2022/02/23 18:00

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作品

SUNNY CAR WASH

惜しまれつつも解散をしたバンド、SUNNY CAR WASHの岩崎優也(Vo/Gt)へ単独インタビュー! 彼らは2016年に結成し、2017年より作品をリリースしはじめ、同年の〈未確認フェスティバル〉では審査員特別賞を受賞。その後もリリースを続けていたが、2019年に活動休止を発表。2020年には活動を再開するも、2021年12月末のラストライヴにて解散。という、紆余曲折なバンド人生を歩んできた。今回はそんな約5年間だったからこそ芽生えた想いを全て収録した『ハネダ!ハネダ!ハネダ!』について、また当初からともに歩んできた羽根田剛(Ba)へのリスペクトも語ってもらった。「解散」となると寂しく思うリスナーがたくさんいると思う。しかし今回の取材を通して、SUNNY CAR WASHの解散は決してネガティヴなものではないと確信することができた。このインタビューがそう思えるきっかけになってもらえたら幸いだ。

ラストにしてベスト作品『ハネダ!ハネダ!ハネダ!』はこちら

収録曲“ダーリン” ライヴ映像はこちら
ダーリン(ライヴ映像) - SUNNY CAR WASH
ダーリン(ライヴ映像) - SUNNY CAR WASH

INTERVIEW : SUNNY CAR WASH

2021年12月28日にZepp DiverCity TOKYOで開催した〈さよなラストLIVE 2021~はじめてのラストライブ~〉をもって解散したSUNNY CAR WASHが、ファースト(にしてラスト)アルバム『ハネダ!ハネダ!ハネダ!』をリリースした。解散の理由は、同年10月に発表したときのベーシストの羽根田剛によるコメント「音楽以外にも新しくチャレンジをしていきたいことがみつかり、そのことに挑戦するにはバンド活動をしながらだと難しいと岩崎に話し、今回解散を報告することになりました」の通り。CDには元メンバーの畝狹怜汰をサポート・ドラマーに迎えた〈さよなラストLIVE〉の模様を収録したDVDが同梱されている。今後はソロで音楽を続けていくというヴォーカルとギターの岩崎優也にとって、インタヴューは人生2度め、商業メディアでははじめてだそう。リモートということもあって緊張気味だったが、音楽との出会いから現在、そして今後のことまで、言葉を選びながら丁寧に話してくれた。

インタヴュー・文 : 高岡洋詞

同い年3人が集まってでかい音を鳴らすのが楽しくて

──音楽を好きになって、自分もやってみたいと思ったのはいつぐらいですか?

岩崎優也(以下、岩崎):父が音楽好きで、ロックとかバンドの音楽は保育園とかのころから聴かせてくれていたんです。中学生のときにASIAN KUNG-FU GENERATIONとかRADWIMPSを聴いてワクワクして、日本語で歌いたいと思うようになりました。友達のバンドのライヴを見て、自分もできるんじゃないかと思ってやり出したのが最初だったと思います。

──アジカンやRADWIMPSのどんなところがグッときたんでしょう。

岩崎 : 自分があんまり触れたことのなかったよさを感じて、ギターを弾いてみようって思った感じですかね。友達とスタジオに入ってアジカンのコピーとかしてました。

──強く影響を受けたバンドというと?

岩崎 : いっぱいあるんですけど、ブルーハーツ〜ハイロウズ〜クロマニヨンズです。洋楽も好きです。オアシスとかグリーン・デイとか。自分の作るメロディはウィーザーの影響を受けてると思います。

──好きなバンドに共通するものは何だと思いますか?

岩崎 : んー……元気、ですかね(笑)。あと、なんて言うんですかね……優しい。

──優しい、か。ガガガとやかましい音のなかに優しさを感じたというのが岩崎さん独特なのかもしれませんね。

岩崎 : ガガガっていう衝動のなかに、「あ、でもこの音って優しい人じゃないと出せなくないですか?」みたいに感じるときがあって。そういうのが好きなんです。

──なるほど。「優しさ」は今日のキーワードっぽいですね。

岩崎 : 優しさってなんなんですかね……自分でもわかんないです(笑)。でもなんか、聴いてると自分が受け入れられるような感覚があって。そういう曲を自分もみんなに届けたいなっていう気持ちで音楽をやってます。

──2017年からオーディションに出たりリリースもし始めて、あちこちで取り上げられたりするようになってきましたが、手応えは当時ありましたか?

