「名曲ルネッサンス」に挑戦中! アイドルネッサンス、シングル3タイトルを独占ハイレゾ配信& メンバー×制作陣インタヴュー

左から、石野理子、新井乃亜

多くのアーティスト、俳優、お笑いタレントが所属するプロダクション、(株)ソニー・ミュージックアーティスツが2014年1月、40年目にして初めて立ち上げたアイドルプロジェクト、アイドルネッサンス。事務所の先輩たちが生み出した「名曲ルネッサンス」に挑戦中の7人の少女たちは2014年5月の結成から1周年を迎え、秋葉原での定期公演も毎回勢いを増している。そんなタイミングで、これまでに発表したシングル3作品を、オトトイ独占ハイレゾ配信開始! そして、メンバー2人と制作陣2人の計4人を迎えインタヴューを実施。作り手と歌い手の想いがたっぷりとつまった内容となった。

全タイトル、OTOTOY独占ハイレゾ配信!

アイドルネッサンス / YOU

【配信形式】
ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)

【価格】
1,296円(税込)(単曲は各324円(税込))

【収録曲】
01. YOU
02. 恋する感覚
03. Good day Sunshine
04. ドカン行進曲(己編)

1987年に発売された大江千里の「YOU」。「恋する感覚」(Base Ball Bear)、「Good day Sunshine」(SAWA)、「ドカン行進曲(己編)」(THEイナズマ戦隊)を収録。

アイドルネッサンス / 太陽と心臓

【配信形式】
ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)

【価格】
600円(税込)(単曲は各300円(税込))

【収録曲】
01. 太陽と心臓
02. 初恋

「太陽と心臓」(東京スカパラダイスオーケストラ)、「初恋」(村下孝蔵)の名曲をそれぞれ収録。

アイドルネッサンス / 17才

【配信形式】
ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)

【価格】
600円(税込)(単曲は各300円(税込))
【収録曲】
01. 17才
02. どかーん

Base Ball Bearが2007年に発表した「17才」、カップリングには、真心ブラザーズが1990年に発表した「どかーん」のカヴァーを収録。

ファイル形式について
ハイレゾの再生方法

INTERVIEW アイドルネッサンス

アイドルネッサンスは、ソニー・ミュージックアーティスツ(以下SMA)が手がける初のアイドル・グループとして、「名曲ルネッサンス」を掲げて2014年7月にデビュー。SMAの財産である新旧の名曲たちをカヴァーし、熱いライヴでグングン頭角を現している。『YOU』リリース週で8日間連続ライヴ中の多忙な合間を縫って、照井紀臣チーフ・マネージャー、アレンジャーのイイジマケンと、メンバーから新井乃亜、石野理子の二人を迎えて、「そもそもアイドルネッサンスとは?」という基本から話してもらった。

インタヴュー & 文 : 高岡洋詞
撮影 : 松本理加

2015年のいま歌って意味がある、聴く人の心に響きそうな曲を選んでます

照井紀臣(以下、照井) : テーマは<名曲ルネッサンス>です。オリジナル曲は今のところやっていなくて、ジャンルや時代を問わず、彼女たちが歌うことで別の意味が生まれるような歌をセレクトして歌ってもらっています。例えば新曲の「YOU」は大江千里さんの1987年の作品ですけど、当時の中高生が夢中で聴いてた曲だと思うんです。それをいま中高生である彼女たちが歌うことで、ポップ・ミュージックの時代を超えた普遍性に光が当たればいいなと。

ーーセレクトの基準は何ですか?

照井 : ヒットしたとか有名だとかっていうことももちろん考慮しないわけではないけど、どちらかというと、彼女たちが2015年のいま歌って意味がある、聴く人の心に響きそうな曲を選んでます。候補生のころは、課題曲というか練習曲みたいな意味でSMAの曲をやってもらうという側面もありました。


アイドルネッサンス「YOU」

ーー途中から「これでデビューしてもらおう」って方針になったとか?

