そしてその発言

rira──札幌を拠点にパーティーをメイクするDJ・トラックメイカー

rira──札幌を拠点にパーティーをメイクするDJ・トラックメイカー

今回のテーマは「こんな子、学生時代にいたかも?」──井出ちよの、高校生活シリーズ完結編『みんなの高校生活』

今回のテーマは「こんな子、学生時代にいたかも?」──井出ちよの、高校生活シリーズ完結編『みんなの高校生活』

徒歩ツアーを経て産まれたPIGGSとしての覚悟──最強の5曲が揃った最新EP『5 KILL STARS』

徒歩ツアーを経て産まれたPIGGSとしての覚悟──最強の5曲が揃った最新EP『5 KILL STARS』

REVIEWS : 010 VTuber(2020年12月)──森山ド・ロ

REVIEWS : 010 VTuber(2020年12月)──森山ド・ロ

【第三期BiS 連載vol.22】どんな困難が来てもぶっ壊す──ネオ・トゥリーズは高い壁を乗り越える

【第三期BiS 連載vol.22】どんな困難が来てもぶっ壊す──ネオ・トゥリーズは高い壁を乗り越える

【第三期BiS 連載vol.21】がむしゃらに、全力で突っ走りたい──無敵のトギーは何度でも立ち上がる

【第三期BiS 連載vol.21】がむしゃらに、全力で突っ走りたい──無敵のトギーは何度でも立ち上がる

【第三期BiS 連載vol.20】チャントモンキーの目に映るグループの未来

【第三期BiS 連載vol.20】チャントモンキーの目に映るグループの未来

【BiSH連載】Episod82 ハシヤスメ・アツコ「2021年は止まっていた時間を取り戻したい」

【BiSH連載】Episod82 ハシヤスメ・アツコ「2021年は止まっていた時間を取り戻したい」

心を照らす「あかり」のような存在へ──津田朱里が紡いだ『COLOR OF LIGHT』の物語

心を照らす「あかり」のような存在へ──津田朱里が紡いだ『COLOR OF LIGHT』の物語

プー・ルイ&Ryan.Bが語るPIGGSサウンドの誕生秘話

プー・ルイ&Ryan.Bが語るPIGGSサウンドの誕生秘話

後藤まりこが歌と真剣に向き合い、弾き語りで作り上げたアルバム『POP』

後藤まりこが歌と真剣に向き合い、弾き語りで作り上げたアルバム『POP』

【BiSH連載】Episod81 アユニ・D「そこにいる全員が幸せな気持ちになれるライヴがしたい」

【BiSH連載】Episod81 アユニ・D「そこにいる全員が幸せな気持ちになれるライヴがしたい」

【第三期BiS 連載vol.19】イトー・ムセンシティ部は常に上を目指す

【第三期BiS 連載vol.19】イトー・ムセンシティ部は常に上を目指す

リアル脱出ゲームの音楽の秘密──【対談】作曲家・伊藤 忠之×声優・藤田 咲

リアル脱出ゲームの音楽の秘密──【対談】作曲家・伊藤 忠之×声優・藤田 咲

つしまみれ、幸運を呼び寄せるミニ・アルバム『ラッキー』

つしまみれ、幸運を呼び寄せるミニ・アルバム『ラッキー』

【BiSH連載】Episod80 リンリン「次会えたらちゃんとハッピーになってほしい」

【BiSH連載】Episod80 リンリン「次会えたらちゃんとハッピーになってほしい」

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

【BiSH連載】Episode79 セントチヒロ・チッチ「いまは伝えたいことをちゃんと言葉にしたい」

【BiSH連載】Episode79 セントチヒロ・チッチ「いまは伝えたいことをちゃんと言葉にしたい」

感情を解放したパフォーマンスでフロアに熱狂を巻き起こす──リリスリバース、初のメンバー全員インタヴュー

感情を解放したパフォーマンスでフロアに熱狂を巻き起こす──リリスリバース、初のメンバー全員インタヴュー

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.78 - 2020 GUEST SPECIAL : yuzen's CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.78 - 2020 GUEST SPECIAL : yuzen's CHOICE

井出ちよの(3776)、ソロ・アルバム『わたしの高校生活』

井出ちよの(3776)、ソロ・アルバム『わたしの高校生活』

PEDRO、セカンド・フル・アルバム『浪漫』最速インタビュー

PEDRO、セカンド・フル・アルバム『浪漫』最速インタビュー

ラップの魅力を伝えたい! ──「京まちなか映画祭」で開催されるラップ教室とは?