岩崎: ありました。当時はブッキングのイヴェントに出てたんで、チケットの取り置き表っていうのがあって、ツイッターのDMとかメールから予約してくれたお客さんの名前を書くんですけど、それが“キルミー”のミュージック・ヴィデオを出した後(2017年4月)ぐらいから1枚じゃ足りなくなったりして。「えっ、今日こんなに来るの?」みたいな衝撃があったし、みんなですごく喜んでました。ウネ(畝狹怜汰)が加入したころからお客さんが増えた気がします。

キルミー - SUNNY CAR WASH(Official Music Video)
キルミー - SUNNY CAR WASH(Official Music Video)

──ウネさんのドラムがSUNNY CAR WASHにとっては大きかったんですね。

岩崎 : 大きかったと思います。その前のなほちゃん(柴原菜帆)のドラムもかっこいいし、ウネが抜けた後にサポートで叩いてくれてた(久保)たかひろさんもかっこいいんですけど。解散ライヴのときもウネに入ってもらったんです。同い年3人が集まってでかい音を鳴らすのが楽しくて、青春な感じでした(笑)。

──「未確認フェスティバル」で審査員特別賞をもらったり、最初のミニ・アルバム『週末を待ちくたびれて』がCDショップのおすすめに選ばれたり、『バズリズム』や『関ジャム』で取り上げられたりと、2018年にかけての勢いはすごかったですよね。「いっちゃうぞ!」みたいな気分もあったのでは?

岩崎 : そういう気持ちでいました。どっちかっていうと「いっちゃうのかな?」みたいな感じですけど。自分らの趣味というか、ただやりたいだけで全然まとまってない変な世界を、お客さんが受け入れてくれて、感じたくて来てくれてるんだなって思って。むちゃくちゃなライヴしてたのに(笑)。

──どんなライヴをしていたんですか?

岩崎 : 汗だくでこう(体を大きく前後に揺する)なりながら弾いてたらギターのネックに頭をぶつけちゃって、ここ(眉の上)から血を出しながら、とか(笑)。ベースの羽根田くんもウネも「ウワー!」みたいな感じで、みんな頭クラックラになってやってました。

キルミー (ライヴ映像) - SUNNY CAR WASH
キルミー (ライヴ映像) - SUNNY CAR WASH

──自分のなかでモヤモヤしていたことを曲にして演奏して、受け入れてもらえたのはうれしかったでしょう。

岩崎 : すっごくうれしかったです。本当にモヤモヤだった……というかいまもモヤモヤなんで、自分自身。それがみんなにもわかってもらえることがあるんだ、って驚きながらライヴしてた感じです。

──ところが2019年に岩崎さんの体調不良で活動休止しちゃったんですよね。

岩崎 : たくさんの人がバンドの活動にかかわってくれるようになってたので、自分の体調とかメンタルの部分で止めちゃうのは、本当に心苦しかったです。でもそれはバンドのせいじゃないって後から自分で気づいたりして、いろいろ考える機会になりました。

──1年近くお休みしていた間にウネさんが脱退したけれど、羽根田さんは待ってくれていたんですね。

岩崎 : そうです。一緒にまたライヴを再開してくれた羽根田くんには本当に感謝です。

羽根田剛

──そういう話をふたりでしたことはありますか?

岩崎 : ないです(笑)。あんまり深い話とかしないんで。今日もそうなんですけど、ひとから言われて気づくことがいっぱいあります。

──男同士ってあんまり内面の話はしないですよね。特に若いときは。

岩崎 : しないですね……なんなんですかね、本当に(笑)。自分の気持ちを言ったり、相手の気持ちを探ったりするのはあんまりよくないかな、とか思ったりします。

この記事の筆者
この記事の編集者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

SPiCYSOLが自由であり続けるために──2作品に込めたナチュラルな言葉とフリーな精神

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

Emeraldの10年間を体現した初ワンマン〈TEN〉ライヴレポート

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

歪でヘンテコな感性だって美しい──猫田ねたこがソロ活動を通してみつけた強さ

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

視覚と聴覚を同時に刺激するバンド、the McFaddin──〈“Something is likely to happen”Release Party〉ライヴレポート