照井 : カヴァー曲でやりたい気持ちは最初からありました。構想をまとめた2年くらい前の時点で、すでにアイドル・グループはたくさんあったので、他にないようなグループとして世に出てほしかった。そう考えたときに、40年間、事務所であるSMAの財産に光を当てようと。単にいい曲というだけじゃなく、自作自演の人が多いので、およそアイドルが手をつけないような曲が多いんですよ。お客さんに面白いと思ってもらえて、かつ事務所の先輩アーティストにも愛してもらいたかった。もうひとつのポイントは、彼女たち自身がピンときてるかきてないか。われわれが「合いそうだな」と思うだけじゃなくて、彼女たちなりに理解なり共感なりできる部分があってほしいなと。そうであってこそお客さんに伝わるものがあると思うんですね。

ーー彼女たちの気持ちが歌に乗ってさらにパワーが出るということですね。アレンジする際に注意されるのはどんなポイントですか?

照井 : 僕はオリジナルの雰囲気をあんまり変えないで彼女たちに合うようにしたいといつも思ってるんですけど、最初は手探りで今も楽曲が変われば、一つ一つ検証するので、試行錯誤は続いています。

イイジマケン(以下、イイジマ) : 僕らの解釈というよりは、彼女たちが歌うことによって生まれるものを最終的な落としどころにしたいので。必ず仮歌を録った後にもう一回手を加えるし、本チャンの歌録り後にさらに少し変えることもあります。歌のテイクがオケに合ってないけどニュアンス的によかったら、それを活かすためにオケのほうを変えたりとか。主旋律にかぶさってるいろんなフレーズも、そのままトレースするんじゃなくて、ひとつひとつ紐解いて作り直していったりしてます。

ーー丹念な作業ですね。

イイジマ : とにかく何度も聴きます。変えた箇所だけ聴いてもバランスがとれないので、どこか直したら必ず頭から全部聴き直して、気になる箇所があればすぐ直して、また頭から流して、スピーカーから離れたところで聴いて、おかしいなと思ったら直してまた頭から… という作業を、そうとう何回も繰り返してます。

照井 : 何度か大きく変わって、グルッと回って最終的にオリジナルに近づいた場合が出来がいい気がしますね。「17才」も何周かしてます。

イイジマ : サウンドの時代性ってあるじゃないですか。80年代の感じだったり90年代の感じだったり。あと、その時代ならではの○○系みたいな流行の音だったりとか。その感じがいいっておっしゃることもあるので、その場合は、あの時代の○○っていまで言うと△△なのかな、みたいに置き換えていくこともありますね。

照井 : いい塩梅に置き換えてくださってると思います。なんとなくトータルでアイドルネッサンスっぽいサウンド、っていうのが共通認識としてできつつあるかなと。

イイジマ : 7人いるので、歌割りとかハーモニーの積み方とかもすごく考えて、オリジナルになかったパートを入れたりしてます。ハモは武器ですから。

照井 : 新しいチャレンジをケンさんに入れていただいて、そこをみんなでクリアして成長していくんですよね。最初はうまくできなくても、だんだんと表現できるようになっていく、その姿も美しいと思います。特にみんな成長する時期なので、1年前に歌った「17才」といま歌ってる「17才」ではずいぶん変わったと思うし。歌割りやパートを決めるときも、ケンさんが音楽的に「ここはこの子が歌ったほうがいい」と言えば、僕は歌詞ベースで「この言葉はこの子に歌ってほしい」と言う、みたいなやりとりはよくやってます。そのへんもだんだんと一致してきてる感がありますね。

イイジマ : メンバーそれぞれに歌の癖があるので、ある音に対するそれぞれの癖のいいはまり方や音程感を考えながらバッチリはまったときは、あとでアレンジをいじらなくてもいいような感じになりますね。

ーー具体例を挙げていただくとすると?

イイジマ : 「17才」ですね。ソロの出方とか、ハモの入り方の感じとか。具体的な部分というよりは、全体を通して聴いた感じなんですけど。「どこ?」って訊かれたら「すべて!」と答えます(笑)。


アイドルネッサンス「17才」

照井 : トータルで見てほしいなといつも思ってます。それぞれ別々に歌ったのを1曲にまとめるんじゃなく、ひとりをみんなが支えてひとつの形になるようなアレンジや歌割を目指してます。それぞれ感じ方や表現のし方は違って当然だし、それでいいと思いますが、全員が歌うことで初めてアイドルネッサンスというひとりの人間が歌ってる、みたいな感じになればいいなと。

ーーここまでのお話について、新井さんと石野さんはいかがですか?