ラップの魅力を伝えたい! ──「京まちなか映画祭」で開催されるラップ教室とは?

大型新人アイドル・グループ、PIGGS爆誕!──ファースト・アルバム『HALLO PIGGS』

大型新人アイドル・グループ、PIGGS爆誕!──ファースト・アルバム『HALLO PIGGS』

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

【第三期BiS 連載vol.18】ネオ・トゥリーズの進化──終わってからもまたライヴがしたいと思えた

【第三期BiS 連載vol.18】ネオ・トゥリーズの進化──終わってからもまたライヴがしたいと思えた

【第三期BiS 連載vol.17】BiSよ、かっこよくあれ──強気のトギーは不安を弾く

【第三期BiS 連載vol.17】BiSよ、かっこよくあれ──強気のトギーは不安を弾く

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

【第三期BiS連載】Vol.16 どうせなら、くたばるくらいがいい──イトー・ムセンシティ部の渇望

【第三期BiS連載】Vol.16 どうせなら、くたばるくらいがいい──イトー・ムセンシティ部の渇望

【第三期BiS連載】Vol.15 研究員に全てを返す、燃ゆるチャントモンキー胸の内

【第三期BiS連載】Vol.15 研究員に全てを返す、燃ゆるチャントモンキー胸の内

3776、全てをさらけ出した即興ライヴ音源『即興曲集第二集』リリース

3776、全てをさらけ出した即興ライヴ音源『即興曲集第二集』リリース

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップ・カルチャー 後編「映画関係者の思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップ・カルチャー 後編「映画関係者の思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップカルチャー 中編「クラブ・イベンターたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップカルチャー 中編「クラブ・イベンターたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神カルチャー 前編「ラッパーたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神カルチャー 前編「ラッパーたちの思い」

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

3776が紡いだ神話の世界を追体験できる──〈閏日神舞〉〜富士山神話 LINK MIX〜遂に音源化!

3776が紡いだ神話の世界を追体験できる──〈閏日神舞〉〜富士山神話 LINK MIX〜遂に音源化!

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

先週のオトトイ(2020年3月9日)

先週のオトトイ(2020年3月9日)

少女たちはなぜダブルハピネスを選んだのか──新メンバー初インタヴュー

少女たちはなぜダブルハピネスを選んだのか──新メンバー初インタヴュー

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

【REVIEW】アイナ・ジ・エンド『死にたい夜にかぎって』

【REVIEW】アイナ・ジ・エンド『死にたい夜にかぎって』

PEDRO、最新EP『衝動人間倶楽部』──アユニ・Dを突き動かす衝動の正体

PEDRO、最新EP『衝動人間倶楽部』──アユニ・Dを突き動かす衝動の正体

ダブルハピネス、現体制ラストEP『創造姉妹』

ダブルハピネス、現体制ラストEP『創造姉妹』

次は中国!?──プー・ルイが創る新たなアイドルの形──

次は中国!?──プー・ルイが創る新たなアイドルの形──

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

相思相愛には興味はない──DJ後藤まりこ、5年ぶりのソロ・フルアルバム

相思相愛には興味はない──DJ後藤まりこ、5年ぶりのソロ・フルアルバム

HAMIDASYSTEM、デヴュー半年でたどりついたダークな世界観

HAMIDASYSTEM、デヴュー半年でたどりついたダークな世界観

TOP