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

詩に多種多様なキャラクターを宿して──“まなざし”を意識した、Predawnの新作

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

SundayカミデによるWonderful Orchestra Band始動!──脳内トリップする新たなヒーリングミュージック

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

デビュー25周年を迎えた岡本真夜──ベールに包まれたアーティスト像と人間性を探る

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

前向きに解散をしたSUNNY CAR WASH ── 愛と敬意、軌跡を記録した最後のベスト作

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

自分が聴きたい音楽を追求し続けていく──ロック・バンド、続きはらいせの美学を表現したファースト・EP

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

イズミカワソラ×ニラジ・カジャンチ ── 新作『Continue』の意外な制作過程を語る

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

ただ、承認されて自立していたい──励ましもせず、突き放しもしないステレオガールのアティテュード

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

出発点である自分と向き合うきっかけに──ミクロを意識したJYOCHOの新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

1万通りの1対1を大切にするpolly──つぶれかけていたロマンを再構築した新作

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

理想郷は自分たちで作っていく──ひとつの“カルチャー”を目指すバンド、the McFaddinの新作EP

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

これも、あれも、全部YAJICO GIRL──新作EPから聞こえる数々の好奇心

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

音楽ライターがオススメする〈FRIENDSHIP.〉の注目作品(2021年10月〜12月)

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

バンドサウンドの必然性を深く問う新作──étéが鳴らす、流行へのカウンター

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

原動力は「なにかを壊したい」という気持ち── 光と影が交差する、イズミカワソラの歩み

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー  ── 集団として闘い、大衆を救う決意

PEOPLE 1 『PEOPLE』クロスレビュー ── 集団として闘い、大衆を救う決意

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

余白を楽しみつつ、ストレートな表現へ──Helsinki Lambda Clubのリアルなモードに迫る

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー  ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

The fin. 『Outer Ego』クロスレビュー ── 主観と客観を行き来する、普遍的なポップ・ミュージック

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

“あなた”がいるからこそ綴られた、足立佳奈の言葉

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

初ミニ・アルバムのテーマは“脱出ゲーム”!? ── ポップで攻撃的な5人組、あるくとーーふの全貌

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ポップなPARIS on the City!が、泥臭いロック・サウンドに振り切るまでの歩み

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

ギタリストではなく、ひとりのアーティストとしての表現──25曲で語るDURANの人間性と感受性

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

BALLOND'ORの止まらぬ鼓動! ── 国内外から注目を集めるサウンドの生まれ方

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

キュートだけじゃない! さとうもかの新作『WOOLLY』が描く、リアルでちょっとビターな共感

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

京都から現れた、あえて言おう“すごいバンド“! WANG GUNG BAND!!!

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

谷口貴洋はどのように育ったのか?ー自由で冷静な人間性の生まれ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

ネクストモードなEmeraldが伝える制作の秘訣──10年間で培ったバンドサウンドの楽しみ方

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

日米韓を跨ぐR&BシンガーソングライターVivaOla──シェイクスピアを参考にした初のフル・アルバムが描くストーリー

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

謎多きアーティスト・マハラージャン──2つの新作から浮かび上がる人物像とは?

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

Laura day romanceがたどり着いた新局面──対照的なふたつの新作から鳴る輝きと情緒

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

ドレスコーズ志磨遼平がピアノで描く孤高と反抗──コンセプチュアルな新作『バイエル』に迫る

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「音楽って宇宙みたいなもの」──大柴広己の真髄に触れた新作『光失えどその先へ』

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

「人のためになれるような作品ができました」── 愛はズボーンが2つの新作で提示するアルバムの楽しみ方

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

パワー・ポップを愛する者へ───Superfriendsのルーツと現在地が反映された新作ミニ・アルバム

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

〈NEWFOLK〉はなぜ、愛されるのか──クロス・レヴューと主宰者への20の質問から全

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

多くの人に親しまれる〈NEWFOLK〉とは!?──その魅力に2部構成で迫る!!

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

とがるー東京の片隅で独り内的闘争を続ける「モダン・グランジ」アーティスト

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

誰かではなく、自分たちの歩幅で──新体制ヒトリエの現在を映したフル・アルバム『REAMP』

TOP