石野 : 知らないことばっかりでした…。

イイジマ : こう見えてけっこう考えてるんだよ(笑)。

石野 : なんかすいません…。

照井 : お客さんは彼女たちを通して曲を感じるわけだから、彼女たちは語り部にならなきゃいけないんです。琵琶法師が口承で『平家物語』を伝えてきたように、彼女たちが伝えることで歌が後世に残っていったら素敵だし、アイドルネッサンスを聴いて「オリジナルも聴いてみよう」って思ってもらえたらさらに素敵だと思うんです。僕らスタッフ全員、「アイドルがやってるからな」とは言われたくないし、彼女たちが歌うことで何か新しい魅力が生まれてると思ってもらえたら、語り部として第一歩を踏み出せたってことだと思います。だからメンバーが力をつけるとともに歌ってる曲の幅も徐々に広がってきてると思います。それを経てオリジナル曲をやることにもし将来なるのなら、アイドルネッサンスならではのオリジナリティが見えてくる気もします。

表現者としての独特の雰囲気を間近に感じてほしいですね

ーーメンバー的にはカヴァー路線に不満があったりはしませんでしたか?

石野 : 不満はないんですけど、びっくりしました。やっぱりアイドルっていうとオリジナル曲のイメージがすごく強かったので。

新井 : わたしも最初いろんな歌を課題として歌ったときには「こういう歌を歌うんだ…」ってすごく驚きました。

石野 : 「恋する感覚」とか、ものすごく練習した覚えがあります。似せて歌う、じゃないですけど、正直、自分がこう歌いたいっていうよりは、真似をするみたいなことをけっこうやってました。オリジナルの花澤香菜さんの歌を何回も何回も聴いて。

石野理子

新井 : 同じく。アイドルネッサンスに入る前は学校の授業で合唱をやったことがあるくらいで、ちゃんと歌った経験がなかったので何もわからなくて、とにかく原曲に近づこうとしてました。

ーーオリジナルが男性だと、真似というアプローチも難しくないですか?

新井 : 声が違うので似せるのは難しいですけど、独特の歌い方は真似したりしてました。

石野 : 岡村靖幸さんの「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう」は、カヴァーっていうコンセプトが決まってけっこう経ってから歌わせていただいたんですけど、いまだに癖が抜けなくて。けっこうメンバーみんなそうだと思います(笑)。

ーー癖っていうのは?

石野 : 岡村さんの歌い方です。

ーー真似に励んだ名残が残っちゃうんですね。

石野 : あのしゃくりというか、こぶしというか、そういうものが自分のなかに入ってしまって、やっぱり出てきちゃうんです。


11.23「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」ライヴ映像~

照井 : アイドルネッサンスの活動をしてなければ一生出会わないような曲かもしれないですけど、そういった出会いが彼女たちの感性を何かしら刺激するものがあればいいなって思ってます。いろんなものに触れるのは、やっぱりすごく大事なことだと思います。オリジナルのアーティストの作品に触れて、その個性に向き合って、歌や雰囲気を感じ抜いた上でやると素敵になるんじゃないかと思っています。去年の9月、(顧問豊作)というSMAのイベントでは、YO-KINGさんと一緒に「どかーん」を歌うという貴重な経験もさせてもらいました。SMAのアイドルだからこそやらせてもらえることなので、7人には心して歌ってほしいし、表現者としての独特の雰囲気を間近に感じてほしいですね。そしてアイドルネッサンスにも独特の雰囲気を身につけてほしいと思います。。なかなかそう簡単にはいかないと思うんですけどね。日々やることもたくさんあって、頭いっぱいだろうし。今も超大変だと思うんですよ。「えーっ、またこれやらなきゃいけないのー?」って。

新井、石野 : フフフ。

照井 : 日々いろんなことを経験して、それを次につなげていってほしいですね。苦しいときにこそ生きてくるものだと思うんで。

自分の個性を出していいっていうやり方が、素敵だなって思えるようになった

ーーさっき癖の話が出ましたけど、オリジナルに近づけすぎると物真似になってしまう一方で、その試みが彼女たちにとって鍛錬になったり、新しい歌声の発見につながる場合もありますよね。そのあたりのさじ加減はどのようにされているんでしょうか?

イイジマ : 基本あんまり言わないですね。「ひとりの人格になってほしい」と言いつつ、実際には7人いるので、それぞれの個性も当然大事なんです。「あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう」も最初のころからするとかなり変わってきて、彼女たちが言う"真似"の部分と自分自身の癖の塩梅が、すごくいい感じになってきてるかもしれないです。グルーヴも出てきてるし。

石野 : ソロ・パートではたまに「こういうニュアンスで」とか言われますけど、それ以外はあんまり注意されないですね。いまケンさんがひとりの人格って言いましたけど、みんなで歌うときも、感じてることってメンバーそれぞれ違うと思うんですよ。そうすると歌い方も変わってきたりするので、ヴォイス・トレーナーの先生に「ここはもうちょっとみんなで気持ちをひとつにして歌ったほうがいいよ」って言われることもありますし、みんなで話し合って「こういう感じで歌いたいよね」って方向を定めてから歌ったりもします。

ーー最初は右も左もわからないし、がむしゃらにやるしかないと思うんですよね。自分らしさもへったくれもないというか。

新井 : そう、そう、そうですね! 自分らしさもへったくれも本当になくて、自分の歌い方とかもないですし。わたし、歌い方とか一語一句指導されるのかと思ってたんです。でも自分で考えてやっていいっていう練習だったので、最初は「えっ、ちょっと… わかんない…」みたいな感じでした。だんだん慣れてきて、いまはメンバーの個性も自然に出るようになってきたし、すごくいいなって思ってます。

ーー先生のおっしゃることがわかってきた?

新井 : わかってきたわけではないと思うんですけど、「こう歌って」「ああ歌って」じゃなくて、自分の個性を出していいっていうやり方が、素敵だなって思えるようになったっていうか。

ーー余裕が出てきたってことですよね。イイジマさんが7人でひとりの人格の歌に徐々になってきてるとおっしゃいましたけど、その変化ってメンバー自身も感じますか?

新井、石野 : (顔を見合わせて)どうだろう… わかんないよね(笑)。

石野 : わたしだけかもしれないんですけど、毎回ライヴで感じることが違うので、歌い方も毎回変わってるなって自分でも思ったりします。特に「17才」とか、毎回、感じたままを出しちゃってるんで(笑)。

新井 : でも最初のころよりは歌詞の意味とかをよく考えるようになったと思います。最初は歌うことに必死でしたけど、最近、歌い慣れてきた曲は、感情を乗せるみたいなこともちょっとずつできるようになってきた気がします。

新井乃亜

ーーおお、頼もしい。

照井 : そういう風に思って続けられたらいいですね。人前で歌を歌うなら、その人たちならではのものがあったほうがお客さんは面白いと思うし、アイドルネッサンスのみんながそれを自分で探すことによって、歌が更に素敵に聴こえたらいいなと思います。

イイジマ : 最近みんな余裕が出てきて、他の人の歌が聴けるようになってきてると思います。例えば理子がそのときの感情で歌ってても、他の人がそれをちゃんと聴いた上で歌って、全体としてまとまって聞こえる。意識はしてないと思うんですけど、自然とゆとりが出てきて、聴いてるものをそのまま表現できるようになってる気がします。

石野 : リハーサルのときも本番中も、けっこう他のメンバーの歌を聴きながらやってます。

新井 : 「あっ、変わった」とか思うよね。

石野 : うん。「ここ感情入れてるな」とか、メンバー同士だとなおさらよくわかるというか、ただ歌ってるだけじゃなくて、考えながら歌ってるんだろうなって感じます。

ーー集団全体を見渡して、そのなかでの自分の役割をこなしていく。チーム・ワークですね。

照井 : 自分たちで考えるのは大変だと思いますが、7人で心をひとつにして歌うっていうのは大変なことですよ。めちゃめちゃ難しいことをやってると思うんだけど、そこで頑張ってさらに素敵なものを作って、お客さんに見せていってほしい。

ーー感動的ですね。こういうお話って普段されますか?

石野 : 全然…。

新井 : 今日初めて聞きました。この取材ができてよかったです(笑)。

石野 : 99%が初めて聞いた話だったので、なんか… もっと頑張ろうね。

新井 : 頑張ろうね。

RECOMMEND

V・A/ アイドルばかりピチカート -小西康陽 X T-Palette Records-

タワーレコード株式会社が運営するアイドル専門レーベル“T-Palette Records”所属のNegicco、バニラビーンズ、lyrical school、ワンリルキス、アイドルネッサンスらが、ピチカート・ファイヴの名曲たちをカヴァー!本作の総合プロデュースを務める小西康陽と、今をときめくアイドル5組でどういうケミストリーが起こるのか?

SAWA / RingaRinga

アイドル・プロデュース、アイドル・イベント主催、CM楽曲提供などを経て、プロデューサー目線の今作は今までのSAWAよりも一層突き抜けるアッパー・チューン。リード・トラックの「RingaRinga」は、もっとフロアに一体感を!とライヴのために作られた楽曲。Especiaへ楽曲提供した「ミッドナイトConfusion」のセルフ・カヴァーも含む全8トラック。

真心ブラザーズ / Do Sing

デヴュー25周年のアニバ―サリー・イヤーに、 真心ブラザーズの限りない可能性を示すバラエティ豊かな楽曲で構成されたアルバムが完成! 新レーベル“Do Thing Recordings”設立以降 初のアルバム。

LIVE INFORMATION

レギュラー公演「アキバで漲(みなぎ)るネッサンス!!vol.3」
2015年5月18日(月)@AKIBAカルチャーズ劇場
2015年6月1日(月)@AKIBAカルチャーズ劇場
2015年6月15日(月)@AKIBAカルチャーズ劇場

単独自主企画「スマイルネッサンスvol.8」
2015年5月17日(日)@都内某所

アイドル横丁夏まつり!! ~2015〜
2015年7月5日(日)@新木場STUDIO COAST

TOKYO IDOL FESTIVAL 2015
2015年7月1、2日(土・日)@お台場・青海エリア

その他イベント・ライヴ
2015年5月10日(日)@H.L.N.A SKYGARDEN 野外ステージ(ダイバーシティ東京)
2015年5月16日(土)@渋谷TSUTAYA O-nest
2015年5月23日(土)@ZeppNagoya
2015年6月06日(土)@東京スカイツリータウン

PROFILE

上から左まわりに、橋本佳奈、宮本茉凜、百岡古宵、南端まいな、比嘉奈菜子、新井乃亜、石野理子

アイドルネッサンス

多くのアーティスト、俳優、お笑いタレントが所属するプロダクション、(株)ソニー・ミュージックアーティスツが2014年1月、40年目にして初めて立ち上げたアイドル・プロジェクト。2014年5月4日の「アイドルネッサンス候補生初ライヴ」を経て、正式メンバーが決定。プロジェクトネーム「アイドルネッサンス」を正式にグループ名として活動を開始。メンバーは、橋本佳奈、新井乃亜、南端まいな、比嘉奈菜子、石野理子、宮本茉凜、百岡古宵の7人。

アイドルネッサンス official HP

イイジマケン PROFILE

作詞、作曲、編曲、サウンド・プロデュース、ヴォーカル・プロデュース、ディレクション。

代表作
関ジャニ∞『好きやねん、大阪。』作詞・作曲
遊助『たんぽぽ』共作曲・共編曲
Juice=Juice『Wonderful World』作詞・作曲・共編曲
超特急『Star Gear』ほか。ヴォーカル・プロデュース
SKE48『マンゴーNO.5』作曲
SCANDAL『少女S』編曲
TVアニメゆるゆり『ゆりゆらららゆるゆり大事件』作曲・共編曲
TVアニメはなかっぱ『ス・マ・イ・ル』共作詞

イイジマケン Twitter

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